《女の生き方。いつの時代もみんなが悩んでいるテーマですね》と、48歳の女性からメールをいただいた。この女性のように感じる読者は多いようで、結婚や仕事、出産、育児など、たくさんの視点から「女の生き方」についてのご意見が届いている。

 さて前回は勝間和代氏と“カツマー”をご紹介したので、今回は対する香山リカ氏と“カヤマー”について。

 香山氏は、勝間氏より8つ年上の昭和35年生まれ。精神科医で立教大教授、現代人の心の問題に関する本を多数執筆している。

 プロフィルからは、勝間氏と同じく“デキる女”もイメージしてしまうけど、自らの生き方について「努力は嫌い」「人生の目標もない」などと率直に語り、頑張りすぎない人生を肯定的にとらえている。

 「人生に目標がない」ことと似て、実は“カヤマー”にはこれといった明確なスタイルはない。強いて言えば、「人生は人によっていろいろ」で「成功や幸せはそこそこでいい」と感じる人たちだろうか。

 筆者の知人にも、“カヤマー”に共感する女性がいる。

 「前より自然体でいられるようになったの」と話す彼女は24歳。大学を卒業し、システムエンジニアとして2年間働いていたが、激務で体調を崩して退社。現在は児童館でアルバイトをしている。

 「手に職をつけようと思って働いたけど、長時間労働で休みもなく、ストレスで吐いたり眠れなくなったりして、最後は入院した。今は収入の不安はあるけど、楽しいしやりがいを感じている」と充実した人生を送っているのだという。

 香山氏は「頑張らない」理由の一つを著書「しがみつかない生き方」(幻冬舎)で、「努力したくてもできない人もいる」「努力しても思い通りにいかないこともある」と語っている。文字通り頑張らないわけではなくて、“カツマー”とは違う頑張り方があると言いたいのだろう。

 冒頭のメールの女性もこう書いている。

 《いろいろ考えて、自分の生き方を見つけるしかない。頑張っている女性は、きれいで、いいじゃん》

 あなたをきれいに輝かせているのは、どんな生き方ですか?(奈)

【関連記事】
なぜ婚活?1人で暮らすより2人の方がエコだから
40歳でゲーム漬け…ひきこもりも高齢化 人格固まり抜け出せず
はまった国際結婚の世界 井上真央「ダーリンは外国人」に主演
女性の75%がメタボに高い関心
くも膜下出血 働き盛り注意! 脳ドックが有効

<選挙>3地方選 民主、逆風なお強く 沈痛「参院選も厳しい」(毎日新聞)
橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
タケノコ産地偽装、元社長に有罪=「倫理観欠如」と批判-名古屋地裁(時事通信)
<水俣病>鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で(毎日新聞)
AD