民主党の小沢一郎幹事長は21日、自らの資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検が不起訴処分としたことを受け、「私の関与や疑惑がないという事実を明確にしていただいたものと受け止めている」とのコメントを発表した。
 また、小沢氏はコメントで、東京地検の3度目の事情聴取について「事実をありのままに説明した。今回の説明で特に留意したのは、これまで以上にどなたにも理解していただけるように説明することだった」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

「着実に持ち直し」を維持=景気判断―5月月例経済報告(時事通信)
新種の角竜類化石発見=欧州初、アジアから進出か(時事通信)
<時効成立>気付かずに逮捕 警視庁が謝罪(毎日新聞)
昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
<生物多様性の日>大学生らが重要性を訴え 東京・渋谷(毎日新聞)
AD