外国の新聞に北朝鮮による拉致問題解決を訴える意見広告を出している「意見広告7人の会」は31日、都内で記者会見し、4月1日から簡易ブログ「ツイッター」を使って若者に拉致問題への関心を持ってもらうための活動を始めると発表した。
 ツイッターを使い、7人が拉致問題解決に向けたメッセージを「つぶやき」として書き込むほか、世界各地の支援者が「tadaima(ただいま)」と書いたパネルを掲げた写真などを掲載。メンバーのジャーナリスト高世仁さんは「何年間も『ただいま』と家に帰ることのできない人がいることを世界中の若者に伝えたい」と話した。
 「7人の会」は2002年にジャーナリスト有田芳生さんや音楽評論家湯川れい子さんらで結成。米、韓、仏などの新聞に意見広告を掲載してきた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記、「余命は3年」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~
蓮池さん家族、給付金を辞退=「自立、確立できた」
北への送金「全面停止を」=拉致家族会など訴え

グループホーム、スプリンクラー設置済みは約半数―厚労省集計(医療介護CBニュース)
劣悪施設に受給者、生活保護申請ダメ…大阪市(読売新聞)
ゴクミ、2年ぶりCM出演で「ミネラルの女神」
<地下銀行>30億円送金 ベトナム人男女4人を容疑で逮捕(毎日新聞)
「ヘリ部隊、分散移転」 普天間 防衛相、県内外で検討(産経新聞)
AD