大分県の塾☆点睛塾☆東進衛星予備校大分大道校BLOG

一人ひとりに、志望校がある。
一人ひとりの、学習方法がある。
各々違う道であっても、
仲間が集う最高のStudy Place。
生徒が主役!そう!君が主役☆
それが、点睛塾。
それが、東進大分大道校☆


テーマ:

算数・数学のテキストや、問題集を独学で学習しようとすると

思ったようにいかないことが多いのはなぜでしょうか?

 

例えば、中学受験で頻出の「つるかめ算」で使う面積図

テキストの中では、このように解説されています。

image

一方、川元先生の授業では、こういった流れになります。

↓この記事の、画像を見てみてください。

算数・数学のテキストや、問題集を独学で学習しようとすると

思ったようにいかないことが多いのはなぜでしょうか?

 

その原因の一つに、以前の記事

5/15記事:そう思うのです。で触れた…

 

◇◇◇                            ◇◇◇

出来上がった数学の答案を、上から下まで読んでも、

実際の思考の流れ通りに書いているとは限りません。
A⇒Bの順で答案が書かれていても、
実際の思考は、Bを先に考えたのだけど、
その中でAが必要になったというケースも含まれています。
その流れであったり、そういった流れになってしまった原因、
問題を解いている際の心情が、
出来上がった答案から伝わってこないことが多いのです
◇◇◇                             ◇◇◇
 
といものがあります。
 

テキストの出来上がった解答では、思考の流れ・順序を理解できないことも多々あります。

しかし、塾・予備校の授業の中では、算数・数学の学習で大切な、

思考の流れ・順序共有することができるのです。

image

定期考査期間中の高1生から、質問がありました。

2次関数の関数移動型・区間移動型の最大・最小の問題に関しては、この20年間、毎年質問があります。

多くの先輩たちもそうでしたよね…躓いてしまう部分ですよね。

私自身、高校でこの問題を習ったとき、???だらけになってしまいましたから。思いっきり躓いたひとりです。

image

こうやって、パターン的に書かれると、ものすごくシンプルに思えますよね。

パターン暗記だと割り切ってしまえばいいじゃん!と、言われてしまいそうですが、理屈を理解せずに暗記するのは、高校生という年代にとって、そんなに簡単なものではありません。

場合分けの基準とはなにか?

その基準を見つけることが、まずは大切なのですが、その思考の流れ・順序をぶっ飛ばして、パターン暗記したとしても、結局のところ一問一答型の学習に陥ってしまい、そこで学んだものが他分野に転移する可能性が低くなってしまうのです。

image

算数・数学の力を伸ばしていくためには、

出来上がって答案の裏側にある心情

=思考の流れ・順序

正しく理解し、共有していくことが

何よりも大切だということを、忘れないでくださいね☆彡

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

東進中学ネット

東進衛星予備校大分大道校

点睛塾 高等部 責任者  花野良成

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

LIVE授業情報

◇中高一貫校の中3生、高校1年生対象◇

Core数学①(火)  20:10-22:10(120分)

Core英語①(金)  20:10-22:10(120分)

 

◇高校2年生対象◇

Core数学②(木)  20:10-22:10(120分)

Core英語②(土)  20:10-22:10(120分)

 

◇高校3年生対象◇

センター数学(水)  20:00-22:15(135分)

センター英語(土) 17:45-20:00(135分)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大分県の塾☆点睛塾&東進大分大道校さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。