福岡県警南署は20日、9か月の長女を壁に投げつけ重傷を負わせたとして、福岡市南区大楠1、風俗店従業員岡田祐季容疑者(23)を傷害容疑で逮捕した。

 「泣きやまないので投げた」と容疑を認めているという。

 発表によると、岡田容疑者は16日午前2時頃、自宅寝室で泣きやまない長女を壁に投げつけ、右足の骨を折る約1か月の重傷を負わせた疑い。

 岡田容疑者は、妻(23)と長女の3人暮らし。17日、妻と「娘の右足がおかしい」と病院を訪れ、19日に再検査して骨折がわかった。その際、妻が医師に「夫から暴力を振るわれている」と話したことから、病院が福岡市のこども総合相談センター(児童相談所)に通報。連絡を受けた同署が20日に岡田容疑者に事情を聞いたところ犯行を認めたという。

 妻は2月と3月、同署に「夫から殴られたり、けられたりする」と相談していた。担当者は、避難施設に入所することや、刑事事件の被害届を提出するよう促したが応じなかったという。

 ◆昨年11月も頭骨折、福岡市調査せず◆

 同センターによると、長女は生後約4か月の昨年11月にも頭の骨を折る重傷を負い、診察した市内の病院から「虐待の疑いがある」と通報を受けたが、この時は、妻が「事故が原因」と病院に説明したことを理由に詳しい調査をしなかった。

 12月に妻から家庭内暴力の相談を受け、妻と長女をセンターなどに避難させた後、熊本県の親類宅に住まわせたが、同県の児童相談所には引き継がず、妻とも連絡を取らなかった。3月に南署からの連絡で2人が福岡市に戻っていることを知ったが、妻とは連絡が取れなかったという。

谷垣総裁もツイッター、党首討論へつぶやく(読売新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を強制起訴 改正法に基づき初(毎日新聞)
「3年でデフレ脱却」=自民公約骨子(時事通信)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
AD