食のセレクトショップ「きしな屋」@大阪枚方

おいしい!、めずらしい!、おもしろい!食べ物についてご紹介いたします。
「こんなにおいしいものがあることを、みんなに知ってもらいたい!」
そんな想いで書いてます。


テーマ:
ブログを読んでくださった方に
よく質問されることです。

こんにちは。

大阪府枚方市(ひらかたし) 鍵屋別館 の
ちょっとオモシロイ
実はこだわりの食料品店 きしな屋  店長 キョウコです。

木桶仕込みの醤油や、おひつのすばらしさについて、がんばって書くと
読んだ方から、必ずこういう質問をいただきます。

「昔のやり方がそんなに良いんですか?」
「今の作り方がそんなに気に入らないんですか?」
「科学技術が進んだおかげでこんなに豊かになったのに、
何で今さら昔のやり方に戻そうとするんですか?」

数年前にはじめて、そういう質問をいただいた時は、
正直、思ってもみなかった質問なので
「あぁ、そうとる人もいるのか!?」とびっくりしました笑
もう慣れましたが。

この質問は私達が扱っている商品(≒食品、木桶製品)を選ぶ基準にもつながる話なので、
今日はこの質問に対する私の考え方についてお話しします。

一番大事なことを一番最初に言うと、
私がこだわっているのは、
昔ながらの作り方ではなく、
それによってできた製品の品質なのです。

極端な言い方をすれば、
昔ながらの作り方でどんなに手間隙かけて作られたものでも、
それと全く同じ優れた品質のものが大量生産できるなら
それでいいじゃないか、ということです。

昔ながらの作り方でどんなにこだわって作られたものでも、
私が扱いたくない、これはお勧めできない、と思ったものは
店の品揃えには加わりません。

技術って、どんどん進歩していくものでしょう?
同じ品質のものがもっと簡単にできるようになるなら、
そっちを選ぶのは当然と思います。

こんなにすごいスピードで科学技術が進歩していく現代に
食品加工の技術だけが進歩しないのは不自然だし、
時代が変わればやり方が変わるのは自然なことだと思っています。

私は、ばりっばり近代的な設備で大量生産された食品を
悪だとは思っていません。
また、手作りの食品だから、それだけで良いとも思っていません。
商品選びの判断の基準になっているのは、
最終製品の品質です。
(もちろん、きしな屋の場合、どんな人が作っているかというのも
大きな基準になりますが。)

「昔のやり方がそんなに良いんですか?」
「今の作り方がそんなに気に入らないんですか?」
「科学技術が進んだおかげでこんなに豊かになったのに、
何で今さら昔のやり方に戻そうとするんですか?」

という質問への私の答えは本当に単純なものです。

「今の技術じゃできないから、残さないといけない。」というものです。

昔のやり方だから、良いとも思ってなくて、
今のやり方が気に入らないわけでもなくって、
さらに昔のやり方に戻そうなんてちっとも思っていなくって、
ただ、
そうして出来上がった製品が素晴らしいものだから、
そして、今の食品加工技術じゃ、同じものを作れないから、
昔ながらのやり方を残したいと思っています。

醤油について言えば、
木桶で作ったお醤油はおいしいからです。
もともとお醤油は木桶で醸されていたもので、
それがお醤油の「本物」です。
その「本物」の味を再現しようとタンクで大量生産されたお醤油も充分おいしいけど、
(私はキッコーマンのお醤油で育ちましたし)
木桶仕込みのお醤油のほうがもっともっとおいしいです。
今の技術では、同じ品質のものをタンクで大量生産することは無理なようです。

お醤油は今や世界中で使われている調味料ですから、
今後もますますお醤油作りの技術は進歩するでしょう。
タンク仕込みのお醤油が進む道しるべになるためにも
お醤油の「本物」は絶対必要で、
もはや風前の灯くらいのシェアになってしまいましたが
絶対なくしたらいけないものだと思っています。


おひつについて言えば、
おひつに入れたごはんは、めっちゃおいしいからです。
どんな高級炊飯器でもこんなにおいしく保存することはできません。

炊飯器や樹脂製のおひつが悪いとはちっとも思っていませんが、
使ってみると、道具としての機能の差は歴然です。
木製のおひつのおいしさに敵いません。
一度買えば一生ものという耐久性を持ち、
ごはんをおいしく保存するという機能性も抜群。
こんなにいい道具なのに、こちらも職人さんの数はわずか。

醤油にしろ、桶にしろ、こういう手間隙かかる伝統技術というのは
一度途絶えてしまうと復活させるのが難しいから、
(こんな手間のかかる難しいことをゼロからはじめようという人は少ない)
絶対になくしてしまったらいけないと思うのです。

手段方法ではなくって、最終製品の品質で判断しています、というと
何だか冷たく聞こえますが、
私たちが声を大にしてお勧めしているのには、
こんな理由があるんですよ、というのをわかってほしいと思い書いてみました。

読んでくれた方の商品選びの参考になれば幸いです。

ブログランキングに参加しています。

下記↓ボタンをクリックしていただくと、このブログにポイントが入り順位が上がります。
また、ランキングに参加している他のブログもご覧いただけますよ。
よろしければ、クリックお願いします☆

 

 

<ヤマロク醤油 新桶初搾り2016ご予約>
「新桶初絞り2016」はご予約予定数に達しましたため
受付を終了とさせていただきました。
たくさんのお客様にご予約いただき、誠にありがとうございました。
また、ご予約できなかった皆様、大変申し訳ございません。
数量限定品のため、何卒ご理解いただきますよう
お願い申し上げます。


なお、ヤマロク醤油の2種のお醤油
「鶴醤」(つるびしお)「菊醤」(きくびしお)につきましては
まだ在庫ございます。
木桶仕込みの大変おいしいお醤油ですので、
こちらもぜひお試しくださいませ。
 webshop(きしな屋webshop 

※ヤマロク醤油「新桶初搾り2016」をご予約いただいた皆様へ
 2016年10月初旬より順次お受け渡し開始
 ご注文をいただいた順にお送りさせいてただきます。
 お届けが10月末頃になる可能性がございますが、
 必ずお届けさせていただきます。

<出張きしな屋のお知らせ>

・9/22(木・祝)~9/30(金)
京阪線京橋駅直結「京阪モール」2Fにて
催事出店いたします。

・10/6(木)~10/12(水)
お初にお目にかかります。
京阪線樟葉駅すぐ「樟葉モール」1Fグランドアトリウムにて
催事出店いたします。


___________________________________________________________________________________________


「きしな屋」 は、


店主の岸菜(きしな)が、全国津々浦々を訪ね、
各地で目利きした良いものおいしいものを集めたお店。

北は北海道から、
南は沖縄まで、
自慢の逸品が並びます。

全て、作り手のわかる、「顔の見える食品」。
商品のひとつひとつに、全てストーリーがあります。

ぜひ宝探しをする気分で遊びにきてみてください。
きっとお気に入りが見つかりますよ♪

きしな屋ウェブショップはコチラ 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。