福岡/東京イライラ解消!人生が変わる子育てカウンセリング

やる気がない、反抗する、発達障害かもしれない…
そんな子供にイライラして、不安で、叱り出すと止まらない…
理想や正しさに縛られて、子育てで苦しむのはもう止めませんか?
子供の幸せは、お母さんの幸せから。子育てが変わると、人生が変わります。


テーマ:

●私は、ファンキーなロック?(4)

こんにちは、岩崎佳子です。

前回からのつづきです。

初めての方は、こちらからお読みくださいね。

「けいこさん、暗い時ってありますか?」
 

これは、鋭い質問でした。

私は自覚する限り、「暗い時」がないのです^^;

ガマンする、というわけじゃなく。

暗い気分になる時が、まずない^^;

気持ちに波がないというか、ほぼいつも平穏です。

厳密に言えばガーンと落ち込む出来事もあるにはあるのでしょうけど、落ち込むとしても一瞬。

江頭さん:「それは、なぜですか?」

私:「暗くしてるのは良くない気がして、落ち込んだとしても『私は大丈夫!』っていう発信をしてしまってる気がします。」

 

でも決して、暗くなる気持ちをガマンしたり、暗い自分にフタをしているわけではないのですよね。

暗くなるような出来事が、ないわけではありません。

というより、人生の前半は、どっぷり暗かったです^^;

そもそも私には、虐待家庭で育ったという経験から、「凶悪犯罪者の心理に共感する」という異常性がありました。

つまり、凶悪犯罪を犯す者が抱える心の歪みを、私自身も経験してきた、ということです。

報道される犯罪者心理に世間が「信じられな〜い!」と言う方が、むしろ私には「信じられない」ことでした^^;

(今は、犯罪者への共感はすっかりなくなってますから、ご安心を。)

しかし、この異常性は…

すべての人間が生物的、本能的に持っている残忍性を理解しているという理由で、たとえば問題を抱えた目の前の相手を残忍さだけで決めつけず、同時に崇高さもあわせ持った人間として、その人物を全体的に見ることができる、という強みがあります。

 

ここで「崇高」だなんて言うと、唐突な感じがするかと思いますが。

虐待する家族、虐待される家族を目の前で見て、また自分も虐待にさらされて、「人間って何?」ということを、当時は切実に探求し…。

そして、たまたまか、必然か、音楽を学び親しんだことで、「人間って何?」という問いに対する答えの中に、どんなにドロドロした中にあっても消えない「崇高さ」を見つけた、というプロセスがあるからです。

(ちなみに音楽は、今では「娯楽」のように位置づけられていますけど。

その昔は、「哲学」や「天文学」などよりも高い位置にあって、尊ばれていたものなのですよ。)

こういうわけで、自分の中に心の歪みを経験したことは、カウンセラーとしても、教師としても、目の前の問題で相手を規定しないで関われる、という力になっています。

 

…と。

すべては解決したはずでしたが。

問題が残っていたことが、「ありのままで〜♪」によって明らかになったのです。

いや、実はその前から明らかでした。

そもそも、その明らかな問題に困り果てて、江頭さんの存在を知るや、すぐに会いに行くことを決めたのですから。
 

次回につづきます。
 

----------

あなたの今のお悩みを解決します!24時間受付中
子育ても、あなたの人生も変わる「個別相談」対面/スカイプ/LINE



◎スカイプ(電話)相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎福岡(北九州)対面相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎東京対面相談 

料金詳細とお申し込みは、こちらから

----------

観れば自然に実行できる!子供を生かす子育て法、問題の解決方法
DVD『個性と才能を引き出すらくちん子育て術講座』

----------

効果を実感できる子育てのヒント、イベントのお知らせが届きます。
メルマガ「子供の幸せは、お母さんの幸せから」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●私は、ファンキーなロック?(3)

こんにちは、岩崎佳子です。

今日もブログを開いてくださって、ありがとうございます。

初めて訪れてくださった方、よろしければ、ぜひシリーズ1回目からお読みくださいね。

「私は、ファンキーなロック?(1)」

トップオブボイスカンパニー代表、江頭幸宏さんのセッションでは、こんなことも分かります。

・臓器の健康状態。

・臓器の健康状態ばかりでなく、各臓器が、その場所に「居る」かどうか。

居るかどうかなんて、「えっ!?」と思うかも知れませんが。

私は長年、自分の声が身体のどこにあって、どこから声を出したらいいのか真剣に「わからない」という状況があったので、この視点には深く納得しました。


・さらに、身体に7箇所ある各チャクラから出る声が、自分自身の声なのか、誰かの影響を受けた声なのか、ということも分かります。

Oリングテストや、キネシオロジーといった、筋肉の反応から本人の資質や進むべき方向を探る手法については、私も以前から知っていました。

しかし、声や筋肉から本人を読み解いて、ピンポイントにヒントを投げかける江頭さんのセッションは、あまりに特異です。

私は思わず質問しました。

「どうして、こういうことがわかってしまうのですか??」

江頭さんは穏やかに、確信を持って答えてくれました。

「私たちは、知りたいことをコンピューターで検索しますよね?」

「ネット上の情報は、まぁ玉石混交で間違った情報というのも出て来ますが、多くの場合は、知りたい答えを見出すことが出来ます。」

「それと同じで、私たちの身体には祖先から受け継いだDNAがあって、すべての情報はここに在るんです。」

 

「そして、これほど正確な情報はないのです。」
 

だから、江頭さんがそこにアクセスして伝えてくれるヒントは、はじめ「へ?」と思うようなことでも、ガツンと全身に響くのです。

そのヒントも、花だったり、本だったり、映画だったり、歌だったりするのが、またとてもユニークなんですよね。

それでは、前回のつづきです。

ある時、江頭さんが私に示してくれた歌は、これでした。

 

歌に、歌詞に、心を傾けて。

さいごまで聴いてみても、何も心を動かされません。

いや、心を傾ければ傾けるほど、シラケた感じがしてきます。


私は、このモヤモヤ感を江頭さんに伝えました。

「これ、歌詞はもっともだと思うのですけど、なぜだか共感できません。」

「そしてなんか、聴いてると恥ずかしい感じがします。」

このことに、さて、どういう意味があるのでしょう?

江頭さんは、言いました。

「けいこさんは、自分のこと好きですよね?」

私:「あ…、はい…^^;」

「でもどうして、自分を好きだってことがわかるんですか?」


江頭さん:「自分を好きじゃなかったら、そういう服装しないでしょ?」

なるほど〜。

つまり、装う楽しみを持っている=自分を大切にしている=自分が好き、ということなのですね。

自分の女性性を否定していない、というのも服装からわかるのでしょう。

江頭さんは、つづけます。

「歌詞のとおり、“悩んでたことがうそみたいね だってもう自由よ なんでもできる”…って思ってるでしょ?」

私:「あ、はい^^;」

悩みを克服して、好きな仕事をして、好きな勉強をして、家族の理解もあって、好きな場所に行き来しています。

江頭先生:「“これでいいの 自分信じて 光あびながら 歩き出そう”…って、そうしてるでしょ?」

私:「あ、はい^^;」

目標を持って、それに向かっています。

江頭先生:「けいこさんは、みんながそうしたいと思ってることをすでにやれてると思うんです。」

「でもけいこさんは、それが自分の“ありのまま”じゃないことを知っている。

 

だから恥ずかしいんです。」

なんと!?

私のモヤモヤ感は、思いもしない、そんなところにあったんだ!

しかし、私のありのままって、何?

江頭さんは、言いました。

「けいこさん、暗い時ってありますか?」

次回につづきます。
 

----------

あなたの今のお悩みを解決します!24時間受付中
子育ても、あなたの人生も変わる「個別相談」対面/スカイプ/LINE

◎スカイプ(電話)相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎福岡(北九州)対面相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎東京対面相談 

料金詳細とお申し込みは、こちらから

----------

観れば自然に実行できる!子供を生かす子育て法、問題の解決方法
DVD『個性と才能を引き出すらくちん子育て術講座』

----------

効果を実感できる子育てのヒント、イベントのお知らせが届きます。
メルマガ「子供の幸せは、お母さんの幸せから」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●こんにちは、岩崎佳子です。

トップオブボイスカンパニー代表、江頭幸宏さんのセッションは、摩訶不思議です。

たとえば、慢性的な肩こり、頭痛。

外からのマイナスの影響を受けた時。

メンタルが落ちて、気の流れが逆行してる時。

加齢による、筋力の低下。​

自分自身の軸を保ちたい時。


1分もかからない、驚くほど簡単なセルフケアを授けてくれたり。

私がびっくりしていると、「身体って、シンプルなんです!」と、江頭さん。

 


 

また、声と筋肉の反応を読み取って、クライアントにずばり命中するヒントを授けてくれるのも、摩訶不思議な体験です。

そのひとつが、これでした(前回のお話)。
 

ア・ブラ・カダ・ブラを聴いて涙した私を見て、江頭さんは、包み込むような笑顔でおっしゃいました。

「この曲で泣く人は、そうそういないでしょうね^^」

いやはや、そうでしょうよ!

そして。

「理由があるから、そういう反応が起こるんです。」

(理由は、話の流れの中で徐々に明らかになっていきます^^)

別のセッションでは「みかんのうた」を聴くことになりました。

<のどかなみかんのうたを聴いて、昔の思い出から何かを発見するのかな…>

 



そんな予感を抱いてる私に、江頭さんが流してくれたのは…

 

またまた、ファンキーなロック!

あなたもぜひ、動画をクリックしてさいごまで聴いてくださいね。

はっちゃけたパフォーマンス!

 

ぶっとんだ歌詞!

 

私は大好き!

聴くだけじゃなく、自分もやりたい^^

「でも、自分ではこういうの聴かないでしょ?」、と江頭さん。

そう言われると、そのとおり。

それはつまり、私は「自分の中にあるものに、フタして生きている」。

あるいは、「自分の中にあるものなのに、そういうことをこれまでしてこなかった」っていうことなのだそうです。


江頭さんに出逢った最初のセッションでは、2つの「花」が示されました。

「威厳」を花言葉に持つ白いユリと。

 

「花木の女王」を花言葉に持つシャクナゲ。



私の声を読み解くと、「威厳」は、40代で亡くなった会ったことのない母方の祖母からのメッセージでもありました。

本来は、「威厳」を持って、また「花木の女王」として自覚して生きるのが、私にとって自然な姿なのだそうですが。

こんなことを公表すること自体、心がモヤモヤするほど、「威厳」や「女王」なんて意識、私にはありません。

自信がない理由も、自分なりにわかってたつもりでした。

心のことは、人一倍、今まで探求して勉強もしてきていますから。

でも今まで自分でも気づかず、誰からも指摘されなかったことを、江頭さんに突かれたのです。

そのきっかけは、誰もが知っている、「ア・ブラ・カダ・ブラ」や「みかんのうた」より遥かにメジャーな、世界的な大ヒット曲にありました。

江頭さんがその曲をあらためて流してくれた時…

私には、もう聴いてるだけで恥ずかしくなるようなモヤモヤ感があったのです。

次回につづきます。

 

----------

あなたの今のお悩みを解決します!24時間受付中
子育ても、あなたの人生も変わる「個別相談」対面/スカイプ/LINE

◎スカイプ(電話)相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎福岡(北九州)対面相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎東京対面相談 

料金詳細とお申し込みは、こちらから

----------

観れば自然に実行できる!子供を生かす子育て法、問題の解決方法
DVD『個性と才能を引き出すらくちん子育て術講座』

----------

効果を実感できる子育てのヒント、イベントのお知らせが届きます。
メルマガ「子供の幸せは、お母さんの幸せから」

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●私は、ファンキーなロック?

こんにちは。

子育ての悩みからあなたの人生を180度好転させる、カウンセラーの岩崎佳子です。

今日は、FBでびっくりするほど「いいね!」をいただいた、ある『出逢い』のお話をします。

江頭幸宏さん。

 

摩訶不思議な方なんです。

相手の声や筋肉を見るだけで…

その声や筋肉を、まるで本人の人生の地図であるかのように、指針にして。

 

私が今いる場所に、どんな山や谷があるかを示してくれて。

 

その山や谷を切り抜けて、行きたい場所へ行く方法を、驚くほどシンプルに伝えてくれるのですから!

最初にお会いしたのは、6月。

私の体は、チャクラがひとつ(第一チャクラ)しか開いてなくて、他は閉じているとかで。

(ちなみにチャクラとは、体の各部の中心で渦巻いているエネルギー、とでも言うのでしょうか)

つまり、7分の1のエネルギーしか使えていない状態でした。

これ、すっごくわかるんです。

江頭さんに診ていただいたとおり、体はとくに異常はなく、健康なんですよ。

でも、自分の体が使えていないというか…

へんだけど、自分の体なのに「どう使ったら良いか、わからない」という体感覚が、もともとあったのです。

だから、「7分の1のエネルギーしか使えていない状態」というのは、ものすごく納得でした。

で。
もちろん、そこで終わりではありません^^

そこから、他の6つのチャクラを開いてエネルギーを使えるようにする方法を、声や筋肉を地図のように見ながら、伝えてくれるのです。

今の状態の私に必要なもの。

そのひとつは、これでした。



ア・ブラ・カダ・ブラ?

「なに?それ?は?」って思いつつ^^;

その場で江頭さんが曲を流してくれたら、オカシくて吹き出しちゃいました^^;

​「これ、好きな世界!」

そして。

さいごは涙が流れたんですね。

次回につづきます。

 

----------

あなたの今のお悩みを解決します!24時間受付中
子育ても、あなたの人生も変わる「個別相談」対面/スカイプ/LINE

◎スカイプ(電話)相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎福岡(北九州)対面相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎東京対面相談 

料金詳細とお申し込みは、こちらから

----------

観れば自然に実行できる!子供を生かす子育て法、問題の解決方法
DVD『個性と才能を引き出すらくちん子育て術講座』

----------

効果を実感できる子育てのヒント、イベントのお知らせが届きます。
メルマガ「子供の幸せは、お母さんの幸せから」

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●ポケモンGOに、ハマってみた♪(2)

こんにちは、岩崎佳子です。

「続きが楽しみ!」というコメントを、FBにいくつもいただいていた続編です。

ポケモンGOの賛否両論については、こちらをお読みくださいね。

 

さて、巷では語られたことのない、「ポケモンGOが本当に怖い理由」について、今日はお話しします。

前回お伝えしたように、私は今回初めてゲームに手を出して、ポケモンGOにすっかりハマってしまいました。

国内どころか、海外でもその熱狂ぶりが伝えられています。

そして、思いました。

「これくらい人を動かせるんだから、別の有意義なことに活用出来たら凄いんじゃないか?」

「どうして、こんなに人を動かせられるんだろう?」


あなたは、どうしてだと想像しますか?

・可愛いモンスターをゲット出来るから?

 

・レベルが上がるのが、楽しいから?

・これまでのゲームにない、屋外型の楽しみがあるから?


いえいえ、それはぜんぶ、大元の理由の結果としてついてくるものです。

大元の理由というのは、「ここまで人を行動に駆り立てるものは何か?」というもの。

人が行動するのは、それをすると楽しい、つまり「快楽」が得られるからです。

実は、ポケモンGOの快楽は…

「思考停止」です。

「えっ?いろいろ考えながらやってるし!」と思うかも知れません。

でも考えてるように見えるそのことは、ゲームの構造の中に、すでにあるもの。


考えて、やり方を選んで、自分で決めているように見えても…あなた自身は思考していないのです。

これに気づいた時は、さすがにショックでしたね…。

「へー…そうなのか…」

「私は、思考停止状態が、快楽なのか?」って。


脳にある「前頭葉」って、聞いたことがありますよね?

 


(画像http://matome.naver.jp/odai/2146520427246757901/2146521467456684003

前頭葉は、「人間が他の動物とは違う」という、一番の違いが現れるところです。

それは、前頭葉が思考や理性を司っていることがわかっているからです。

普段、私たちの脳内では、

①外からの刺激を受けると

②前頭葉を経由して考えて

③そこから、どんな行動をとるかの司令を出す


という、一連の動きをします。

でもゲーム中は、どんなに複雑なゲームをしていても、この前頭葉を経由せず…

①受けた刺激から

(②なし)

③行動の司令に直結する


という、実験報告があります。

ここから「ゲーム脳」という言葉が生まれ、ゲームばかりすると考えたり反省したりする力がなくなる、と警告され始めました。

(注:もちろん、脳の研究は日々進歩して、過去の実験結果が訂正されることはしょっ中ですが。)

私は自分がハマってみたからこそ、この実験結果を思い出し、「なるほどな〜〜」としみじみ感じ入ったのです。

で。

だから、「ゲームは良くない」っていう結論ではないですからね。

人間の快楽の事実をどう考えるか、どう扱うかが、今日の本題です。


子供のしつけを考える時、一般には「ゲーム=悪」のようなラベルが貼られています。

依存性を心配して禁止しても、禁止すればそれだけ、相手はそこにのめり込んでいきます。

それならばと、「時間を決めようね」なんて一歩譲ったつもりになっても?

相手は「思考停止」状態ですから、時間を管理することは不可能です。

これ、相手を自分自身に置き換えても、心当たりあるのではないでしょうか?

私自身は、すごくあります^^;

今、世の中を見渡していても、思考停止の大人たちが、一部ではあっても、今までよりダンゼン多く、迷惑行為や危険行為に突き進んでいますよね。

大の大人が理性を失うくらい、快楽って強烈なのです。


また、ちょうどハマった頃を見計らうかのように、ポケモンGOは、Googleアカウントとの紐付けで、個人情報を抜きだそうとしています。

ゲームをやっている方には、「ユーザーの把握」と「メールアドレスの表示」への許可のリクエストが、画面上に出て来ませんでしたか?

ちなみに私自身は、Googleアカウントの使用は避けたので、危険を乗り越えることなくレベルアップ出来たのですが。

このタイミングが意図的だとしたら、巧妙ですね。

これこそ、人間の快楽を理解してコントロールする、権力(企業)の仕事ぶりです。

企業努力と言っていいでしょう。

そしてこれを知ると、この社会構造はゲームだけじゃない、ということが見えて来るのです。


繰り返しますが、ゲームが悪いわけではありません。

「快楽」がどんなものかを、「知っている人」と「知らない人」の差があるだけです。

だから、人間から切り離せない「快楽」を「なくそう」としたり、「もともとないもの」と考えても、解決にはなりません。

ゲームは、「=悪」というラベルが貼られているから、わかりやすいのですけどね。

スピリチュアルでも、自己啓発でも、ブランド品でも、お受験でも、思考停止という自分自身の快楽に翻弄されることに、気づいているでしょうか?

そして繰り返しますが、ゲームと同様、そのものが悪いということではありません。

悪くはないのですが…

「思考停止」は、危険思想や全体主義に走ったりという落とし穴がたくさんあるので、注意が必要です。

さて。

ここまで読んでいただいて、心の中で反論が湧き上がっている方もいることでしょう。

そうです。

快楽は、思考停止だけじゃないですよね。


「考えないこと」も快楽ならば、「苦しくても、難しいことを求めること」も快楽です。

現に、今、国内でもちらほら。

日本より先にリリースされたアメリカでは、すでにポケモンGOの熱狂ぶりに落ち着きが見えているようです。

だんだん、飽きられているのですね。

ゲーム通の間で、「単調なポケモンGOは、ユーザーに刺激を与え続ける仕掛けが甘い」と指摘されているとおりの結果ですし…

私たちにとって、「苦しくても、難しいことを求めること」も快楽であるという、あらわれです。

学校現場でもそうなんです。

適切に導いた時は、「もっと難しい問題を解きたい!」と、生徒たちはいつも自発的に求めてきますから。



ポケモンGO。

なんだかんだ書きましたが、現時点で、私はまだハマっています^^

だって、世の中を支配している、生きている限り切り離すことが出来ない私たちの快楽の姿を、権力のコントロールと共に見せてくれるのですから。

だから、向き合うのはゲームだけではないですね。

社会の中で、自分の自由意志がいかに奪われて、翻弄されているか。

自分の中にあるモンスター(快楽)を見つけて、そのレベルを見極めて、どんなふうに飼っていく(共存する)か。

難しいこのテーマに向き合うのも、また快楽なのです。


==========

【世の中の見え方が、変わる!】

【あなたの伝え方が、変わる!】


 心理学や自己啓発、脳科学のベースになっている哲学の最高視点を、哲学初心者が学べる場が、このたび初めて公開されます。

 

【福岡】
2016年8月25日(木)15時00分~17時00分
(懇親会17時30分~19時30分)
 

【東京】
2016年8月29日(月)15時00分~17時00分
(懇親会17時30分~19時30分)

【大阪】
2016年8月30日(火)15時00分~17時00分
(懇親会17時30分~19時30分)
 

セミナーのみ: 5000円(当日現金払い)
セミナー+懇親会:10000円(当日現金払い)

紹介:岩崎佳子(私もこちらの哲学塾で学んでいます)

詳細とお申し込みは、こちらです。
 

----------

あなたの今のお悩みを解決します!24時間受付中
子育ても、あなたの人生も変わる「個別相談」対面/スカイプ/LINE

◎スカイプ(電話)相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎福岡(北九州)対面相談ご希望日を第3希望までお知らせください。
◎東京対面相談 8月は受付を締め切りました。

料金詳細とお申し込みは、こちらから

----------

観れば自然に実行できる!子供を生かす子育て法、問題の解決方法
DVD『個性と才能を引き出すらくちん子育て術講座』

----------

効果を実感できる子育てのヒント、イベントのお知らせが届きます。
メルマガ「子供の幸せは、お母さんの幸せから」


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)