2005-07-04 21:02:40

近況報告

テーマ:日記
あー、しばらく更新してなかった・・・。
しかし、先週の木・金にはテスト、土・日はアメブロ自体メンテ中だったのであります。決して、決してですね、「面倒だった」という理由で更新しなかったわけではないのです。・・・多分。

<テスト>
テストがありましたー。夏休みも近いので。
結果は散々でしたが後ろは振り向きませんよ。振り向いたら負けなんですよ。

<モンスターファーム>
今更ながら、モンスターファーム(しかも2)にハマったーーー。
いやー誤算でした。モンファ(この略し方不自然だろうか?)がこんなにも熱いゲームだったとは。友人がやっているというので少し懐かしむくらいの気持ちでやっただけだったのですが、見事にハマってしまいました。
テストにより抑制されていた「ゲームがやりたい」という強い衝動による影響も大きかったという見解が有力と考えられております。専門家による分析によると(何)
現在ナーガを育てているのですが、「四大大会を制覇する」という志を胸に妥協を許さないトレーニング中です。うおー、熱すぎるぜモンスターファーム!(落ち着け)

・・・しかし「旬」でも何でもないゲームについて力説するこの虚しさは何なんでしょうね。
「この話題にピンとくる人とかいるんだろうか?」というのはきっと気にしない方が良いんでしょうね。(ネガティブにしめる)

<現在読んでいる本>
またも村上春樹、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」というのを読み始めたのですが、モンスターファームへの熱い情熱による影響で、本はあまり読んでないです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-27 20:21:50

我が町の図書館

テーマ:日記
今日はTBステーションのお題「わたしの図書館活用法」について書きたいと思います。
でもなー、そもそも図書館使わないんですよ。(終了)
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
終わってる場合じゃないですね。
でも「活用法」は書けないので、「活用しない理由」について書きたいと思います(何)

自転車を使えばすぐ行けるような距離に図書館があるのに、利用しない理由。
ずばり、読みたい本がないから。何かですね、本の数自体が少ないというのはあるのですが、本のラインナップが微妙なのです。有名な作家でも代表作が置いてなかったり。
まあ市立図書館なので仕方ないのですがねー。

あとブックオフを愛用しているというのもあります。100円で買えるので買っちゃった方が良いかー、みたいな感じでして。

・・・などと書きつつも「天切り松」の4巻を予約してたりするんですけど(おい)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-26 22:05:54

ミュージックバトン

テーマ:日記
たけしさん からミュージックバトンというものを受け取りました。
音楽についての質問を五人の人に回していくというもの、らしい。答えてみたいと思います。


Q1 PCに入っている音楽ファイルの容量
1GBほど。

Q2 今聞いてる曲
「ランダム」で再生してるので特に聞いているというのはないですが・・・
最近よく聞いてるのはDeepForest の曲ですね。


Q3 最後に買ったCD

多分DeepForestのMusic Detected というCD。聞いてて元気が出ますよー。


Q4 よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

民族音楽っぽい音楽、ゲームのサントラ(光田康典という方が良いです)とかをよく聞きます。日本の歌謡曲とかあまり知らんですねー。

・DeepForestの「hunting」という曲。ノリのいい(?)曲なので、疲れている時などに聞くと元気が出ます。

・ボブ・ディランの「
Blowin' in the wind」。確かCMで流れていて、それが気に入ったのですが、ボブ・ディランの歌声がなんか好きです。

・ゲーム「クロノトリガー」のテーマソング「クロノトリガー」という曲。たしかクロノトリガーは幼稚園児のころから知っていたのですが、何度聞いても鳥肌がたつくらい良いんだよなあ。

・「Dao Dezi」というグループの「Kokerikero」という曲なんですが、マイナー過ぎ・・・・? 興味のある方はdaodeziで検索してみて下さい。

・ジョン・レノンの「Imagine」。やはりこれはいいですねー、落ち着きます。親の話によると赤子の頃からこれを聞くと泣きやんでいたらしい(笑)

こうやって挙げてみると、自分はあまり歌詞等が無い曲の方が好きらしい。何か作業してるときに聞くときが多いからでしょうか? 音楽にリラックス効果を求める傾向にあるようです。

それでは、バトンを回したいと思います。回せる方が五人もいないので、
うさぎねこさん、
ミサトさん、
イゼイルさん、
に回させて頂きたいと思います。
時間があればお願いします!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-25 23:51:09

記憶のチカラ

テーマ:日記
さっきまで記憶のチカラ って番組を観てました。人間の脳とか記憶力に関するいろいろなエピソードを紹介する番組だったのですが、いやー世の中超人的な人がいるもんだって感じでして。

ルービックキューブを高速で解く人とか、風景を正確に記憶出来る人とか。
あと心臓は記憶と関係してるらしい。心臓を移植すると、前の心臓の持ち主の記憶が残っているということが稀にあるらしいのです。趣味とかも影響されるらしい。少し不気味な話ですが、面白かったです。

でも「あなたの脳が生き返る」っていうキャッチフレーズだったけど、結局僕のような凡人の脳はどうすれば生き返るんですかね??(勉強を手軽にしたいという強い下心をこめて)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-24 23:48:11

テスト

テーマ:日記
<今日のできごと>
今日は学校で「実力テスト」ってやつを受けてきました。定期テストとは別のやつです。
もー「実力」テストだけに自分の実力の無さを思い知るためのテストでしたねー。
社会とか暗記系は結構ボロボロでして。まあもはや諦めの境地励みになったと思ってポジティブに行こうかと思います。

<現在読んでる本>
天切り松三巻。テスト期間故に、そんなに読んでないです。

<最近読み始めた漫画>
「蒼天航路」という三国志の漫画なのですが、やたら良いです。
曹操が主人公で、「演義」の方で悪者にされてしまった曹操を見直そうみたいな感じなのですが、曹操好きとしてはツボでして。現在4巻を読んでます。
名門どころとやたらつるんでいるエンショウ(漢字出ない)も良い(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-22 23:00:48

村上春樹/ダンス・ダンス・ダンス

テーマ:小説
著者: 村上 春樹
タイトル: ダンス・ダンス・ダンス〈上〉


「羊をめぐる冒険」から四年。札幌の街で「僕」の冒険が始まった。
「僕」は複雑なダンス・ステップを踏み続けながら、様々な運命を通過していく。
周りの人達が消えていってしまい、喪失を繰り返していく「僕」の辿り着く先とは・・・?

羊をめぐる冒険の続編。だが、結構時間が経っている事もあり、文体や雰囲気は変わっている。(登場人物に名前がつく等々) また「ダンス・ダンス・ダンス」という題名も気になるところかと思われるが、実際のダンスとは関係がなく、抽象的なものとして「ステップを踏む」という表現が出てくるだけである。
僕としては「羊をめぐる冒険が最高傑作」という思いに変わりはなかったが、羊よりもこちらが良い、という方も結構居るようだ。
たしかに、この作品には羊には無い良さがある。

例を挙げると、登場人物の魅力は羊を超えると思う。
中学の頃の、何でもこなし、容姿も端麗という少年だった映画スターの「五反田君」、有名な写真家の娘で、冷めたところのある大人びた13歳の「ユキ」等、登場する人物の誰もがリアルに書かれていて、非常に魅力的。「ぼく」の屁理屈めいた喋りや、ジョークにも磨きがかかっていると思われる。

「風の歌を聴け」から順番に読むのが良いとは思うが、この作品だけ読んでも楽しめるかも。また羊だけ読んでこの作品、というのもあり、だと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-21 22:52:46

北斎と広重展

テーマ:日記
日曜日の話ですが、「北斎と広重展」を見てきました。
浮世絵は結構興味があるので、「行かねば」と思っているうちに最終日でしたが。
hokusai


いやー、最終日だけにかなり混んでましたが、非常に豪華な展覧会でしたよ。なんたって約240点も展示してますし。

北斎は「富岳三十六景」、広重は「東海道五十三次」が有名なので、他の作品はあまり知られていませんが、他の作品も十分素晴らしかったですよ。
北斎の方は滝をテーマにした諸国瀧廻りというシリーズや、諸国名橋奇覧というのがかなり良かった。北斎は風景をそのまま描くというより、空想によって誇張したりしている部分があるのが非常に面白いです。

広重は、やはり義経ブームが来てるので、「義経一代記」がかなり目立ってましたね。特に券に書いてある弁慶との対決のシーンなんかかなり良いです。
ていうか何より北斎と広重を同時に展示してしまうという心意気からしてもう良いです。
もう少し期間が長かったらもう一度行ってるんですがねー。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-19 22:35:53

色々びびりました。

テーマ:日記
今日は三越日本橋本店 へ、北斎と広重展 というのを見に行ったのですが、それについてはまた明日。
しかし三越本店の凄さを痛感したので本日はそれを書こうと思います・

<三越についての軽いカルチャーショック(?)について>
塩はデパートと言えばイトーヨーカドーやダイエー。塩の家の近くにあるヨーカドーは、一階に食品売り場や本屋、玩具店等があり、二階に服や飲食店というわかりやすい造りになってます。
ところが今日行った三越。至極当然の事なのですが、馴染み深いヨーカドーとはスケールが違いすぎる・・・。

<三越本店の1階>

三越日本橋店は、もう店に入る前から違います。これでもかっていう程大理石。高級感漂ってます。高そうなゼリー、漬け物、饅頭等々、お中元の時に人から頂くような品物がずらり。
・・・え? 1階は日用品&食料だろ? しかしそこは三越日本橋本店。たぶん普通の日用品なんて無いです。

<三越日本橋本店のトイレ>
◎もちろん大理石(まあこういうところは大理石ですよね)
◎もちろんINAX(これも結構入ってる)
◎手を洗うとお湯が出る(しかもちょっとずつお湯の温度が下がっていくという気遣いっぷり・・・これには少し焦った)
◎もちろんジェットタオル完備・・・だけでなく手を拭く用の紙もついているというダブル装備(手の拭き方にまで選択の自由が与えられている・・・)

<三越日本橋本店の人々>
三越へ入るなり感じた事。

自分、場違い・・・?

気づけば三越本店に来ている方の多くは、老齢の紳士&御婦人方。
アキバ的な機能重視のリュックを背負った学生など他におらず・・・。ていうか店員の方に奇異の目で見られた?(被害妄想かも)


本日は一人で行ったので良かったですが、他の人と行ったら多分「迷子センター」に呼び出されてます(何)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-18 22:09:08

電車男

テーマ:日記


友人と電車男 の映画観てきましたー。原作(?)の方も読んだのですが、台詞等が実際の書き込みにかなり忠実だった、と思う。
ところどころ笑っちゃう場面がありまして。電車男のTシャツに「百式」と書いてある時点で吹きました(笑)

あと後ろに飾ってあるフィギュアは絶対エヴァのアスカだった・・・等と色々指摘すると逆に自分のオタクっぷりを露呈する事になりそうなのでこの辺で。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-17 23:40:17

辛いなあ

テーマ:日記
昨日は寝ちゃいました。

<昨日のできごと>

小学校の頃の先生がお亡くなりになってしまい、お通夜へ行って参りました・・・。
恐らくまだ40代くらいの若い先生だったのですが、どうやら癌だったらしいです。
しかし、亡くなった人の顔というのは生前のものとはだいぶ変わってしまっていて、ショックでした・・・。

ご冥福をお祈りします。

<現在読んでいる本>
ダンス・ダンス・ダンスの下巻があと半分くらい。
天切り松の三巻が文庫化されたので、早めに読みたいっす。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。