オイラんちの不妊治療&子宮内膜症日記

子宮内膜症と不妊症の治療の記録です。
アラフォーなのに一人称が「オイラ」のカワイイ旦那様と
新橋夢クリニックのお陰で授かった娘「オイラ子」と暮らしています。

2006年10月に子宮内膜症臨床診断、

GnRHアゴニスト(リュープリン)による偽閉経治療、

2007年6月の腹腔鏡手術を経て、不妊治療に突入。

2008年10月及び2009年2月に体外受精に挑戦しましたが結果は陰性…。

2009年3月に新橋夢クリニックに転院しました。

術後2年が経ち、チョコレート嚢胞や癒着の再発など

不安はたくさんありましたが、2009年12月夢クリを卒業。

2010年6月に無事出産することができました。


テーマ:
お久しぶりです。
毎回同じ書き出しになってしまいますが、前回の更新から1年4ヶ月、
また書きたいことが出てきてしまいました。

娘は昨年春に幼稚園に入り、私はパートを始めました。
不妊治療中に泣く泣く仕事を辞め、その後も未練たらたらでしたが、
縁あって今の仕事に就くことができ、充実した日々を過ごしています。

ただ、ホルモンのバランスは良くないようで…。
前回書いた頻発月経は次第に改善し、
21日周期から、23日、25日…と少しずつ長くなり、
前回は28日!やった!と思ったのもつかの間、
先月は本格的な出血にならないまま、3日が過ぎ、1週間、10日…
やっと少し量が増えたのは楽しみにしていた温泉旅行の日で、
17日目ぐらいになんとか終わりました。

いわゆるダラダラ生理だったようで、
これも更年期に近付いている証拠なんでしょうかね。

心配していた胸の張りは、乳がん検診を定期的にすることで安心できたのですが、
婦人科にも行って、ピルも考えなきゃいけないのかなぁ、と思っています。


育児ブログも更新が止まったままですが、
そちらに以前アメンバー限定で、ママ友(Aさんとします)から
急に誘われなくなった、という記事を書きました。

それから2年が経って、やっぱり何らかの理由でAさんに嫌われてしまっていた、
ということが最近わかりました。
そういう報告をしてくれた別のママ友がいました。

疎遠になってからもう2年も経ちますし、
私以外にも嫌いだと公言されているご近所ママが何人かいるようなので、
そういう人なのだと割り切り、今は子ども同士の幼稚園は別なので、
あと2年小学校に入るまではご近所ママ事情がどう変わるのか
静観しているつもりです。

ただ…Aさんがうちの娘は体外受精で生まれた、
ということを言いふらしているらしいのです。
それは、まだAさんと仲が良かった頃、彼女が2人目不妊に悩んでいたので、
良かれと思って打ち明けました。

それなのに、○○ちゃんは体外受精なんだって、
それに子どもが1人しかできないのはママがパパに愛されてないからなんだって…
要は子どもを作る行為をしていない、
みたいなニュアンスで言われてるそうです。

何でも話せる友達になれたと思って話してしまった私がバカでした。
私がAさんに嫌われたり、そのこと以外の悪口を言われていても構いません。
でも将来、娘がそのことでいじめられたりしたら…と思ったら、
娘に申し訳なくて、悲しくなります。
引っ越しや私立に行かせることも考えたくなります。

ブロ友さんで体外受精のことは夫婦だけの秘密、
とお書きになっている方がいらっしゃいました。
人の口に戸は立てられぬ…やはりそれが正解なのだな、と思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここに書くのは毎回「久しぶり」になってしまっています。

でも、1年以上空いても、書きたいことが出てくるものなんですね。


タイトルのとおり、頻発月経に悩んでいます。


全く記録をしていなかったのですが、

昨年3月に断乳をしてからは、定期的に生理がきていたように思います。

ただ、その周期は25・6日とやや短く、量はすごく多かったり少なかったり。


そして、ここ2周期は21日・22日と頻発月経と呼ばれる状態になっています。

私は今年40歳になったのですが、閉経前の生理不順?

とまで考えています。


治療で卵巣を酷使したり、内膜症で手術もしているので、

閉経が早くなるのかもしれないなと。


また、胸が張って痛む時期があり、ホルモンバランスが崩れているせいなのか、

それは卵巣ホルモンが悪いのか、黄体ホルモンが悪いのか??


不安なら、病院に行くべきなのでしょうが、基礎体温をつけていないのです。

単に面倒ということもありますが、娘がいろいろとうるさいので…。


病院に行って、ピルを飲みなさいと言われるのもちょっと抵抗があります。

以前飲んでも特に問題がありませんでしたが、

やはり副作用の心配もありますし、閉経が近いんだったら、

排卵止めても意味がないのでは…などなど。

何もせずに、うだうだ考えています。


とりあえず、今周期も短かったら、受診してみます。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまたお久しぶりです。

このブログを気にして下さっている人は

もういらっしゃらないかもしれないけれど、

どうしても書き残しておきたいことができました。


娘を出産してから2年ちょっと、2人目の治療はせず、

夢クリにある凍結胚盤胞(我が家では小オイラちゃんと命名していました)を

廃棄することにしました。


今も不妊治療を続けている方、

凍結胚がなくて、採卵を頑張っている方には

複雑な思いを抱かせてしまうかもしれませんが、

私にとっては本当の意味での卒業の時が来ました。



結婚して、子どもが欲しいと思った時から、

漠然と「子どもは1人」と考えてきました。

当時、夫は2人以上欲しいと思っていたそうですが、

私の意志を尊重してくれました。


夢クリや他の病院で治療をしていた時は、

とにかく1人授かれればという思いでした。


そして、娘を授かった直後は、

もしかしたらもう1人、って考えられる日が来るかもしれない、

その可能性が1%でもあるならと

一昨年・昨年は凍結保存期間の更新をお願いしました。


でもやっぱり2人目は考えられない、という結論に達しました。

理由の1つには、娘を連れて夢クリに行けない、ということもありますし、

もちろん経済的な問題もありますが、

それより何より、私自身のキャパシティの問題でした。


今の私は娘1人を育てるだけで精一杯、むしろ弱音ばかり吐いたり、

娘にイライラをぶつけたりしているのに、

もう1人産んで育てるなんて不可能…。


自然妊娠はほぼ100%ないでしょうし、娘は1人っ子確実で、

もしかしたらこの先、寂しい思いをさせてしまうかもしれません。


娘に申し訳ない気持ちもありますが、夫と私と娘の3人で家族なんだ、

ということを家族みんなが幸せに感じられるように、

これから努力していきたいと思います。



そして、いざ、大事な大事な凍結胚盤胞…

小オイラちゃんとさよならすることが寂しくもあります。


一緒に凍結されていたオイラ子ちゃんは娘になって産まれてきて、

小オイラちゃんは…。


これも運命だから仕方のないことですが、

お迎えに行けなくてごめんね、と心の中でずっと思っています。


小オイラちゃんも胚盤胞になってくれたことで、

あの頃の私はすごく救われていたと思います。


頑張ってくれてありがとう…。

娘を授けてくれた夢クリ、本当にありがとう。

ここで応援して下さった皆さん、ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。