グラクソ・スミスクライン(GSK)は6月7日、田辺三菱製薬の連結子会社である吉富薬品との間で行ってきた抗うつ薬パキシル錠の共同販売促進活動を7月末で終了することで合意したと発表した。8月1日以降はGSK単独で行う。

 GSKは2002年から、精神科領域に特化した吉富薬品と、パキシルの共同販売促進活動を開始。今回、終了に至った経緯について両社は、「パキシルが抗うつ薬として、国内で最も多く処方される重要な地位を確立するなど大きな成果が得られ、共同販売促進活動開始当初の目的を達成したため合意に至った」としている。

 パキシルは選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)で、国内では、▽うつ病・うつ状態▽パニック障害▽強迫性障害▽社会不安障害―の適応を持っている。GSKによると、昨年の国内の抗うつ薬市場規模は推計1200億円(薬価ベース)で、パキシルの売上高は520億円だった。


【関連記事】
HPVワクチン接種者の平均年齢は31.4歳
抗凝固薬アリクストラに急性肺血栓塞栓症などの効能追加申請―GSK
GSK、日本市場で高成長
アナリストに聞く製薬業界の動向(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)
今年度の業績、「大幅な減収・減益を予想」―田辺三菱

「リハのスタッフは医療・介護に積極的にかかわるべき」(医療介護CBニュース)
忍者武器「くない」を販売 兵庫の製造会社書類送検(産経新聞)
<鳩山首相>続投姿勢崩さず 三者協議は継続(毎日新聞)
接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議
党内仕分けで「返り血」浴びる覚悟はあるか(産経新聞)
AD