政府は10日、現在104ある独立行政法人のうち、研究開発などを行う38法人を統廃合した上で、「国立研究開発法人(仮称)」に移行させる方針を固めた。

 23~28日に独立行政法人を対象に「事業仕分け」第2弾を実施するが、国家戦略として研究開発を主導するには研究開発関連の法人を一定程度、存続させる必要があると判断した。

 5月中旬にも決定する独立行政法人改革の基本方針にこうした方針を盛り込む。

 これに関連し、枝野行政刷新相は10日のさいたま市内での講演で、研究開発関連の38法人は「5から15くらいに整理できる」と述べた。

医師会に配達の鉢植え出火、自然発火の可能性(読売新聞)
近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)
<リコール>日産、セフィーロなど5車種計2万5024台(毎日新聞)
弁護士名乗り「全財産送れ」3500万円詐欺(読売新聞)
<京都府知事選>現職の山田啓二氏、3選確実に(毎日新聞)
AD