那覇市の首里城を約9万鉢の花々で彩る「首里城花まつり」が開かれ、観光客を楽しませている。

 正門「歓会門(かんかいもん)」から、王が住み、公の儀式を執り行う場でもあった正殿(せいでん)前の「御庭(うなー)」を、マリーゴールドやサルビア、パンジーなど7種類の鉢植えが飾る。朱塗りの首里城に白や黄色、紫、ピンクなど鮮やかな花々が咲き誇っている。

 28日まで。日没から午前0時までライトアップも。入場は午前8~午後7時(有料の正殿は午前8時半~午後6時半)。【三森輝久】

<雑記帳>“裏”もあります 京都の消防署出張指導メニュー(毎日新聞)
通報だけで死亡と判断=救急隊、出動させず-沖縄・宮古島(時事通信)
鳩山首相、子ども手当「満額」こだわらない?(読売新聞)
初乗り500円申請認めず=タクシー会社に値上げ指導-近畿運輸局(時事通信)
村木被告から指示なし 前任係長、障害者団体と面会は認める(産経新聞)
AD