何度も

テーマ:

image

転職して早3週間、少しずつ仕事にも慣れてきた。

 

そんなわけで、少しずつ一人で任せられる仕事もいくつか増えてきた。

 

今日も初めて一工程分を一人で頭からやるのを任せられrた。

 

初めて一人でやる作業だったから、やっぱ緊張もしたけれど、落ち着いて学んできたことを丁寧にやってみた。

 

慣れてる人よりも時間はかかっちゃったかもしれないけど、しっかりと仕事をこなすことができた。

 

その時の達成感は大きかったなぁ。

 

まだまだではあるけれども、やっと戦力になれる部分がでてきたってことが、凄く嬉しかった。

 

 

 

今回こうやって仕事が出来るようになったのも、何度も教えてもらって自分でも手伝ってもらいながらやってきたから出来るようになった。

 

僕たちはやっぱりどんなことでも、続けて何度でもやっていくことでその身につけることができるんだ。

 

言葉だってそう、箸の使い方だってそう、僕らが出来るようになったことは全て何度も繰り返してやってきたことだ。

 

赤ちゃんの頃から、そうして色んなことを繰り返して僕らは大人になっていった。

 

でも大人になってくると、どうしても繰り返して何かを学ぶよりも、一発でがちっと上手く出来る方法なんかを探してしまうようになってしまう。

 

何より結果を重視して、一発で成功させようとする。

 

もちろんそれで成功することだってあるだろうけど、やっぱり一発で何かを成し遂げるって難しかったりするよね。

 

それで出来ないと自分にはむいてない、とか諦めちゃったりね。

 

違うんだよ、僕らはイメージできたことは絶対に達成することができるんだ。

 

すぐには出来ないかもしれない、でも何度も何度も試行錯誤して続けていけば、必ず達成出来るときがくる。

 

ちょっとやってこれは出来ないーとかじゃなく、続けてみようよ。

 

続けることで楽しみを見つけることもできるはずだよ。

 

 

 

いつもブログを読んでくれてありがとう♪クリックお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

AD

負けの先にあるもの

テーマ:

image

今日はWBCの準決勝、日本対アメリカの試合が行われた。

 

僕は仕事だったから試合を見ることはできなかったんだけど、お昼休憩とかに速報を見たりしながら午前中はなんだかそわそわしちゃった(笑)

 

試合自体見ることはできなかったけれども、どうやら凄い熱い試合だったようで。

 

接戦のまま最後まで試合は続き、最終的には1-2で日本はアメリカに敗れてしまった。

 

もちろん負けてしまったことは残念だけれども、強いアメリカにあと一歩という戦いができたことは、これからの日本の野球にとってプラスになるんじゃないかな。

 

この悔しい気持ちを胸に、また4年後世界一へと向かっていけたらいいな。

 

負けたからって全てが終わりになるわけじゃないんだ。

 

選手たちのこれからの活躍に期待したいな。

 

 

 

これは僕らの人生も同じだ。

 

失敗したり駄目だったりしたって、それで全てが終わるわけじゃない。

 

その失敗や駄目だったことをバネに、次に繋げていくことができればその失敗は失敗じゃなくなるんだ。

 

一度駄目だったからって、あなたは駄目な人じゃないんだ。

 

他人に何かを言われるかもしれない、心から落ち込んでしまうかもしれない。

 

それでもその失敗をあなたが成功への踏み台にすることができれば、それは素晴らしい経験へと変わるんだ。

 

誰に何を言われたって、あなたは素晴らしい人なんだから。

 

 

 

いつもブログを読んでくれてありがとう♪クリックお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

AD

プロフェッショナル

テーマ:

image

昨日帰りに本屋で買った、横浜DeNAベイスターズのオフィシャルイヤーマガジン。

 

毎年発売していて、選手のインタビューとかベイスターズに所属している選手の紹介だとかが書かれている本。

 

僕はベイスターズの大ファンなので、毎年買っているんだけども、その中のインタビューで凄く心に残った記事があったんだ。

 

それはチームのキャプテンであり4番に座る「筒香嘉智」選手の記事。

 

彼は今開催されているWBCの日本代表にも選ばれていて、その代表でも4番を打つほんとに凄い選手。

 

 

 

筒香選手のインタビューを読んで思ったことが、プロフェッショナルとしての自覚や考え方がほんとに凄い強いなと思った。

 

プロ野球はオフシーズンがあって、冬の間は人気のある選手たちはテレビに出ることが増える。

 

バラエティ番組などに出ることもファンサービスとしては僕は良いことだと思う。

 

でも筒香選手はそういう時間がもったいない、その時間を練習に当てたいというストイックな考えを持っている。

 

一番のファンサービスはグラウンドで活躍する姿をファンに見せることだという強い信念を語っている。

 

ファンに対しては心から感謝しているとも言っている。

 

ファンの人達の応援がプレーをするにあたって凄い力になっていると。

 

そんなファンの人達への想いに答えるためにも、プレーで魅せることが一番であると。

 

 

 

そして勝つために何をすればいいか、深く考えていると言っている。

 

自分が成績を残すだけではチームが勝つことはできない。

 

自分の成績を残しつつ、さらにチームが勝てるためにどうしたらいいか。

 

そんなことを考えながら、キャプテンとしてチームの雰囲気作りであったり選手たちへの声掛けであったりを続けている。

 

ほんとどこまでストイックなんだと驚くほどだよ。

 

スポーツ選手っていうのは自分が活躍することでお金を稼ぐことができる。

 

でもただ自分が活躍することよりも、チームが勝つことが一番だという考え。

 

そしてその為に深く考え、色んなことを学んで吸収して、野球以外のことも学んでいる。

 

そんな姿を見れば、この人についていきたい!って後輩たちは思うんじゃないかな。

 

 

 

野球選手としてだけでなく、人間としてもプロフェッショナルだなぁと思わせるインタビュー。

 

筒香選手がどうして活躍を続けていられるのか、よく分かるインタビューだった。

 

野球を愛し、チームを愛し、ファンを愛し。

 

これほどに素晴らしい野球選手は滅多にいないだろうなぁって思うよ。

 

僕らも自分だけの幸せを求めるんじゃなくて。

 

自分の周りの人も、他人の幸せも考えて暮らしていくことができれば、きっとそれが自分の幸せへの近道なんじゃないかなってそう思った。

 

自分が自分が、では駄目なんだよ。

 

周りの人と一緒に幸せにならなきゃ、僕らには真の幸せには辿りつけないと思う。

 

そんなことを教えてくれた筒香選手、ほんとにありがとう!

 

また球場で最高のプレーをするところを見に行くからね。

 

 

 

 

いつもブログを読んでくれてありがとう♪クリックお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

AD