<大塚麻恵・最新情報>




<写真集&DVD発売中>

2012年2月27日発売
「月刊NEO 大塚麻恵 first & last nude 」
「月刊NEOムービー 大塚麻恵 メイキングストーリー」


<インターネット配信>

「私の居場所はどこ?」
  シリーズ #15 大塚麻恵 編 2月10日配信開始
  シリーズ #16 大塚麻恵 編 2月24日配信開始


<メルマガ配信>
大塚麻恵のメルマガ
『バングラデシュの風に吹かれて
   ~大塚麻恵の海外生活奮闘記~ 』

詳細は
→こちら をクリックしてご覧ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-07-28 04:12:41

ジャパンクオリティ☆

テーマ:お知らせなどなど
バングラに参入している日本企業の中でも有名なのが、ユニクロさん。

そう あのお洋服の。

バングラデシュでの名前は「Grameen UNIQLO」というのですが

今回、その新シーズンのモデルをやらせていただきました!



新シーズンは ‘Grameen UNIQLO RISING DHAKA meets Japan Quality’

というコンセプトで 日本の品質を前面に押し出したキャッチコピーなのです。

そんなこともあり、日本のモデルも起用したいと現地の社員さんからご縁をいただき

わたしにお声をかけていただきました。



出来上がった広告は・・・こんなかんじです(*^_^*)







どれがわたしか、わかるかな~??


わたし以外のベンガル人のモデルさんはみんなすごく背が高くて

撮影時はわたしひとりちんちくりんで


うっわ~ ど、どうしよ。。。。


と内心焦りましたが(>_<)


デザインの時にうまく調整してくれたようです(笑)

よかったよかった!!!





メイクはちょっぴりベンガル風で濃い目のメイクだったけれど

撮影自体久しぶりだったので 全てが新鮮で楽しかったな♪






これはサルワカミューズというバングラの女の子の普段着なのですが

普段からみんなこんな色鮮やかなお洋服を…着ちゃうんです バングラは!

目の覚めるような色とりどりの衣装を着れて すごく楽しい撮影でした。


日本の感覚だと、派手すぎない?ってデザインも

ここでだと不思議と風景や雰囲気とマッチングするんですよね…

街も人も、極彩色ですからね(`´)







今回の写真は、広告の他にもこうして店舗の壁に使われました♪

こちらはジョムナフューチャーパークという

バングラ最大のショッピングモールの中のお店のもの。

先日遊びに行った時に 発見!!






そしてこのお仕事をして嬉しかったのは

エクマットラのセンターの子ども達が 新聞の広告を見て

「まえアプーだ!」と発見して大喜びしてくれたこと(*^_^*)


大事にその日の新聞とっておいてくれてて、、、わたしも嬉しかったあ~キラキラ





ユニクロさんのサルワカは かわいい!ほしい!と

バングラの女の子達にも人気でしたよ。


今断食月の真っ只中で、もうすぐイ―ドという断食明けの休暇になるのですが

その時はバングラではみんな、新しい服を着なければいけなくて

わたしはそのイ―ド用のお洋服に、このピンクと黒のサルワカを購入しました!



撮影ではもう着させてもらいましたが

プライベートで、大好きなみんなと過ごすイ―ドに

今から着るのが楽しみです(*^_^*)

大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-07-15 04:23:49

トツゼンデスガ・・・☆

テーマ:お知らせなどなど

映画の試写会の告知です!


わたしがバングラデシュへ来る直前に撮影した映画

「チェイン」が、ハリウッドでの先行上映を経て

いよいよ日本へ上陸するそうです!


わたしは残念ながら 参加はできませんが・・・★


監督や出演者による舞台挨拶などもあるらしいので 

お時間ある方はぜひ!

わたしのかわりに 会場へ観に行ってきてくださいね。


バングラから、試写会&映画公開の成功を祈っております(>_<)

取り急ぎ、告知でしたあ!



このメンバー、大好きな映画チームでした(;_:)

・・・う~ん 行きたいなあ。。。




☆試写会情報☆

映画『チェイン』完成披露試写会の実施が決定しました!
この試写会に、Ameba会員の方をご招待いたします!!

【完成披露試写会概要】

開催日:7月17日(木)
時間:開場14:30/開演15:00 (上映時間:78分)
会場:アキバシアタ- (富士ソフトビル5F)

登壇者(予定):菅井玲、渡辺裕之、布川隼汰、高橋明日香、井上幸太郎、朝山日出夫、細井尊人監督(敬称略)

応募締切:先着順

ご応募の詳細は「チェイン」のサイトをご覧ください!

 cha.in.net
 映画『チェイン』完成披露試写会ご招待ご応募
 http://cha.in.net/preview.html
 (携帯電話・スマートフォンでアクセスして下さい。)


☆上映情報☆

会場名:渋谷 UPLINK 
HP:http://www.uplink.co.jp

所在地
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F

連日レイトロードショー
2014年8月9日(土)~2014年8月15日(金)
上映開始時間 20:40~

前売券 1,500円
当日券 1,800円
座席数 45席(席は自由席、早いもの順)

HP : http://cha.in.net
Facebook : https://www.facebook.com/chain.info





大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-06-19 04:39:18

バングラッテコンナトコ☆

テーマ:バングラデシュなどなど
バングラデシュ人民共和国のシェイク・ハシナ首相の来日は
こちらバングラデシュでも大きな話題として取り上げられていました。

知り合いの方が御一行の通訳をしていたり、
こちらのテレビにも普通のローカルニュース番組で日本の様子が映ったり…

しかも今回の来日でハシナ首相から

「バングラデシュは日本にとって長年の友人であり
 今回,日本を再度訪問することができ大変嬉しい。
 バングラデシュは,過去長年にわたり日本から支援を頂いた。
 日本政府及び日本国民に対し,深甚な謝意を表明したい。  」

といった表明があったとニュースで聞き

わたしの大好きなふたつの国、日本とバングラデシュの友好関係が
更に深まったようで すごく嬉しいです。


ハシナ首相は、バングラデシュ建国の父言われている
ボンゴ・ボンドゥ(故・ムジブル・ラーマン)の娘さんです。
その父親も含めた一家全員 建国の後に暗殺され、
ハシナ首相だけは外国に留学中だったため助かった と聞いています。

なんて壮絶な・・・そして波瀾万丈な人生でしょう。


現政権にも、色々な問題はもちろんありますが
女だてらに 毎日精力的に国のトップに立ち指揮をとる姿は
彼女の宿命以上の強さを、感じます。


我が国の代表にも、ぜひバングラデシュに来てもらいたいなあと思います!


そして警護上 絶対無理かもしれませんが・・・

バングラデシュに来てウエスティンホテルとかではなく
ふつう~のお家に泊まって、ベンガル人のアツいおもてなしを受けて
家庭的なベンガル料理 食べてほしいなあ

ベンガル料理は、お家で家族とアットホームに食べるのがいちばん!
だと思うから。。。


お茶も、最近高級地区にできたお洒落なカフェとかじゃなく
ふつう~のチャドカン(露店のお茶やさん)でぜひ
そこらへんのおっちゃんと気さくにお話しながら 
あま~いドゥッチャ(ミルクティ)を飲んでほしいです。


バングラの魅力は語りつくせないけれど
普通に生きてる人達の ぐいぐい心に入ってくる面白さとか
活気がある市場や路地の生活の中にあると思うから・・・。


バングラデシュに来てびっくりしたことの一つは
一年中手に入る野菜やフルーツが少なくて
いつも「旬のもの」で市場が埋め尽くされること。

フルーツでいうと、4月はスイカで 5月はライチで
6月の現在は、市場はマンゴーでいっぱい!!


今まで日本で生活してきて スーパーに行けば
いつでもなんでも手に入る生活だった。
でもきっとそれが贅沢すぎることだったんだなあ~

ここに来て、季節やその時々に手に入るものが違うこと
当たり前だけど 初めて実感しましたもん。


それは、時に不自由かもしれないけれど
自然のサイクルと共に生きているかんじで
今は・・・心地よいです。

いつでも食べられないから、シーズンが来て食べられた時に
すごく有り難く感じられるのもあるし
次に来る旬のものを待つす楽しみも増えるし!

この一カ月はライチ祭り!!
ライチも日本だと何粒かで500円くらいしちゃうけど
こちらではなんと、、、、

1キロで500円弱!!





凍らせて冷凍ライチにしたり、ミキサーでフレッシュジュースにしたり
もう本当に毎日満喫しました♪






そして今度はマンゴーだー!!
去年大好評(自分自身に)だったマンゴープリン、今年もいっぱい作ろ♪


バングラデシュにもし来るなら、、、
ライチやマンゴーが食べ放題のこの季節が おススメです(*^_^*)


大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-05-25 17:23:14

ハッピーマザーズデイ☆

テーマ:記念日などなど
昔、リリー・フランキーさんの小説

「東京タワー」を読んで


世界が終わるより 恐ろしいこと


というようなフレーズに ものすごく共感した。

わたしの母はまだ健在ですが、

いつか来る「その日」を想像して 

また 主人公の母を失った気持ちを想ったら 涙が止まらなかった。



今月には「母の日」がありました。


ずっと日本で 二人三脚で頑張ってきたわたしと母。

大変な時もいつも笑顔で わたしを支えて 味方でいてくれた。

自分が今大人になってみて それがどんなに大変なことだったか

少しだけわかる気がします。



今は遠く離れて住む母に

何か少しでも母の日にしたいと思い、

インターネットから申し込んでカーネーションを贈れないかと調べて見たところ


あるわあるわ たーくさん(゜o゜)!


カーネーションどころか、薔薇の花束、魅惑のスィーツ、アクセサリー・・・と

ネットで調べたら「母の日のプレゼントにいかがですか?」というかんじで

素敵なプレゼントがたくさん!

特にスィーツは、繊細で見目麗しい和菓子や

濃厚なチーズケーキやチョコケーキ

可愛らしいマカロン・・・など、バングラでは入手できないものがたくさんで

目に毒でしたああ★


中でも「お母さんありがとう」と焼き印が入ったカステラと

ピンクのカーネーションの鉢植えのセットが気に入り

それを母の日に送ることにしました。



そばにいられないことは変わらないけれど

綺麗なお花を見て 美味しいお菓子を食べて

少しでもほっこり、してほしいなあ。

・・・と、思います。


今は世界中のどこにいても 贈りたい誰かにプレゼントができる

そんな便利な時代なんですね~(しみじみ。。。)


みんなをどんどんひとりにしていくような便利さには

違和感を感じてしまうわたしですが

こういう誰かを笑顔にできるような便利さは 

本当にありがたいです。



そしてそして、バングラデシュでも。


「母の日」は「マザーズデイ」と呼ばれ

お母さんに感謝する日としてプレゼントをしたりします。


カーネーションは・・・バングラでは見たことないなあ。

子どもたちは、キャンディや絵をあげたり それぞれです。


わたしは今年エクマットラの子どもたちから

手作りのリストバンドをもらいました。





青が男のたちからで ピンクが女の子たちから。

試験で忙しかっただろうに・・・

その気持ち、その笑顔が わたしにとって何よりの贈り物。



「お母さん」て、本当に大変なお仕事だと思います。


自分の時間はなくなるし、

「あー終わった!」って瞬間がないから24時間体制だし、

体力的にも子どものすごいエナジーと向き合わなきゃだし、

予想外のこともたくさん起こるし・・・!!



それでも頑張れるのは こういう嬉しい瞬間や 

子どもの成長が感じられた時の喜びがあるから、なんですよね。


大変だけど しあわせいっぱい!

それが母親業なのですね。。。(*^_^*)





今年の母の日は 娘として感謝する側と

ありがとうと感謝される側と

ふたつの気持ちを実感できた日になりました。



お母さん、いつも支えてくれて 味方でいてくれてありがとう。

そして子どもたちよ、わたしもいつも 何があっても味方でいるよ。

だから・・・
わんぱくでもいい たくましく育ってほしい!(BY 丸代ハムさんCMより)な♪
大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-05-07 18:39:18

ユキノオモイデ☆

テーマ:お知らせなどなど

私がバングラデシュへ住み始める前に撮影した映画が


長い月日を経て、ようやく完成したようです!



出来上がったポスターを見て


雪の積った新潟で 撮影に打ち込んだ日々、みんなと飲んだ美味しい日本酒


・・・を 思い出しました(笑)



今、雪を見たことがない人ばかりの 暑い国で


雪景色から一番遠いところにいるかんじのわたし


雪の中での あのひんやりした空気感が 懐かしいです。




この映画、どうやらアメリカの方で、先に公開されるようです。


日本での公開も待ち遠しいですね!!



この映画のスタッフさんたち、キャストさんたち


みんな心から映画を愛して ものつくりに関わっているひとばかりで

大好きでした。



日本で上映の際には、皆さんにまた会いたいし 


わたしも公開にぜひ立ち会いたいな と思います。



新潟日報など地元紙にもたくさん記事が掲載されたそうです↓






細井尊人監督 「チェイン」は、

細井監督の出身地、新潟県で撮影した

サスペンススリラー。


雪に閉ざされた世界でが連鎖する殺人事件。



510日に、アメリカで開催される 

Japan Film festival Los Angeles 」にて上映決定!



・・・というわけで、

ロスにお住まいの方はぜひご覧になってくださいネ(゜o゜)!!


大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-16 17:56:31

ココロアラタニ☆

テーマ:バングラデシュなどなど


久しぶりに帰って来たバングラデシュ。


空港に降り立つと、むあっと暑い熱気が身体を包みます。

そうそう このかんじ。。。
寒い日本で冬を過ごして、忘れてた。


懐かしさと、嬉しさと、感慨深さと・・・色んな気持ちが胸に溢れました。



この国で子ども達のための活動をしている夫と出会い 結婚して 
ここで共に生きてゆこうと決めたわたしを

この国のひとたちは その深い懐で 温かく受け入れ 包み込んでくれました。


暮らし始めてからの1年半は、ただただ一生懸命に
色んなことに心動かされ 興奮し 落ち込み 周りに助けられながら
自分とバングラデシュとの距離を縮められるよう 頑張った日々でしたが

自分に守るべきものも増えた今
またあの時とは違う 凛とした気持ちで ここでの生活を送っていけそうです。






わたしが日本に帰ってる間に、エクマットラのセンターにはちびっ子が増え・・・






最年長のシュモンとディプはついに中学校卒業試験を受けました!

この国ではこの試験に合格することで、進学するにせよ就職するにせよ
将来の選択肢がぐんと広がります。

センターができた10年前は、上のちびっ子たちのようだったふたりも・・・
今は自分の道を 夢に向かって着実に歩き始めています。





日本から帰って来たわたしに

「しばらく辛いもの、食べてなかっただろうから まえ姉ちゃんのために♪」

と、辛くない味のご飯を 子ども達が作ってくれました。

みんなの優しさが詰まった その優しい味に 感激・・・

ちょっといなかった間に お料理できるようになっちゃって、
こんな心遣いまで。


帰ってきたら住んでる地域一帯が断水してて、
水のない生活に ちょっぴりお疲れ気味だったわたし・・・

でもこの愛情ごはんを食べて、元気が出ました!!

本当に子ども達からはいつも頑張るパワーをもらいます。
そして子どもの成長って 素晴らしいなと心から思います。





「置かれた場所で 咲きなさい」

という好きな言葉があります。

わたしは自分が根をはれる場所を 探して 探しまわって
やっとこの場所に辿り着きました。

日本より大変なことも多々ありますが
前にも書いた通り、大変なことはどこにいてもありますよね。


わたしはこのバングラデシュを 自分の置かれた場所と信じて、

わたしらしい花を 咲かせていきたいなと思います。



ひとつだけ心残りは まぐまぐのこと・・・。

バングラデシュに帰るタイミングで復帰したかったのですが
今は日々のやるべき事に追われ
日本と違う環境の中生活するのにいっぱいいっぱいで
以前のように書く余裕が作れないのが本音です。。。

待っていてくださった方がいたら、本当に申し訳ありませんが
しばらくご容赦していただければと思います。

そのかわり、こちらのブログを もう少し頻繁に

わたしのバングラでの日々、バングラの文化の紹介
子ども達の活動のことなど・・・

更新していければと思っています。


4月13日はバングラデシュの新年祭。
新しい年、気持ちも新たに 頑張っていこうと思います!

温かく見守っていただければと思います(*^_^*)


バングラデシュより愛を込めて。。。麻恵☆ミ

大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-02-11 15:52:05

ハッピーバースデージャパン☆

テーマ:真面目なことなどなど
大変遅ればせながら、皆様あけましておめでとうございます。

もう新年明けてから一月以上経ってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか?

雪が降ったり、都知事選やオリンピックがあったり…と最近は大きな話題がたくさんありました。

わたしはというと、それぞれの出来事に一喜一憂しながら過ごしていたのですが
最近すっかり筆不精になってしまい、、、

とはいえ新年のご挨拶くらいはきちんとしたいとは思っていたのですが
遅くなってしまいスミマセンです。
わたしは相変わらず、元気にしております!

そしてそして。

今日は日本の建国記念の日、ですね!

物心ついたころから、毎年この日は学校がお休みで
名前から漠然と「この日に日本ができたのかな~」なんて思っていましたが
その由来を知ったのは、お恥ずかしながら最近のことでした。


海外に住んでいると、日本のいろんなことを尋ねられます。

特にバングラデシュでは、建国に繋がった言語運動の記念日・戦勝記念日・独立記念日とそれぞれの日を国をあげて追悼したり歓喜したりするうえ
その歴史的背景やその日に何が起こったかというストーリーを国民みんなが熱く語れるのです。

わたしが建国記念の日のことを調べたのも、ベンガル人のお友だちが
「日本の国ができた記念日はいつ?」と言われ
「建国記念の日は、2月11日だよ~」と答えたのですが、、、

ここでおわらないのが、バングラデシュ(@_@)。

「その日、何が日本であって記念日になったの!?日本人はその日どう過ごすの!?」
「…。」
わくわく顔で質問してくる友人に、答えられない自分が
日本人として恥ずかしいやら情けないやらで。
「…ごめん、調べてからちゃんと答えるから待ってて(>_<)」

そんなやりとりのおかげで、今日のこの日のことを、わたしは30歳すぎてからやっとこさ知る機会を得ました。
好奇心旺盛なベンガルの友よ、ありがとう…。


ものすごく簡単に言うと、2月11日というのは
明治時代に一度定められて廃止された紀元節と同じ日付けだそうで…
では紀元節とは何かというと、日本の初代天皇である神武天皇が大和を平定して天皇として即位した日であるそうです。
この列島を統べる長が晴れて誕生したと共に、この島が一つの国家であるという概念が生まれた日でもあるのですね。

天皇っていう存在を、ベンガル語で説明するのがとても難しかったのですが…
エンペラーという言葉を使うと、なんだか映画の「ラストエンペラー」の世界を思い出してしまって(笑)

なにはともあれ、今日はそういった歴史がきちんとある日なんですね。

同じ月にある節分やバレンタインデーと比べるとやや地味な印象を受けがちな、建国記念の日。

世間みんなで盛り上がる必要はないと思うのですが
この記念日の定めにあるように
「国をしのび、国を愛する心を養う」
というように、私たちひとりひとりが今日
胸に建国を思い、日本人として自分をきちんと誇りに思えればよいなあと思います。
大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-12-24 07:35:27

ウィンター エンジェル ☆

テーマ:自然・宇宙などなど


澄み切った冬の空に

大きな 大きな 虹がかかった12月20日



まるで虹をつたって 天から地上へ降りてきてくれたかのように

わたしの元に 天使が舞い降りてきてくれました。



わたしの人生の中で

また 守りたい って心から思える

大切なものが 増えました。


わたしは この日の

涙を 痛みを 笑顔を 喜びを


一生 忘れません。



うまく言えずに申し訳ありませんが

伝わることを、祈って(^^)





いつも温かく見守ってくれている皆さんに


今年も たくさんのありがとうと たくさんの・・・お疲れ様でした!!

よいお年を!




Merry Merry X`mas & Happy new year .........キラキラ








大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-12-10 20:30:02

ユメヲシンジルチカラ☆

テーマ:受賞などなど

4年ぶりの選挙を年明けに控えて 
近頃、政情が不安定なバングラデシュですが。。。
そんなもやもやを吹っ飛ばす、とっても嬉しいニュースがありましたキラキラ


今年の5月から6月にかけて、エクマットラのセンターの子ども達、
そして青空教室の生徒の子ども達と 
とある絵画コンクールのため みんなで絵を描きました。


大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


そのコンクールとは・・・


「ストリートチルドレン芸術祭」。


この「ストリートチルドレン芸術祭」とは
日本で毎年行われている絵画コンクールで

世界各国のストリートチルドレンと呼ばれている子ども達を支援し、
彼らの現状やその可能性 そして彼らが伝えたいと願うメッセージを
広く知ってもらうために2005年から始まったそうです。

路上生活を余儀なくされている、もしくは過去にしていた世界各国の子ども達から 毎年たくさんの応募があるそうです。

幼い頃から路上で暮らしてきた子ども達は、
普通とは少し違う自由な感性を持っている子が多く 
絵を描かせても色を塗らせても大人が驚く様な発想を見せることもしばしば。


大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba
子ども達が大好きな塗り絵。びっくりするくらい鮮やかな色使い!


紙に収まりきれないくらいの大胆な構図や
想像しないような色使いをして、一人一人がとても個性のある絵を描きます。

わたしたちの団体の子ども達の中にも 過去何回か入選した子がいて
今年もみんな「頑張っていい作品描くぞー!!」と気合が入っていました!

そして今回のテーマは・・・

キラキラ『夢』キラキラ

大きい子達は、コンサートでアーティストとして歌っている自分や
ステージで踊っている自分、クリケットプレイヤーとして試合をしている姿や
お医者さん・・・などなど
それぞれ考え始めている自分の夢をのびのびと描いていました。

まだ具体的な夢がない小さい子達は、大きい子や私達スタッフが話をしながら
手伝いながら なんとかかんとか完成させたのですが、
住んでみたい家を描いていたり 河で泳いでいる自分を描いていたり・・・
おいしそうなおやつをヨダレを垂らしながら描いてたり(笑)

夢?うん・・・まあ、いっか★
ってかんじで微笑ましかったのです(*^_^*)


そんなドタバタした5月は はるか遠い昔のような記憶で
とてもつい半年前のことに思えないのですが

なんと先日、ストリートチルドレン芸術祭の実行委員の方から連絡があり
なんとエクマットラからもラジブという16歳の男の子、
そしてブリスティという11歳の女の子が入選したというのです!!


やったーーーーーーーキラキラキラキラキラキラ


そのメールを見た時は飛び上がって喜んでしまいました)^o^(
入選してもしなくても、頑張ってひとつの作品を完成させた時間は
かけがえのない大切な時だけど
こうして結果もついてくると、やっぱり嬉しいものですね。
何より子ども達の喜ぶ姿を想像したら、早く言いたくて伝えたくて
思わずひとりで、にんまりにまにましちゃいました!


そしてなんと入選した12人の絵はカレンダーになり、販売されるそうです!

出来上がりは、こんなかんじ。。。


大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


ちなみにこの絵はラジブのもので

絵のタイトルは 「Peace of the World」。


「人々が自分の国名ではなく 一人の人間として認められる、
  そんな世界を作りたい。
 そのために平和を構築する団体をぼくが作って、
 すべての国で平和づくりを進めたい。」

という想いを込めて描いたもの。

もうひとりの入選者・ブリスティは
幼い頃 ひとりで橋の下にいたのを保護されてセンターに来ました。
そんな彼女の夢は、大きくなったら先生になって 今度は自分が大勢の子ども達に勉強やいろんなことを教えたい、というものです。

ひとつの月ごとに、こうした子ども達ひとりひとりの
真摯な想いと 叶えたい夢が いーっぱい詰まったカレンダー。
二人以外の子ども達の夢も、じっくり噛みしめながら見てみようと思います。


ちなみにこのカレンダーの収益金は 2012年から
世界の恵まれない子ども達の他に、
日本の被災地にも寄付されているということで
今年の選考は被災された方々の中から行われたそうです。
絵の下にはその選考者の方々の 今の自分達の状況や伝えたいメッセージも
それぞれ選んだ子どもの絵と共に、載っているようです。

HPがあるそうなので、興味がある方はのぞいてみていただければと思います。
4月にブリスティ、5月にラジブの絵が使われています!
↓(ストリートチルドレン芸術祭HP)

2014年チャリティカレンダー販売開始しました


それにしても、こうした子どもの真剣なパワーと触れ合っていると
自分も大人として、http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=11727079637中途半端な生き方しちゃおれんな!と思わされますね。

いつもパワー全開!!でいる必要はないとは思うのですが

肩の力は抜きつつ、自分のペースで歩きつつ
でも 心の真ん中はいつも 一本しゃんと筋が通っているような・・・
そんな大人でいたいなって。

そうそう、今回のコンクールに絵を出すにあたって
入選しなかったけど わたしに絶大のインパクトを与えた作品がありました。

それがこれ。。。


大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


この破壊力。ものすごいです。

これは青空教室の生徒で、7歳くらいの男の子が描いた作品。

「ん!?これは、誰なの?キミ?なんの夢なのかな・・・!?」

わたしは、この子が宇宙人になりたい、とか微生物か何かになりたい、とか
そういう夢なのかな(^_^;)!?と思って聞いたんです。
そうしたら・・・

「お空を飛んでるぼく!!ぼく空を飛んでみたいの!それが夢!
 後ろはぜんぶ空だから青に塗るんだ!」

・・・ということなんだそうです。

空を飛ぶ、というとふつう下が地面で 上が空で
横に身体をのばしてスーパーマンみたいに描きがちですが
この子は空を飛んでる自分を下からの視点で描いたんですね。

いやあ、その自由な発想と独特の世界観にやられちゃいました♪

ウマイわけじゃなくても 子どもの絵って
見れば見るほど、味があって・・・理屈じゃないものが溢れてて。

なんか、いーですよね(*^_^*)キラキラ


大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-11-12 16:19:50

バングラデシュノ ドラマサツエイモヨウ☆

テーマ:映画・テレビなどなど

今年の始めに撮影し、「イ―ド」という断食明けのお祭り中に放映された
わたしがヒロインを務めた 初・バングラデビュードラマ

「オゴビデシニ(君は外国人)」が
イ―ド休暇中のTVドラマの中で キラキラ視聴率1位キラキラに輝きました!

その成果もあり、第2弾が制作されることになりました!


前回は、異国で初めてのドラマ撮影現場で
当時はベンガル語の台本も読めず。。。
監督さんにその都度指示をもらいながら演技をしたのですが

今はもう、昔のわたしではない!!

・・・という自負と共に(>_<)
今回は事前に台本をチェックしたりして
前回よりいい作品を作りたい!という想いを込めて撮影に臨みました。

1作目はオールダッカロケだったのですが
今回の舞台は「バングラの農村」キラキラ

ガジプールという、ダッカから少し離れた 
長閑で自然溢れるところがロケ地です。

今回は、なかなか見れない「バングラドラマ制作舞台裏」を
ご紹介したいと思います♪



大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


バングラの村のお家は、だいたいこんなかんじ・・・。

色とりどりの洗濯ものが バングラらしさを醸し出していますね。



大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba



村での撮影は、とにかく電気との戦い!!

着替えや休憩用に、民家もたまにお借りしますが
メイク室なんてものはありません。

そして昼間はだいたい電気がないので 室内はまっくら。。。

というわけで、こうして青空メイク♪になります!



大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


ドラマに華を添える女優さん達も
暗い室内に閉じこもってるよりは。。。と
こうしてお外で待機しています。

みんなテレビで活躍してる女優さんなのに
揃って体育座りしてるとこが、かわいい(笑)


大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


そして・・・撮影を始めてから思ったのですが
役者的に、バングラでの撮影の何が大変って。。。気温(゜o゜)!!

この日は日本から恋人を追いかけてきたわたしの役が
デスパレートして彼に結婚をせまる!!という
コメディ部分の撮影だったのですが…


大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


撮影始めて10分で汗だく!!
この相手役の俳優さんのシャツの汗、見てください~!!
わたしも拭っても拭っても、顔から滝のような汗が。。。

バングラでのメイクさんの一番の仕事は「汗ふき」だそうです(^_^;)



大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


そんな大変な環境の中でですが
村での撮影で楽しいのは、村の人達との触れ合い♪

村の人達の協力なくしては
ここでのいい撮影はできません。

みんな、素朴で 楽しい事に興味深々なベンガルの村人たちは
エキストラどころかスタッフさんのような仕事まで 
自発的にしてくれちゃいます!!

人員整理したり、掛け声や笑い声、どよめきなどの練習。。。
何人かのハリキリおじさんが現場を取り仕切り、
見事に撮影を進行させていく様子はあっぱれ)^o^(


大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba

姑役と恋敵役のバングラデシュの女優さんたち。

ベンガル美人は、大きなアーモンドアイがすごく綺麗で
エキゾちっくな眼差しに 見つめられるとドギマギしちゃいますっ。
そしてやっぱり女優さんは、どこの国でも独特の雰囲気というか
特別な色香がある。。。

彫りの深い彼女たちを見たあと、自分の顔を見ると
なんてのっぺりしてるんだろ~(^_^;)と、しみじみ・・・。

このシーンでは結婚前のお披露目、というシーンで赤いサリーを着ました♪


大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


村での撮影で癒されたのは、ふと周りを見ると
美しく豊かな自然が 目の前に広がっていること。

朝は木の枝の葉から落ちる朝露のきらめきに癒され
夕は河に映る暁の夕焼けの色に癒され・・・

夕方になると、学校を終えた子ども達も撮影を見学に来ます。

特別なセットなんて、必要ない。
本当に ありのままで 魅力的なバングラの自然。



大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


「時間ある人は、撮影手伝ってー!!」

・・・と、スタッフさんが一声かけたら
ほぼ全員!?ってくらいの村人たちが 四方八方からわらわらと(笑)

ここでは都会と違って
「時間に追われて生きている」人なんていなくて

みんな、ちゃんと自分の仕事をしながらも
自分の大事な時間軸を持ってて・・・

仕事で来たのに、村の人達の暮らしぶりを見て
最近ダッカで 東京で生活してた頃みたいに忙しすぎたなあ。。。
時間に追われてたかも
と、気付かされました。

最後のシーンにはみんなが総出で協力してくれて
いろいろアクシデントやハプニングもありましたが
なんとか日没までに撮影を終えることができました。


大塚麻恵「まえを向いて歩こう!~涙がこぼれてもいいんじゃない♪~」by Ameba


今回のストーリーは、外国から来た女の子が
バングラの村へ恋人のために飛び込み ベンガル語を学び
村人たちとコミニケーションを深めていく中で 強く成長していく。。。という

そんなドラマにしたくて頑張りました。
それは、わたしのこの歩んできた1年半とある意味だぶる部分がたくさんあり
前回は できなかったことも 異国でのお芝居や言語能力も含めて 
少しはできるようになったと思えたから。

ただやはり、時間がない・予算がない・・・といったバングラドラマ制作の現場で
その想いや 役者やスタッフさんや村の方々の頑張りが
どれだけ作品の出来上がりに反映されてるか。。。というと
正直 まだまだ難しいのが現状と言う気がします。

今回もとても貴重な経験をさせてもらったわけですが
これからもバングラに滞在していく中で

自分にできること、自分が巻き込んでいけることを増やしていって
こうしたドラマでも何でも 

少しでもいい作品を。

関わったことを誇りにできるような。。。。


そんな作品を作っていけるといいな。
この バングラデシュでも。

そんな風に心から思います!


大塚麻恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み