1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-26 15:19:51

同級生から学ぶこと

テーマ:ブログ

最近東京で中高のときの同級生と

会うことが多い

 

もともと兵庫県の宝塚の学校だし

もともと地元に残っている子が多いけれど

まれに東京にいてくれたりすると

とても嬉しくなって

中高のときにすごく仲良かったという訳でなくても

頻繁に会ってほっとする時間を持とうとする

 

なんで……?

 

これって答えは簡単で

まず中高からの同級生なので

自分をよく見せようとかよく見られたいとか

そんな思いってまったくなく

「子ども時代」を知られているからこそ

とても気軽に会えるということ

 

そして……

 

いちばん強い理由は

東京に住んでいるから!

 

これは経験した人にしか分からないことで

やはり自分が生まれ育った場所でないところで

お仕事していくというのは

すごく壁があるということ

別に嫌だとかそんなことじゃなくて

言葉にうまくてきないのだけれど

皆同じような感覚を持っていて

だからこそ同級生と会うとホッとできるし

同じ苦しみを抱えているからこそ

分かりあえたりして救われる

 

みんな同じ思いしてたんだ

わたしだけじゃなかった……

そう思えるだけでとても救われる

 

そう思うと

自分が体験経験していないことに対する

想像力って人間関係をスムースにできる

必要不可欠なものなんだな

自分の物差しで判断してはいけない

まして「自分が正しい」と思ってはいけない

 

最近自分に言い聞かせていること

 

IMG_7156.JPG

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-09-15 16:13:12

今のマスコミに思うこと

テーマ:ブログ

蓮舫議員が好きとか嫌いとか

そんな話じゃなくて

 

あまりに報道が短絡的というか

イジメに近いような感覚を覚えてしまいます

 

二重国籍の問題がそもそも発生するのは

二重国籍にならないように唯一の国籍しか

認めないという国の手続きがきちんと

なされてないからじゃないですか?

 

人の不倫にしても

それは当事者の問題で第三者が

どれだけ迷惑かかっているのでしょう

 

報道で煽られているように感じるのです

報道がまるでイジメのようにさえ感じることがあるのです

今の子どもたちのイジメが陰湿と言われるのは

大人がマスコミが手本示しているからではないでしょうか

 

ニュース見るたびに気持ちが重くなります

もっとちゃんと伝えること

伝えられた上でわたしたちが考えなければならないこと

たくさんあると思います

聞き手であるわたしたちも

もっと問題意識持って生きていかなきゃな……

同時にそう思います

 

今の少子化問題や高齢者問題

国全体の貧困等々日本は危機的状況にあるはず

しょぉーもないことでバッシングしているより

もっと国が正常に機能していくような

問題提起とか報道をして欲しいなと思います

 

IMG_7048.JPG

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-13 15:06:52

ご縁

テーマ:ブログ

今日はアーバンライフ住宅販売株式会社の

高津社長とのランチ

9月は社長のお誕生月なので

ちょっと早いのですが社長のタイミングでお祝いです

 

まだ勤務時代からのお付き合いなので

かれこれ13,4年でしょうか?

 

「ところであやちゃん、いくつになってん?」

これは毎度のご挨拶

お仕事のことを相談したり

いろいろな方をご紹介いただいたり

本当にお世話になりっぱなし

 

お仕事でご縁いただいて

応援してもらって

そしてこうして年月たってもお声かけていただける

とても嬉しいことだと思います

 

これからも大切にしていきたいご縁です

 

IMG_7134.JPG

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-09 09:51:43

スリランカ⑩

テーマ:ブログ

わたしは幼少時代を台湾で過ごしたからなのか

アジアの活気のある雰囲気が好きで

土があって

空があって

海があって

人がエネルギッシュで

そして神様がいて

そんな国に強く惹かれる

 

生活に不便があっても

衛生的でなくても

それよりも

エネルギッシュで神々しい国が好き

 

スリランカはそんなわたしにぴたっとはまった

 

「日本を見習いなさいと教えられた

 戦争があってダメージ受けても

 そこから経済大国になった

 見習えば自分たちもそうなれる」

 

スリランカの若い子が言った

けどいまの日本は見習われるほどの国?

若い人がどんどん少なくなってきて

使い捨ての文化で

優しさとか思いやりとか義理人情とか

そんなことが薄れている気がしてならない

 

それも成長するには必要な過程なのか

であるならなんとかこの過程を

次のステップのためにクリアしたい

そう強く思う

シンプルに……

自分がやりたいことをしていこう

好きな人と一緒にやっていこう

万人に好かれる必要もなく

自分を必要としてくれる場所で

大切に生きていこう

 

当たり前なことだけど

スリランカは忘れていたことを

思い出させてくれた

 

シンプルに生きる

わたしのこれからのテーマ

 

IMG_6988.JPG

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-06 16:16:58

ビッグサプライズ

テーマ:ブログ

スリランカの最終編の前に……

 

本日東京事務所に家主さんから荷物が届きました

雲好きのあやちゃん先生へということで

きれいな空の写真ばかりの写真集です

ほろっときました……

 

今かかえている賃貸トラブルの案件が

刑事事件との絡みあるヘビーなものばかりが残ってしまい

連日困ったちゃんの対応に振り回され

裁判官との打ち合わせや各々の家主さんとの調整

書面つくりに自分のセミナーや原稿書きに一般業務

少しグロッキー気味でした

 

でもこうして応援してくださっている家主さんが

いてくれるからこそ私もがんばれるんです

きれいな空の写真みて癒されました

 

がんばる!

 

FullSizeRender~00.jpg

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-31 16:57:04

スリランカ⑨

テーマ:ブログ

アーユルヴェーダの施設に来られていた方々は

日本人を除いて

基本2,3週間の滞在が中心でした

リタイアした人たちでなく

立派な働き手の方々もです

 

ドイツ人の男性は1ヶ月の滞在だと言っていました

お仕事はフリーランスかと思いきや

普通に勤めているようで休暇だそうです

日本では考えられないと言うと

1年で1ヶ月ほどのバカンスが取れないことの方が

考えられないと言われました

身体のメンテナンスをしていい状態でなければ

仕事でいいパフォーマンスはできないから

それが理由ということでした

目先のことより年単位で結果を評価する

そういうことでしょうか

 

女性でのバリバリキャリアとおぼしき方も

3週間の滞在とのこと

こちらもネット環境は悪いものの

何とか連絡がつく状態なので問題なしとのこと

 

日本だと1ヶ月近くバカンスをとれるサラリーマンは

どれだけいらっしゃるでしょうか?

それが考え方の差なのですね

その論議は別として……

 

滞在者は本当に滞在を楽しむことに長けていました

プールサイドで本を読み

気が向いたら泳ぐ

いろいろな国の方と仲良くなって喋る

 

滞在者の5%くらいしかいない日本人は

英語が喋れたとしても

すすんでコミュニケーションをとっていきません

プールで泳いでいる人もほとんど見かけませんでした

日本人同士が集まって日本語で話す

ちょっと残念なような気がしました

 

これから日本も国際社会とならざるを得ない中で

仮にめちゃくちゃな英語であっても

臆せずがんがん会話の中に入っていく

そんなバイタリティーが求められているなと感じました

 

因みにスリランカの高学歴な方々は5,6カ国語

ホテルのお掃除の方々ですら英語は話せ

3カ国語くらい話せる方はたくさんいるそうです

 

オリンピックがいい機会となり

国際社会の仲間入りができればと願います

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-30 14:27:49

スリランカ⑧

テーマ:ブログ

スリランカは日本と比べると

まだまだ……といった点はいくつかあります

 

たとえばひねると「飲める」水がだぁ~だぁ~

でる日本に比べて

私が宿泊した施設ではシャワーの水すら

じょぼじょぼ……程度しかでませんでした

エアコンだって豪華なお店くらいです

 

それでも町は活気があったし

なによりも人々がエネルギッシュでした

勤勉で少しでも年収を増やそうと

それぞれにとても努力していました

 

実家が貧乏だから……とか

親の愛情受けてないから……とか

そんなどんよりな印象はまったくなく

子どもも大人も目がきらきらでした

 

土があって山があって海があって

神様がいてそして懸命に生きる……

 

そんなシンプルさがとても心地よいものでした

 

私の英語力がないために会話が

ストレートになるからかもしれませんが(笑)

とてもとても楽に過ごすことができました

言葉の裏を考えなくていいというか……(苦笑)

 

スリランカで何かお仕事できないかな

そんなことまで考えてしまった太田垣です

 

IMG_6959.JPG

       ↑

  カラスの行水……

    

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-29 13:39:13

スリランカ⑦

テーマ:ブログ

スリランカで思ったことは

女性は逞しいなってこと

 

私が行ったアーユルヴェーダの施設は

公用語は英語

ドイツの方や北欧、スペインの方々が多かったと思いますが

皆さん、英語ぺらぺら

海外の男性ひとり客はそこそこいらっしゃいました

聞くと毎年のように1ヶ月デトックスに来られるよう

自分のコテージの前で

本を読まれたり散歩したりプールで泳いだり

寡黙にひとりでも楽しまれていました

 

が……

 

女性は万国共通なのか

皆さんおしゃべり(笑)

ずっと喋っているし褒め合う

「今日のお洋服素敵ね」

「華やいでいるわ」

「お肌つやつや……」

とにかく褒めるし、喋る(笑)

すぐにお友達

施設の外にちょっと観光となれば

バスの中でもずっと喋ってる

 

それが妙に面白かったのです

 

日本人の客はご夫婦1組以外

すべて女性、女性、女性

コロンボの空港でも男性2人客は1組見かけたけど

あとはご家族連れか圧倒的に女性

男性ひとり旅っぽい方はお見受けしなかったな……

 

日本だけでなく

女性って強いのねえ~

 

IMG_6982.JPG

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-27 12:12:01

スリランカ⑥

テーマ:ブログ
日本に戻ってきて会う人会う人に言われる

「なんか感じ変わったね
   どこがどうとか分からないけど
   でもいい❗️」

ありがたいお言葉です(笑)


2週間というお休みをもらったからなのか
スリランカという地だったからなのか
アーユルヴェーダが効いたのか
理由は分からないけど
体調も気持ちもとてもすっきりしたと思う

1ヶ月ぶりのピラティスで耳にした
「8月は断捨離すればまた新しい流れが来る」
この話を聞くより前に
いったんいろんなものを手放そうと思ってた
勇気もいるし
悲しかったり淋しかったりもするけれど
とりあえず少しでも辛いなぁと思うものは
しがみつかず手放そうと思った
そう自然に思えたのは
油たらたらの治療のせい(笑)?

どんどんいろんなものを断捨離して
自分を受け入れてくれる場所で
自分の心地よい生き方ができればいいなぁ

{36D74F4C-8FB6-44D0-94F0-52A873CB0E01}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-26 16:40:10

スリランカ⑤

テーマ:ブログ

最初に書きましたが超簡単に言うと

アーユルヴェーダってインド・スリランカの

伝承医学なのですが

要は体の不調も心の不調も

バランスが取れていないからと考えます

 

人にはそれぞれタイプがあって

そのバランスが崩れてしまうと

病気の原因となってしまう

だから表に出た病気そのものを治そうとしても

根本的な解決にはならず

バランスが崩れた原因を正して

元にもどしましょうね……ということ、らしい……

 

スリランカ人に聞くと

まず西洋医学の薬を飲むことはめったになく

アーユルヴェーダは日常的に

浸透しているとのこと

町にもアーユルヴェーダの薬局みたいなのもあるし

彼らにとっては生活の知恵みたいな存在のようでした

 

日常生活に使う石鹸やシャンプーや化粧品に至るまで

ココナッツを始めとする自然のものを使っていて

とってもナチュラル

しかも安い

歯磨き粉なんて日本円で60円ほど

もっと買ってくれば良かったかなと思うほど

IMG_6897.JPG

 

そして町の薬局には当たり前のように

生薬そのものも販売されていて

スリランカの人たちは自分で

煎じて飲んだり料理に使ったりするそうです

 

IMG_6896.JPG

ちなみにスリランカにも中国人観光客はいたけれど

彼らは自国に漢方や太極拳、針等々の治療法があるので

アーユルヴェーダには興味はないそうで

そういえばわたしが滞在したアーユルヴェーダの施設にも

ひとりもいませんでした

 

日本でも風邪をひいたら生姜湯を飲むとか

こんにゃくを温めて湿布するとか

いろいろな生活の知恵が昔からあるけれど

それよりもっとスリランカではアーユルヴェーダの存在は

日常的でした

公的な病院では医療費が無料なのに……です

 

口から入れるものが体をつくる

わたしもできるだけ大切にしていきたいと思っています

IMG_6958.JPG

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。