邑南時間

島根県邑智郡邑南町に魅せられた人々の日常を綴っています。
地域おこし協力隊(おーなんアグサポ隊)の受入も2014年から開始。農業に興味があるけど、何から始めれば良いかわからない人は必見!!

    クローバー邑南町(島根県)での日々を綴っていますクローバー


2014年度から地域おこし協力隊(おーなんアグサポ隊)の受入も開始しましたラブラブ


 自立就農に向けて、3年間農業のいろはを学びます。


農業をしたいけど何をしたらいいかわからない方は、ぜひご覧になって下さい。


   はじめに↓↓

    http://ameblo.jp/ohsaikyo/theme-10070979769.html

       

       邑南町のFacebookも開設されました^^

               ↓

  https://www.facebook.com/town.ohnan.kitemichansai


11月12日 「東京農業人フェア」  参加予定 http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/schedule/index.html

11月26日 「広島農業人フェア」  参加予定 http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/schedule/hiroshima.html

是非邑南町にご興味ある方はいらしてください!!!



2017年度 アグサポ隊も随時募集しております。 ご興味ある方はメッセージ送って下さい 

NEW !
テーマ:

お久しぶりです!


更新空いてしまいましたね。。。



頑張ろう><


地域おこし協力隊のホームページJOINhttp://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/sns/ にも掲載していただけることになりました。



他の地域の協力隊のブログもたくさんありますので、ぜひご覧になってみてください^^



地域おこし協力隊のなかでもアグサポ隊というのは結構特殊で、農業をやりたい方のみ募集中です。



アグサポ隊は自宅と研修ハウスの往き帰りがほとんどで、


他の協力隊の方達と比べて、活動範囲はかなり狭いです。


そして、だいたい皆、町営住宅に住むのが一般的。

(アグサポ隊で最初から空き家に入って、集落付き合いをする人はまれです)



町営住宅は家賃も安いですし、住みやすいのですが、あまり近所付き合いができないというのが現状です。


これは本当に課題。


農業は近所づきあいがとっても大切になってくるので、これが無いとなると色んなことが難しくなってしまうんです。




これからもっと集落と関われるような活動を研修に盛り込んでいく必要もあるなと・・・。




このアグサポ隊が始まる前は1年間の農業研修制度が邑南町にはありました。




当時は資金がない人には、「貯めてから来い!!」、


楽そうだから農業始めようかな?なんて人は「なめるんじゃない!!」


農業人手が足りないならやってあげようか?なんて人には「結構です。」


とビシっと言う鬼軍曹がいましので、だいぶ今とは様相が違いますが。。。



その頃から色々な人が辞めたりしているのも見ていますが、


何か言われているうちが花なんだなとつくづく思います。




アグサポ隊には色んな人が関わってくれています。



県も、役場も、農協も、農家も、産直市も、スーパーも、


色んな人の協力があってこうして研修ができています。




自分の夢を叶えるために一緒になって考えてくれる人がたくさんいるって他にはないんじゃないだろうか。




研修自体まだまだ成長段階です。


胸はって「私たちはプロフェッショナルです!」とは言えません。




一人でも多くの隊員が自立できることが、私たちの研修結果なのだと思います。



人を受け入れるということはとても難しく、容易ではありません。




受け入れる側になって初めて気づく。


今まで働いてきた会社に今更ながら感謝です。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

こんばんは!!



日々暑いですね。



アグサポ隊もこの暑い中色々ありながらも頑張っています。




先日、また村田さん(5月で閉店した邑南町のレストラン京ら屋の店主)によるアグサポ料理教室が開催されました。




今回はナス料理です。






アグサポ1期生うのさんが作ったなす↓↓ しっかり身の詰まったブリンブリンのナス。素晴らしい出来でした。



2期生のたみさんが持ってきてくれたUFOズッキーニも使いますよ。




ナスの煮物に茹でたそうめんを投入し、一緒に煮たもの↓


これ新しい発見でした。


甘辛いなすの煮汁を吸った暖かいそうめんは、焼きそばよりもあっさりしていて、夏には断然こっちのほうがいいな~という感じでした。

とっても簡単です。


冷しゃぶサラダもしました。


アグサポのミニトマトもたくさん添えて。





拍子切りにしたなすに片栗粉をまぶして、湯がいて冷やした「なすのオツル」↓↓


ナスがツルツルした食感でとっても涼しげです。ポン酢をかけていただきました。


おろししょうがとネギをのせてめんつゆでいただくのもいいですね^^



UFOズッキーニのスープも。

ズッキーニに片栗粉をまぶしてスープに投入したのですが、まるで冬瓜のようになり、

とても上品な仕上がりに!




あとは夏野菜の揚げ浸し。


ナスとズッキーニときゅうりと湯むきしたミニトマトをたっぷり!!!


常備野菜にもピッタリです。みょうがやマクワウリなどを入れてもいいですね



 

てんこもりの白ご飯と一緒に、アグサポ定食できあがりです。




私もおかわりたくさんして、野菜でお腹いっぱい!!



講師の村田さんの料理のすごいところは、お野菜がとにかくたっぷり!!!!!



だけど、充分満足できる!!!




お野菜たっぷりでヘルシーでお上品なお料理は、食いしん坊の私にとって正直物足りないのですが、


村田さんのは食べたー!!って感じになれるんです。




野菜だから全く罪悪感無いですしね^^




本当に毎日食べたい!!!




私の中でのA級グルメは村田さんのお料理です。




今回2回目ということで、だいぶ勝手がわかってきたのか、皆すごくテキパキとやってくれ気持ちよいぐらいチャチャっと終わりました。



料理男子がどんどん増えそうです。



そしてなんと・・・・


男子8人女子2人のアグサポ隊ですが、タミさんがアグサポ隊を辞められました。






本当に残念です。



一緒に農業フェアに参加し、夜はお酒を飲みながら色々語り、頼りになるお姉さん的存在だったのですが、


ご主人の仕事の都合上急きょ地元に戻らなくてはいけなくなりました。





農業のお手伝いをしに邑南町には度々来てくれるとのことなので、また会えるとは思います!




こうしてアグサポ隊という形で地域おこし協力隊の受入れをはじめて、今年で3年目。


合計3名の方が辞められました。




皆さんが邑南町に来てよかったと思ってくれているかどうかはわかりませんが、


少しでも糧になっていれば・・・という思いです。




本当にタミさんありがとうございました!!!








AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

小学校が夏休みに入り、ラジオ体操が開始。



私も今日は一緒に参加してきました。


気持ちよかった~。



真剣にやりすぎて、子供から「ママ・・・ちょっと恥ずかしいよ~。」


と言われてしまいましたが・・・。



少し前、アグサポ隊のトウモロコシが最盛期でした。


少し大きさが小さかったので、農協にはあまり出荷できませんでしたが、


産直市で販売しました。


3期生の宮さん、野戸くんが頑張って育てました。

 




小ぶりのため売れ行きが今一つだったところ、


他の農家さんがポップを描いたらどう?というアドバイスをくれたので、



アグサポ隊の案を元に、絵の得意な品川ADがササッと描いてくれました。





研修期間中なので、この売上げが彼らの手元に入るわけではありませんが、やはり自分の作った作物は


最後まで責任もって売り切ってもらいたいというのが心情です。



就農する時の参考にもなりますしね。



自分たちで工夫して売るということは大切です。



そういえば先日の農業フェアで会津若松の方達が受入側として来ていました。写真は邑南町のブースですが><


IMG_20160719_204002398.jpg


皆漁師のような前掛けをしていて、恰幅もよく「湘南の風」のようなヒップホップグループ、


もしくはプロレス団体か!?という風情だったので、


タミさんと二人でめちゃくちゃ興味津々。



聞くと、会津若松から来ていて皆それぞれ個別の独立した農家さん。


会津若松の今後の農業を憂い、


農家さん同士で一念発起して、同じ前掛けとTシャツを作り、


新たな後継者を見つけるべくこの農業フェアに参加されたそうです。



農業法人というわけでもなく、ただ同じ土地で同じ農業をしている人たち。


そういう人が、自分たちの町の農業を盛り上げようということで立ち上がるのがすごい。



アグサポ隊も独立して落ち着いたら、そういう風になってくれたらいいな~なんてね。






そういえば



アグサポ隊のハウスのところに庇が増設されました。






今までプレハブだけだったのですが、庇をつけて、作業ができる場所を広げました。


休憩所を作ろうかとも言っていたのですが、アグサポ隊が休憩所はいらないということでしたので、


こういった形になりました。





これで作業がやりやすくなればいいなと思います。 
 


暑い夏、頑張って乗り切ってもらいたいです!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

無事 東京農業人フェアも終わり、ホッと一息です。




来場して下さった皆様ありがとうございました。






家族連れが多いのかと思いきや、意外にも大学生が主でした。



何でだろう・・・・。



久々の東京、素敵なものもたくさんありましたが、やっぱり心惹かれたりということはありませんでした。



華やかなものに憧れる時代は過ぎたな~と。



銀座のホステスさんたちが、日が暮れてくるとチラホラ出てき始めた時はなんだか嬉しくなっちゃいましたが^^


私女ですが、あーいった欲望が渦巻いているのを見るのはとても好きです。



人間の生々しい部分を垣間見ているようでワクワクします。



しかも皆その欲望を隠しながら澄まして歩いてる所なんて見るとなおさら^^






そんなことはさておき、


農業人フェアに参加していつも思うのですが、


私たちは

農業で成功したい人に来て欲しいのか、田舎で農業がしたい人に来て欲しいのか・・・・。




今やネットで農業についての諸々もすぐに検索できる世の中です。





「地方、自治体の手厚い補助があるところには行くな。」とか



「田舎暮らしをしたいから農業をするというのは違う。」とか



「過疎地はそこで人が生活できないから過疎地になるんだ。」とかね。




本当にその通りだと思います。






私たち島根県邑南町は山間のため小さな農地が点在してますし、冬場は雪のためハウスがなければ農業できません。



全くもって農業に向いてない土地です。




じゃーそういった場所は廃れていくだけでいいのか??





そうじゃないと思います。




私は邑南町で成功したくて来たわけでもないし、邑南町で何かをしたいから来たわけではわりません。



ただここで暮らしたかった。




がむしゃらに仕事に生きる人生を選ぶ人もいれば、普通に家族と仲良く暮らすことが生きがいの人もいる、


お給料の額で全てを決定づける人もいれば、



畑でとれた野菜で食卓が満たされることに喜びを感じる人もいる。




成功したい人はすればいいし、穏やかな生活を送りたい人は送ればいいんじゃないかと思うのです。





どっちが素晴らしいとか全然無い気がする。。。。




頑張ってる度合いが違うというか、目指す方向性が違うというか。







邑南町でも農業で生計を立てている人は少人数ですがいらっしゃいます。



その人達のようになりたい人はそういった人たちを目指すだろうし、




もっと田舎暮らしを満喫したい人はそういう人生を選べば良いだけの話なのではないのかなと思うのです。




もちろん町としては、成功者がでれば財政も潤いますし、活気づくので完全にウェルカムですが、


私個人の意見としては邑南町に住みたい!という人に来てもらいたい。




それだけの魅力がここにはあると私は思っています





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。