邑南時間

島根県邑智郡邑南町に魅せられた人々の日常を綴っています。
地域おこし協力隊(おーなんアグサポ隊)の受入も2014年から開始。農業に興味があるけど、何から始めれば良いかわからない人は必見!!

    クローバー邑南町(島根県)での日々を綴っていますクローバー


2014年度から地域おこし協力隊(おーなんアグサポ隊)の受入も開始しましたラブラブ


 自立就農に向けて、3年間農業のいろはを学びます。


農業をしたいけど何をしたらいいかわからない方は、ぜひご覧になって下さい。


   はじめに↓↓

    http://ameblo.jp/ohsaikyo/theme-10070979769.html

       

       邑南町のFacebookも開設されました^^

               ↓

  https://www.facebook.com/town.ohnan.kitemichansai


テーマ:

お久しぶりです。

 

邑南町も暑い日が続いています。

 

春がどんどん短くなり、寂しい気もしますが、やっぱり太陽が燦燦と輝いていると元気になります。

 

 

先日といっても5月くらいですが、今年の4月から入ってきたアグサポ隊4期生の3名と一緒に田植えをしました。

 

アグサポ隊を受け入れている母体のアグリサポートが管理している田んぼです。

 

今年からは私も参戦。

 

 

かなりの量の田植えでしたが、皆がいるのであっという間!

 

IMG_20170515_111424378.jpg

 

写真は機械に肥料や除草剤を投入しているところ。

 

4期生のらいぞう君(名前がめちゃくちゃ立派!)↓

 

社長に教えてもらいながら、田植機を真剣に操作しています。

 

 

↓これは私。 日焼け対策は万全です。目しか出てません。

IMG_20170515_111424350.jpg

 

私、機械は苦手ですが、この田植機は好きです。

 

まず何より音が優しい。かっちゃんかっちゃん、まるで機織りしているかのような優しさ。天気が良いと水面がキラキラしていて、本当に綺麗です。

 

 

そして、なんと田んぼにどっぷりはまった4期生のきくちゃん。

 

 

乗ってる方はそうでもなかったみたいだけど、見てる側は恐怖でした。

 

これが田んぼにはまるということなのね~と。

 

トラクターを持ってきて皆でひっぱりあげます。

 

かなりの重労働。IMG_20170515_081611434.jpg

 

だいぶ出てきたな。

IMG_20170515_111424329.jpg

 

写真↑の一番右端が4期生のミッツさん。

 

機械のことなら何でもできちゃう。頼もしいです。

 

しんどいことも皆でやれば楽しい。

 

田んぼにはまったことだって良い思い出、笑い話。

 

 

来年もこうしてアグサポ隊と田植えができますように。

 

 

今日、業者さんが「もしかしてブログ書いてませんか?」と・・・。

 

ありがたいですね。

 

最近更新していませんが・・・。

 

この前も知り合いから「このブログ見て勇気もらって、Iターンしてきましたっていうシングルマザーの人がいたよ。」って言ってもらえて感激。

 

このブログは、シングルマザーで苦しい思いをしている人たちに、私たちだって楽しく生きれるんだっていうのを伝えたくて始めました。

 

それが伝わったのかと思うと、やってて無駄じゃなかったな~と思います。

 

熱い想いではじめたのに、最近めっきり更新できてないからいかんいかんと思うのですが。

 

 

色んなことを気にしすぎず、好き勝手にやっていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

アグサポ隊は年齢も、夢もバラバラなため、協力して何かをするということがあまりないです。

 

 

個人プレーが主。

 

良いとか悪いとかではないのですが、

 

せっかくこうして集まったのも何かの縁なので、仲間意識を育めたらいいなと、常々思っているのですが、なかなか難しい。

 

 

2期生のにしもん↓↓

 

 

写真写り良すぎな気もしますが^^

 

彼は少し障害があります。

 

人より少し作業が遅いとか、忘れたり。

 

でも日常生活にそこまで支障をきたすものではありません。

 

障害者認定も受けていますが、彼自身障害がわかったのは社会人になってからだそうです。

 

 

アグサポ隊に入って3年目に突入しますが、色んな作業はやってきたものの、一から全て自分で作物を育てたことはありませんでした。

 

なので今年から自主練として、アグサポ隊ハウスの横で自分の畑をやってみることに。

 

 

品川ADの監修のもと、計画、作付方法、売上高、経費等をノートにびっしりと書き、

畑をおこすところから始めます。

 

 

にしもんのすごいところはわからないことがあれば、すぐに人に聞くところです。

 

そして皆を自然と巻き込んでいく。

 

 

計画表を立てるときには、

 

3期生の藤岡さんも色々アドバイスをくれました。

 

 

そして、実際の作業では

3期生のゆうこりんが本当に親身になって、自分の忙しいのも顧みず、夕方遅くまで一所懸命指導してくれました。

 

休みの日にも関わらず、圃場に来て見守ってくれていたり。

 

 

 

畝を立てるのも、嫌な顔一つせず、そして時に厳しくにしもんを指導してくれます。

 

 

 

 

IMG_20170323_094804944.jpg

 

3期生の野戸君も合間合間に畝立てをやってくれました!!

 

 

アグサポ隊を受け入れている母体の一般社団法人アグリサポートおーなんの作業員のたっちゃん(写真↓茶髪の子)もトラクター回送の際に畝立てを手伝ってくれました。こんなに悪そうに見えるのに!!

 

 

にしもんが畑をするということで、自然と皆が集まる環境ができて、思わぬ相乗効果が生まれました。

 

 

こうやって書くと、なんだか青春ドラマさながらのようですが、

 

実際は淡々と、時には鬱屈とした日常の中にこういった一コマがキラッと隠れていて、

 

その瞬間に焦点を当ててドラマを作り上げているようなものです。

 

だから毎日毎日、こういったことが繰り広げられているわけではありません。

 

それでもこういうキラッとした一瞬が増えていくことが素晴らしい。

 

 

にしもんはコツコツと作業をすることが得意です。

 

自分で考えたりするのは苦手ですが、伝えると誰よりもチャキチャキと動きます。

 

障害があるということはマイナスではないということをにしもんに出会って、改めて気づかされました。

 

普通の人と同じようにしなくても良い、にしもんらしくやれることをしてほしい。

 

型にはめられる必要なんて全くない。

 

 

時には「僕は障害があるから」

 

なんて言って、障害を盾にしてくることもあるので、それは違うだろう!!って言ったりもします。

 

まだまだ障害者の雇用や活動には偽善的なところが見え隠れしています。

 

 

子供たちそれぞれに個性があるように、障害を持っている人にも、

 

焦点が当てられないだけであって、できることはいっぱいあります。

 

 

子育てでは「その子の個性を伸ばしましょう。人と同じである必要はない」と唱えられているのに、なぜか障害者にいたっては発展が著しく遅く感じるのは私の勉強不足でしょうか。

 

子供の頃母親に障害者の意味を聞いたら

 

「神様からプレゼントをもらえた子達なのよ。その子にそれを乗り越えられるだけの能力があると認められたらプレゼントしてもらえるのよ。」と教えてもらったことを今でも鮮明に覚えています。

 

障害者=すごい

 

という美談に持っていきたいわけではありません。

 

でもこの説明はとても大事なことだったなと今でも思います。

 

誰かの介助が必要な、大変な子達と言われればそこには可哀想という感情が生まれます。

 

可哀想という感情はとても厄介。

 

世間は生まれてきただけで幸せなんです、とか唱えているのに、どうしてそこに当てはまらないのか。

 

 

 

にしもんはアグサポ隊に入って来た時、

 

「僕は普通の幸せをつかみたくてここに来ました。農業して自分で普通にお金を稼いで、普通に結婚して、家庭を持ちたいです。」

 

と言いました。

 

 

私も同じ思いだったので、すごくよくわかります。

 

シングルマザーで可哀想、母子手当てをもらうときにはボロクソに言われ、

子供が病気の時に仕事を休むと、冷たい目で見られ、

世の中こんな扱いなのかと打ちひしがれ挫折しかけた時に、

 

「私だって普通に幸せになりたい!!」と思い邑南町に移住してきました。

 

 

そして邑南町の豊かな緩さに助けられました。

 

 

 

にしもんの自立就農は難しいかもしれません。

 

でも自立就農だけがゴールではありません。

 

 

正直まだまだその答えは見つかりませんが、にしもんが普通の幸せを掴めるよう、

 

皆で思案していき、

 

そしてアグリサポートおーなんが障害者の雇用(ボランティア精神が多すぎたり、ただの作業場になるのではない)の新たなスタイルとしての先駆け的存在にもなっていければ良いなと勝手に思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アグサポ隊http://ameblo.jp/ohsaikyo/entry-11764667549.html1期生が今年の3月で卒業ということで、激励会を品川ADのお宅で開催しました。役場農林振興課の課長さんと金山さんも来て下さいました!
 
お料理は京ら屋さん(http://www.ohtv.ne.jp/~kyouraya/index.htmお店は閉めていますが、仕出予約は受けて下さいます!)等に頼みました。
 
相変わらず、ドンピシャの味付けで、本当に美味しい。
 
濃すぎず、薄すぎず本当に絶妙。
 
しみじみ美味しい。びっくりするうまさとかではなくって、
 
口に入れた瞬間なんだか懐かしくって、ホッとして、気づけばどんどんお箸が進んでるんだけど、全く胃にもたれない。
 
こんな料理って、ありそうでなかなか無い。
 
 
もくもく食べて、拍手喝さい!!
 
素晴らしい.

 

 

そして品川ADが角寿司、坂さんがスペアリブのラフテー風煮込みを作って持ってきてくれました。

 

これまた美味しかった^^

 

上司自ら腕をふるってくれる宴会なんてなかなかありません。

 

スミマセン~><


 そして夢中になりすぎて、写真がありません。大失態・・・。
 
子供たちも連れて行かせてもらったんですが、大はしゃぎ。
 
にしもんがたくさん遊んでくれました。
 
 
ありがたい。
 

 

アグサポ隊卒業の1期生。
 
入った当初は幼くて、怒られてばかりだったトッキ―もこの3年間で本当に地域になじみ皆に愛される存在になりました。
 

 
律儀で、計算の無い素直さで、品が良く、礼儀正しいところは3年経った今も変わってはいません。
 
暇があれば他の新規就農者の手助けをし、
「僕も忙しい時に助けてもらおうとおもってるんで^^エヘヘ~」
 
と屈託なく笑う彼は、
 
最年少で皆のいじられ役でしたが、
 
いつだって人の心に敏感で、周りへの配慮を欠かさず、自らその役をやりきってくれたような気さえします。
 

この写真の日も認定新規就農者審査会だったのですが、わざわざ事務所に寄ってくれました。

 

スーツ姿だったので、七五三!?っとからかわれ^^

 

でも本当に素晴らしい成長をとげてくれた気がします。

 


邑南町で農業をやっているトッキーの姿がありありと浮かんでくるので心配はしていません。
 

 

ニッシ―もすでに就農する場所での集落にすっかり溶け込み、奥様キラーを存分に発揮。

 

皆さんに可愛がられています。


 

一番野心に溢れ、大型農業を目指している彼は、集落でも要な存在になってくれると思います。


 

就農後、集落の方の雇用もしていきたいとのこと。

 

既に雇ってくださいと言ってきてくださる方もいるそうで、集落の期待の星になりそうです。

 


帰りの車の中で役場農林振興課の金山さんも
「私は本当に1期生がこうやって無事卒業できて、感慨深いものがある。
 
あ~ちゃんと送り出せた!!なんて思わせてもらったのは初めてだよ。ようやく少しホッとできた」と仰ってました。
 
いつも現実的な言葉攻めで、Sっ気の要素タップリな金山さん(写真左)も、この3年間色んなプレッシャーの中で戦ってたんだな~と・・・。




 
すっごいすっごいアグサポ隊のことを想ってるんだな~と・・・。
 
 
 
 
アグサポ隊の皆も勿論不満はいっぱいあると思います。
 
私達の
至らないところもいっぱい。
 
それでも自分の夢を叶えるためにこれだけの人が携わり、たくさんの人が共に気を揉み、悩み、考えてくれる職業を私は他に知りません。
 

 

今回うのさんは残念ながら用事で来れませんでしたが、

 

邑南町に来たことが、このアグサポ隊に入ったことが,

 

皆さんにとって少しでもプラスの方向であったと信じたいです。

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

暖かい日が続いています。

 

先週末は広島に行ってきたのですが、コートなんて着てたら暑いぐらい><

 

子供の卒園式や、小学校の準備を兼ねてお買い物しようと思ったのですが、

 

邑南町の気候と世間が全然合ってない・・・。

 

もう世の中は夏物??ぐらいの勢いでお洋服の生地が薄い!!

 

こんなの邑南町ではまだまだ寒すぎる~。

 

残念。

 

 

結局5時間歩き続けて購入したものは、無印の化粧水(これ本当に良い!)と子供の靴下のみ。

 

 

欲望が無くなるのもなんだか切ないもんですね。

 

欲望って若さの現れなんだろうか。欲しい!!可愛い!!と思う気持ちはあるんだけど、

「でもこれが無くても別段困らないわよね」って結論に至ってしまう。

 

 

 

あっ!でも家は欲しいです。

 

ただ邑南町、不動産屋がないので土地とか探すのは結局人との繋がり。

 

 

知り合いに聞いてもらって、あそこの土地貸してあげるよ~とか、ここならいいんじゃない?っていう、まさに口コミ。

 

 

今の家は大屋さんもご近所もとっても良い人で、本当にありがたいんですが、なんせ子供の学区外。

 

 

DSC_0492.JPG

 

 

だから放課後友達と遊ぶこともできないし、近所に子供もいないし。

 

少し寂しいのです。

 

 

あと私の母が邑南町のことがすごく好きで、時々遊びに来てくれるんですが、

 

部屋がないので、泊りにきてもらうと母の休まる場所がない。

 

昨年乳がんが発覚し、それでも気丈に振る舞ってる母へ少しでも休まる場所を作りたい。

 

 

 

カフェをやりたいと思って学生の頃から貯めていた軍資金、今の生活じゃとてもカフェなんてできるわけもないから、家族の未来のために投資したい。

 

60歳からの終の棲家を求めるよりは、子供たちがまだ小さいうちに思い出に残るような、

 

大人になっても、「実家に帰るとほっとする~」と思ってもらえるようなそんな家。

 

 

私は広島の小学校を卒業してすぐに親元を離れ、神奈川で中学・高校・大学と過ごしました。

 

就職で広島に戻った時はもう、両親は都心のマンションに早々と引っ越していたので、今の実家に思い入れがありません。

 

実家に戻っても「あ~帰って来た~」という感じがあまりしないのです。

 

生活感のあまり無い家なので特に!!

 

だからか、自分の子供たちには原点となる場所を作ってあげたい。

 

 

特に子供が大きくなってからだと、愛着ってなかなか持てないので、できるならば子供が小さいうちに実現させたい。

 

 

一番上の子が今年小学4年生なので、中学入ったらもうダメだな~とは漠然と感じています。

 

 

家が欲しいなんて思ったこともなかった。

 

 

マイホームなんて、そこに縛られるような気がして恐ろしく思ったり。

 

 

マンションとかだったら人に貸せば良いし、あんまり自分のものって感じがしないんだけど、

 

一から建てるとなると。。。。あまりにも自分の責任が重すぎて。。。

 

 

でも邑南町での生活がそういったものを払拭してくれたんだろうな~。

 

ここに一生住みたい。

 

ずっと暮らしたい。

 

IMG_20150927_205421985.jpg

 

 

自分だけが幸せだったらそれで良かった若かりし頃の私が思い描いていた未来とはまるっきり違うけれど、ここでの生活は私を人として生まれ変わらせてくれたんだな~とつくづく思う。

 

 

土地探しがんばろっっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大変ご無沙汰してました。
 
なんだかあっという間に月日が流れてしまい。
 
12月・1月・2月は私の一番てんやわんやな時期でまるっきり更新できてませんでした。
 
スミマセン。
 
本当に毎日があっという間ですね。
 
ようやくこのドタバタした生活に身体が慣れてきたような・・・。
 
人より慣れるのが遅いんだろうか、自分のキャパの少なさにがっかりです。
 
プライベートでも保育園の持ち物を忘れたりと、迷惑かけることもしばしば。
 
この前は子供の靴を無くしてしまったし。
 
世の中のお母さんはどうやってやってるの。。。
 
すごい!!!
 
本当に生き方を教えて貰いたいです。
 
3月も予定がびっちり。頑張ろうと思います。
 
おかげさまでアグサポ隊4期生も4月から3名入ってこられます。
 
1期生(うのさん、ニッシー、ツッチー)は卒業です!
 
うのさんは年齢的な縛りがあって、去年の12月で少し早目に卒業し、既に邑南町で農業にいそしんでおられますが、
 
それに続いて3月末でニッシーとツッチーも卒業です!
 
彼らも邑南町に残って自営をします。
 
地域おこし協力隊は任期後帰ったり、また別の地域に行ったりすることが多いのですが、
 
アグサポ隊は卒業後の進路も一緒になって考えていくので、定住率は高いです。
 
頑張ってもらいたいです。
 
 
先週末、2期生のにしもん(左から2番目のめっちゃ笑顔のつるぴかちゃん)が実習で自分の畑を作りたいということで、子供達と一緒にお手伝いしてきました。
 

 
子供の友達2名も一緒に!年長さんの子達なんですが、びっくりするぐらいの働きっぷり!!
 
13時40分から15時半までみっちりと草取りに奮闘してくれました。
 
即戦力になるわ~。
 
ちょうど子供達が飽きてきた頃に3期生のゆうこりん(写真↓)も来てくれて、子供達に収穫・出荷の作業をさせてくれました。これは去年の夏頃の写真ですが。
 

 
今のゆうこりんのハウス↓↓
 
春菊や、ホウレンソウ、人参、かぶ、赤カブ、大根等、少量多品目に挑戦しています。
 

 
この日は人参の収穫!子供達大喜びでした。


 


みんなとっても良い表情の写真があるので掲載したいけど・・・><
 
人参を収穫したら、葉っぱを切って、洗って、ひげを取って、重さを量って袋詰め。


暖かい日だったので、気持ちよく作業できました。



 にしもん、ゆうこりん
 楽しい作業をありがとうございました。
 
 
 
 
日曜は、午前中は子供の習い事で、午後からはママ友のお家にお邪魔。
 
人のお家にお呼ばれなんて半年ぶり、いやそれ以上??
 


本当に嬉しかったです!
 
おもてなししていただけて、愛に溢れていて、感激でした。
 
久々にゆったり。
 
実家に帰った感覚。
 
家に遊びに来て貰うことは多いのですが、人の家にお邪魔させてもらうことってほとんど無いので、自分のために誰かが何かをしてくれるってことが素直にすっごく嬉しかったです。
 
 
人に淹れて貰えるお茶のなんと美味しいこと。
 
休みの日に友達とお話するのも久々で、元気いっぱいもらえました!!
 
あ~予定はいっぱいだったけど良い週末を過ごせました。
 
邑南町は今日も雪でしたが

もうすぐ春です

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。