【張家港(中国江蘇省)鈴木玲子】5月に開幕する中国・上海万博にあわせ、遣唐使船再現プロジェクトとして江蘇省張家港で建造されていた再現船が完成、31日、進水式典が行われた。

 角川文化振興財団が企画した。遣唐使船は7~9世紀、中国との間を往来し、当時の最先端技術や文化を日本に持ち帰った。

 再現船は全長約30メートル、164トン。手こぎの帆船だが、自走できるようエンジンが付いている。麻布と竹製の帆を使うなど史料を基に忠実に再現されており、進水すると、見守っていた造船関係者らから歓声が上がった。

 大型船で日本に運び、5月4日に大阪港を出港。瀬戸内海を航海し、広島県呉、長崎県五島列島などを経て、6月12日の万博のジャパンデーまでに上海に到着する予定。東シナ海は航行の危険性などを考慮し大型船で運ぶ。

 式典で角川歴彦・同財団理事長は「古(いにしえ)の技術と最新の学術研究の融合により実現できた。万博の盛り上げに貢献したい」と話した。

【関連ニュース】
上海万博:日本産業館に「世界一のトイレ」 展示内容発表
鳩山首相:中国の唐前国務委員と会談 上海万博訪問に意欲
上海万博:京都「六つ星」出店 日本産業館
中国:上海虹橋国際空港 万博前に新ターミナル供用開始
上海万博:北朝鮮館の工事も進む 万博に初出展

日米同盟発言の連隊長処分を批判=2中隊長を注意、指導-防衛省(時事通信)
<雑記帳>小雪さんが新作映画PRで表敬 福岡(毎日新聞)
恵みの海 つめ跡深く 津波1カ月、苦境の被災漁業者(河北新報)
副会長・常任理事の推薦候補を発表―唐澤氏陣営(医療介護CBニュース)
総務相「今後はツイッターの取り扱い慎重に」(読売新聞)
AD