2008-07-31 21:19:49

●意念を使う 中編

テーマ:練習での気づき



スポーツ、武道、ダンスなどで、

先生は軽々とできることが自分たちにはできない

一体全体・・・なぜ???




理由はたくさんあると思いますが、

まずは体が整っていること、これが大前提です。


上虚下実(じょうきょかじつ)の自然体でないと、

先生が言ったことが言ったとおりにできないわけですから、

あらゆる技術、テクニックは活かされません。


だからこそ、何をやるにも

まずは操体などで体を整えることをおすすめします。


そして、これも当たり前のことですが、

そのスポーツ、武道、ダンスで必要とされている体をつくることです。

いわゆる「基本」や「型」と呼ばれる部分です。

体を練る(ねる)とも表現しますね。



さて、ここから先は、

体が整い、練れた上での話です。


次に大事なのは「意念(いねん)」を使って練習することです。

意識、イメージ、見えないエネルギー

を使うということがポイントなのです。


このことは少林寺拳法や操体でも同じなのですが、

通背拳の常松先生がどういう意念を使っているのか?

技をかけているところを観ていてハッと気づいたのです。



「真っ直ぐに相手の中心を貫いている一直線」

相手をレーザービームで射抜いている感じ・・・でしょうか。


喩えれば、正面に立った瞬間、

銃口を向けられて「動くな!」

というような状態にされてしまうわけです。


でも、常松先生の場合はそれが自然とできてしまっているので、

みんなにはうまく伝わっていないようでした。


(次号へつづく)



★コラムを読んで「実際に操体の施術を受けてみたい!」と思った方はこちらの
ページをご確認の上、ご予約ください↓
http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai.htm

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-29 18:24:25

●意念を使う 前編

テーマ:練習での気づき
先日、中国伝統武術 通背拳の合同練習会に参加しました。

そこで、私にとってはとても大きな「気づき」がありました。



通背拳伝承者である常松先生に技をやってもらうと、

まず、対面しただけで体が緊張します。

そして、手が触れた瞬間に固められるというか、

フワッと浮かされるような感覚になります。


抵抗する気も失せるというか・・・

なんとも抗し難いものがあるのです。


でも、他の人に同じ技をやってもらっても何も起こりません。

そもそも全然怖くないし、ビビらない。

だから、技がかからない。

これは一体なぜなんだろうか???



どんなスポーツをされている方にも同じような悩みがあると思います。

要するに、先生は軽々とできることが自分たちにはできない

一体全体・・・なぜ???というやつです。



(次号へつづく)




★コラムを読んで「実際に操体の施術を受けてみたい!」と思った方はこちらの
ページをご確認の上、ご予約ください↓
http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai.htm
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。