美肌に効く食事とは?

テーマ:

院長の梶原です。


ここのところ美容鍼灸のお客様が増えています。ありがとうございます!


そこで食事の話になるのですが、話題の中心は


『肌に良い食べ物は何ですか?』と質問されます。


肌にとって喫煙、睡眠、ストレス、ホルモンバランスはとても

大事なことですが、食事も非常に重要なウエイトを占めています。


なので肌に良い食材をピックアップしたいと思います。


アメリカの美容健康情報サイト「Total beauty」が、ニューヨーク臨床皮膚外科学会の会長デビット・バンク氏を招き、お肌によい10の食べ物があると

発表しました。


この文献を元にご紹介します。


<アーモンド>


肌荒れを防ぐ働きのあるビタミンEや、健康的な肌を保つビタミンB2が豊富に含まれている美肌にとって嬉しい食材。また、老化の防止にもオススメです。


<アセロラ>

抗酸化作用が強いビタミンCの含有量が非常に多く、果物の中でも「ビタミンCの王様」といわれています。また、アントシアニンという成分は、ビタミンCと同様にシミ・そばかすを予防する働きがあり、お肌を健やかに保つコラーゲンの生成を助ける役割もあるため、こまめに摂り続けるとよいでしょう。


<アボカド>


森のバターと呼ばれるアボカドには抗酸化作用のあるビタミンE、むくみを解消する作用のあるカリウムが含まれています。また、便秘を解消する作用のある食物繊維も多く含んでいます。



<牡蠣>

お肌の新陳代謝を促す亜鉛が豊富に含まれており、老化予防が期待できます。また、ビタミンB12や葉酸、鉄分も含まれているため、貧血の改善にも。


<カッテージチーズ>

カッテージチーズにはセレンという成分が含まれています。セレンには老化の原因となる活性酸素から身体を守る働きや、お肌の乾燥を防ぎ、お肌の若々しさを保つ手助けをしてくれます。また、セレンはビタミンEと一緒に摂取することで、相乗作用が高まるといわれています。


<きのこ類>

食物繊維を多く含むきのこ類には、肌荒れの原因ともいわれる便秘を解消する働きがあり、皮膚を丈夫にするビタミンB2も含まれています。また、むくみを解消するカリウムも含まれています。


<小麦胚芽>

小麦胚芽に含まれるビタミンEには老化を遅らせ、お肌の新陳代謝を活発にする働きがあるといわれています。また、細胞膜を作るリノレン酸やリノール酸も含まれているため、お肌の健康を保つ効果も期待できそうです。


<じゃがいも>

じゃがいもに多く含まれているビタミンCは、でんぷん質に包まれているため、熱に弱い性質を持つビタミンCも比較的壊れにくいので肌の美白効果が期待できます。また、カリウムや食物繊維も含まれているため、むくみやすい体質の方や便秘体質の方にもオススメの食材です


<マンゴー>

美しく若々しさを保つ働きのあるビタミンAや、むくみを解消するカリウム、貧血を予防する葉酸や美白作用のあるビタミンCが含まれています。


いかがだったでしょう?


身近な食べ物が美肌に効果を発揮します。


早速今夜のおかずに一品加えてみてはいかがでしょうか?


  大濠ベッラ!


 http://ohoribella.com/



AD