旧OHMYUA

移転しました。


テーマ:
先日までアメリカを襲った大寒波の影響でユナイテッド航空に限らず多くの航空会社でイレギュラーな運航を余儀なくされていました。
ちょうど、終盤のころ、影響の少なかったアメリカ西海岸へ行っていたのですが、オーバーブッキングが複数回あり、たまたま係員や一緒にダウングレードされた人とお話をする機会もあったので、いろいろ聞いてきました。

一緒にダウングレードされた人もミリオンマイラー。
その人が言うには、国内線ファーストクラス、ビジネスファーストがオーバーブッキングした場合、以前のユナイテッドは一部の特殊な場合を除いて、ボランティアを募集し、ダウングレードや別便の振り替えをしていましたが、最近は違うとのこと。
確定していても、容赦なくダウングレードされたことがあるって言ってました。
きっとたぶん、ヒューストンの奴ら(笑)のせいだって。

その時は結局土壇場でダウングレードを回避できましたが、以前は全くないわけではなかったものの、何も呼び出しをせずに搭乗時にいきなりダウングレードを告げるやり方には閉口しました。

今回の旅程、ユナイテッドはわずか4区間しかなかったのですが、そのうち半分の2回ダウングレード。(その後元のクラスに戻りましたが…)
アップグレードを機械的に処理するように、ダウングレードも機械的に処理している印象です。

ただし、今回は大寒波の影響が残っている状態。
イレギュラー時でないときは、これほどひどい状態にはならないと思います。

コンチネンタルと統合後のunited.comを含むシステム全般。
不思議な挙動や、旧UA時代とは明らかに違う場合がありますので、注意しましょう。


Save the Children JAPAN
クレジットカードで手軽に寄付 
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
手荷物サブスクリプション

エコノミープラスに続き、売れるものは何でも売るユナイテッド航空がまた、新しいものを思いついたようです。
1年間、手荷物を2個まで無料チェックイン。
最低349ドルから。
地域をグローバルにすると799ドルだって。

ホントよく思いつくと思います。
詳細はリンク先をご覧ください。


ANA
ANA 「ビジ割」 新運賃発売中!
 |  リブログ(0)

テーマ:

コンチネンタル航空との統合で販売が休止されていたエコノミープラスアクセス。
Economy Plus subscriptionという名称で復活しました。

日本語のページが一部表示がおかしい部分があるので英語版ページをご覧ください。

Economy Plus subscription

新しく、対象となる人数や地域が選択できるようになりました。
有効期間は1年間。
最低499ドルからとなります。
ちなみに、一部のアジア路線を除く国際線の利用が可能なものの場合699ドルとなります。

詳細は上のリンク先をご覧ください。


mobell
使用料が1年で3,129円のアメリカ・カナダ・ハワイ専用GSM携帯!
初年度は無料。通話料は1分60円!プリペイド携帯と違って有効期限はナシ!

 |  リブログ(0)

テーマ:


旧ユナイテッドと旧コンチネンタルのWEBサイトが統合され、旧コンチネンタル航空ベースのものになってから、日本のANA国内線を旅程に入れるような予約にかなり制限があるようになってしまいました。
幸い、今まで、そのような旅程を組むような航空券を購入する機会がなかったのですが、アップグレードがしやすそうなに関西経由でアメリカに行こうと思って、united.comで羽田発着便を調べてみたものの、出てくるのは深夜便のANA運航のロサンゼルス行きのみ。

NH便名でもよければANA 「エコ割」 でもいいものの、UA便名での発券がしたい。
電話で予約してもいいものの、予約センターへ電話も面倒だし、思いついたのは夜だし、発券手数料もったいないし…
と思っていて、イロイロな予約サイトを調べてみました。

旅行代理店系のサイト、なぜか周遊で検索しても、羽田発だと、日本の国内線ってうまく検索できないみたいなんですよね。
なかには羽田空港のみを出発空港として設定すれば、出てくる場合もあるものの、やはりANA運航の羽田-ロサンゼルス便を優先して出しちゃうみたい。

そんななか、唯一、往復とも希望通りの経路で発券できたのがH.I.S.海外航空券

今回の希望ルートは往路は「羽田-関西-サンフランシスコ-ラスベガス」、復路も同様に「ラスベガス-サンフランシスコ-関西-羽田」。

H.I.S.海外航空券 のページで出発地を「羽田空港」、到着地を「ラスベガス」にして検索オプションで「スターアライアンス」を選択、検索結果が表示されたら、最初に往路が希望通りとなっている旅程を探します。
みつかったら、その旅程内の「往路はこの便を選択する」のリンクをクリックすると、往路がその便となっている旅程に絞り込まれるので、その中から復路が希望通りとなっているものを選びましょう。
ちなみに、日本の国内線部分をNH便名、国際線とアメリカ国内線部分をUA便名の旅程を選択するには「複数航空会社」と表示されている旅程の中から探すことになります。
予約クラスもきちんと表示されます。

もちろん、支払いにはクレジットカードも使用できますし、予約クラスや条件を間違わなければ、ちゃんとしたユナイテッドの正規割引航空券Fly Faresとなります。

ただ、旅行代理店の発券で気をつけなければいけないのは、予約後発券されるまでの期間が長い場合があること。
ユナイテッドの正規割引航空券Fly Faresの場合は、一番最長の場合で予約後7日以内の発券条件があるのです。

以前家族が別の旅行代理店で予約後発券したときは発券期限ぎりぎりまで発券されませんでした。
手数料の観点からは悪いことではないんですが、アップグレードがかかっていると、一刻も早く発券したいですよね。

今回、Fly Fares 7のQクラスで予約完了。
支払い手続きも完了。
その後どのくらいで発券されたかというと、数時間後です。
マイレージ・プラスの番号も入力可能。united.comの「現在の予約内容」にも予約完了後からちゃんと表示され、発券後、アップグレードのリクエストを入れることが出来ました。

実は旅行代理店てあんまり好きじゃないんです。
会社がらみでいろいろ依頼をしたときもミスが多かったし、そういえば、H.I.Sって今から十数年前の格安航空券全盛だった時代でもあまりにも係員が不思議ちゃんが多くて好きになれなかったなぁ。

あえて、どこの会社かは書きませんが、航空券を予約しに行ったときのカウンター内の会話。
「ちょっと~○○さんのパスポート明日出発なのになんでココにあるのよ」
その○○さんは無事に海外に行けたのでしょうか。
今でも気になります。

また、特定の航空会社にたくさん乗るようになるとカウンターで対応してくれる人より知識が豊富になっちゃうんですよね。
相手が提示してくれた条件より明らかにいいものの対案を出すとあからさまに不機嫌になる人にも何回か出会いました。

インターネット上のブログやフェイスブックなどで旅行代理店勤務やその経験がある人が書かれているものもあるんですが、たとえ一握りでも、変人というか、おかしい人を見つけちゃったのもしばらく旅行代理店を避けていた原因かも知れません。

でもね、オンライン予約だと、旅行代理店であってもそんな不思議ちゃんや変人とのやり取りを気にしなくていいのです。
実際、今回も自動的なメールのやり取りのみで発券できました。

まあ、united.comがまともに動けばいいんですが、どうしてもというとき、オススメです。
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。