旧OHMYUA

移転しました。


テーマ:
国際線でアメリカに入国し、他の国内線や国際線のフライトに乗りつぐ場合の液体物の持ち込み制限が緩和されました。

EUではすでに緩和されていますが、免税店で購入された3.4オンス(100 mL)を超える液体物を、機内持ち込み手荷物として客室内に持ち込むことができるようになりました。
ただし、免税店でお買い上げになり、安全性を保証できる開封明示機構付きのバッグに入っていて、その袋に損傷がなく、なおかつTSA係官の検査を正常に通過した場合にのみ適用されます。
また、不透明なボトル、セラミック製ボトル、金属製ボトルなどの容器に入った液体には、スキャンが行えない場合があります。
検査不可に降りパスしなかった液体は、機内持ち込み手荷物に入れたままにできないので、受託手荷物に入れるか、廃棄されるかを選択することになります。

免税店や航空機内での免税品販売について、安全性を保証できるバッグの使用開始時期、もしくは使用有無については、直接免税店や機内販売の際に確認するのを忘れないようにしましょう。

また、EUでは購入の控え(レシート)の提示が必要です。
アメリカでも購入品について説明を検査時に求められることも考えられますので、きちんと保管されることをおすすめします。

なお、日本でも国際線からの乗り継ぎ客を対象に、1月末日より緩和されています。


ANA
ANAの正規割引航空券「エコ割」ならマイルも料金も断然おトク!
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。