Oh! My UA!

Life is a journey.


テーマ:


名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ 12F

電話 052-589-0112

定休日 不定休(JRセントラルタワーズに準ずる)

営業時間 11:00~15:30 17:00~23:00 

店舗ホームページ




名古屋を離れる前に、ひつまぶしをもう一度食べたい。

ということで、名古屋では珍しい、関東風の蒲焼でひつまぶしが食べられるお店、東京竹葉亭に行くことにしました。

JRセントラルタワーの12階です。



ところで、竹葉亭は大きく分けて3つに分かれています。

まず、東京の竹葉亭


そして大阪にある東京竹葉亭


大阪の東京竹葉亭
から分かれた中之島竹葉亭
です。



かなり複雑なんですが、各竹葉亭の間には争いごとはないみたいですが、お互いの関係については各竹葉亭からアナウンスはされていなく、わかりにくいです。

話はそれますが、こういった元が一つなのに分かれてわかりにくくなってしまうのってどうにかならないのですかねぇ。

どこかの豆腐屋みたいなわけじゃないのでまだましですが。



ここの竹葉亭は東京竹葉亭
。すなわち大阪の東京竹葉亭
です。

う~ん。わかりにくい。



今回の注文はひつまぶしが定食になったもの。

うざくや冷たい茶碗蒸しが楽しめます。



やはり、ココのお店もうなぎのたれがありました。





そして、異様にあつーいお茶が。





そのあと、テーブルセッティング?





うざくが来ました。





あのー、うなぎがちゃんと切れてないで、皮の部分が繋がっています。

味は良いんですが、後の料理が心配になる出来。



続いて、冷たい茶碗蒸し。





これは美味しかったです。

夏の冷たい茶碗蒸しっていいですよね。



そして、いよいよ待ちに待った本陣到着です。





ここ、薬味がいい。





もちろん、海苔もちゃんとあります。





山椒の実がそのままというのもお茶漬けにはあいそうです。



漬け物もありました。







ふたを開けてみましょう。





よそってみました。





よそる時からなんとなく気づいていましたが…かなり温度が低いです。

最低。



また、この間紹介した、まるや本店
と比べると、かなりのイマイチ感。

これなら普通にうな丼かうな重のほうが美味しいです。

ひつまぶしに東京の蒲焼は合わないのでしょうね。





薬味もごはんがぬるいので際立ちません。



ということで、お茶漬けに望みをかけます。






ぬるいです。

東京の焼き方がひつまぶしにあわないのだけではなく、供される温度が低すぎ。

最低です。



JRセントラルタワーの中ということで、かなり忙しいのでしょうが、冷めたものを出す時点で失格です。

名古屋めし、最後が大ハズレで残念でした。








ユナイテッド、デルタ、ANA、SFJのマイルがたまるケータイ

 

いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード