裏の排水溝設置、続き

テーマ:


本日は、台風襲来前の晴れ間ということで、土木作業の延長戦。

裏の排水溝をさらに60cm×5本、延長しました。これで一昨日からの作業で、裏には11本、計7m弱の排水溝が出来、浄化槽のコンクリート脇がほぼ終わりました。この先は、両側土になっているので、建物手前側をどう処理するか、検討中です。

雨が降る前に、ホームセンターの間を2往復して、今後使う予定のU字溝を16本を購入。他にも本格的に重いものを運ぶことになるので、数年間パンクしたままで使用していた一輪車のタイヤ交換も行いました。これでブロックやU字溝などの重いものも楽に運べそうです。

作業をやめて、少しして、急な雨。まだ間をコンクリートで埋めてはいないので、激しい雨でU字溝の下の砂が流れて、U字溝が傾かないか、心配です。また今晩から明朝にかけて本州を通過する台風の影響が気がかりです。
AD

プロの仕事

テーマ:


先日、依頼していた大工さんが来てくれました。玄関前の排水溝の設置部分の下にあるコンクリートの除去のためです。

2時間ほどで排水溝を入れる予定の場所のコンクリートがなくなりました。さすがに専用のコンクリートハンマーの威力は絶大です。今回、使い方を間近で見ることができたので、次回からは自分でも出来そうです。機械は大工さんが空いている時には貸してくれるそうです。



ついでに、持ってきていた電動グラインダーの使い方を教えてもらい、U字溝の一部の切断に挑戦しました。ここは、排水溝の角の曲がり部分で必要になるためです。粉塗れになることがわかりましたが、何とか素人でも出来るようで、終わった後、ホームセンターにて電動グラインダーを購入しました。



明日以降、この玄関前の排水溝の設置作業が開始となります。こっちは裏の駐車場沿いと違って、既に掘ってあるので、少しは楽が出来そうです。
AD

裏の排水溝設置工事

テーマ:


今日は、天気もまずまずだったので、先日の続きの土木工事。

玄関前のU字溝の設置の前に、練習として裏の駐車場に設置してみることにしました。ここも冬になると、消雪パイプで水を流すので、排水溝が必要で、昨年は、初雪の後、あわてて溝を掘った場所です。

昨年の素掘りの溝の跡があるし、道路手前は浄化槽のコンクリートがあるので、場所的にはわかりやすくなっています。溝を再び掘りなおして、底を均して、U字溝を置き、水平をとってという作業を繰り返します。

昨年、掘った時に土を積み上げてしまったので、駐車場側が少し高くなってしまっており、雨が降ると土が流れる可能性があったので、数年前にコンテナで「大人買い」した花壇ブロックをその縁におくことにしました。

U字溝6本を入れるのに3時間もかかってしまいました。これで、全体の1/5程度ですので、まだだいぶかかりそうです。ある程度終わったら、浄化槽のコンクリートとの間をセメントで埋めて完成となります。

タイムリミットは雪が降るまで。それまで時間を掛けてコツコツとやる予定です。
AD

雑草処理の続き

テーマ:

(作業前)

昨日までの土木工事は、大工さんの到着待ちとなりましたので、今日は、雑草の処理。

週末から雨の予報になっているので、今日中に除草剤を撒く必要がありました。そうすれば10月の連休に少しは来て頂けるお客様に裏の駐車場を使って頂くことが出来るからです。更に、今の時期にやっておけば、来春には少しは楽になるようですし、これからの雪の時期。雪かきのときに枯れた雑草は邪魔になります。


(作業後)

裏の駐車場の除草剤散布に1時間半ほど。そのあと、まだ時間もあったので、とっても気になっていた玄関脇の草むしり。ずっとやっていなかったので、かなり遣り甲斐がありました。今回ももう一声というところで時間切れになりましたが、かなり綺麗にはなりました。それにしてもドクダミのよく伸びること。

この時期の雑草処理もあとは裏の農道沿いと杉林廻りを残すだけになりました。

コンクリートは手ごわい

テーマ:


本日も玄関前のコンクリートの破砕作業。一昨日、タガネでの作業で挫折し、今日は電動ドリルでコンクリートの粉砕を試みました。でも、ドリルの効果はほとんどなく、ドリルで穴を開けても、結局はタガネのお世話になることになり、1時間ほどで挫折。

次の手段としては、プロにお願いするか、その作業を自分でやるかです。電動コンクリートハンマーはホームセンターでレンタルできます。でも、1月の雪下ろしの失敗で学んだ、「無理なことはプロに任せる」ということを思い出し、工事の見積もりを出してもらうことにしました。

ということでコンクリート除去作業は後回しにして、その先の発掘作業に着手。長さ3mほどの排水溝を入れる場所の穴掘りに1時間半ほど。またも大きな岩と昔のブロックが出てきました。この下にもコンクリートがあることが確認され、ここもプロに発注することになりそうです。

コンクリート粉砕作業

テーマ:


昨日、発掘作業が終わりましたが、U字溝を入れる予定の場所には、下にコンクリートが敷いてありました。これが曲者で、U字溝を入れるのに必要な深さがあと3cmほど取れないのです。このため、今日はこのコンクリートを撤去する作業。

昨日の夕方、ホームセンターに行き、ハンマーでたたくためのタガネ(鏨)を購入してきました。本当は電動(ディスク)グラインダーを購入しようかとも思いましたが、在庫がありませんでした。ということで、本日はタガネでカンコンとコンクリートを粉砕。



ただ、3時間ほどで、1m進んだかどうか。もろくなっている場所もありましがた、まだ強度が残っているところでは全然進まないことも度々。それに、タガネをハンマー(金槌)で打つ時に、間違えて左手の人差し指やら親指を何度もたたいてしまい、連日の作業には向かないことがわかりました。それにしても昔の鉱山やトンネル工事って、こうやって掘っていたんだなぁと、くだらない事も考えてしまいました。

今日の反省から、明日は、電動インパクトドリルにコンクリート用穴あけを付けて、掘ってみます。

玄関前の土木工事開始

テーマ:


昨日までで畑方面の作業で急ぎのものが終わりましたので、今日から、優先順位が高い庭の土木工事を開始しました。この春、家の前の排水溝の工事があり、それに伴うもので、今まで玄関前に落としていたうちの排水を、駐車場の先まで持っていく必要が出たためです。

数年前に、入口から20mほど、U字溝を入れたものを一度取り出して、傾斜を変える必要があるのと、途中で切れていたU字溝を駐車場の奥までの延ばす工事。まず、初日は新しくU字溝を入れる部分の発掘作業。ここには前の住人が花壇にするため、石積みをしていた場所。

距離的には5mもありませんが、積んであった石は辛うじて一人で動かせる大きさ。一つ動かすのに、ヒィヒィ云いながらの作業となりました。駐車場へのコンクリートの端まで掘って、昨日は作業終了となりました。

食用菊の手入れ

テーマ:


本来、昨日行うはずだった食用菊の手入れを本日は行いました。来月には収穫を迎える予定ですが、夏前に支柱を立てて、その後放置していたので、勝手気ままに伸びてしまいました。特に紫の「もってのほか」はまだ茎が細いので、L字型に伸びたものが多く、これでは花が咲いても、一雨降れば泥にまみれてしまいます。

7月に1段目まで支柱を入れたので、今回もって菊には2段目。でも、作業していたら、それ以上に伸びていたので、3段目も装着。隣の黄色菊も3段目を装着し、1段目を梯子ごと強引に2段目に上げてみました。ちなみに写真手前が紫色菊で、奥が黄色菊。強引にL字になっていたのを伸ばしたので、咲き始めそうな蕾が一部でそっぽを向きました。でも、収穫までになんとか上を向いてくれることでしょう。



ちなみに、早いものではつぼみに色がつき始めました。昨年の収穫開始が10月15日。一昨年が10月8日でしたので、今年は暑かったせいか、少し早めになりそうです。毎年大量収穫の黄色菊は、例年、紫色菊から2週間以上遅れますので、まだ蕾は硬い状態です。10月早々には紫色菊の収穫が始まりそうです。

秋の草刈り大作戦

テーマ:


昨日から秋らしい涼しい気候に急になりましたので、引き続き畑の面倒を今日もみることにしました。

ただ、その前に畑のアゼ道の雑草が結構な勢いで伸びてしまい、それがとても気になってしまったので、草刈り機を持ち出して、軽い気持ちでアゼだけ草刈りをしようと着手。アゼの部分は10分ほどで終わったのですが、その先の畑の奥の雑草が気になりはじめ、ついついそっちまでやってしまいました。

本気で草刈りをする際には、ズボンの汚れ防止にゴムのエプロンを付けて行うのですが、軽い気持ちで始めたので、本日はエプロンなし。1時間半ほどの作業が終わり、見ればズボンは泥だらけ。この1月、軽い気持ちで屋根に登ったら、落ちてやっかいなことになったので、軽い気持ちで始めるもんではないと、心に決めていたのですが、ついつい。

その代わり、畑の奥の空き地の草刈りの6割ほどが終了です。ここの草刈りもいずれやらなくてはいけなかったので、まあ、これはこれで良しとしましょう。

シシトウの大量収穫

テーマ:


ようやく今日から本来の9月らしい涼しさになってきて、昨日のキュウリに続いて今日はシシトウが鈴なりになってしまったので、収穫。

たった1週間ほど放置しただけなのに、バケツ2杯分も採れてしまいました。これからのお客様に夕食で提供する予定ですが、週過ぎれば、10月の連休まではお客様もそう多くなさそうですので、来て頂くお客様には申し訳ありませんが、たっぷりシシトウが出てくると思っていてください。またご希望があれば袋に入れますので、お好きなだけお持ち帰りください。



これだけ収穫したシシトウですが、まだ木にだいぶ残ってしまっています。シシトウは受粉しなくとも、花が咲けばすべて実がなるという、とても便利が野菜で、今年の夏の暑さはぴったりだったようです。また、晩秋、霜が降りる11月上旬まで収穫が続き、当YHで育てている野菜の中では、一番遅い時期まで収穫の出来る野菜です。