エコ・ブログトップへ エコ・ブログ

The Orchestrion Project [ digital booklet]

新品価格
¥2,100から
(2013/3/19 16:56時点)

ユニティ・バンド

新品価格
¥2,125から
(2013/3/19 16:58時点)

核の言説史 公開中 
私たちは、原爆と原発という二つの巨大な存在を前にして戦後がはじまり、今に至る世界を生きている。哲学、物理学、評論はもとより、文学、芸術、映画、コミック、楽曲、芝居など、さまざまな表現において「核」の歴史は刻まれている。この厚みを解き明かすことによって、これから私たちが「核」とどうかかわって生きてゆくのかを探るべく、言説史をまとめている。

 前史

1945~1949年  1950~1954年  1955~1959年  1960~1964年  1965~1969年  1970~1974年  1975~1979年  1980~1984年  1985~1989年  1990~1994年  1995~1999年  2000~2004年   
2005~2009年  2010~2011年02月    

2011年3月~7月  2011年8月~12月  2012年1月~2月

【新訂版】
1945年  1946年  


核の言説データベース~原爆と原発と


はてなブログにて、1記事1文献でデータベースを作成中。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-23 22:06:00

低線量被曝の影響をどうとらえるか――「放射線災害と向き合って」を読む(2)

テーマ:原発・原爆・放射線・3.11
今回は、下記の本の第3章について。

読んだ本

放射線災害と向き合って 福島に生きる医療者からのメッセージ
福島県立医科大学附属病院被ばく医療班 編
(現 放射線災害医療センター)
ライフサイエンス出版
2013年5月

原発事故に対する論議のなかでも、もっとも見解が分かれるのが、(急性ではない)放射線の健康リスクについて、である。

先に結論を書いてしまうが、これまで、1,000冊ほど関連書を読んできた経験から言えば、はっきりしたことは、言えないのである。

「はっきりしていない」というのは、「ない」ということでも「ある」ということでもない。

実際に被害が出ている人もいる、が、出ていない人もいる。

まったく健康への影響がない、というもの誤りであり、かつ、常に有意な影響がある、というのも正しくないのである。

こうした、言い方をすると、「中途半端」「分かりにくい」「誤魔化している」「情報を隠している」「陰謀だ」といったような見方をする人もいる。

その気持ちも分からないわけではないが、放射線に関する研究は、何もかも、「原子力ムラ」によってコントロールされていると考えるのは、ちょっと行きすぎである。

世の中で起こっているさまざまな事象を一元化、単純化させてしまう「
ユダヤ陰謀説」と同じようなものになってしまう。

確かに、「放射線防護学」の専門家、と名乗っている人のなかには、かなり風変りな人もいるので、そういう人の見解をテレビやYouTube、本などで知ると、「?」がつくことはある。

それぞれの専門家は、あくまでも、その領域における立場を表明している場合が多く、専門家だから「正しい」とか、その領域の見解を代弁している、と思ってはならないのである。

だが、たとえば本書のように、医学系の専門家が放射線にたいして下している判断は、そのまま私たちの「健康」にかかわるものであり、もっとも参考にすべきものであるように、私には思われる。

もちろんそれは、医者だから信用できる、と言おうとしているのではない。

もっとも自分の健康と近いところにいる専門家である医者の言うことを、まずは聴いてみるべきではないか、と言いたいのである。

***

本書の第3章では、上記のような、放射線の健康リスクを考えるにあたって、これまでの研究の蓄積から学ぼうと、特に、ヒロシマ、ナガサキ、そして、チェルノブイリを例として出している。

急性ではない場合、放射線がどのように健康に影響を及ぼすのかをとらえようとすれば、当然、長期間にわたる調査が必要となる。

それも数名の追跡ではなく、万単位の「サンプル」が望ましい。一般的に「疫学」的研究といわれているものだ。

と、考えれば、おのずと、ヒロシマ、ナガサキ、チェルノブイリの「人たち」に焦点があてられることになる。

ヒロシマ、ナガサキに関しては、放医研が長期的に追跡調査を行っている。

もちろん、放医研がその前身であるABCC以来、米国との共同機関であることから、情報が捻じ曲げられていると考える人も少なくないし、非常に残念なことに調査の開始が1950年からであり、肝心な初期5年の情報がないことも、織り込んでおかねばならない。

とはいえ、その後半世紀以上、今もなお続けられているこの調査は、世界で唯一のものであることに変わりはなく、このデータを無視することは、許されるものではない。

この結果においては、特に、癌の発症と被曝した線量とのあいだには、少なくとも100ミリシーベルト以上の場合には、はっきりとした影響があることが知られている。

だが、ここで問題とされるのは、100ミリシーベルト以下の場合である。

この場合、前述したように、発症する人もいるが、しない人もおり、相関関係が難しい。

フクシマにおいて、事故現場で働いている人たちのなかには、もちろん高線量による障害が発生している場合があるが、一般住民への放射線の影響、と言った場合、明らかに低線量における影響という、なかなか説明がつけられない部分にかかわってくる。

年齢別でみると、高線量(1シーベルト以上)の場合、20歳未満の若年層の方が、がん発症の可能性が高まっていることは明らかだが、1シーベルト以下になると、年齢によるはっきりとした差がなくなってしまう。

癌以外の疾患についても、高線量の場合は、はっきりとした影響がある、と言える。

ただし、遺伝的な影響があるかと言えば、今のところ、はっきりとした影響がある、とは言えない。

また、「精神的影響」についても、1990年代以降調べられるようになってきた。

この場合、爆心地に近いほどダメージがある、という結果が得られている。

以上が、非常に大雑把だが、本書で主に述べられている原爆による放射線被害に関する知見である。

他方、チェルノブイリの場合、ヒロシマ、ナガサキと大きく異なるのは、食べものによる内部被曝の影響である。

特にチェルノブイリのときは、事故当初、食料に対する機制がまったくなく、特に汚染された牛乳を飲んだことにより、低年齢層(特に5歳未満)において、おそらく放射性ヨウ素の影響で甲状腺癌の発症が多くみられた(事故後10年頃がピーク)。

また、ベラルーシをはじめウクライナ地方など、内陸部のこの地域は、ヨウ素摂取量がふだんから少なく、より甲状腺癌を引き起こす前提があったとされる。

言い換えれば、フクシマにおいては、線量の高さの違いもあるが、ふだんから海産物からヨウ素を多く(過剰に)摂取しているので、甲状腺癌の発症は、チェルノブイリよりも少ないであろうことが、予想される(くどいようだが、影響がない、と言い切れるものではない)。

話は戻るが、チェルノブイリ(における一般住民の健康リスク)においては、甲状腺癌のほかの病気については、今のところはっきりとした影響がある、と言えるものは現れていない。

ただし、精神的な影響については、むしろはっきりとしており、言い方を変えれば、避難生活が長引いたり、いつ病気になるか分からないといった際に生じるストレスを解消することも、大切なフォローとなってくる。


放射線災害と向き合って - 福島に生きる医療者からのメッセージ (ライフサイエンス選書)/ライフ・サイエンス出版
¥2,376
Amazon.co.jp
AD
2014-10-22 21:45:00

原発事故=放射線災害の現場――放射線災害と向き合って(福島県立医科大)、を読む

テーマ:原発・原爆・放射線・3.11
読んだ本
放射線災害と向き合って 福島に生きる医療者からのメッセージ
福島県立医科大学附属病院被ばく医療班 編
(現 放射線災害医療センター)
ライフサイエンス出版
2013年5月

ひとこと感想

本書は、福島県立医大のスタッフが書いた、当時の「模様」である。「3.11」にかかわる本はなぜ、みな自己の当時の感覚を必ず書くのだろうか。または、書かざるをえないのだろうか。そしてまた、どうしてこういった良書が、それほど読まれていないのだろうか。心が苦しい。

***

本書は、福島県立医科大学のスタッフによって共同執筆されたもので、以下のような構成となっている(大学名が記載されていないところはすべて福島県立医科大学医学部)。

序章 大戸斉 (医学部長)

1章 あのとき、何が起こったのか 長谷川有史(緊急医療学講座助教)

2章 放射性物質を知る 佐藤久志(放射線医学講座助教)

3章 原爆とチェルノブイリ原発事故からわかっていること 熊谷敦史(災害医療総合学習センター講師)

4章 低線量放射線の健康リスクについて 宮崎真(放射線健康管理学講座助手)/大津留晶(放射線健康管理学講座教授)

5章 県民健康管理調査とサポート体制 安村誠司(公衆衛生学講座教授)

6章 座談会 震災と原発事故、こころの健康にどう向き合っていくか 小西聖子(武蔵野大学人間科学部教授)、丹羽真一(神経性ん医学講座前教授)、細矢光亮(小児科講座教授) 司会:大津留晶

7章 座談会 放射線問題とリスクコミュニケーション 郡山一明(緊急救命九州研究所教授)、中谷内一也(同志社大学心理学部教授) 司会:大津留晶

8章 「想定外」から未来へ――危機管理のあり方、リスクとの共存 郡山一明

あとがき 大津留晶

***

序章

当時の心境が日記風に語られ、総論的な記述。

「事実」として、原発事故は起こり、私たちがこうした「技術」を十分に使いこなしていないということが明らかになった。

それを、一部の専門家や政治家、企業などが駄目だったから、という形で議論すると、問題がすり替えられる。そうではなく、

「事故の客観的事実を突き止め全体の本質と背景までを探究し、日本全体として次に備えるのが最も賢明な英知である。」(4ページ)

「懲罰を前提とした責任追及」はむしろ、「失敗」からきちんと学ぶことを困難にさせてしまうのである。

まず、「フクシマ」が何であったのか、冷静に事態を受けとめよう。

・放射性物質の放出量は、チェルノブイリの約10%、地上に落下したのは1%以下、陸地部分では0.1%程度である

・高線量放射線被曝の犠牲者は、いなかった

・10万人以上の人が避難を余儀なくされた

・避難者の中で1年半後までに2000人近くの人が亡くなった

・避難者のなかで認知症に陥る高齢者が2-3倍増加した

これは、あくまでも「結果論」であるが、チェルノブイリと異なり、フクシマの場合は、「避難」については、その地にとどまったほうが、被害が少なかった可能性がある。

とりわけ、長期にわたる避難の必要があったのかどうか、今後も検証されるべきであろう。

以前、当ブログでも書いたが、フクシマにおいて、医療支援という意味では、DMAT(災害派遣医療チーム)の活躍が目を見張る。

 福島第一原子力発電所事故の医療対応記録 医師たちの証言、を読む
 http://ameblo.jp/ohjing/entry-11759813488.html

また、これは本書ではじめて知ったのだが、REMAT(緊急被曝医療チーム)が、2009年に放医研に設立されている。

少しだけ批判めいたことを書いてしまうが、このREMATはもともと、「海外」において放射線被曝、放射性物質による汚染事故が起こった時に派遣することを強調している。

もちろん、国内も「想定」していなくはないのであろうけれども。少なくとも、放医研からのメッセージとしては、その点を強調している。

 アジア初、緊急被ばく医療支援チームREMATを結成
 http://www.nirs.go.jp/information/press/2009/index.php?01_19.shtml

***

1章 あのとき、何が起こったのか

ここでは、正直に、原発事故が起こる前までは、まったく現実的な対応を想定していなかった、と述べられている。

医療従事者が、原発事故発生時に求められるのは、被曝・汚染傷病者の診療はもとより、現場で対応を行う人たち(消防、警察、自衛隊など)の心身の健康支援、住民の不安に対するケア、次世代医療従事者へのスキルの継承など、多岐にわたることが、ふりかえってみて明らかになった。

制度的には、1999年の東海村JCO臨界事故を契機に、原子力緊急事態対応体制、そして医療体制が整えられている。

このなかで、医療体制は、大きく三つに分かれていた。

1)初期被曝医療機関
 福島県立大野病院、双葉厚生病院、今村病院、南相馬市立総合病院、磐城共立病院

2)2次被曝医療機関
 
福島県立医科大学附属病

3)3次被曝医療機関
 放医研、広島大学

「初期」は現地で、救急・初動活動を行い、「2次」はより専門的な診療を行い、「3次」はさらに高度専門的な診療を行う。

今回の事故においては、1)の初期被曝医療機関が6施設指定されていたが、4施設は避難区域指定であり、残る2施設も災害や避難のなかで機能しかなった。

本書の中心である
福島県立医科大学附属病院は、このうち、唯一の2)2時被曝医療機関であり、3)ならびに長崎大学、そして、REMATの助力を得て、医療活動を行った。

ところが、実際の意識としては、

「当時の我々は原子力災害医療体制整備の認識に欠けていたし、複合災害医療対応に追われ、被曝医療に意識を向ける余裕もなかった。」(20ページ)

というのである。

2001年には「除染棟」が建設され、20002年には「院内緊急被曝医療活動対応マニュアル」が作成されていたが、多くのスタッフは、本当に自分たちがこうした「活動」にかかわるとは思ってもいなかった。

だが、原発事故の対応で負傷した人たちは、この病院に搬送される。

その後、REMATが到着して、むしろ、彼らがあとはやってくれるものとばかり思って安堵したという。

「原子力災害を「我々自身が積極的主体的に関与すべき問題と認識できていなかった」(33ページ)と反省をしている。

この後もこうした非常事態のなか、次のような変化があったという。

1)初期反応期 現実を否認したがる
2)苦悩・不安期 心身が不安定になる
3)適応期 現実に立ち向かえるようになる

これで言うと、今なお、多くのメディアやSNSの言説は、1)から2)のあたりをさまよっているようにみえる。

かく言う私も同様であるが、かろうじて、少し、3)への足がかりがつかめてきたと思っている。

たとえば、ここでは、かの「悪名高い」山下俊一が登場するが、彼は、現場の医慮スタッフからみれば、「偉人」に等しい。

3月18日には現場入りし、院内職員への講演を行う。題名は「今回の震災における子どもと母親の安心・安全のために」である。

翌日には、山下と、同じく長崎大教授の高村昇が、福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーとなる。

そのあとも山下は、福島に移住することで、身をもって、低線量被曝への対し方を伝えているが、外部の目からは「ミスター100ミリシーベルト」などと揶揄され、「御用学者」とけなされる。

そうしたバイアスは、一体どこからやってきたのだろう。私たちは、彼のメッセージを冷静に聴いていなかった、ということの表れではないのか。それほど、自分たちが被曝に怯えていた、ということなのか・・・

ただし、その後、すみやかな線量の高い食物の出荷規制・自粛は、被曝の低減につながったとしている。

「この時期の出荷自粛や出荷制限が果たした役割は大きい。のちに行われる検診で多くの県民の内部被曝が、医学的介入を要さないレベルであったのは、他ならぬこの施策によるところが大であったと考えられるからである。」(53ページ)

2012年6月には、彼らは、正式に、「放射線災害医療センター」として組織化される。

だが、このあと、非常に気になる書き方がある。

「原発内では今でも一定の頻度で重大事故や重傷傷病者が発生している。」(57ページ)

最後にまとめとして、私たちに欠けていたものを2つ挙げる。

「原子力災害対応について我々に決定的に駆けていたのは原子力災害や放射線事故対応にひつようとされる「コミュニケーション」と「エデュケーション」だったのではないか」(57ページ)

そしてこの「我々」とは、「彼ら」のことではなく、まさしく自分自身の問題である。

また、現在における問題点としては、「ゼロリスク幻想」だとする。

「あらゆる事象に一定のリスクが存在する。現在、フクシマ居住地域の放射線による発がんリスクは他の生活習慣に由来するものより低い。だが、放射線のリスクはどんなに低くてもゼロにはならない。」(60ページ)

「ゼロ幻想」は、危険である。

***

2章 放射性物質を知る

さまざまな実用的な見地からの基礎知識が述べられている。

大変有用であるが、当ブログでは、何度も書いてきたことが多いので、ここでは省略する。

ちなみに、一つだけ例を挙げると、ホットスポットの除染についての注意書きがある。

まず、「点線源からの距離の2乗に反比例して線量が下がる」という原則があるが、これは「広域」に拡散した場合にはあてはまらないとし、高線量箇所から離れる、という対処ではなく、100メートル四方の除染がもっとも効果的である、としている。
 
もし、これを読まれている方が、基礎から放射性物質のことを学びたいのであれば、本書も格好の入門書だと思う。


*3章以下は、申し訳ないが、明日に続く。




放射線災害と向き合って - 福島に生きる医療者からのメッセージ (ライフサイエンス選書)/ライフサイエンス出版
¥2,376
Amazon.co.jp
AD
2014-10-21 22:31:00

リスクとリターンから原発事故の意味をとらえる――戦後史のなかの福島原発(中島久人)を読む

テーマ:原発・原爆・放射線・3.11
読んだ本
戦後史の中の福島原発 開発政策と地域社会
中嶋久人
大月書店
2014年7月

ひとこと感想
なぜ、福島に原発が建設されたのか。すでに開沼博が中央と地方という構図において従属と依存の力学において生みだされたという見解を地元周辺の聞き取り調査から提示しているのに対して、本書は、「史料」すなわち書き残された文書資料をもとにして、「地域社会の要」として意識されてゆく過程を検討している点が興味深かった。

***

本書の主張は、以下の4点である。

1)私たちは原発を大都市圏に設置することを拒んだ

2)福島第一原発はあくまでも地域開発の一環として選ばれた

3)1960~70年代に起こった福島での原発建設反対運動は、原発への不安が現れはじめたことを意味しているが、それ以上の実質的な力とはならなかった

4)その後、3.11によって、原発のリスク(不利益)とリターン(利益)のバランスが実は大きく歪んでいることが露見した


***

第1章 原子力開発の開始と原子力関連施設の大都市からの排除

この章で特に本書が際立って明確にしているのは、題名にあるとおり、原発が大都市からいかにして排除されたか、である。

すなわち、ここで問題となっているのは、「立地」選定のあり方である。

東海村が最初のターゲットとなったが、もっとも運動や議論が起こったのは、関西研究用原子炉設置のときだった。

ここで歴史的に明かされるのは、大都市圏の住民は、原子力関連施設に対して、基本的に拒否反応を示し、実際に「反対運動」等によって、建造を阻止した、ということになる、

結局は、綺麗事ではなく、ベネフィットとリスクのバランスであり、大都市圏においては、リスクの方が高くなってしまうということが、この問題の根幹にあるということである。

また、このときの「ベネフィット」は、単に「原発」という施設の誘致ではなく、それに随行するであろう、商工関連施設や人の流入を見込んだものであったことを、中嶋は強調している。

言い方を変えれば、放射線がひとたび漏出すればさまざまな問題が生じるということにはあまり目を向けられず、単純に、お金や人や建物などを呼び込むことができるということが大事だった、ということである。

「東海村に実験炉・商用炉が設置されたが、それは被曝のリスクを少しでも回避することを目的にして過疎地の沿岸部に立地するためであった。しかし、逆に、茨城県や東海村は、この立地により、人口増を含む地域開発を望んでいた。」(80ページ)

だが、実際は、原発立地地域は、できるだけ人口が少なくあることが望まれたのである。

「これは、原子炉立地審査指針など、国家の意思である。しかし、大規模原子力施設建設によるリスクを回避しようとして運動を展開していた、大都市住民の声にも基づいていたのである。」(82ページ)

***

第2章 地域開発としての福島第一原発の建設(1960-196)

こういう言い方をすると、抵抗感のある人もいるかもしれないが、「自治体」単位でとらえたとき、「福島県が主体的な受け皿となって地域開発を名目に福島県浜通りに建設されるに至った」(87ページ)というとらえかたができる。

よく言われているように、福島は戦前から首都圏への電力を供給していた。

それは、1911年にまで、さかのぼる。猪苗代に水力発電の会社が設立されるが、これは東京に送電することを目的としていた。

ただし、この頃は、福島県においては「発電」も一つの産業として成立しており、県内にも安価な電力を供給することができ、工業の振興に一役買っていた。

だが、無数にあった電力会社も次第に淘汰され、この会社も、東京電灯という会社と合併した。

決定的だったのは、1938年の国家総動員法制定時の電力管理法、日本発送電会社法などの制定である。

1941年には配電統制令が出され、現在の9電力会社体制がつくられる。

「電 力の国家統制によって、安価で豊富な電力供給により地域工業化を進めてきた電力生産県としての福島県のメリットが失われた。それぞれのブロックごとで統一 された電力料金となり、さらに全国的にはりめぐらされた送電線網によって、福島で生産された電力は、今まで以上に首都圏などの域外で消費されるようになっ たのである。」(89-90ページ)

「電力生産県としての福島県」は、その生産した電力をもとに、工場を誘致し、雇用の機会を生み、地域開発を進めようとしていた。

原発の誘致もまた、そうした流れに沿ったものだった。

にもかかわらず、電力だけを生産し、その電力を首都圏へと送りだす役割を担うことになる。

言ってみれば福島県は、首都圏によって、さらには、国家によって、電力を収奪されたのである。

そしてまた、当初の福島県における「計画」にあっては、原発の誘致というのは、あくまでも工場や企業を誘致する「手段」であり、目指されたのは、工業化による地域の自立化だったということを忘れてはならない。

決して電力会社、原発だけに全面的に依存する自治体を生みだすことが目的だったのではないのである。

***

第3章 福島県における原発建設反対運動の展開

福島で、原発の建設反対運動が起こったのは、福島第二の建設にあたってである。

富岡町毛萱は福島第二の建造に反対していた。また、浪江、小高でも反対運動が起こった。さらに、楢葉でも起こった。

このなかで、次第に、原発そのものに対する不安だけでなく、「原発建設が、真に地域社会のために役だっているのか、いいかえれば、リターンたりえているのか」(166ページ)が問われた。

ただし、これらの反対運動は、それぞれが横のつながりをもたず、それぞれ個別のものだったがために、大きな広がりをもつことはなかった。しかも、ここに、共産党支持系の人と、社会党支持系の人とで対立が起こってしまう。

まことに不毛なことになってしまうのだった。

***

第4章 電源交付金制度と原発建設システムの確立(1974~)

1970年代中盤以降は、もう、泥沼のような話である。

一度「原発」にかかわったところは、その数をとにかく増やすことになり、福島第一で6基にまで増えた。

反対運動のリーダーだった岩本忠夫が双葉町の町長になり、以降、原発推進にまわる。

佐藤栄佐久(元福島県知事)からみた、原発誘致の泥沼。

***

中嶋は、本書の最後のほうで、次のように指摘している。

「福島県の場合は、自立的な生存に寄与するとみなされたリターンを目当てにして原発建設のリスクを引き受けるという地域社会側の主体的な営為も介在して、現在のような中央への従属的関係が形成された」(213ページ)

「しかし、福島第一原発事故は、そのようなリスクとリターンの交換は著しく不平等なものであったことを明示した。」(214ページ)

さらに中嶋は、もう一歩踏み込んで、次のようにも述べている。

「近 代社会は、人間の作為によって自然の拘束から解放されていくものとして認識されており、原子力はその象徴であった。そして、歴史学も、このような近代の世 界観のもとにあった。しかし、福島第一原発事故は、人間の作為による自然の拘束からの解放という世界観そのものへの懐疑をつきつけた。」(215ページ)

この「懐疑」はとても重要なのだが、つきつけられても、なぜか、ともかく「再稼働ありき」であったり、原発前面否定で現場の葛藤をあまりみなかったり、いずれにおいても、今ひとつ納得のゆかないレスポンスしか見えてこないのが、とても残念である。

戦後史のなかの福島原発: 開発政策と地域社会/大月書店
¥2,700
Amazon.co.jp
AD
2014-10-21 21:51:00

(故)虎之助のこと~出会いから引っ越しの前まで

テーマ:猫・犬・動物・植物
我が家の猫、虎之助。


私たち夫婦の「宝物」、虎之助。

2014年10月20日、永眠。そして、さきほど、火葬を終えた。

骨太の彼の遺骨は、きれいで、大きかった。

前に永眠したシナモンの遺骨と比べると、極端に言えば、倍くらいはあっただろうか。

しかも、その業者さん(ジャパンペットセレモニー)が、とても大事に、丁寧にしてくださったので、それは、それは、見事なものだった。

その見事さに、また、泣けた。

・・・書きかけの原発関連書籍記事もあるが、まとめる力をもたないので、大変申し訳ありませんが、今日も、虎之助の思い出話におつきあいくだされば、大変ありがく存じます。

(なお、写真画像は最近のものではなく、2010年前後のものが主です)

***


(今から14年ほど前にさかのぼる)

虎之助。

生まれたときのことは、実は、よく分からない。

おそらくそのアパートの1階に住んでいた大家さん(代理)の方がけっこう面倒をみてくれていて、そのおかげで、人間に対してまったく抵抗がなくなり、かつ、早い時期に去勢手術を受けた、と思われる。

それは、かれこれ、今から、約15年近く前のこと。

私が虎之助と出会ったのは、おそらく生まれてから1年経つか経たないかくらいの頃だったと思われる。

私の部屋は、そのアパートの2階にあり、玄関の左側には洗濯機が置いてある。そして、その洗濯機の上には、トイレの窓がある。

トイレの窓には、等間隔にサンがはめられていて、もちろん、人間は侵入できない。だが、仔猫は?

そうなのだ。

ある日突然、彼は、部屋のトイレの扉を開けて、私の住む部屋へと、つかつか、と入ってきたのである。

しかも、悠然と、部屋を一瞥し、ああ、苦しゅうない、そのままでよい、と言ったわけではないが、そのような雰囲気で、部屋のまんなかにある座布団に、どさり、と腰をおろし、くわー、とあくびをして、毛づくろいをはじめる。

あのー、初対面なんですが、もう少し、警戒していただいたほうが、良いと思いますが。

と声をかけてみたものの、とりあえず、一休み、一休み、と座布団の上でくつろぐも、おお、そうだった、他にも行くところがあるので、今夜はこれで、失敬、と言ったか言わないかはさておき、少し経ってから、再び、トイレの窓から、彼は、走り去って行ったのだった。

実は、大学のときにも、同じように、近所の猫(ロシアンブルー、牝、おそらく2歳くらい)が突然部屋の窓から入り込んできたことがあり、それ以来、しばしば部屋にやってきたことがあるので、こういった突然の訪問には、ある程度免疫がないわけではない。

とはいえ、それなりに、驚く、というよりも、とても、とても、うれしい出来事だった。

なんというのか、猫って、本当に、自由で、かつ、人との関係において、絶妙な能力をもっているものだ、と感心する。


ところでこの虎之助、名前のまま、所謂、茶トラなのだが、外見は、それほどはっきりとした特徴はなかった。

ただ、なによりも、おどろいたのは、「鳴き声」である。

ほとんど、鳴かないのだ。

口は開けるものの、声が大きくない。

だから、最初の闖入以降、何度もやって来ているが、一度も大きく鳴かなかったのである。

怖いものである。

カタカタとパソコンで文章を書いていると、後ろに、ちょこんと、仔猫がいて、毛づくろいをしている。

何度となく、驚かされた。

ところがこの「鳴かない」というのは、性格的なものではなく、口内炎がひどくて、痛みで鳴いていなったということが、その後判明する。

それまで私は勝手に虎之助が鳴かなくて、少し苦み走った表情をするのは、哲学者だからだ、と思い込んでいた。

哲学書にうずもれている部屋にやってくる哲学猫。

なるほど、と、勝手に納得していたのだ。

地域猫のような存在だったため、他の猫から猫エイズなどを感染しており、いつ発症するかとずっと不安なままその後いっしょに暮らしてゆくことになる。

その後、虎之助は、その後も抜歯を二回行い、耳が聞こえなくなり、さらに、上あごのところにできた悪性腫瘍によって食事がとれなくなり、出血がとまらなくなったために、最期を迎えた。

ところで、もうひとつ、大きな誤解があった。

私は、彼の股間をそれほど真剣に検証することなく、ぱっと見た感じで、女の子かな、と思っていた。

だが、そう思いつつも、あえて、「虎之助」と名づけてみた。

後に「元」男の子と判明するも、言い訳ができない。

ただ、なんとなく、虎之助という名前が、ふさわしいと思ったのである。

ふだんは、「トラ」「とらちん」と呼んでいるのだけれども。


ともあれ、いろいろと誤解はあったものの、虎之助と共有する時間が増えて行った。

とりわけ、今でも思い出すのは、私と妻とが帰宅したとき、虎之助は、門のところにちょこんと座って待っており、私たちの姿をみると、とかとか、とあわてて近づいてきたことがあった。

顔というのか、目線をはなさないまま、懸命にこちらに向かってくる。

足取りがあせっているのだが、なんとなく、「欽ちゃん走り」のように脚を動かしている。

マッテヨ、マッテヨ、イマイクカラ、オイテユカナイデ・・・

愛おしかった。あのときの表情が、今でも、忘れられない。

虎之助の性格を説明が難しいのだが、赤塚不二夫の「天才バカボン」の「バカボン」の「イノセント」さに近いのではないだろうか。

疑うことを知らず、そのまま素直に反応するのである。

こうした純白さは、その後、一度も変わらず、虎之助の愛すべき「気質」となっていったのだった。


そういえば、あともう一つ、忘れられないエピソードがある。

さすがに何度もみていると、苦み走った表情は決して「哲学」をかじったからではなく、何か口腔内に問題があるからなのでは、と思って、病院に連れて行ったことがある。

ちょうど近所に、病院があったのだ。

連れて行ったとき、看護師の方に、「あ、マッケンロー」と呼ばれた。

え? マッケンロー、って誰、というより、なぜ、虎之助はマッケンローと呼ばれたのか?

しばらく、錯乱としていた。

あとで、妻と話したところ、どうやら同じアパートに住む、斜め迎えのヨーロッパ系(チェコ人だったような)の大道芸人が、虎之助のことをマッケンローと呼んでいる、ということになった。

つまり、マッケンロー、いや、虎之助は、みなが心配して病院にも連れてきてもらっていたということを、このとき、はじめて分かったのである。

だが、残念ながら、私が虎之助のことを、マッケンロー、と呼んでもまったく反応がなかった。

発音が悪かったのかもしれない。

虎之助は、つまり、このようにして、幼少期は、「外猫」として、もしくは「地域猫」として、暮らしていた。

それゆえ、いろいろな人にかわいがられたり、悪戯されたり、していた。

あるときは、私と目があったくせに、ほかの部屋に入って行ったこともある。

まったく悪びれた様子がないところが、とても、いじらしかった。

あるときは、顔に落書きされたこともある。

本人はまったく気にする気配もない。

あるときは、お隣のアパートの区議会議員に立候補した人の部屋に入ってゆくのをみたこともある。

本人に選挙権はない。

それでも基本的に人間には、どんな人に対しても、信頼関係があり、無防備だった。

むしろ、猫を見ると、無性に闘争心を掻き立てられていた。

その界隈では、もっとも強い猫、という感じであった。

次第に成長するにしたがって、彼は骨格ががっしりしているのか、とても大きくなっていった。

体重も最終的には6キロ台にまで達したが、決して「fat」な感じではなかった(が、病院では少し痩せても良いと言われた)。

そんな虎之助は、理由がそれなのかは今でも定かではないが、ときおり、私達に「贈物」をもってきた。

もっとも大きかったのは、朝起きて、何か臭うとおもいきや、ベッドの下にネズミの死骸があったのだが、あれは、かなりのものだった。

本当に驚いた。

次回以降不要です、と丁重にお断りした。

・・・こうして、しばらくは、平穏な日々が続いていた。




カラーアトラス 最新くわしい猫の病気大図典―豊富な写真とイラストでビジュアル化した決定版/誠文堂新光社
¥4,752
Amazon.co.jp
2014-10-20 21:53:00

近所のネコ、(故)虎之助~出会った頃の思い出

テーマ:猫・犬・動物・植物
*以下は、かつて作っていたホームページに載せていた虎之助との出会いの頃の写真とコメントです。

この頃は、アパートに住んでいて、近所の猫として、彼と出会いました。

まだ1-2歳のころだと思われます。

最初に出会ったときに、ふと、トラノスケ、という名前が浮かびました。

ところが、少し経って、股間を見やると、あれ?、もしかしてオンナノコ?、と思ったのですが、そのまま、トラノスケと呼びました。

以下の文章に出てくる「彼女」とはすなわち「トラノスケ」のことなのです。

その後、去勢したということが分かり、厳密に言うと「元オトコノコ」となり、それ以降は、虎之助のことを「彼」と呼ぶようになります。

それから10数年、こんな日がくるとは思っていませんでしたが、2014年10月20日に、虎之助は、私たちのもとから旅立ちました。

これを書いている今、まだ虎之助は、一緒に部屋にいます。

ですが、息をひきとって半日以上経ち、もう、体温もなくなり、死後硬直が進みました。

サークルのなかでねむるトラは、まるで本当に眠っているかのようで、今にも、あくびをして、からだを伸ばして、にゅあー、と鳴きそうです。

悲嘆にくれてばかりではダメだとは分かっておりますが、今日一日、喪に服したいと思います。

(以下、冒頭からあとのほうに行くにしたがって、出会った頃に遡ってゆきます)

***


近所のネコ
虎之助
(勝手に名前付けてます)



乙女の寝姿【注:去勢オス】

最近遊びにくるというより帰ってきたら寝ている





問題

近所に最近やってきた猫が近づいてきた時
彼女
【注:去勢オス】(虎之助)はどうしたか?



解答
ほとんど無関心だったが
わずか30センチくらいまで近づいてから
ちょつと怒った



洗濯物を干していると
左斜め下に見える塀の上にちょこんと彼女
【注:去勢オス】は座っている
一瞬目が合うとにゃんとないては
エアコンと一階の屋根を伝って登ってくる

うろうろと部屋をめぐったあとさっさと帰る日もあれば
だらんと寝入ったままの日もある


戸口でにゃーんとなくので扉を開けると
ふらりと入ってきてはごろごろと喉をならして
少しすりすりとして
少し身繕いをしては
5分で去ってゆくことが多い
変なやつ


虎之助の表現方法を分析しました

1 にゃーん となく 【欲求未解決】
2 じーっと みつめる 【欲求解決】
3 少し爪を立てつつ 右手でたたく 【欲求遂行依頼】
4 ちゃぼちゃん(動物のお医者さん)と同じように 少し噛む 【謎】

深夜に起こされるときは【3】である


なぜか身繕いをしたらさっさと帰ってしまう

君は何者?




実はメス【注:去勢オス】であったことが判明した



だが君は虎之助だ


呼んでも見向きもしないが



最近の虎之助は路地でばったりあっても知らんぷりである




喧嘩で目の上の毛が抜けてちょっとヤンキー入っている








ふと遊びに来た



また遊びに来てね





ぶらりとふたたび遊びに来た



何を考えているのか相変わらずわからない

ま とりあえず 元気で な




年末年始家を空けた
その前日虎之助はやってきた
鰹節をたらふく食べて少し寝て
出かけるときに目を覚まし
早朝一緒に家を出た


また会えるといいね


また、会う日まで・・・
虎之助・・・

2014-10-20 08:01:00

虎之助、とわのねむりにつく

テーマ:猫・犬・動物・植物
我が家の猫、虎之助(推定約14歳)は、私の生まれた日である昨日の昼頃から、危篤状態になり、何度か少し苦しみつつ、今朝、4時半頃、とわのねむりにつきました。

まだ、少しだけ、ぬくもりがします。

病状が悪化して、あっという間で、ただただ、おどろくばかりです。

おそらく1歳になる前くらいからのつきあいだったので、13年くらいは一緒にいたと思います。

子どものいない私たち夫婦には、子ども同然の存在でした。

不思議なことに、おとといの夜、そのときも体調はかなり悪かったのですが、それでも、その日の朝に病院でうってもらった止血剤のおかげで、口腔内からの出血がかなり収まり、少し気持ちが楽になっていたからなのでしょうか、いつもは足元に寝るのが習慣なのに、珍しく枕元から布団に入ってきて、私の腕を枕にしたまま、ずっと朝まで、一緒に寝ていたのです。

そのときまでは、まだ、ベッドの上に(よじ)のぼることも、よろめきながらも、歩くこともできたのです。

ところが、そのあと病院に連れてゆき、帰ってきてからは、立つことができなくなり、じっとサークルのなかで、寝ていました。

そして、昼近くになって、嘔吐し、失禁、失神してしまいました。

あわてて妻を呼び、二人で、固唾をのんで様子を見守っていたところ、少したつと、やや、表情が出てきて、やや生気が戻ってきました。

数時間、小康状態が続きましたが、夕方になって、再び、様子が変わります。

目がうつろになり、呼吸も弱まり、ときおり、手招きのような仕草も現れはじめました。

もう、長くない、そういう気持ちで、ずっと、そばにいたのですが、急変というより、ゆったりと、若干の周期をもって、からだの反応が鈍くなっているように思えました。

深夜になり、隣に横たわって、一緒に寝ました。手を握って。

1時間周期くらいで、手に力が入り、少し苦しそうにします。嘔吐のような仕草をしますが、何も出てきません。

もう、血も、水分も、食べものの、からだのなかにはないのです。

声にならない嗚咽を、何度か繰り返し、そして、明け方近く。

苦しそうな声がでてきました。

からだをのけぞらせ、足をばたつかせ、口ががくがくと、動きました。

数回、それを繰り返し、口を二度ほど、開いて、そして、静けさがやってきました。

虎之助は、動かなくなりました。


これは、少し前(9月頃)の画像ですが、全盛期には6キロ以上もあった体重も、ここ数カ月次第に落ちてゆき、最後に測ったときには3キロ台になっていました。

骨太で、がっしりとしていた虎之助で、誰がみても「大きい!」と言われました。

最期は、すぐにでも折れてしまいそうで、それがとても哀しくありました。


・・・と書いてみても、まだ、心の区切りはついていません。

ただ、忘れたくないという気持ちから、書きました。


(2014年8月)


虎之助、いままで一緒にいてくれて、本当に、ありがとう。

感謝しているよ。


2014-10-18 21:14:00

ドサクサに紛れてインストールさせるのは、やめて

テーマ:情報
以前から、とても、とても、嫌なものがある。

ソフトウェアのインストールの際に、インストール画面の途中で、別のアプリケーションをインストールさせるものだ。

もちろん、断り書きは書いているし、チェックボックスをクリックして、インストールをさせないように変更することは、それほど、面倒なことではない。

だが、時々、急いインストールをしてしまうことも、人にはある。

そのときには、別のアプリケーションもインストールされてしまうのだ。

フリーウェアはもちろんのこと、最近では、超大手でさえ、そういった阿漕なやり方をしている。

困ったものである。



上記は、まんなかのところに、さりげなく、「オプションのプログラム」と書いてあり、チェックが入っているので、右下の「今すぐアップデート」をクリックしてしまうと、そのまま「オプションのプログラム」もインストールされる。

こういうやり方は、一言で言えば、「卑怯」である。


グローバルな企業がこういうことを平気で行っているが、速やかに、やめてほしいものだ。

Change.orgで賛同者を集めたほうが良いのだろうか?



マカフィー インターネットセキュリティ 2015 3年3台版(最新)/マカフィー
¥12,137
Amazon.co.jp
2014-10-17 22:07:00

森林と放射線――「樹木の放射性セシウムの動態の解明と森林除染戦略」(林隆久)

テーマ:原発・原爆・放射線・3.11
今回は、下記の本のなかから、森林と放射線に関する内容をまとめてみる。森林には、公共空間や田畑などの除染とはまた異なる問題があることがわかる。

読んだ
「第4章 樹木の放射性セシウムの動態の解明と森林除染戦略」(林隆久)

東日本大震災からの真の農業復興への挑戦 東京農業大学と相馬市との連携
東京農業大学、相馬市編
ぎょうせい
2014年3月
pp212-227

ここで対象とされているのは、「相馬地方森林組合の林地」であり、相馬市のみならず、新地町、南相馬市にまたがっている森林地帯である。

放射性ヨウ素とセシウムの動態を明らかにした。

ヨウ素131は、樹木の木質部分と結合する。最初は気孔から入り込み、細胞壁に結合して固定される。

セシウム137は、葉面や樹皮から吸収されて、内樹皮へ、そして、木部へと移行、場合によっては心材部位にまで進む。

森林は、ヨウ素131とセシウム137を吸い込んだ。

ヨウ素は半減期が短いので今では消滅しているが、セシウム137は半減期が30年と長いため、森林は、今でも、セシウム137のたまり場なのである。

なお、実際の調査は、南相馬市原町区の林地で行われた。

その結果、まず、セシウムは樹木や土その他と比べると、落葉層にもっとも多く蓄積されていることが明らかになった。土は表面の1センチメートルだけが汚染されていた。樹木については、樹皮が主でその次には、木部、枝、根と続く。

この樹木のセシウムは、その後、微生物やキノコへと移り、苔や羊歯へ、そして、虫や動物へ、そして彼は、死んだ虫・動物へ、そして土壌へと移行する。

これが「森林のセシウム代謝サイクル」である。

こうした状況把握をしたあと、除染の実験に進む。

最初に、ヘリコプターからの散布実験を行う。

カリ肥料、窒素肥料を撒き、セシウムの移行の抑制を試みるが、それほど効果がみられなかった。

ただし、散布をしてから伐採すると土壌のセシウムは樹木に移行するので、地面の除染をするのであれば、木を伐るという選択肢も考えられる。

木の種類で言うと、ヤナギやセンダンhじゃセシウム137を吸収する。

だが、現実は、とても厳しい。次のように書いている。

「単純計算をしてみると、この林地1ha中に放射性セシウムが約25億Bq堆積している。セシウム137の半減期は30年であり、大谷地区の林地を何もせずに放っておくと、土壌の放射能が100Bq/kg以下になるまで、660年かかる。」(219ページ)

江戸時代を2回以上繰り返さなければならない。

これに対して、ヤナギやセンダンお植えて、数年おきに地上部を伐り除いてゆくと、73年に短縮される。約「昭和」の期間くらいになるのである。

さらに窒素肥料を与えれば、54年にまで短縮される。「明治」プラスアルファというところか。、

こうした実地調査と除染の方向性は、なるほど、と思う。

ところが「損害賠償」の話になると、非常に不愉快になる。

この場合、「賠償金」は、市場原理によって考えられているため、まず、市場に出さなければならない。

そのうえで、いくらかで取引されて、ようやく、通常価格との「格差」が判明し、その「風評被害として差額が支払われる」(221ページ)という仕組みは、なんとも奇妙なものだ。

また、他方でも、問題がある。

まず、この地区の人びとは、切った木を薪にして使っており、燃やすと放射性物質が飛び散り、内部被曝の原因となっている。

書き忘れたが、福島県では、2012年8月に木材の安全宣言を行っている一方で、林業農家は積極的に木を伐採したり販売したりはしていない。

実際の線量は、安全宣言を出したときに現れた数値よりも大きい場合がある一方で、現場には測定できるような機器がないため、自分たちも受け手も不安が高いのである。

さらに問題点がある。

森林には国営保険がある。火災などには適用されるが、放射能汚染には適用されない。

「むしろ、多量の放射性物質を吸収してくれた樹木に感謝しなければと思っている。これによって福島県民は救われたのである。半減期30年のセシウム137を多様に吸収した樹木をそのように受けとめ、私は活動している。」〈225ページ)

***


実は、以前、森林については、もっとも対応が遅れており、田畑以上に、再興が難しいと、線量が比較的少なかった川内村の副村長から、お話を伺ったことがあり、いつか、現状について、確認しなければと思っていたのだったが、実際に知ってみると、残念ながら、予想以上に事態はおもわしくなかった。




東日本大震災からの真の農業復興への挑戦 ー東京農業大学と相馬市の連携ー/ぎょうせい
¥3,780
Amazon.co.jp
2014-10-16 21:03:00

40年前に書かれた原発政策批判、そして、放射線影響論――原発と環境(安斎育郎)を読む

テーマ:原発・原爆・放射線・3.11
読んだ本
原発と環境
安斎育郎
かもがわ出版
2012年10月 (復刻版)

初出
ダイヤモンド社
1975年7月

ひとこと感想
本書を読むと、低線量被曝に対する専門家の見解の全体像がつかめる。まず、原発関連のみならず、基本的に被曝は低減化を目指すことが大前提である。第二に、今なお、低線量被曝と健康被害との関係は議論が続いており、はっきりとした結論が出ていないということを忘れてはならない。第三に、そうしたなかで、事故が発生した場合、実際にどういった対応をすべきなのかは、誰もがこれまで真剣に考えてこなかったために、大混乱が生じたのであって、誰かだけが悪いのではない、と心しなければならない、ということである。つまり、私たちみな、一人ひとりが、原子力に真剣に向き合ってこなかったことを反省すべきなのだ。

***

冒頭に「復刻版出版にあたって」という短い文章が加えられているが、それ以外は、まったくの復刻(一部の誤字の訂正を例外として)である。

それによれば安斎は、1962年、東大工学部の原子工学科に入るが、それは「第一期生」としてであった。

「放射線防護学の専門家への道を踏み出した」(iページ)とあり、安斎は、原子力開発に「ある種の夢」を抱いていた。

1964年には、卒業論文「原子炉施設の災害防止に関する研究」を提出、その後、大学院修士課程では、「フッ化ナトリウム・ペレット焼結法による尿中ウランの分析法の研究」を行っていた。

1966年には、日本科学者会議に参加し、原子力問題研究委員会の担当となる。

ここで安斎は、政府に対して、公開質問状の作成などを行うかたわら、原発設置予定地にて地域住民に対して講演を多数行い、専門外のことも含めてさまざまな質問を受けるという経験を積んでいる。

1972年には、日本学術会議が原発問題に関するシンポジウムを開催、安斎は、ここで「六項目の点検基準」を提起する。

それは、以下の項目であった。

1)自主的なエネルギー開発であるか
2)経済優先の開発であるか
3)自主的・民主的な地域開発計画と抵触しないか
4)軍事的利用への歯止めが保障されているか
5)原発労働者と地域住民の生活と生命の安全を保障し、環境を保全するに十分な歯止めが実証性をもって裏づけられているか
6)民主的な行政が実態として保障されているか

1973年には、この6項目を、国会における科学技術振興対策特別委員会や、福島市ではじめて行われた住民参加型公聴会で主張。

こうしたなかで、安斎は、「反国家的な反原発イデオローグ」「国家にとって厄介な放射能研究者」(iiiページ)とみなされてゆく。

当時、東大で助手だったときに、本書が書かれた。

安斎としては、今でも本書は「読み応えがある」と自賛している。

「原発の安全性に関する問題だけでなく、19世紀末以来の洋の東西の放射線の影響に関する考察もきっと参考になるものと思いますし、分析化学研究所のデータ捏造事件や原子力船「むつ」問題には、一種の臨場感を感じられるでしょう。」(ivページ)

なお、シーベルトではなくレムが用いられたままにして、改定していない、というのは、どうしてであろうか。あくまでも「復刻」にこだわる(もしくは、ダイヤモンド社との取り決めということか)理由が、私にはよく分からない。

***

ちなみに世間では「
反原発イデオローグ」とみなされていたとしても、本人としては、少し「思い」が異なっている。

「電力生産技術としての原子力発電技術そのものを頭ごなしに否定するような立場に立つものではない。平和で安全な原子力利用の大きな可能性を求めて、技術の面でも行政の面でも、総合的な木曽っづくりが旺盛に検討されるべきであると考えている。しかしながら、現在、諸般の問題を未解明なままに放置しつつ、技術や行政の習熟度をはるかに超えて追求されている巨大開発計画には、明確に批判者としての立場に立たざるをえない。」(viiiページ)

あくまでも、放射線防護学の専門家として、クリアすべきことをクリアしたうえではじめて実用の次元に入るべきだ、という考えなのであろう。

***

以下、各章ごとに内容を簡単にまとめておく。

1 原子力発電――トータル・システムとしての視点

原子力発電技術システムの安全問題を考えるうえで、部分や細部よりもまず、全体(トータリティ)の視点に立つべきである。

原発は、「原子力発電所」の建設や運転だけではなく、核燃料の生産や加工からはじまり、放射性廃棄物の処理や処分、使用済核燃料の輸送や再処理、廃炉といった一連の問題すべてをフォローしなければならない。

つまり、ウランやプルトニウムを用意できて、原子炉をつくり、運転するところまでが「実用化」されたといっても、そのあとの技術が実用に至っていないにもかかわらず、他方では「核燃料サイクル」という名前だけが一人歩きするようなやり方を問題視しているのである。


2 原子力発電所の安全装置――実証研究の立ち遅れ

環境安全問題にとって本質的に重要な、原子力発電施設の工学的安全性について論じている。

軽水型原発の仕組みの説明を行いつつ、
「絶対安全」「重大な事態にはけっして至らない」「これまでのインシデントはむしろ安全の証拠」といった詭弁とみなす。

とりわけ、注意を促しているのは、「冷却材喪失事故」である。

まとめでは、次のように書いている。

「異常は小事のうちにその芽をつみとることが肝要であるが、そのためにはすでにふれたように、情報の全面的公開をもとに科学者・技術者の知識と能力を結集して事態を総括し、実証科学性に立脚した安全性の基本的視点をしっかりと踏まえて、地域住民や市民から見てもかげりのないものにする努力が、つねに払われなければならない。」(44ページ)


3 初期の放射線利用と障害の歴史

X線発見から80年の月日が流れたが、第二次世界大戦前夜までの利用と障害の歴史を跡づけている。

たとえば、X線障害については、X線の発見からわずか1カ月後の時点ですでに認識され、鉛での遮蔽も行われていたという。

また、翌年には発明王エジソンも興味を示し、X線装置の実験を行うが、目の痛みを訴える。

しかし、彼の助手は高度の障害にかかり1904年に死亡。エジソンも途中でX線を扱うことを中止する。

医療処置への応用も1896年のうちに、リューマチや癌などに試みられ、さらに、診断への利用も活発になるが、同時に、皮膚障害などの障害も発生する。

線量に対する制限値を最初に提案したのは、ロリンズで、1902年のことである。

・・・ほか、許容線量の変遷など、かなり細かく系譜がたどられているが、ここでは省略。


4 戦前の日本における放射線利用の歴史

1896年のX線発見のニュース記事からはじまり、1930年代の工業用ラジウムによる被害に至るまでの放射線利用の歩みを概観している。

このなかで、1911年に、安原豊也が「ロエントゲン放線の危害」と題して放射線照射の危険性と対策について指摘したのが、国内における障害に関する最初ではないかと記されている。

また、後藤五郎が、1955年に「放射線による職業性慢性障害」(
南江堂京都支店)を刊行。


5 軽水型原発開発の歴史

マンハッタン計画など、特に日米間の経済的構図との関連において論じている。


6 許容線量とは何か

環境論争において常に許容線量は重要テーマとなっており、ゴフマン=タンブリンの主張が登場したことによって、あらためて、どう定義づけるかが議論された。

書き方が絶妙である。

「いくつかの批判の観点が表明されたが、いずれも二人の科学者の問題提起が明らかに誤りだといって決着がつけられるほどのものではなかった。それは、基本的には、われわれが手にしえている知見が不完全なためであるが、ゴフマンらの採用している仮説を、全面的に受け入れることはできないとしながらも、大部分の科学者は、この問題提起の含む内容の重要性を認めないわけでにはいかなかった。」(127ページ)

真偽だけで、簡単に片付くことではなく、まず、この問題提起を受けて、そのうえで、いかにして真偽が問えるのかを検証することが求められていたということである。

また、もう一点。

「しばしば、放射線防護の分野での科学者たちは事を論じるにきわめて慎重で、思慮深い。」(129ページ)

つまり、安全か危険かといった単純な結論など、まだ出ていないなかで、大胆に「低線量でも危険」というようなことを主張する人間がいる場合、非常に抵抗感があるというのである。

「一種のとまどいを禁じえなかった」(132ページ)

だが、安斎はこうしたゴフマンらの見解にも、リスクとベネフィットのバランスという見地からとらえられていると、指摘している。

つまり、「許容線量」の考えには、常に、「安全」な数値という純粋なものがかかわっているのではなく、ベネフィットを享受するにあたっての「がまん量」という位置づけになるほかないのである。

安斎はここで、許容線量に対する自らの考えを述べている。

「許容線量とは、問題としている放射線利用技術によって他に代替しがたいベネフィットがもたらされるという大前提の下で、放射線被曝=ゼロが最も望ましい側と、低く制限されればされるほど、社会的・経済的に不利益を被る側との、絶えざる緊張関係(対立関係)を背景として、被曝ゼロを指向して絶えず点検され、改訂されるべきもの」(140ページ)

つまり、電力企業が展開している論理と、住民の側の論理とは、最初から異なり、相いれないのであり、いずれかを選択するのではなく、その「あいだ」のどこかで数値が決まる、ということである。

そして、常に放射線にかかわる人たちは、線量の低減化につとめるのが、本来の姿であるがゆえに、いきなり何の前提もなく「100ミリシーベルトでも安全」と言ってはならないのであり、「できるだけ低い線量が望ましいが、非常にであるため、それが守りきれないので、一時的なとりきめとして、100ミリシーベルトという値を選んでみた:というような説明があるべきだということである。

この章は、60ページ近くと、特段にボリュームがあった。


7 環境放射能の監視

1974年に起こった放射能データ捏造事件の内容を点検し、環境モニタリングに関連する概念や方法を概括している。

なお、ここから後半の章は、当時の模様を垣間見るうえで興味深いが、ここではこれ以上立ち入らないでおく。

8 温排水の問題点

9 非破壊検査労働の放射線安全――生産性の追求と労働者の安全

10 原子力船「むつ」と政治的海難――漂える原子力行政

注意! 本書の内容は、あくまでも「復刻」であって、さまざまな知見は、年を追うごとに変わりうるので、専門家による最新の見解は、別の本を参照すべきである。たとえば、以下の本を勧めたい。

 低線量放射線を超えて(宇野賀津子)、を読む
 http://ameblo.jp/ohjing/entry-11935125976.html



原発と環境/かもがわ出版
¥2,484
Amazon.co.jp
2014-10-15 22:43:00

農の再生と食の安全(小山良太他編)、を読む

テーマ:原発・原爆・放射線・3.11
読んだ本
農の再生と食の安全 原発事故と福島の2年
小山良太、小松知未編著
石井秀樹、高瀬雅男、朴相賢、平井有太、高橋祥世
新日本出版社
2013年9月

ひとこと感想
原発事故によって引き起こされた風評被害や除染、農産物への放射性物質の移行抑制などについて、福島県だけでなく国としてしっかりと立ち向かうべきだという考えのもとで大局的に書かれ、政策提言がなされている。なお、本書における「福島」とは特に
「福島市」を指す。

本書は「初出」が異様に複雑であるので、ここでは掲出しない。分かるのは、この共著者たちが、さまざまなかたちで協力しあって論文などを執筆しているということである。

***

目次
序章 原発事故から3年目の福島で
第1章 食と農の再生に向けた現状と課題――「風評」問題と検査体制
第2章 食と農の対策の国際比較――チェルノブイリとフクシマ
第3章 原発事故後の廃作と産地転換――葉たばこ廃作問題と地域の対応
第4章 農業再生に向けた放射能対策とその社会的応用――放射性物質分布マップ・試験栽培・全袋検査の統合
第5章 農産物直売所が受けた影響と地産地消――福島県北地域の実態調査から
第6章 果樹経営の再建と産地再生――福島県の自主検査と消費者意識

こうして目次をみると、先日読んだ、農大と相馬市による連携と重なる部分、異なる部分があることが分かる。

 東日本大震災からの真の農業復興への挑戦(農大・相馬市)、を読む
 http://ameblo.jp/ohjing/entry-11935277930.html

特に共通しているのは、とりあげた「トピック」のいくつかである。

・風評被害
・放射性物質分布
・試験栽培
・全袋検査

他方、本書で特にとりあげられているのは、以下の事柄である。

・チェルノブイリとの対比
・葉たばこ
・農産物直売所
・果樹園経営
・共同組合
・ネットワーク構築

農大×相馬市は、地域が限定されていることもあるのかもしれないが、全体的に、非常に具体的で、そこにかかわっている人たちの「顔」が見えた。

これは、農大が連携しているということの意味が大きいと思う。

すなわち、直接、生育させる植物と、そのための環境(土壌その他)とにアプローチしているため、放射性物質やそれに伴う風評被害をどう消し去ってゆくか、という向き合い方がなされているからであろう。

一方本書は、やや一歩引いたところがある。

一人ひとりの農林業に携わる人たち、ある地域の田畑、林、という次元とは少し異なり、「福島県」の問題として概括的に論じられている。

とりわけ「協同組合」がそうであるように、生産する現場よりも、農業経営や販売の方に焦点を当てていると言える。

また、農大×相馬市が、これまで進めてきた共同プロジェクトの中身をていねいに描こうとしているのに対して、本書は、そうしたプロセスよりも、将来への提言に重きを置いている。

農大×相馬市は、読者として、同じように農林業を営む人たちが想定されているすれば、本書は、農業協同組合など、「団体」が対象のように読める。

さらに言えば本書は、「政府」へに批判、提言をし、福島県全体をよくしたい、変えたい、という意欲が強いが、農大×相馬市は、自分たちでやれることをやっているという、スケールの違いもありそうである。

「国としての放射ん上汚染体側の方向性を提言する。」(22ページ)

おそらく、先に、本書を読み、その一地域の事例として農大×相馬市を読むのが、良い読み方ではないだろうか。

または、
農大×相馬市を読んだあとに、福島県全体としてのとらえ方を本書から学び、両者を対比させる読み方(つまり、今回の私の読み方)をすることも、可能であろう。

***

たとえば、本書には、福島県全域の農業特性と被害の特徴がまとめられている。

大きく分けると、三つに区分される。

1)浜通り
ここは、作付制限地区が多い。他の特性としては、飯舘村の畜産、いわき市の園芸、果樹(梨)、水田が地図に書かれている。ただし、この地図では相馬市には特に何の記載もない。

2)中通り
一部出荷制限地区が多い。阿武隈高地近隣には水田と園芸(キュウリ)と書かれ、郡山には水田、二本松市には園芸、水田、福島市には果樹(桃)、水田と科kれている。

3)会津
ここは風評被害地区とまとめられている。北部では水田、園芸(アスパラ)、南部では、水田、園芸(トマト)と書かれている。

このように、福島県全体の農業のあり方が一望できるというメリットがある一方で、地域別でみたときには、相馬市のように、何の記載もないところも生まれてしまう。

***

風評問題について、本書では「法令整備」「中央政府と地方自治体の機能分担、検査体制の体系化」(22ページ)などが検討されている。

まず、風評を三つに分けている(28ページ)。

1)特定の場所(地域)に対するもの
2)そこに居住する人に対するもの
3)そこで生産される物財に対するもの

本書では、このうちの3)、特に食品、農産物に焦点をあてている。

農産物に対する一般的な「風評被害」は、次のように定義づけられているとする。

「農産物が実際には安全であるにもかかわらず、消費者が安全ではないという噂を信じて不買行動をとることによって、被災地の生産者(農家)に不利益をもたらすこと」(28ページ)

だが、原発事故による放射能汚染が原因となる今回のような場合には、このような定義を安易に適用することはできない、と考えられている。

まず、公式に発表された「安全」かどうかにかかわる数値さえ、疑わしいと考えられたため、「実際に安全である」かどうか、誰も分からなくなってしまったことが挙げられる。

これほど影響が長引いているのは、こうした「影響評価を行う前提としての基準や根拠が明確でない」(30ページ)からである。

とりわけ、一部だけを検査するサンプル調査が行われ、全数調査ではなかったことから、個別の生産物への不安が高まったと、本書では考えられている。

そのために農産物購入の選択肢を狭められたために、「被害者」は、生産者(農家)のみならず、消費者も含まれる、と指摘されている。

対策の問題点として、リスクコミュニケーションを基本とした
「国」の対応の仕方が挙げられている。

つまり、「国」はきちんとした数値や検査の結果を提示しているのではなく、情緒的な情報を流している点に問題があると指摘されている。

1)サンプル検査に依拠している(米以外)
2)福島県内でも地産地消が受け入れられていない
3)どのような品目でも検査方法が同じ

こうした問題を解消するために、放射性物質の分布マップを作成し、移行率の確認をふまえた検査体制を構築すべきだ、とする。

では、実際の検査体制とはどういうものか。

福島県と他県とで基準がばらばらであったりすることが混乱や不安をもたらしているとして、本書では、「法令を整備し、国の一元管理の下で体系立てた検査体制を構築すべき」(36-37ページ)と主張する。

もちろん「国」にすべてやれ、というものではなく、自主検査、国や県の検査、それぞれの連携をはかるとともに、分担を明確にする、という提言である。

先日読んだ「東日本大震災からの真の農業復興への挑戦においては、次のように結論づけられていた。

「放射能汚染地域で生産される農産物に対する風評被害をく服するためには、放射能汚染に 対する正しい情報の提供(あいまいさの払拭)、できる限り全量検査に近い検査方法の採用と、通常の放射能検出器では検出されないという条件を設定するこ と、さらには被災地復興応援イベントの開催による支援者の確保が有効であり、こうした取り組みを継続的に実施することが大切である。」(278ページ)」

つまり、農大×相馬市は、地元の人たちの克服課題としてとらえ自らが何ができるのかを考えている(=イベントの開催など)のに対して、本書では、国や政府がすべきことを明らかにしようとしている、といった「視点」の違いがよくわかる。

そして、共通するのは、やはり、あいまいではなく、
(共通基準による)正確な情報を提供することであり、サンプル検査ではなくできるだけ全量検査に近いやり方をすること、さらにまた、できるだけ「不検出」に近い数値を基準にした出荷を行うこと、ということが、「風評」を消す方向性だということになる。

だが、現実的にみて、2014年10月の現在、こうした改善は行われてきたと言えるだろうか。

もちろん、今ではかなりお店に福島県産の野菜類がごく自然に置かれるようになってきた。

それは、決して「悪い」ことではない。

ただ一方で、風評被害を生んだ根本の問題は、かなりあいまいにされたままではないだろうか。

ある程度時間が経過し、風化させることで、確かに「風評」は風のごとく消えてゆくかもしれない。

しかし結局は十分に課題が解決していない現状は、今後も同様の問題が起こるのではないかという危惧をより高めているばかりである。

なお、こうした本書の傾向、すなわち、大局的にものをみて、国に提言をする、という姿勢は、風評被害対策にとどまらず、除染に関しても、農作物への放射性物質の移行メカニズムの解明、吸収抑制対策についても、国がもっとまとめるべきだ、というものになっている。

ここでは、以下の文献が参照されている。

関谷直也「風評被害」光文社新書、2011年5月
山川充夫「原子力災害と福島の苦悩」「学術の動向」18(2)、日本学術協力財団、2013年2月

***

なお、第2章なども、チェルノブイリ原発事故の影響を参照しつつも、福島県の現状と対比させている。

たとえば、森林が多く、かつ、元来移住を望んでいない福島の地において
除染が本当に現実的なのか、本当に効果があるのか、しっかしとした体制も議論もないままに、やみくもに行われていることを嘆いている。

田圃においては、低線量の区域であれば除染をしなくともカリウムその他の混入によって検出限界値以下の玄米が生産できるという方向性が見えてきており、除染一辺倒ではなく、多様な検討が他の農産物にも期待される。

本書では、JA新ふくしま(福島市、川俣町)におけるとりくみを具体例として紹介している。

「福島市内の水田や果樹園の農地一筆ごとの照射性物質の分布実態の把握を進めている」(113ページ)

JAだけでなく、地権者、生産者、消費者(ボランティア)がかかわることで、情報の透明性や連帯感を高めてもいる。

こうした手法はここが唯一だという。

また、林業や漁業については、農業と比べると、対応が消極的であり、まだまだ今後の課題が残っている。



農の再生と食の安全―原発事故と福島の2年/新日本出版社
¥1,944
Amazon.co.jp
無農薬米 古川勝幸コシヒカリ こしひかり古川勝幸さんのごはん 【特別栽培米】福島県産 漢方未.../のと米店
¥5,200
Amazon.co.jp

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?