ソラいろのタネ Art of Sola

絵を描くこと、写真を撮ることがだいすきです。そして心の言葉を綴ることも。毎日の中にささやかな幸せとあったかい優しさを見つけることが、わたしの人生のお仕事なんだと思います。それが誰かと響きあえたなら、幸せ。


テーマ:
幸せのスイッチって知っていますか。

そのスイッチを押すほどにどんどん幸せが訪れるという。


心配りをすること

気配りをすること

目配りをすること

手配りをすること


心配りや気配りはよく聞く言葉ですが、

目配りと手配りは、きっと、聞いたことのない方もいるでしょう。


「手配り」は、本当に必要なものを必要としている方にお届けすること。

すべてがまぁるく運ぶように準備をすること。


「目配り」は、自分のことだけでなく、周りのことも見ていられること。

相手の気持ちを考えて行動できること。


それは常識とも言える、ごく当たり前の普通のことなのですが、

これが上手にできて、さりげなく出来るほど、

たくさんの幸せのスイッチを押すことになるのです。

そして幸せの扉が開かれるといいます。


相手にさもわかるように・・ではなく、相手にそれと気づかれないほど、

そう、スマートに、何事もなかったようにできれば出来るほど、

たくさんの幸せのスイッチが押せるのです。


その反対のスイッチもあります。

このスイッチが多いほど、幸せへの道のりは長くなります。


人の悪口を言うこと

人の迷惑も顧みず愚痴をこぼすこと

自らを省みず人のせいにすること

ねたみや恨みなどの心のわだかまりを持ち続けること

自分のことしか見えず自己中心の振る舞いをすること

素直に心から反省しないこと


誰でも間違うことがあります。

失敗することだってあります。


そんな時は、素直に心から反省すること。

そしてその経験を成長の糧とし、明日へとつなげること。

昨日よりも今日。今日よりも明日。明日よりも明後日。

より良い自分へなるために、その経験を生かせること。

その努力は、幸せのスイッチにつながります。


子供の頃よく、今日私はどのスイッチを多く押しただろうと、振り返ることがありました。

そして、明日こそ、一つでも多く幸せのスイッチを押したいなと願って、眠りにつきました。

そして、今でも、そう思うのです。




love art




そのスイッチは通常見えませんが、見える人には見えます。

そして、もしも、そのスイッチが見えて、世界がありありと見えたとしたら。

きっと、誰もが喜んで、我こそは。と、幸せのスイッチを押すでしょう。

でも、見えない方がいいな^^


目に見えるものより、見えない方が・・・

見えないからこそ、豊かだと思えるから。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



損をして得を取る。



love photo




喜んで損ができるか。

喜んで自分を後回しにできるか。

喜んで他者の喜びをとれるか。

人生は損得ではない。

なのに、世の中には、自分が、自分が、の人のなんて多いこと。

損をして得を取る。

それは、喜んで損をして、全体の喜びや利益のために働けるかということ。

ここを極めていくと、「損をして」の文字が不要になる。

ただ、全体のための得を取ることが喜びだと。

そうやって、得が徳となり、

得るではなく、積むことになる。









*






忘己利他 〜もうこりた〜

己を忘れて他を利する。

比叡山を開いた伝教大師最澄の残された有名な言葉。

正しくは、「己れを忘れて他を利するは、慈悲の極みなり」といいます。

「己れを忘れて他を利する」という教えは、私たちの我欲に囚われた生き方や、

打算的な愛の姿と正反対の対照的な有り様を露わに映し出しています。

方法や表現、生き方は違っても、誰もが幸せに生きたい。

それが人の真実の望みです。

けれど、人の欲とは限りのないもので、あれが欲しい、これが欲しい、

こうなりたい、ああなりたい・・と次から次へと欲望が湧いてきます。

そんな小さな欲望・・我欲に囚われている限り、尽きることのない渇望です。

「忘己利他」という言葉は、 そんな限りない欲望の世界から抜け出し、

我欲というちっぽけなものよりも、もっとお大きな望み=大欲を持ちなさいと教えます。

大欲とは、人のため、社会の幸せのために発する望みです。

そして、己を忘れて他を利しているうちに本当の幸せとは何かを知るのです。

人や世界の繋がりの中にこそ、自らの幸せはあったのだということを。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




身は華と与に落ちぬれども



心は香と将に飛ぶ





〜空海〜




love art




もしも私が花だったとしたら・・。


何度でも咲くと思うのです。


風に倒されても、人に手折られても。


何度でも芽吹き、命の花を咲かせようと、


あの光に向かって伸びてゆく。


幾度その花を散らそうとも。


そうしていつの日かしなやかに風に揺れて咲いている


一輪のささやかな命の花に生まれ、


時が微笑んだらサラリと衣を脱ぎ捨て


そして、


ソラになる。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)