聖カタリナ大(松山市)は6月13日、介護職員や看護師向けに腰痛予防の無料セミナーを開催する。

 同セミナーは愛媛県の委託事業で、愛媛県福祉サービス協会が協賛する。

 講師に日本ノーリフト協会の保田淳子代表を招き、保田氏が「よりよいケアの提供とプロとして行う腰痛予防」と題して講演する。保田氏のほか数人の介護施設関係者を交え、「介護・看護職の腰痛予防対策の現状と今後の展望」をテーマにパネルディスカッションも行う。

 時間は午前10時から午後4時まで。場所は松山市内の同大体育館。定員は300人。10日までにファクス089(993)0900で申し込む。


【関連記事】
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省
施設系職員の不満目立つ―介護労働安定センター調査
介護施設での事故、転倒が6割-三菱総研調べ
介護従事者の負担軽減に福祉用具の導入を―リフトリーダー養成研修会
介護サービスへの苦情は減少傾向-東京都国保連の相談白書

<参院選>7月25日が有力に 国会会期延長で(毎日新聞)
社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
野口さん帰還 日本の有人活動に土台 宇宙開発“1軍入り”(産経新聞)
菅氏、代表選出馬へ(時事通信)
AD