【ロサンゼルス吉富裕倫】米ロサンゼルス郡検事局は5日、昨年6月に米歌手マイケル・ジャクソンさん(当時50歳)が急死した事件の訴追を8日に行うと発表した。罪の内容や訴追対象の氏名は明らかにしていない。

 マイケルさんを眠らせるため死の直前に強い麻酔薬を投与したコンラッド・ムレイ医師(57)が過失致死罪で訴追される見通し。同医師が予定していた5日の出頭は中止となった。8日の訴追後、裁判所での訴追内容の認否など本裁判前の予備審問の手続きが始まる。

【関連ニュース】
マイケルさん急死:麻酔薬投与の医師、出頭に合意
マイケルさん:専属医を致死容疑で立件へ
M・ジャクソン:再発見 死後アルバム100万枚
ハイチ大地震:「ウィ・アー・ザ・ワールド」再録で救済
歌っても踊ってもOKの「THIS IS IT」上映会が人気

「人がトラックにひかれ転がり…」衝立越しで語られる生々しい証言(産経新聞)
<長谷川等伯展>出品の国宝2点搬出 京都・智積院から(毎日新聞)
磯谷香代子議員 「フリーター」実は「資産家」(毎日新聞)
貸付金一時返済で黒字に 大阪府、包括外部監査「不当な操作」(産経新聞)
<雑記帳>バレンタインデーに京漬物を(毎日新聞)
AD