2008-04-10 02:59:24

シュルマ(カレー・蓮根)

テーマ:板橋グルメ:蓮根駅~西高島平駅
神田や日本橋と比べると分が悪いようにも思うが、実は板橋区はカレー激戦区である。ちなみに他にもラーメン激戦区でもあるんだが、これは板橋区が良く言えば庶民的な、悪く言えば貧乏人ばかりな土地だからなのだろう。貧乏人の多い町ではラーメン屋が流行るとか言うし。

それはともかく、隠れたカレー激戦区である板橋区には特徴がある。それが何かと言うと、カレー屋を経営しているのは大抵がバングラデシュ人か、ネパール人か、とにかくあまり金持ちとは言えない国の出身者なのだ。

過去に何度か 「板橋と外人」 というテーマの記事を書き、板橋本にもその理由を詳しく書いておいたのだが、板橋区の外人はとにかくカレーで生計を立てているような感がある。

しかも誰もが故郷で料理の勉強をしてから日本に来るのではなく、某ルチのマイケル さん(現在バングラデシュに帰国中) のように、日本に来てから手に職をつけるために独学でカレー作りの勉強をし、気が付いたらとんでもない名人芸を身に付けてたなんて不思議な人もいる始末。

マイケルさんもそうなんだが、アッチの国の方々は子供の頃から母親のカレーを食べて育っているそうで、板橋区には他にも 「お母さんの味を真似するだけだから作れる」 というカレー専門店の店主が何人もいるのである。



(突然ですがCMのお時間です)




【日本の特別地域3 板橋区】マイクロマガジンより発売中!!
編者:荒井禎雄/山木陽介
定価:1,260円(本体1,200円+税5%)
発行日:2008/4/4 ISBN 978-4-89637-287-8
判型/頁数:A5判 /176ページ
オフィシャル
セブンアンドワイ
楽天




さて、今回はそんな 「母親のカレーを食べて育ったから作れる」 という理由でカレー屋をやっているバングラデシュ人のお店をご紹介。

店名はシュルマと言い、都営三田線の蓮根駅という、あまりにマイナーな駅の近くに店を構えている。




この店のウリは恐らくランチバイキングではなかろうか?840円というたまらない板橋価格で、カレー3種類,スープ,タンドリーチキン,ライスかナン,サラダ,ドリンクを楽しめるという素晴らしさ。




バイキングとは言うものの、このようにプレートに乗っかって出てくるんだが、お代わりがしたい場合は店員に声をかけてよそって来てもらうシステムになっている。これじゃ微妙にバイキングじゃない気がしないでもない。(まあこっちの方が楽なんで文句は無いんだけれども!)

そしてこのランチカレーがどれも美味いのよ。スパイスの効き具合といい、具材の自己主張といい、個人的にマナカマナやルチ と並べても遜色ないと思う。(旧サイトの鯖が吹っ飛んだらしく過去ログが消えました!マナカマナを紹介しなおさねば…)




ステキなのはカレーだけじゃないぜ!食べ放題に付いて来るタンドリーチキンだからと甘く見てたら、凄く立派なお肉が出てきちゃってドキドキ。しかも焼き具合も味付けも丁度よくて美味い!これは昼からビールだ!




お約束のごとくナンもでかくて、ほんのり甘くて、パリパリかつモチモチで美味い!




そんでもって雰囲気がゆるい!

何でもラーメン屋だった場所をほぼ居抜きで使っているそうで、かなりアグレッシブなテーブルの置き方をしてて笑える。何かもう入った瞬間に板橋を感じる。



で、ランチに行ってカップル揃ってあまりに気に入ってしまったので、すぐさまディナータイムにも行ってみた。この辺の食べ物の時にだけ発揮される無駄な行動力がオレ様クオリティ。




シュルマサラダ450円
この店には "野菜価格の高騰" とかそういう概念が存在していない。ヤケのようにレタスやらキュウリやらと緑の野菜が盛られ、その上に地味にお腹を圧迫するゆで卵が…。

オレはメタボのクセに野菜好きだけど、この店で下手にサラダを頼むと後悔するなと思った。主に胃の容量的な意味で。




エッグポクラ380円
安いから大した量じゃないだろうと思った私がバカでした。「一体何個分使ってんだよ!」 と言いたくなるほど大量のゆで卵が天ぷらになって来てしまいました。しかも妙に美味くてついつい食べちゃうんだよなあ。いくつか残しておいてカレーと一緒に食べるという選択肢もあっただろうに…。

てかサラダとコレの時点で明らかに卵食べすぎなんですけど。アレルギー持ちだったらショック死してるなこりゃ。




サモサ300円
安いから大した(ry
いやね、見た目はそれほど大きくなかったんで、出て来た時は安心したのよ。心なしか具がパンパンに詰まってるようなオーラを感じはしたけど。




一口かじってみたら中身ぎっしり。田舎のお婆ちゃんが作ってくれたジャガイモたっぷりのコロッケを思い出した。そして持ち上げてみると明らかに普通のサモサより重い。見た目は小さいのにナメてかかるとボディに来る。早くも満腹メーターがグイングイン急上昇。




ちなみにサモサはこのスイートチリっぽいソースに付けていただきます。これがまた満腹中枢を刺激しまくるんだけどな!




タンドリーミックス1350円
いやね、自分がアホだってのは充分に理解してるつもりなんですよ。出て来たメニューがどれもこれも大盛りで嫌な予感はしてたんですよ。でもさ、タンドリー系のメニューってどの店で食べてもそれなりの値段するじゃん?タンドリーチキン1人前が800円とか普通にするじゃん?だからいくらミックスとはいえ、1350円なんて価格だし、まさか、まさかこんな…。


明らかにこの店はオレを殺しに来ている!


しかしどれも普通に美味しかったんで、心の中でゲロの雨を降らせながら全部食べました。もはや美味いマズイの話ではなくメタボとしての意地です。

これはダメだ!この店で盛り合わせ系のメニューを頼む時は他に何も頼んじゃダメだ!サラダですら腹に堪えるってどういうこっちゃ!

いいか?お前らも板橋区で飯を食う時は値段で量を予想するなよ?面倒でも店の人に量を確認してから頼まないと寿命が縮むぞ!





というわけで、タンドリーミックスを食べ切った時点で何も入らない状態だったんですが、折角なのでカレーを1品頼んでしまったオレはガチでバカです。味もクソも覚えてねえよ!苦痛でしかなかったよ!何だよこのでっかいナンは!ナンだけに何だよみたいな!アハハハハおもしろいよねボクって!




そんな壊れかけのサダオを癒す1杯のチャイ。しかし大き目のカップに並々と注がれたその姿はもはやイジメでしかなく…。



■総評
色々食べたかったら3人以上で行け。

この一言で終わらせたい気持ちで一杯なんだが、あえて細々と語ってみるけれども、まずカレーの味について。この時は本当に味覚がおかしくなるほど満腹だったんだが、それを差し引いてもランチで食べたカレーの方が風味豊かで美味しかった。恐らく夜の人と昼の人の技量の差だと思うんだけど、美味しいカレーを食べたい人は何とか昼に行った方がいいと思う。(行ったのが夜中だったのがマズかったか?というか、夜中にこんなに食うなよという話だ)

でもカレー以外のメニューはどれも美味しく、そして安く、ドカ盛りという見事な板橋クオリティであり、痛し痒しだなあと。

ついでに言うなら生ビールのジョッキが1杯480円というのもお財布に優しくて素晴らしい。このせいでついつい調子に乗ってがぶ飲みしてしまうんだよなあ。どのメニューもビールとの相性ばっちりだし。

という訳で、通算でまだ3回くらいしか行ってないお店なんだけども、純粋にカレーの味を求めるならランチタイムに、カレー以外のメニューでまったり酒を呑んで腹一杯になりたいなら夜にという感じだろうか?

評価としては、ランチが100点満点で92点、ディナーが100点満点で85点というところかな。夜遅くまでやってるので、オレみたいな夜型人間にとってはかなり嬉しいお店である。(蓮根まで行くのが大変だが)



■シュルマ(カレー)
住所:東京都板橋区蓮根3-3-20
TEL:03-5916-3851
営業時間:11~15時(ランチ) 17~2時くらいまで
定休日:不定(電話確認した方が安全)



いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD











Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。