おはようございます!

熊本から勇気づけをお伝えしています

平川明子です。

定期的に託児サービスを利用していただいている

Mちゃん。1歳10ヵ月ニコ

いつもの時間に伺うと、

今日は、早起きしていたとの事。

ちょうど眠くなってきたところのような…

いつものように私と遊ぼうと思って、

おもちゃを持って来てくれるけど

調子がでてこなくて、泣き出してしまう。

「何か訳があるんだろうな~」

と思って、聴いてみました。

「Mちゃん。ママがいい?ご飯がいい?それとも、眠いと?」

すると、Mちゃん。

「眠い」のところで大きく頷いてくれました。

「そうだったんだね…」

「じゃあ、おばちゃんが何かお手伝いしょうかね…」

「抱っこしょうか?」

と、両手を広げてみると、ちょと考えてから来てくれました。

それから、すぐに眠ってくれましたあせる


まだ、言葉ではっきり伝えられないMちゃんだけど、

思いは、私達大人と同じように持っています。

だから、ちっちゃいから…と大人が先に決めてしまわずに

お友達として対等の関係を保つ事が大切だと思うのです。


「眠たくて不機嫌なMちゃんの課題を二人で解決する」

スマイル講座の「誰の課題でしょう」を生かしました。

子どもだからって、「はい、眠いんでしょう!」

と、力任せに寝せようとしても、お互いスッキリしませんよね〜

スマイル講座は、

お互いが気持ちの良いコミュニケーションの方法を学びます





Mちゃん。目が覚めて、公園の滑り台を何回も滑りました!

最後まで読んで頂き、ありがとうございますウインク


エルム勇気づけ講座、

SMILE愛と勇気づけの親子関係セミナー

開催予定です。

お問い合わせください!


AD