こんにちは。平川明子です。

 

先日、息子が通う高校の奉仕作業に行きました。

 

私は、もっぱら草取り専門。

 

知っている保護者の方と、おしゃべりしながら作業。

 

(生徒だったら、叱られるのかもしれませんが・・・)

 

そこへ、若い先生も合流。

 

ある方が、

 

私たちの子供の頃と比べて、子どもと先生の距離が近い。

 

なめられたりしないんですか~?

 

という、ニュアンスの事を尋ねられていました。

 

私も、子どもが初めて中学生になった時、

 

「先生に向って、なんてこと言うの」

 

と、感じることが度々ありました。

 

あまりにも友達のようなので・・・

 

先生は、

 

「フレンドリーな方が、話がスムーズにいくこともあるんですよ」

 

と、おっしゃっていました。

 

確かに・・・納得でした。

 

私が子どもの頃、学校の先生に相談してみようなんて

 

思ったことありませんでしたからね・・・

 

先生は、雲の上の人でした(*^_^*)

 

 

長男は、高校の時、年齢の近い兄のような先生ばかりの担任でした。

 

いじったり、いじられたり・・・

 

でも、その先生方と今も付き合いがあるようです。。

 

雲の上の人ではないようです。

 

結論。やはり、フレンドリーな関係の方が、話しやすいと思います。

 

そして、相談できる間柄には、目立たないけれど、当たり前のように

 

相手を信頼する気持ちと尊敬する気持ちが潜んでいるだなあ

 

と感じた草取り作業でした。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD