こんにちは。平川明子です。

 

暑い日が続いています。

 

朝早くに干した洗濯物も、2時間ぐらいで乾きます。

 

ギラギラした太陽を、ちょっと見上げて、

 

「今日、夕立こないかな~」と思います。

 

さて、本題です。

 

以前、長男が緊急入院した時の話。

 

めまいや激しい腹痛、そして発熱。

 

原因を調べるための入院でした。

 

話を聞いていると、

 

1か月くらい前から、これに近い症状が続いていたとのこと。

 

「早く、受診すればよかったのに・・・」

 

と、言うと

 

「だって、お母さんもお父さんも、熱があっても仕事に

 

行っていたから、仕事ってこんなもんだ思っていた」

 

と、言うのです。

 

親が言ったようには、しないけど、親がやったようにする

 

この言葉を思い出しました。

 

靴を、並べなさい。

 

宿題をしなさい。

 

ああしなさい、こうしなさいと言ってきたことは、

 

未だ、やらないことが多いけど、

 

「体調不良でも、仕事に行きなさい」なんて、

 

言ったことありませんでした。

 

親の姿を、見ていたんですねぇ~

 

(今は、そんなに頑張りすぎない母ですが・・・)

 

・・・という事は、

 

私が、自分らしく、楽しく生きていれば、

 

子ども達も、そう生きることを選んでくれるかもしれないニコニコ

 

と言うわけです。

 

選んでくれないかもしれないけど、それでもいいんです。

 

子ども達は、いろんなことを気づかせてくれます。

 

 

最後まで、読んで頂き有難うございます。(^_^)

AD