スキンケア de 素肌美人

ダイエットとスキンケアを中心にお伝えしております。




テーマ:
以前眠りの悲惨な状況をこのブログで紹介しましたが、最近やや改善されたような気がします。

睡眠時間は4~5時間で変わりませんが、深い眠りの比率が大幅に改善されました。



以前は12%程度で推移しておりましたが、ムーブバンドの表示が%ではなく時間に変わりました。
なんと、深い眠りの時間が4時間睡眠の時でも1時間をゆうに超えます。
(平均すると、深い眠りの時間が1時間20分前後)
大幅な改善です。

就寝前シャワーのみだったのですが(通常バスタブでの入浴は朝にしてましたが)就寝前はバスタブでの入浴に変えました。

近日中にデータを公表します。
就寝前の入浴に効果があるようです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リラックスするための5つの方法

睡眠直後の深い睡眠を味わうためには、
睡眠している時のリラックス状態とできるだけ近い状態になることが大切です。
リラックスする状態になるために次の5つの方法を今晩から実行してみましょう。


1.就寝1~2時間前に、38~40℃程度のぬるま湯に20分くらい半身浴する。
 
半身浴をすることで身体が一定の体温まで温まり、その後体温が低下していく時に
眠気が発生します。
また、リラックスできる香りの入浴剤を入れることで、よりリラックスできるでしょう。

2.ホットミルクやココアなど、牛乳が含まれる飲み物を人肌程度に温めて飲む。

牛乳にはトリプトファンという成分が含まれています。
この成分は眠気を促す成分を生成してくれます。また、
睡眠前にホットミルクやココアを飲む習慣にすることで、 あなたの脳や身体に
寝る時間だ教え、眠気がおきるプラシーボ効果を得ることができます。

3.リラックスできる音楽を聞く

静かで一定のテンポのクラシックやリラグゼーションCDなどを小さな音でかける

4.就寝1時間前からは部屋の強い明かりの電気を消灯し、

 光の刺激が少ない橙色などの間接照明にする

5.何も考えずゆっくりのんびりストレッチし、気持ちよくなる


これらの方法を実行することで、身体をリラックス状態にすることができます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ベッドに入っても頭が冴えてしまって寝つけない…」
「朝起きた時に全然寝たりない…」
多くの人はこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。

普段そこまで意識することの少ない睡眠ですが、安眠を得るためには、
それに相応しい方法を実行することが必要になります。

これから、4つのステップでばっちり安眠する方法をご紹介いたします。
是非参考にして実行して頂き、
今日から早速安眠を手に入れましょう。


安眠のためにリラックスして就寝する

睡眠は「長さ×深さ」によってその質が決まると言われています。
就寝時間にあっても目が冴えてしまい、中々寝れないという状況では、
睡眠の長さも短くなり、また深い睡眠もとることができません。

安眠を得るためには、まずは就寝前にリラックスした状態になり、
深い睡眠を味わえるようにすることが大切です。

睡眠は、最初の3時間に最も深い睡眠(ノンレム睡眠)が現れ、時間が経過するに伴なって少しずつ眠り自体も、起床に向けて浅くなっていきます。

よって、安眠を得るためにまず重要になることは、
就寝前にリラックス状態をつくり、
睡眠直後の深い睡眠をしっかりと味わうことのできる状態に身体をもっていくことなのです。

深い睡眠を味わうための、就寝前にリラックス状態になる方法について次回お話しします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
89%が浅い眠り!
驚きですね。殆ど寝てないような状態。怖いです。


それではまず、眠りが浅いということが、具体的にどういうことであるかご存知でしょうか?

睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類の睡眠で構成されています

レム睡眠は浅い睡眠のことを指し、ノンレム睡眠は深い睡眠のことを指しています。
どちらも自分自身のの日常生活を維持するために重要な役割を担っており、欠かすことのできない睡眠です。

どちらもです。

しかし、私が何らかの理由により熟睡できない場合、深いノンレム睡眠の時間が足りなくなります。
私の心身の回復に必要なノンレム睡眠が不足するため、寝不足による眠気や集中力不足等の症状が日常生活に影響を与えます。

この深いノンレム睡眠をとれずに心身を回復できないという状態が、眠りが浅いということです。

次の項で、私の眠りを浅くする原因について確認していきます。

眠りが浅くなる原因

深い眠りにつくために最も重要なことは、就寝前には脳の活動を緩め、リラックスした状態になることです。睡眠時は、人の自律神経は副交感神経が優位に立っているリラックスした状態になっています。この状態に就寝前に近づけることで、寝つきやすく、就寝後も深い睡眠をとれるようになるのです。
私の睡眠が浅い睡眠になる多くの理由は、就寝前においても脳が活発に働き、興奮している状態になる行動をしていることです。

PCやスマートフォンの普及を初め、仕事を夜遅くまでしていたりなど、睡眠を妨げてしまう要因が増えてきました。そのため、意識的に、就寝前にはこれらの要因を自分の身体から遠ざけることで、深い睡眠をとりやすくなります。

次回は、脳を興奮させ、浅い睡眠を招く原因について
考えたいと思います。

時間も必ず読んでくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私はもともと睡眠時間は短いほうなのですが、
最近ムーブバンドを着用して驚きの発見をしました。


しばらくの間睡眠について考えてみたいと思いますので
是非、お付き合いください。

この記事を読まない人は人生において大きな損をします。

読んだら得をするなんてレベルじゃないんです。



まず、初めにある日のムーブバンドのデータ。

愛用のムーブバンド




〈具体例 1〉
歩数    5,084 
移動距離  3.61km
消費カロリー  1,368Kcal

睡眠時間  5時間55分
浅い睡眠  89% 
深い睡眠  11%




〈具体例 2〉
歩数    11,709 
移動距離  8.31km
消費カロリー  1,628Kcal

睡眠時間  4時間09分
浅い睡眠  88% 
深い睡眠  12%


毎朝、10,000歩目標でウォーキングもしくはジョギングを
しているので、活動量(運動量)は問題ないのですが、
睡眠状態をみて驚きです。

結果的には殆ど寝てない。


何時に寝ても、目覚まし不要で予定時間にはきちんと起きる。
いままでちょっとは自慢していたことですが、
数字を見る限りでは、とんでもない状況になっているようです。

ダイエットやスキンケア、アンチエイジングを語る前に
まずは、睡眠のことをじっくり考えていこうと思います。



1.眠りの種類と浅い眠りになる理由
2.浅い眠りを改善し熟睡を得るための4ステップ
リラックスするための5つの方法
リラックス状態を崩す刺激を避ける
3.安眠のために就寝前に環境を整える
4.安眠のために毎日の生活リズムを一定にさせる
a.起床と食事の時間を毎日決められた時間に行う
b.朝は必ず太陽の光を浴びる
5.安眠のためにあなたが必要としている睡眠時間を知る

こんなテーマでしばらく考えたいと思います。
次回をご期待ください。

読まないと損をしますよ。



docomoのムーブバンド2です。
キャリア各社でそれぞれの商品を販売しております。



注意!!

ムーブバンドのアフィリエイトではございません。
画像をクリックしてもリンクはありません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。