2017-08-06 00:59:00

日本のテレビ局の大株主はアメリカの貴族階級のとあるファミリー

テーマ:政治
● 日本のテレビ局の大株主はアメリカの貴族階級のとあるファミリー

日本のテレビ局が国に対して極端に批判的な報道をし続けても許される理由。

それは、テレビ局の飼い主が国よりも権力を持った存在だからに他ならない。

アメリカにいる富裕層、貴族階級、ファミリー。

イギリスやヨーロッパに由来を持つ貴族である。

呼び方はどうとでもできるが、要は日本という国家権力をもってしても安易に手を出せない存在がテレビ局のバックについているという訳だ。

日本のテレビ局が担う役割は、国の監視と国民の洗脳である。

マスコミは庶民の味方であり、国という名の権力者は敵だと無意識に思い込ませることに彼らは成功した。

情報を操作することで人間の記憶を操作することは可能であると証明したのだ。

大勢の人間の記憶操作などと聞くとマンガかSFの世界と思うかもしれないが、これは紛れもない現実だ。

これだけは頭に入れておいてほしい。

権力が悪なのではなく、権力を手にした人間が問題なのだということを。

にほんブログ村 政治ブログ

AD

戦場衛文さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

レンタルサーバー

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。