鈍行庵

日々の話題、ちょっと小難しいこと、雅楽についてなど、気の向くままに…。




テーマ:

四日目

パリ旅行最終日。
歴史が綾なす芸術の都……
であると同時にここはまた、
血なまぐさい政治と闘争に深く関わってきた街でもある。



この日の朝に行ったサクレ・クール聖堂

朝のモンマルトルは静かで清々しく、
その空気のなかに聖堂は美しくたたずんでいた。
ビザンチン様式の白い建築物はいかにも古い歴史を持っていそうに見えるが、
実際には新しい建築で、
1870年にフランスがプロイセン、今のドイツに負けた慰めに建てられたと言われている。

前日までに巡った観光地の数々の中にも実は、
十字軍や民衆の反乱や王領地の拡大やフランス革命やナポレオン戦争や第二次大戦などの残り香がそこかしこに漂っていた。

その直近の例が、
イスラームとの確執による、
シャルリー・エブド事件と同時テロ事件である。
これらのおかげで出発前には皆からずいぶん心配された。

しかしパリの人達には、
このような政治的闘争によって明日を築いてきたという自負があるようだ。
そういえば、
三日目に行ったベルサイユ宮殿では、
開門時刻に行ったところ
職員によるストライキの真っ最中で、
数時間中に入れなかった。
このようなストも闘争の一端だし、
そのスト権の獲得も闘争の賜物なのだろう。

今日は何が起ころうとも、明日へ向かって前進する。
人生を変えるために。
そういった人々の思いの積み重ねによって出来ている街、
今回の旅行で、パリに対してそんな感じを抱くことができた。



成田空港にて

日本に戻ってきた。
今回の旅を糧にして、
さて、私もまた明日に向かって進みますか……。



「民衆の歌」(ミュージカル『レ・ミゼラブル』1980年オリジナル・コンセプト版より)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
メトロのシテ駅から地上に上がったところは、警視庁や市立病院がある一角で静かな雰囲気だったが、通りに出ると人も車もやっぱり多い。



ノートルダム橋から西を望む
左側がシテ島。
手前に見えるのがポン・オー・シャンジュ(両替橋)、
見えにくいが、奥にポン・ヌフ。
シテ島側の、両替橋の向こうに見えるトンガリ屋根の建物が、マリー・アントワネットの独房もあったという、当時の牢獄、コンシェルジュリー。


さて、実際に現地に行かずガイドブックなどを眺めているだけではなかなか想像できないのが、
その地を流れる音や匂いなどを含めた全体的な雰囲気だ。
特に音に注目して周ると、
また違った楽しみがある。

メトロの駅構内では、
あちらこちらで選ばれたミュージシャンが楽器を演奏している。
サン・ラザール駅などの国鉄の駅には、
客が自由に弾けるピアノが置いてあり、
その音色が聞こえてくる。
パリの街中は、
車の走行音やクラクション、行き交う人々の声などで、
想像以上に騒がしい。



ノートルダム大聖堂


ノートルダム大聖堂の前(に限らずどの観光地でもだが)も、観光客の話し声に物売のかけ声が入り雑じって、なかなか賑やかであった。
それでもあの有名なノートルダムの鐘が鳴り出すと、特別な場所に来たという感慨にひたれるのである。
その思いは、聖堂の中に入ると一層大きくなった。




中ではちょうどミサが行われていて、荘厳な空間に神父の声や聖歌の歌声が響いていた。
神の世界の演出と言って良いのだろうか?

信者ではないが、椅子に座ってしばらくその世界を味わうことができた。



アルコル橋とパリ市庁舎
その右に見えるのが、サン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会。


シテ島を後にし、次に向かったのは、マレ地区にあるサン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会。
ここでもミサが行われ聖歌を聴くことができるというので行ってみた。
ノートルダムよりは大分小さいが、やはり神聖な空間に浸ることができた。

ノートルダム大聖堂などのミサの様子は、KTOというカトリック教会のテレビ局のサイトで見ることができる。

KTO ノートルダム大聖堂ミサ


この日の夜は、モンマルトルにある老舗のシャンソニエ「オ・ラパン・アジル」に行った。
本場のプロのシャンソン歌手達の歌を堪能した。
……にとどまらず。
日本人の変な発音がよほど面白かったのだろう、
何度もダシにされ歌わされてしまった。
とても楽しい時間であった。




「ノートルダムの鐘」
(ディズニー映画『ノートルダムの鐘』フランス語ver.より)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私はどうもパリには似合わない男らしく、
「パリ旅行に行く」と職場で言ったら皆に心底驚かれた。
まあ、確かにあの街のオシャレなイメージにはちょいと似合わんが、
実際に街中を歩くと、結構溶けこんでたぞ(ウソ)。

それはともかく、
パリになぜあそこまでオシャレで華やかなイメージが付いたのか?
色々な理由が考えられるが、
簡単に言えば、
都市としての歴史があり、
人と物と金とが集まり続け、
それゆえの文化の蓄積が並外れているからであろう。
出来てわずか数百年の新しい都市や、
数千年の歴史があっても今は鄙びてしまった街では、
なかなかこうはいかない。
空襲などによる戦争被害が比較的少なかったのも幸いした。
もしも第二次大戦の戦況がほんの少し変わっていたら、
今これだけの魅力は持っていなかったかもしれない。

今回の旅で観た場所でいえば、

ルーヴル美術館のピラミッドが1989年。
凱旋門の上からやサン・ジェルマン・アン・レーの高台から眺めた副都心、ラ・デファンスが1960年代。
今回乗りまくったメトロの、1号線が開通したのが第5回パリ万博の1900年。
エッフェル塔が建ったのが第4回パリ万博の1889年。
市内を歩いていて感じる街並みの美しさを作り出している、統一感のある建物や大通りを造ったのが、1853年にセーヌ県知事に就任したオスマンによるパリ改造。ガルニエの設計でオペラ座が出来たのもその一貫で、1875年に完成した。
パリ初の鉄道駅、サン・ラザール駅が開業したのが、1837年。
ナポレオンの死後15年にして凱旋門がようやく完成したのが、1836年。
現在のコンコルド広場、当時の革命広場でルイ16世、マリー・アントワネット、ロベスピエールなどが処刑されたのが、1793~95年。
ルイ14世が拡張を命じたヴェルサイユ宮殿に首都機能が移されたのが、1682年。
そのルイ14世の時代にシャンゼリゼ通りの前身となる並木道が計画されたのが、1667年。
そのルイ14世がサン・ジェルマン・アン・レーで誕生したのが、1638年。
現在パリで最も古い橋であるポン・ヌフが完成したのが、1603年。
フランソワ1世がルーヴルを宮殿にしたのが1527年。
第3回十字軍へと出発したフィリップ2世が、イングランド軍の侵攻に備えて、後にルーヴル宮となる要塞の建築を命じたのが、1190年。
……

こう考えると、
パリの観光地を巡るというのは、
歴史の重みを味わうことでもある。
その点からみて、
シテ島とその上に建つノートルダム大聖堂は、是非とも行っておきたい場所であった。
ノートルダム大聖堂は、1163年に建設が始まり、以後パリにおける信仰の中心となった。
またシテ島はパリ発祥の地であり、その起源は、
ケルト系部族パリシイ人が定住した紀元前3世紀にまで遡るのである。

今回はそのシテ島にメトロで上陸した。


メトロ4号線「シテ」駅


<参考文献>
・イヴァン・コンボー著、小林茂訳『パリの歴史 新版』白水社文庫クセジュ、2002
・田村毅監修、鈴木雅生他編『フランス文化読本』丸善、2014
・佐々木真『増補新版 図説フランスの歴史』河出書房新社、2016
・『地球の歩き方 A07 パリ&近郊の町 2016~2017年版』ダイヤモンド・ビッグ社、2016
・諸々のwebサイト



ZAZ 「パリの空の下で」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
三日目



この日はまず、
サンラザール駅から電車に乗って、
ヴェルサイユ宮殿へ。
ちなみにこの駅は、
パリで最も古いターミナル駅だそうだ。


これは後で知ったことだが、
パリの西方にイヴリーヌという名前の県があり、
ヴェルサイユはその県庁所在地らしい。
森か畑の中に宮殿だけがどーんと建っている……
というイメージを勝手に持っていたのだが、
趣のある立派な街だった。



ヴェルサイユ宮殿に入るために並ぶ。



宮殿の中はどの部屋も絢爛豪華。



鏡の間



王の寝室



広い庭園も有名だが、ここではなんとピクニックができるそうだ。
今回ヴェルサイユを案内してくださった知人がその用意をしてくださっていた。
バゲットのサンドイッチ、美味だった。

ヴェルサイユの後、その方に案内していただき、
バスに乗って、同じイヴリーヌ県内の街、
サン・ジェルマン・アン・レー へ移動。



サン・ジェルマン・アン・レーは、
太陽王ルイ14世が生まれ育った場所。
街の中心に古城がそびえている。



城の内側はこんな感じ。



落ち着いていていい街並みである。



街の高台からパリ方面を望む。
手前にセーヌ川が流れる。
奥に見える高層ビル群は、ラ・デファンスという副都心。
その右に見える塔は、もしかするとエッフェル塔?

ところで、サン・ジェルマン・アン・レーはまた、
クロード・ドビュッシーが生まれた街でもある。


その生家は今、ドビュッシー美術館となっている。


ドビュッシー

この後、イヴリーヌを案内してくださった地元の知人に感謝しつつ別れて、
電車に乗って再びパリへ。

次の目的地は、






ドビュッシー「アラベスク第1番」(スタニスラフ・ブーニン)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

二日目の続き

パリと言えばセーヌ川。
そのほとりにそびえるものと言えば、


エッフェル塔


エッフェル塔は真下から見上げることができる。
なかなか幾何学的で面白い。


展望台より凱旋門を望む。
足下にはセーヌ川。



エッフェル塔の下からバトビュス(英語にするとボートバスかな?)という運行船に乗って、しばし遊覧。


いくつもの橋の下をくぐる。
これはアレクサンドル3世橋。


ポンデザール


ポンヌフ


シテ島のセーヌ川沿いでくつろぐパリジャンとパリジェンヌ。


シテ島のセーヌ川沿いで抱き合うパリジャンとパリジェンヌ。

下船後、セーヌ川近くのレストランでワインをいただき、一日の疲れを癒した。






ヴァネッサ・パラディ& M 「ラ・セーヌ」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。