MACでDVDリッピング -ripitの使い方

テーマ:
-----
検索サイトからこのページへアクセスしてきた方へ
amebloのページ管理の仕様により、検索した記事と表示されている記事が違っていることがあります。
そのような場合は、このブログのトップページから主な記事へのリンクを張っているので、是非確認してみてください。
-----

以前、「Carrozzeria MRZ99でムービーファイルを再生するまで」の記事で、「DVD Decryptor」というwindowsソフトを使ってDVDビデオのバックアップをとる(リッピングする)方法をシリーズで紹介しました。

今回は「ripit」というソフトを使ってMACでDVDビデオのリッピングをする方法を紹介します。

ripitはmac OSで動作するDVDリッピングソフトです。

ソフトは、ここからダウンロードできます。有償ソフトですが、10回まではお試しで使えますので、macをお持ちの方で興味のある方は是非試してみてください。

さて、私がこのソフトを使ってみて特に気に入ったのは、

(1)使い方が簡単
(2)今までリッピングできなかったDVDビデオはない

の2点です。

使い方はとにかく簡単。
ripitを起動すると、DVDドライブにDVDを挿入するよう促す画面が出てきます。
パパ先生のブログ-01.insertdvd


リッピングしたいDVDをDVDドライブに入れたら、タイトルが表示されるので、左下の「rip」ボタンをクリックします。
パパ先生のブログ-02.startrip


操作は以上で完了。

あとは出来上がりを待つばかりとなります。
コンテンツ保存先は、ripitのメニューバーから「Ripit」→「Preferences」を選択すると・・
パパ先生のブログ-03.preferences


一番上に「Movies will be placed in ・・・ 」とあり、ここでバックアップしたファイルの保存先の確認と設定ができます。
パパ先生のブログ-04.folderselection


保存先にはripitでバックアップしたDVDビデオのアーカイブファイル(拡張子".dvdmedia")ができています。macの場合はこのアーカイブファイルをダブルクリックするとdvdプレーヤが起動し、コンテンツが再生されます。
$パパ先生のブログ-07.again


このアーカイブファイルの中身は、
ファインダーでファイルを選択→右クリック
→パッケージの内容を表示
で確認できます。

DVDビデオも複数の画像ファイルや音声ファイル、字幕ファイルで構成されていますが、これらのファイルが格納されている"video_ts"フォルダがアーカイブファイルの中に含まれていることを確認できます。
パパ先生のブログ-06.video_ts


最近はwindowsフリーソフトのDVD DecrypterではリッピングできないDVDビデオが増えてきていますので、ディズニーでも最新ドラマでも何でもリッピングできてしまうripitはとても重宝しています。

さすが”最強”の呼び声高いリッピングソフトです。

しかしながら・・・。

いくつか問題もあります。

まずはmp4のビデオファイル(拡張子".m4v")へ圧縮変換できる"compress"機能について。

海外DVDをmp4ファイルへ変換するとき、音声の言語選択をすることは可能なのですが、字幕表示を選択することができません。このため、字幕表示付きの動画ファイルに変換することができません。
海外DVDをビデオファイルに変換するときはhandbrakeなど、字幕表示にも対応した別の動画変換ソフトを使うと良いでしょう。

------
handbrakeのダウンロードはこちらから。

操作方法は「MAC版handbrakeの使い方」の記事にまとめました。
------

もう1つはリッピングしたコンテンツをDVD-Rサイズのisoファイルに圧縮変換する機能。これができないとバックアップしたDVDビデオコンテンツをDVD-Rに焼いてディーガなどのDVDレコーダで再生することができません。

上にも書いた通り、ripitではDVDビデオコンテンツをvideo_tsフォルダでバックアップするところまではできました。
ところが、ripitでリッピングしたvideo_tsフォルダを、windowsフリーソフトのshrinkを使ってDVD-Rサイズのisoファイルに圧縮&変換しようとしても、エラーがでて変換できませんでした。

macにはtoast titaniumというソフトがあって、このソフトを使えばripitでリッピングしたvideo_tsフォルダをshrinkのようにDVD-Rのサイズに圧縮されたisoファイルへ変換できるとの情報が・・・。しかし購入料金が結構高価なので買うのはちょっと迷う。。。。

ということで、ripitでしかリッピングできないコンテンツについてはそのままmacbookで観賞するか、handbrakeでmp4ファイルに変換してipod nanoに同期し、これをカーナビに接続して観賞することにしました。

ところでipadはmp4ファイルを再生できるだけでなく、DOCK-HDMI変換ケーブルやDOCK-アナログビデオ(コンポジット)変換ケーブルを使うと、動画をテレビモニタへ出力することができます(iphoneやiopd touchも可)。

ですので、ipad2を購入したらテレビに出力するための変換ケーブルを買い、ipad2をリビングルームのmp4プレーヤとしても活用しようと考えています(ディーガではmp4を直接再生することができないので・・)。

早く国内発売されないかな~・・・ipad2。

----

------

------

------

------

------


AD

コメント(2)