【感動価値の秘密】あなたのビジネス魅力を引出し、売上倍増で経費半減!セラピスト、コンサル、コーチ、ネットショップなどで成功続出

ビジネス魅力を引き出したクライアント(女性コンサル)が、たった2ヶ月で売上ゼロから数百万。コーチは客単価10倍、ネットショップ年商200%増。業種を問わずちいさな会社で成功続出。マイクロソフト、ソニーのコピーライター26年、中小コンサル13年の確かな実績。

NEW !
テーマ:




こんにちは!

  感動価値パートナー 荻野功一朗です。




生物の生き残りの条件は

「強い」ではありません。


環境変化に、対応できたものが

生き残っているのです。


強くて、大きい、恐竜はほろび。

小さくて、変化に対応できた

ネズミのような、ほ乳類が生き残って

いまの人類にまで発展しました。



弱肉強食は、

自然の掟でも何でもないのです。



ビジネスも同じです。

強くて、大きいものが

生き残るのではありません。

変化に対応するものが

生き残るのです。



でも、それだけではありません。


もっといい考え方があります。

変化対応よりも上の次元です。


それは、自ら変化を

生み出すものになることです。



でも、もっと

いい考え方があります。


それは、

できるだけ多くの人にとって

望ましい変化を

自ら作り出すことです。



それを夢見て

多くの人を巻き込むことです。



実は、これがビジネスで

いちばん強いのです。


でも、多くの人は

夢見る力を、忘れています。


あなたにもできます。

だって、忘れていただけだから・・・。



あなたは

ビジネスを通じて

どんなよい変化を

世の中に作り出したいですか?



あなたが

本当に見たい

お客様の笑顔は、


どんな笑顔ですか?



そのことを

しっかりイメージした人が

これからの成功者になります。





          感動価値パートナー

          荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
AD
いいね!(29)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
ようこそ!

  感動価値パートナー

  荻野功一朗です。


ふと、思ったのですが・・・。

最近、われわれが

欲しているものはなんだろうかと・・・?

アナと雪の女王

「ありの~ままで~。」が

大ヒットするご時世。

荻野も聞いてみました。

(iPhoneで買いました~。日本語版ね。)


で、感じたことは・・・。

みんな、自分らしく生きた~いの だ~!

と、

それも、自分の本来の力を

自由に発揮して、

いきいきと生きたいのだ~!


いままで、押し込めていた可能性を

解き放って、

いきいき、楽しく、さくさく

生きたいのだ~!

と、

実は・・・荻野も

「ありの~ままで~。」

にとっても共感したんですね。


というか

「感動価値」って

いいはじめたあたりから

そのことをわりと

全面に押し出してきました・・・。

でも、

いままでこの「感動価値」うまく

サービスメニュー化できなかったんです。

まー、個別コンサルが

ぼちぼち、ありましたが・・・。


それは、さておき

うーん。まだまだかな?「感動価値」とか

思いながら・・・。


「売上アップ/集客アップ」と

感動価値を、うまくつなげられないかな?

と、新しい教材を出してきたのです・・・。


でも、荻野の

思いの中には・・・


もともと、その会社や個人の

「らしさ」(=感動価値)を

ひきだして、

それを現実的なビジネスに

つなげていく道筋を、

クライアントともに見つけていく

それが「一番だよな」と

思っていたのです。


「一番だよな」というのは

その会社や、その人にとって

一番ハッピーで、ムリのないビジネスの形ができて、

できるだけ「ありの~ままで~」

生きていってほしいなと

いう考えがありました。


なんですが・・・。


売上アップ、集客アップのほうが

「やっぱりわかりやすいよね。」とも

思ったりして・・・。

売上アップ、集客アップ必要だよね。


だけど、

「ありのままで~」

で、生きたいよね。


いや、ほんとは、

そういうのを

人のためにコトバにするのが


とっても、大好きで、

楽しくて、得意だったりするんですが・・・。


えっと、


最近、われわれは

「ありのままで~。生きていきたい~と」

思い始めているらしい。

(そういうのが、

 たぶんビジネスでも求められる・・・。)



まとめ:



   「ありのままで~。」


   (大金持ちになりたい~。)爆

 
   (ほんとは
    イキイキと生きたい~!)かな



     感動価値パートナー

        荻野功一朗


追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓

感動価値の秘密 3つの成長シナリオ
AD
いいね!(62)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
 おはようございます!

 感動価値パートナー

 荻野功一朗です。

 すでにお気づきかも知れませんが

 時代は変わりました!

 ビジネス興隆、商売繁盛に
 心が問われる時代になっています。
 あなたが本気で、お客さまを笑顔にするために
 取り組んでいるかどうか?
 そんなことが、伝わってしまう。
 そして、売上、利益、集客に出てきてしまう、
 時代になっているのです。

 そんなココロの時代の

 ビジネスの中心にあるものを

 荻野は「感動価値」とよんでいます。

 大切なのは、いまのあなたや
 あなたの会社から「感動価値」を
 見つけて、伝えて、磨くこと。

 あなたの大切にしていることを

 お客さまに感じてもらいましょう。

さて、今日のテーマは

「弱みは、瞬時に強みに変わる。」です。

いってみましょう。

先日から、

新しいクライアントの

定期コンサルをはじめています。

守秘義務があるので

あまり詳細な話はできないのですが・・・

あなたの参考になるエッセンスを

お伝えしたいと思います。

さて、新しいコンサル先は、

けっこう売れている

ネットショップです。

でも、商品価格が安くて、

利益の絶対額が低いことが課題でした。

これが「弱み」だったのです。

では、単純に値上げをすればいいのか?

値上げして、利益を稼げばいいのか?

物事の表面しかみないと

そんな「答え」になります。

でも、荻野には引っかかるものがありました。

実は、そのショップ低価格路線に

こだわりがあったのです。

そう、ジャンルは全く違うのですが

「100円ショップ」のような感じなのです。

この場合は、その「価格へのこだわり」に

大きな感動価値があったのですね。

マーケティング用語で言えば

USPとか、差別化の中心が

そこにあったのです。

うーむ、なるほど。

そこで、荻野はそのネットショップの

お客になって商品を買ってみました。

ここで、わかったことがあります。

この店の「この価格」は、ウリになっている。

でも、お客さまは、

それをきっかけに、

もっと買いたいと思っているんじゃないかな?

そう、そのジャンルの商品。

種類が多くて、いろいろ買うことも

お客さまにとっては、

価値があり、楽しいことなのです。

そう考えると

「低価格」という「弱み」や

問題に思えたことは、

お客さまに、

いろいろな商品を気軽に買う体験を提供できる

「強み」に変わったのです。

そういう方向で、

マーケティングやコミュニケーションの

施策を強化すればいい!

お客さまが、いろいろ買いたくなる

そういう「しくみ」を築けばいい。

そう考えた瞬間。

「弱み」は

瞬時に「強み」に変わりました。

顧客体験から「価値」を考えること

これこそ「感動価値」です。

この方向を、クライアントに

お伝えすると、即座に「それです!」。

という返信がかえってきました。

次回コンサルは、

その具体策を山ほどいっしょに考えて

組み立てていく、

そんな、楽しいコンサルになりそうです。


       感動価値パートナー
       荻野功一朗


追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓



AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

ども。
感動価値パートナーの
荻野功一朗です。

ズバリ!

アメブロで、
集客できるブログタイトル
について
お伝えします。

ここでいうブログタイトルとは
ブログそのものの
タイトルのことです。

このブログなら

「コンサルが売上ゼロから数百万。
 ネットショップが年商倍増。
 さらに、コーチ、整体、士業、
 中小まで成功続出。【感動価値の秘密】」

というのがそれです。
(他のブログより長めです。)

もしあなたが
お客様を集客し
売上につなげたいなら

このブログタイトルは
まずまっさきに工夫しましょう。

ここで、売れる、売れないが
大きく変わってきます。

集客できそうもない
売れそうもない
ブログタイトル。

たとえば
「ぼくが伝えたいこと」
とかいうタイトルです。


あるいは
「ユメがかなうキラキラ
 女子さやかのブログ」とか


なにがダメなのでしょうか?

この2つに共通なのは

ひとつは「抽象的すぎる」
もうひとつは
「自己主張またはマイワールド」

この2つでタイトルをつけると
何がいけないか?

趣味ならばいいのです。

でも、これは「自分目線すぎる」のです。
自己満足の世界です。

売る、集客するためのブログなら

もっと、お客様になりそうな人の
興味をそそるタイトルがほしいのです。


      つづく!



        感動価値パートナー

        荻野功一朗


追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ホラ吹き3兄弟?


このブログへようこそ!

あなたの
マスターコンサルタント
荻野功一朗です。
(おぎのこういちろう)

  経歴PDFはこちら→ http://bit.ly/ogino7


ビジネス界で
ホラ吹き3兄弟と
よばれている方々がいらっしゃいます。


ケタ違いの有名人で
荻野もいつもお手本にしている
御三方です。


だれかというと・・・?



ソフトバンク、孫正義氏、

ユニクロ、柳井正氏、

日本電産、永守重信氏。

この「ホラ吹き三兄弟」の命名は

守永氏ご自身。


夢を描いて、それをカタチにするのが
経営者の仕事。


それに、社員も、お客様も、
社会もまきこんでいく

それでこそ、
事業は大きな世の中に
大きな価値を生み出し、
世の中を変えていけるというもの。


もし、あなたが
ビジネスで、行き詰まりを
感じていることがあるなら


この「ホラ吹き三兄弟」を
1度見習って
1度自分のビジネスの制限を
はずしてみるのがいい。


どのくらい囚われているか?
どのくらい制限をうけているか?

それを外して、
自社のビジネスを
客観的にながめてみよう。


ビジネスとして
実現してみたい、ビジョン。
変えてみたい世の中。

あるいは、誰かの
お困り事、悩み事を
何かのカタチで解決したい。


その意欲は、どれくらい
ほんとうは壮大なのか?

本気で追求したら
どれくらいスゴイことになるのか?


それを1度、想像してみよう。
想像するだけなら
誰にも遠慮はいらないのだから・・・。


私たちは、人間。

その氣になれば
どんなことでも、
想像できるし、夢想できる。


そして、それをありありと
想像できたとき
それはまさに
現実化にむけてスイッチが入るのだ・・・。


そんな想像をするとき、なるべく
多くの人を、自分をふくめて
幸福にしていることを
想像してほしいと思う。


そんな経営者が増えれば、
そんな人が増えれば
世の中は
どんどんよくなっていく。


何かに、しがみつくのではなく、
まず自由に
大きく考えてみよう。

大きな愛とともに。


         マスターコンサルタント
         荻野功一朗


追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓




いいね!(31)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ども。
感動価値パートナーの
荻野功一朗です。

「こうすれば集客できる。」

そういう情報が、おおすぎませんか?

(とくに、ネット系)

あるいは、あれもこれもやらなきゃ

やってないから成果が出ない・・・。

そんなふうに思い込んでいませんか?


で、実は・・・

いちばんやったほうがいい

リアル系や、アナログ系の集客活動や、

お客様フォローができていない・・・。

そんなことがないですか?




実は、先日、ある整体院の

コンサルにうかがってきました!

かなり独自の整体内容で

体験させてもらったのですが

30分ほどで、

えっ、とれなかった、

腰の奥のこわばりも、

肩こりもあっというまにとれちゃうという

すんばらしい! ものでした。


で、いろいろ話を

うかがって驚いたのですが・・・


集客が、絵に描いた餅に

なっていました。

それなりのお店なので

デザイン会社や、各種コンサルや

ホームページリース会社などなどから

売り込みがわんさか・・・。

で・・・。

おきまりのノウハウで、

おきまりのやり方を教える。


しかも、みんな

言っていることがバラバラ。


それを受ける側は、

あれもこれも、とりあえず

やってみる。

成果も出ないし、

やることが多すぎていやになる。


「集客」活動は

やっているんだけど

まるで、絵に描いた餅。


その会社のもっている

良さにあった、集客。

その会社の「今」にあった、

集客アップや

売上アップが、何なのか?


それを誰も提示できていないのです。


何がおきているかって?


「お客様を見ずに

 自分たちが、売りたいモノを

 強引にセールスしている。」


「ききかじりのノウハウで、

 コンサル提案している・・・。」


受ける側は、

それに、振り回されている

ということです。


ようするに

「あなたのビジネスのため」を

誰も思ってくれていない。


そういう状況に

ふりまわされているのです。


いろんな情報を仕入れて

身動きとれない・・・。

そんな人も同じような状況です。

ノウハウコレクターとか、

セミナージプシーですね・・・。



では、どうすればいいのか?



「見極めることです。」



自分たちのビジネスの
「良いところ」は何なのか?


それにあった
集客アップ、売上アップは
どれとどれがあって
どれからやったらいいのか?


もし、
コンサルを頼むなら

あなたのビジネスの可能性を
ちゃんと見てくれて

それを伸ばすために
あった「やり方」を
教えてくれる人。


そういう基準で
見るといいと
思います。


ネットメディアもふえてきた

ノウハウも、成功事例も

ふえてきた。


でも、だからこそ

「じぶんのビジネスの良さ」を見ずに

それに振り回されると

ずーっと、振り回されて

終わってしまいます。






まとめ


じぶんのビジネスの良さは何?

それにあった方法は何?


コンサルは、それを

見てくれる人を選ぼう。




        感動価値パートナー

        荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
いいね!(36)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ども!!!
あなたのマスターコンサルタント
荻野功一朗です。
(おぎのこういちろう)

  経歴PDFはこちら→ http://bit.ly/ogino7


はじめからわかっていたことですが

「利益経営」のコンサルをしていて
つくづく思うのは



「軸がない経営は、儲けがない。」



ということです。


実は、「利益経営実践会」で


最初に、やっているのは

いろんな角度で、

ビジネスの現状を

社長さん自身に見ていってもらって

「軸」を、みつけるということ。


というか「軸」さえ見つかれば
成功は確実なのです。


でも、「軸」に関しては
3種類ぐらいの社長さんにわかれます。

(1)「軸」がすぐ見つかる社長さん。

(2)「軸」は、ここのはずなのに
   なぜか、それから遠ざかる社長さん。

(3)構造的に「軸」が見えにくくなっている
  ビジネスの社長さん。


(1)の社長さんは

すぐに成功します。


もう初回コンサルの翌月には

けっこうな成果を手にしている人が多いのです。

いきなり売上げが250%ふえたり。

例年は売上げゼロの閑散期に
数十万から100万ほどの売上げをゲットしたり。

客単価が10倍になったり・・・。



だいたい事例に
登場してもらうのは
こんなタイプの社長さんです。


そして、

(3)構造的に「軸」が見えにくくなっている
  ビジネスの社長さん。

これは、少し時間がかかります。

ビジネスの構造が複雑化していたり、
古びていたりするタイプですね。


あと

(2)「軸」は、ここのはずなのに
   なぜか、それから遠ざかる社長さん。


これは、どちからというと
メンタル面と、経験面での問題です。


経営で決断するという経験が少なく。
自信が少しないタイプです。


こういう方へは

あの手、この手で
ここ「軸」ということを
お教えします。


それでも、動かなければ
しかったり、なだめたり、ほめたり・・・。
いろいろ・・・。


でも、どちらにしても


「軸」をちゃんと見つけて

それにそった打ち手を

サクサクとやっていく。

経営がうまくいくには・・・。

ちゃんと儲かって

幸せになるには

それしかないのです。


         マスターコンサルタント
         荻野功一朗



追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓




いいね!(37)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




こんにちは!


  感動価値パートナー 荻野功一朗です。



ノルウェーでは、

漁師の平均年収が900万。

国民的あこがれの職業だそうです。


その一方、日本の漁師の

平均収入は260万円。

漁業大国のはずなのに・・・。


この差は、どこから

来ているのでしょうか?



この違いを考察して

「高利益の経営」を実現する

ヒントにしましょう。



ノルウェー漁業と、日本漁業の違い。

ここにも

「感動価値経営」がありました。


ノルウェーは

「価値のある魚」を

選んで獲って売り。


日本の多くの漁業は

「とにかく魚」を

獲って、売る。


そんなことに

なっています。


日本で関鯖などの

一部のブランド魚と

同じようなことを

国をあげてやっているのが

ノルウェーです。



たとえば漁への取り組みが

全く違います。


日本では、

農林水産省の方針もあり

魚の漁獲高割り当てが

地域全体で決められているそう。


地域の漁師さんが競い合って

われさきにと漁をするので、

これをオリンピック方式

というそうです。


これだと、解禁になったときに

みんなで、争うように、とにかく

魚を捕りまくる。

多く獲った方が勝ちになるわけです。


そうすると、まだ育っていない魚だろうが

なんだろうが、おかまいなしにとる。

その結果、漁場は枯れ。魚が減る。


でも、翌年も同じなので

さらに育っていない魚を獲ることになる。


だから、安い魚しかとれない

しかも、それも枯渇していくのです。



一方、ノルウェーは

船ごとに漁獲高が

割り当てられるそう。


これだと、漁師はどうするか?


割り当ての中で、

なるべく質のいい魚を

獲ろうとする。


実際に、魚を獲る網は荒くしてある

もし、幼魚、稚魚がかかっても放流する。


だから、魚は育つ。

漁場は枯れない。


いい魚のみを狙ってとる。


さらに、魚の鮮度を

たもつくふうがされている。


だから、全般的に、

ノルウェーの魚は

おいしくて質がいいので

高く売れるようになっている。


いろいろ調べると。


ノルウェーは

国ぐるみで


「価値」の高い魚を、

育てて、獲って、売る。


そういうことを

やっているのですね。



だから、漁師の年収も

3~4倍になる。


「感動価値経営」の

発想をすれば


一次産業でも


「価値」を売り

高利益をえることができる。



状況をしっかり観察して

こうしようと決断して

「感動価値」をつくるための

ビジネスモデルをつくりあげていく。



それがまさに

ノルウェーの漁師の

平均年収900万円


日本の漁師の

平均年収260万円


の差を生み出しているのです。



世界で喜ばれて、高く買って

もらえる仕事をするか?


不安をもちながら

必死で毎年、

高く売れない仕事をし続けるか?


どちらがいいでしょうか?



その差は、ちょっとした

目の付けどころと


実行するかどうか?


その違いにすぎません。




          感動価値パートナー


          荻野功一朗



追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓


いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ども!!!

感動価値パートナー
荻野功一朗です。
(おぎのこういちろう)

  経歴PDFはこちら→ http://bit.ly/1Q9q0jj


あなたのビジネスを

成長へ導く情報をお伝えします。

今日のテーマは

「集客地獄へようこそ!」

です。

これまで、13年間。

数多くの中小企業、起業家、個人事業主を
コンサルしてきました。

そして、多くの方が
はまっているドツボに
氣づきました

そのひとつが
「集客地獄」です。

たとえば、こんなことに
あなたは思い当たりませんか?

ビジネスをはじめるとき
起業前のとき
なにはともあれ
お客様が必要ですよね。

なので、
がんばって「集客」しますよね。
たぶん必死で。


で、必死でやるから
効率はともかく
それなりに結果がでます。
で、それなりに売上があがります。
それなりに利益がでます。


既存のお客様への対応で
いそがしくなったりします。

するとほっとします。

で、集客に力が抜けます。
もう、あんな大変なことはいいと
さぼります。

しばらくすると
売上が落ちてきます。

既存のお客様も
取引がとぎれたりします。


すると!!!

「あっ~~!! 新規集客しなきゃ!!!!!」


と、思います。

世の中に口当たりのいい
集客ノウハウが
たくさん蔓延しています。
で、とにかく手を出します。

リスクが少なそうで
スゴい実績がありそうなものから・・・。

で、ちょっとうまくいったり
ぜんぜんうまくいかなかったりします。

でも、売上減の解消には
とどきません。
また、1回ぐらいはスゴい結果がでたりします。
でも、スゴい結果は続きません。

悩みの根本解決にはならないのです。


そして、
別の集客ノウハウや
フランチャイズや
コンサルに手を出します。

で、結果がそこそこだったり
またしりつぼみになったり

いろいろします。
やっぱりなんだか
悩みは解決できていません。


「集客どうしよう。売上どうしよう。」
と、また悩み、次の何かに手を出す・・・。


はい、これが「集客地獄、売上地獄」です。


どうでしょうか?
多かれ少なかれ
思い当たることがありませんか?


そんな方をたくさん知っています。


そういう人は
コンサルに来て
こんなふうにいいます。

「社運をかけた
 折り込みチラシをつくりたいのです。
 なんとかしてください。」

「こんど新しい考え方の
 絶対集客できるホームページを
 つくることにしたんです。コピーを見てください。」

はい、そういうの
絶対うまくいきません。

断言します。なぜ?

必ず、その「社運をかけたようなこと以外に」
もっとカンタンで、
効果が高いことがあるのです。
(それは、それぞれの会社で違います)

さらに、経営をあらゆる面から安定させ
なおかつ成長戦略を描くことも必要です。
長期的に、理想の方向にもっていくことです。

つまり
「短期的には
その会社のいまの状況にあった
カンタンで、効果のでることをさっさとやり

さらに、長期的に、理想の方向での
成長へつながるように手をうつのです。」


一番いいのは、

あなたが見落としている「強み」や
「選ばれている理由」をみつけ

活用すればすぐに売上げになる
「ある経営資源」を活用することです。

で、その短期的対策の
「ポイント」をちゃんととらえて
長期的発展へつながるような

ビジネスの打ち手をうつことです。


なんというか

ビリヤードで

なるべく多くの玉を
いっきに落とすときのような感じです。

そのために
ここにあるこの「玉」を
この角度で、これぐらいの強さで
つけばいい・・。

そんな、ちょうどいい打ち手をみつけるのです。

(それを、荻野は、
 コンサルで、確実にそんな指導ができるように
 自分を鍛えてきたのです。

 なので、
 1回のコンサルで、
 「売上げゼロの閑散期の
  造園会社さんが70万を売り上げる。」

 「コーチ&占い師の
  客単価が10倍になる。」

 「1年間契約ゼロだったコンサルが
  いきなり上場企業の契約をとる。」

 「毎日売上げが下がって、不安でいっぱいだった
  中古自動車会社が、コンサル翌月売上250%になる。」

 などの、短期間で成果がでているのです。


でも、あなたの
ビジネスのことや、強み、あなたの隠れた使命。
ほんとうにやりたいと思っていること。

をちゃんとみて
アドバイスしてくれるような
コンサルは、たぶんほとんどありません。

そんなコンサルが、ほんとうに
今あなたに必要だと思うのです。
(そして、荻野は自分でも欲しいと・・・)

このメルマガの読者のあなたには
ぜったいに「集客地獄」に
はまってほしくないと思います。

         感動価値パートナー
         荻野功一朗


追伸:

追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓




いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日ブログを書き始めて

いるとこんなテーマ「天命の誤解」が

降りてきました。


感動価値を伝えはじめて

しばらくしたら

感動価値は、天命だという

直感がおりてきていました。


でも、この「天命」あるいは

「使命」というフレーズ

とっても誤解されていると思うのです。

そして、この誤解が

われわれの邪魔をしています。

われわれの成功や幸福をはばんでいるのです。


どういうことか?



「命」は、いのちなのですが

「命令」を連想してしまい。

「やるべきこと」というニュアンスが

まとわりついてきます。


もっと、あからさまにいえば

天から命ぜられたこと・・・。

そんなニュアンスが

「天命」についてまわります。


これだと、いまの時代

あまりうまくいきません・・・。


なぜなら、天から命ぜられたものとして

天命をとらえると

自分にとっては「やらされ感」があり

それを相手に伝えるときは

(私の天命に)「従わない者は悪」という

感情とか、エネルギーのようなものが

生まれてしまいます。


これだと、

争いのエネルギーが

強くなってしまいます。


正義と正義が

ぶつかりあうような

状況が生まれてきてしまうのです。




天命は誤解、されている。

と、荻野は直感しました。


では、どうとらえればいいのか?


それは、

荻野の見解では、


「天命」は、

それぞれの人が

自分が、天から、地上にやってくるときに

自分の「やりたいこと」や「宿題」として

もってきたものだということです。


つまり、命ぜられたのではなく

自分自身の「やりたいこと」として

あるのが「天命」なのです。


そのときに

それをやりとげるための「能力」は

すでにもっているのです。

それが「隠れた強み」です。


つまり「どうしてもやりたいこと」

そして「隠れた強み」を

スキャンしていけば

それは、天命となって

うかびあがってくるのです。


それを、いまのビジネスとして

成立する「価値」というカタチを

つくったときに「感動価値」となるのです。


つまり、売り手も、買い手も

「感動できるぐらい価値」を感じられる。

そのための、

コトバ化、しくみ化、組織化を

行うのが「感動価値」のメソッドなのです。


なので、天命と

感動価値には少しギャップがあります。

天命に、顧客視点や、そろばん勘定を

くわえて、ちゃんとまわるようにする

それが「感動価値」です。


さて、それはさておき


本題に戻りましょう


「天命の誤解」とは


つまり


「天命」を天からの命令、やらされていると

捉える限り、それは調和して機能しない。

争いと不幸をうみだす。(神々の戦い)


天命を、自分が

天からもってきた

やりたいことと、能力。

それを、多くの人とわかちあうこと。


そうとらえると

感動価値が生まれる!!

そこではじめて、

天命から、調和と幸福が生まれる。


だからこそ、

「心の底から、やりたいこと」が

大切なのです。


そして、

実務的には

売上倍増、手間経費半減!

になります。


     感動価値パートナー

        荻野功一朗



追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
いいね!(139)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。