おぎ村ふみ規オフィシャルブログ “廿日市で『懐かしい未来』づくりを!

“廿日市で新しい未来ではなく、『懐かしい未来』をつくるべく、奮闘する素浪人ブログです!

私の政策目標 



〇県にも国にも頼らない自立した街の形成



〇自立した街を作る為、世界的なブランドである『宮島』の利用促進



〇その一環として、『宮島』
を利用した

 ブランディング戦略を 強力に推し進める。




〇山陽自動車道大野インターから、宮島口

 廿日市インターから宮島口
それぞれの間を宮島の“参道”として、景観

 空間づくりをする




 例 飲食、ショッピングゾーンなどのゾーンニング



〇木の街『はつかいち』の復活!



〇広島県西部、山口県東部の自治体との結びつきを強め、

 その地域での独立した エネルギー供給を構築し、

 子や孫の世代が笑顔で暮らせる安定した持続可能な

 地域づくりを推進する










〇出馬記者会見の模様
NEW !
テーマ:

第1616号

 

皆さん、こんにちは!
地域の良さを引き出す、汗かき人!
おぎ村ふみきです!

 

めだか『楊貴妃』   高いものでは1匹○○万円の値が付くものも!

 

 

 

 

皆さん、クリック日本めだか協会!

ってご存知ですか?

 

 

え、知らん?

まっ、それも無理もありませんが、

 

その『日本メダカ協会』が

何と『はつかいち』にあるんですよ~!

 

 

 

 

先日、『はつかいち』産ブランドイチゴの

クリック記事を書きましたが、

 

 

 

はつかいちのクリックイワタ木工さんが作る、

世界NO.1のけん玉『無元無双』

 

 

 

『はつかいち』が発祥のけん玉

(今年は3回目の世界大会を開催)や

 

『はつかいちご』に

続くといってもいい、

 

『はつかいち』ブランド

になって来ているのが、

『めだか』なんですね~!

 

 

 

 

本日の中国新聞朝刊より

 

 

 

 

立ち上げられて、7年で

会員数3倍!

 

全国のみならず

香港にも支部が出来る盛況ぶり!

 

 

 

記事にもありますが、

大きな水槽や保温ヒーターなどが不要で

 

手軽に飼えるのが

人気のヒミツのようです!

 

 

 

 

 

 

 

日本めだか協会は廿日市市宮内にある、

この『めだか村』の中にありますよ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

日本めだか協会の創設者、

大場さんとは

 

昨年、色々と

お話させてもらったのですが、

 

めだかを通じて『はつかいち』の里山を

イキイキとした場所にしたいんじゃ!

 

と熱く語られとりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

お年寄りから子供まで

誰もが簡単に飼うことの出来る、『めだか』。

 

 

大場さんが仰るように

この『めだか』を通じて

 

川や里山の重要性を認識してもらえる

ような自然体験や学校での授業など、

 

『はつかいち』らしさのある取り組みも

ドンドンやっていき、

 

もっとワクワクするまちにしていきますね~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末はメダカ市!じゃ!

感謝!荻村文規

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第1615号

 

皆さん、こんにちは!
地域の良さを引き出す、汗かき人!
おぎ村ふみきです!

 

 

 

今朝の中国新聞朝刊より

 

 

 

待機児童問題などの

ニュースでも度々出てくる、保育園。

 

『はつかいち』の方針が示されました!

 

私立を増やして全体では

3園増やす、という内容。

 

 

 

何でじゃろうか。

 

良いニュースのハズが

何かパッとせん!

 

 

何回も読み返してみたんですが、

保育網の充実、とはあっても

 

何のために充実させる?

保育網が充実すれば、どうなる?

 

といった関心な部分がないんですよね~!

 

 

 

 

保育施設の充実をはかり、

良好な子育て環境をつくる!

 

みたいなスローガンはどのまちでも

良く聞きますよね。

 

でもこれじゃ、何かピントがボケてて

よーわからん感じですよ!

 

 

 

 

たとえば、

 

 

 

○○なまちにするために、

年間で○○○人、

 

子供を増やす必要があり、

そのために、保育園を3園増やします!

 

 

その為には、○○億円かかるが、

民間と一緒にやっていくことで

 

事業費を半減し、その財源には

残業代の半減分の2億円も活用していく!

 

 

 

といった具体的な成果と目標、

そして数字が必要じゃ思うんですよね!

 

 

 

 

 

その数字や目標には、

 

首長(市長)の理念や

ビジョンが反映されるハズ。

 

 

 

 

今回の『はつかいち』の

保育園増園のニュースには

 

そこが見当たらんですよ!!

 

 

 

 

 

数字を示せば、達成出来ん時には

責任を問われてしまうのが、常です。

 

 

 

これまで役所の目標などが

あいまいだったのは、

 

責任逃れからだったの

かもしれません。

 

 

 

経済も人口も

右肩上がりの時代には、

 

まだあいまいでも

良かったかも知れませんが、

 

人口減少、高齢化待ったなし!

のこの時代に、

責任逃れは許されません。

 

 

 

失敗したら、

市長や予算を承認した議会(議員)は

逃げずに、責任を取りましょうよ。

 

市民の大事な税金を使ってるんですよ!

 

 

 

 

そういった、まちのビジョンや

本氣の姿勢が多くの市民の共感を呼び、

 

様々な事業への協力、

 

場合によっては

やむを得ない増税にも

 

理解をしてもらうことに

つながっていくと考えます。

 

 

 

 

明確なビジョンと責任。

 

 

僕のビジョンは、

 

 

 

和の心と木があふれ、

住む人、訪れる人、働く人、

 

皆にぬくもりのあるまち、

『はつかいち』!

 

 

を目指して、やっていきますよ~!

 

 

 

 

 

宮島は木がふんだんに使われ、和の極致みたいなとこ!

 

 

 

 

 

 

 

 

何の為に・・自分に問い続けんとイケん

感謝!荻村文規

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第1614号

 

皆さん、こんにちは!
地域の良さを引き出す、汗かき人!
おぎ村ふみきです!

 

 

ブランドいちごになった、廿日市産

『はつかいちご』。ホンマに美味しいですよ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

『へらいちご』って

聞いた事ないですか?

写真はネットよりおかりしました

 

 

 

 

約60数年前に廿日市でとても

盛んだった『いちご』栽培。

 

廿日市の主に平良(へら)地域で

栽培していたことから

このネーミングが付きました。

 

 

経済成長期に時代背景もあり

だんだん少なくなり、

 

最盛期には100軒もの

いちご農家さんが、あったのが

10軒以下にまで減少下矢印

 

 

 

そんな状況のなか、

平成20年頃から

 

廿日市商工会議所や

有志の皆さんを中心として、

 

『いちご復活プロジェクト』がスタート。

 

 

 

廿日市で獲れるいちごを

『はつかいちご』として名づけ、

 

ブランディングしていくことになりました。

 

 

 

今では他の産地のいちごより

少し割高にもかかわらず、

 

その美味しさと地元愛から

スーパーに並んだ瞬間から

売り切れ続出する、『はつかいちご』。

 

 

 

そんなブランドイチゴの

オーナーにあなたもなれる

大チャンスです!

 

本日の中国新聞朝刊より

 

 

 

写真の山本貴志さんは

脱サラして、

 

いちごをはじめとした農園を営み、

今では山本さんの顔写真入りの野菜たちは

 

とても評判がよくて

すぐに売り切れるほどの大人気です!

 

 

 

そんな僕と同い年の山本さんに

指導してもらいながら

 

オリジナルなブランドいちごを

栽培し収穫できちゃいます!

 

 

興味のある方は是非、

メールでまずは問い合わせを!

 

山本貴志さん

bw39@bronze.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

【過疎を逆手に、農業でにぎわいを!】

 

 

 

 

この『はつかいちご』もそうですが、

山間地の佐伯地域や吉和地域では

 

若手の農業希望者が

徐々に増えて来ています!

 

 

美味しい水と良い土で育つ

『はつかいち』の

美味しくて安全な農産品。

 

 

スーパーに『はつかいち』産の野菜が

ならべば、すぐに売り切れてしまいます!

 

 

広島県では県北の

世羅町(マラソンの世羅高校が超有名!!)

 

のお米や野菜が

有名ですが、

 

市場がある

広島市までは車で約2時間!

 

 

『はつかいち』の場合は、

吉和からでも1時間あれば

 

広島市の市場にお届け出来、

住むところは世羅町並みに安く

確保できます!(吉和地域や佐伯地域)

 

 

 

市場に近くて住むところも安い!

 

 

 

こんな有利な条件がそろう、

『はつかいち』の農業の未来は

非常に明るい!と僕は考えます。

 

 

 

 

 

 

スキー場から海水浴場、

世界文化遺産まである、『はつかいち』。

 

 

山間部の佐伯、吉和地域は

目立った産業がなくて、

 

過疎でどうしようも無い!と

言う方もいらっしゃいますが、

 

 

 

一大農業エリアとして

年配の皆さんも

若い世代の皆さんも

 

一緒になってイキイキと

土にまみれて

暮らせる場所にしていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリック農業女子、応援しとります!

感謝!荻村文規

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第1613号

 

皆さん、こんにちは!
地域の良さを引き出す、汗かき人!
おぎ村ふみきです!

 

 

 

 

昨日の広島カープ倉捕手の

土砂降りの中での『ヘッドスライディング』

 

試合は雨でコールドゲームに

なったものの、

最後の出場での最高のファンサービス!!

 

 

 

 

 

 

 

よく考えたら、役所って

何かサービスしとるんじゃろうか?

 

 

 

行政はサービス業ではないのだから

サービスなんてすべきでない!

まじめに取り組めば良いんだ!

 

 

との厳しいお叱りの声が

聞こえてきそうですが、

 

僕は住民に対する最大のサービス業で

なければイケん思うんですよね!

 

 

だって、

 

行ってみたい!

遊びに行きたい!

住んでみたい!

ここで子育てしたい!

 

と思えるような

ワクワクする街の第一歩は

 

ワクワクする役所で

住民サービスを提供せんと

イケん思うんですよね!

 

 

 

 

 

これ何だかわかりますか?

 

 

 

 

正解は、富山県氷見(ひみ)市役所

幹部会議用の会議室!

 

 

役所は入ってすぐの所にある

地元産木材を使ったガラス張りの会議室です!

 

去年2月に勉強に行ったのですが

いきなり度肝を抜かれました!

 

 

 

 

そして船底をイメージした

天井が印象的な、

 

廃校となった高校の

体育館を改修した市役所!

 

さすが寒ブリが有名なまち、

氷見(ひみ)市ですね!

 

 

廃校となった高校を

役所として活用することで、

 

建て替えと比べて、

本来40億円位必要だった

事業費が半額で済んでいます!

 

スゴイ!!

 

 

 

 

それもこれもこんなお茶目な

手書きの名刺を書いてくれる

 

市長さんの発想です!!

富山県氷見市・本川祐治郎市長が

その場で書いて下さった直筆名刺!

 

 

 

 

 

あっ、今より7㌔太ってますので、サイズは小さめで・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の広島カープ倉捕手の

ヘッドスライディングといい、

 

本川市長の手書き名刺や

廃校となった高校の役所への活用

アイデアといい、

 

 

ちょっとしたヒラメキと

相手をもてなそうとする

温かい気持ち!

 

のなせる業(わざ)じゃと思うんですよね。

 

 

 

 

私たちのまちの市役所も、

 

氷見市役所さんや

昨日の倉のヘッドスライディングを

超える発想で、

 

用事が無くても

行きたくなるような、

 

ワクワクする空間に

していかんとイケんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷見の寒ブリ、ホンマに美味しかったですよ~!

感謝!荻村文規

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第1612号

 

皆さん、こんにちは!
地域の良さを引き出す、汗かき人!
おぎ村ふみきです!

 

 

 


『今』は、

多くのお客様でにぎわう、宮島表参道商店街

 

 

 

 

 

 

昨晩は地元氏神様の

大頭(おおがしら)神社氏子総代会(うじこそうだいかい)

 

秋季例大祭、秋祭りの1ヶ月前には

各地域の総代(そうだい)と呼ばれる

 

世話人さんが集まり、

祭りまでの段取りを確認します。

 

 

 

大頭神社は宮島の厳島神社の

摂社(せっしゃ)!  注: 拙者ではありません!(笑)

 

摂社とは会社で言う支店なんですよ~!

 

 

 

 

今年で3回目の氏子総代会。

もちろん僕は最年少!(←といっても45歳ですが(笑))

 

 

70歳くらいの大先輩でもまだまだ

ヒヨッコと呼ばれる世界!!

 

何回出ても緊張のしっ放しです!

 

 

 

まっ、僕なんかが最年少じゃ言いよったら

急激に後継者不足になり、

 

あと何年かしたら祭り自体の開催が

危ぶまれるかもしれません!

 

 

 

私達のまち、廿日市にある

世界文化遺産安芸の宮島の

 

土産物屋や個人商店さんも

後継者不足の問題が

出て来よると聞きます!

 

 

 

後継者不足でメインの商店街のお店が

シャッターを閉めたままという箇所も・・

 

 

 

年間400万人が訪れる

巨大観光地、宮島!

 

そんなメインの商店街ですから、

空きがあれば入りたい!

という方は日本中にいらっしゃいます。

 

 

 

やむなく閉店して空いていても

新規参入が進まない理由は・・

 

 

 

○店の奥や2階が家となっており、他人に貸したくない!

○知らない人に貸すとご近所から何を言われるかわからない!

○お金に困っていないので、貸す気がない!

 

 

この辺りが理由だと聞いたことがあります。

 

まっ、最初の理由、

基本自分の家ですので

 

賃料をもらうといえ、

他人にガマンしながら生活したくない!

 

というのは

大きい利用ではないかと推測します。

 

 

 

宮島の表参道商店街は宮島の宝であり

世界文化遺産の宝でもあります!

 

 

宮島のメインの商店街が

歯抜けで空き店舗がある!なんて、

 

貸せない理由はわかりますが、

このままでは世界遺産の利益を

大きく損なってしまいます!

 

 

 

 

 

 

ここまで極端には一気にならない為にも、

例えば、

 

市がまずは借り上げ

もしくは買い上げて、

 

出店希望者に貸し出す、

などの対策を本気で取り組んでいかねば、

 

想像もしたくはありませんが

宮島商店街ゴーストタウン化が

進んでしまうかもしれません。

 

 

 

平家が隆盛をきわめた、宮島。

 

戦後の最盛期の人口が5500人!

現在は1700人を切ってしまいました!

 

盛者必衰!

おごれるもの、久しからず!

 

平家物語が教訓として

教えてくれています!

 

 

 

 

来島者が最高潮に、

にぎわっている今だからこそ、

 

次世代のためにも

しっかりと

手を打たにゃイケんです!

 

 

 

待ったなしです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮島ホンマに好きです!

感謝!荻村文規

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み