はやり唄万葉集

日本の歌謡5000曲超を24チャンネルに系統分類。「YOU TUBEを友に」欄の歌謡タイトルをクリックすればリンクして歌謡が楽しめます(2016.9.2〜)。

くわしくは こちら  をクリックしてください。


NEW !
テーマ:

鉄道唱歌 てつどうしょうか

東海道本線を主軸とした官営鉄道の駅次唱歌で、地理唱歌に属する。作曲者は多梅稚(おおのうめわか)、宮内省管楽師という雅楽畑出身者である。

明治三十三年五月、東京開成館(三木書店)主の西野虎吉は無名作家からこれの原稿を買い取り、当時錚々たる作詞者であった大和田建樹(たてき)に補正を依頼したうえで出版。いっぽう西野は自ら東海道五十三次をキャラバン隊を率い、歌い手数人に歌わせながら派手に宣伝して歩いたのである。

すでに鉄道新設計画は全国いたるところに波及していた。そうした鉄道大歓迎世情に便乗し、一冊六銭(当時の物価から見て安くはない)の唱歌集は発売数十万部に達したという。当然のことながら、鉄道唱歌ブームに出版界は沸き立ち、類歌替歌の類もまた氾濫という結果を招いた。

鉄道唱歌の碑〔東京都港区新橋〕

【例歌】

YOU TUBE

鉄道唱歌・東海道 てつどうしようか/とうかいどう  

作者未詳の詞を大和田建樹が補作

1 汽笛一声新橋を はや(わが)汽車ははなれたり

愛宕(あたご)の山に入り残る 月を旅路の友とし

 て

2 右は高輪(たかなわ)泉岳寺 四十七士の墓どころ

  雪は消えても消え残る 名は千載の後までも 

3 窓より近く品川(しながは)の (だい)()も見えて波白く

  海のあなたにうすがすむ 山は上総(かづさ)か房州か

4 梅に名をえし大森(おほもり)を すぐれば(はや)川崎(かわさき)

  大師(だいし)河原(がはら)は程ちかし 急げや電気の道すぐに

5 (つる)()神奈川あとにして 行けば横浜ステーション

  みなとを見れば(もも)ふねの 煙は空をこがすまで

6 (よこ)()()行は乗換と 呼ばれておりる大船(おほふな)

  つぎは鎌倉鶴が岡 源氏の古跡や尋ね見ん

7 八幡宮(まんぐう)の石だんに 立てる(ひと)()(おほ)いてふ

  別当(べつたう)稿()(げう)のかくれしと 歴史にあるは(この)(かげ)

8 ここに開きし頼朝が 幕府のあとは(いづ)かたぞ

  松風さむく日はくれて こたへぬ石碑は苔あをし

9 北は(えん)(かく)建長寺(けんちやうじ) 南は大仏(だいぶつ)(ほし)月夜(づきよ)

  片瀬(かたせ)腰越(こしごえ)()(しま)も ただ半日の道ぞかし

10 汽車より逗子(づし)をながめつゝ はや(よこ)()()につきにけり

  見よやドックに集まりし わが軍艦の壮大を

11 支線をあとに立ちかヘり わたる相模の()(にふ)(がは)

  海水浴に名を得たる 大磯(おおいそ)見えて波すずし

12 国府津(こふづ)おるれば馬車ありて (さか)()小田原とほからず

  箱根八里の山道も あれ見よ雲の(あひだ)より

13いでてはくぐるトンネルの 前後は山北(やまきた)()(やま)

  今もわすれぬ鉄橋の 下ゆく水のおもしろさ

14 はるかにみえし富士の()は はやわがそばに来りけり

  雪のかんむり雪の帯 いつもけだかき姿にて

15 ここぞ()殿(てん)()夏ならば われも登山をこころみん

  高さは一万数千尺 十三州もただひと目

20 三保(みほ)の松原田子(たご)の浦 さかさにうつる富士のねを


(投稿文字数制限のため以下省略)

 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

世界六大都府 せかいろくだいとふ

明治中期における世界の六大都市をうたった教育唱歌。

日清戦争の勝利で国民の目が海外へと向けられ、この頃から各種の地理教育唱歌がブームになる。

【例歌】

世界六大都府 せかいろくだいとふ  

 (東京)

1 亜細亜に名ある東京は 今は昔の江戸の城

  徳川幕府の時よりぞ 繁栄し都八百千(やおち)

2 その名をかへて帝都をば (さだ)め給ひていや栄え

  建築(たてもの)多くけしきよき 上野品川隅田川

(倫敦)

1 テームス河畔の倫敦府 世界第一繁盛の

  名も轟けり人数も しげく合せて四百万

2 市中にひびく汽笛の音 大空かすむ黒烟

  市街(まち)は織りなす馬車(うまぐるま) 雷なんど愚なり

(巴里)

1 数奇をきわめし巴里城 錦あやなす街の光景(さま)

  世界の美術をあつめたる 博覧会も設けられ

2 異なる国の珍らしき 物品多くかぎりなく

  道は千万遠きをも いとはでつどふ賑しさ

(伯林)

1 日耳曼(びるまん)連邦其中の ひとり盛りの独逸国

  其都府なる伯林は 人数しげく百余万

2 旧城古墳もいと多く 風景絶佳の山水の

  其間に作る麦葡萄 これより醸す酒名あり

(聖彼得堡(せんとぽーる))

1 烏拉山脈西東 国の広さも果てしなく

  鷲の翼の羽音する 露西亜の国の都こそ

2 彼得(ぴーとる)大帝さためたる 聖彼得堡(せんとぴーたーすぶるぐ)

  大厦広壮並びなく 六大州に名も高し

(新約克)

1 国はひらけて程もなく その開明は日に月に

  進みて早し新約克(にゆうよーく) 合衆国の首府なり

2 こゝは東西両洋の 商う船舶(ふね)のつどひ来て

  さすがに広き港口 錨を下ろす船多し

──教育唱歌、明治二十八年発表、『日本近代歌謡史』下

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

世界漫遊唱歌 せかいまんゆうしょうか

地理教育用の唱歌。

同じく明治三十三年に発表の『鉄道唱歌』の圧倒的人気の影でさして目立たずに終わってしまったが、世界へ視野を広げさせる啓蒙歌として果たした役割は大きい。

明治7年製の小型地球儀

【例歌】

世界漫遊唱歌 せかいまんゆうしようか      太田楽海詞

世界唱歌

1 黒烟横たふ海の面 ほばしらならぶ大港

  さけびてひびく笛の音 こゝぞ名に負ふ横浜ぞ

2 波止場に送る友はいふ とく行きてとく帰りこよ

  分つ袂は涙にて はやはなれたり湾頭を

3 行くてのれんはただ二人 いざやこれより世界をば 

一めぐりせんとも〴〵に 地の利さぐらんとも〴〵に

4 轟く汽輪(くるま)のゆくさきは かぎりもはてもあらばこそ 

五大洋中第一の 太平洋とは誰も知る

5 紀州熊野の荒磯を めぐりて先方は西の方

  瀬戸の内海のり出でゝ 遠く眺むる雲霞

6 迎ふ鶏林釜山浦に 上陸(あが)りて北に進みなば 

  豊太閤のその時に あげし勲功(いさをし)今もなほ

7 たゝへられたり彼の国に 蔚山城址碧蹄館

  加藤小西を追慕して 漢江渡らば京城ぞ

8 平壌過ぎて北方の 露領のはての浦塩は

  東洋艦隊いかめしく こゝより起る鉄道は

9 他日露西亜の都城(みやこ)まで つゞけん為の工事なり

  つれの行路(ゆくて)は遠ければ もとりつ過ぐる元山津

10 西に下りて仁川を 打出て渡る黄海は

  こゝぞ名高き我軍の はへある戦したる場所

11愉絶快絶過ぎゆけば さすがに広き両関門

  威海旅順の其内は 一大湾の渤海ぞ

12 支那に名高き天津府 白河の上流北京城

  東洋一二の大都会 うしろにつゞく万里城

13長さもながし五百余里 秦の始皇の大業を

  ほめたゝへつゝ南下して 揚子江畔南京の

14 また南なる上海港 寧波厦門広東の

 海なる小島の香港を 西南へと船出して

15 向ふ諸州は後印度 暹羅安南面など

 暹羅の都は磐谷 こゝより南に突出せば

16 馬来半島先端は 新嘉坡の喉口(のんど)

  是より西に向ひなば 右に見ゆるは印度国

17 亜剌比亜海にはほど遠し ベンガル湾に上陸(あがり)ては

  さしも暑き天竺の カルカッタの都をば

18 かよふ汽車に運ばれて ガンジス過ぎて印度河

  河の下流の海岸は 綿花の市の孟買(ぼんべい)

19 マドラス過ぎて錫蘭(せいろん)島 釈迦牟尼仏の遺跡をば

  さぐらばさぐれ亜剌比亜の 海を横切り波斯湾

20右は古代帝国波斯にて 左に見ゆる大国は

  世界に名あるアラビヤの 馬の産地と知られたり

21ユーフラチースチグリスの 河畔に沿ふて西の方 

  亜細亜土耳其(とるこ)に入りぬれば 昔にかわるそのけしき

22 文明開化夢のあと 今は古跡の名残のみ

  耶蘇の墳墓(はか)あるエルサレム 見るも一興立ちよらん

23地中海辺そうてゆき スエズの運河経過して

  欧州諸国に遊ばんか 半島先端の希臘国

24アゼンス府をば遊覧し 往時(むかし)のさまを思ひやり

  向ふ土耳其の都府(みやこ)こそ 貿易さかんならびなく

25秀でし光景(けしき)維也納府(ういんな) 時計産地の瑞西(すいつつる)

  山水明媚の名ある国 南に突き出す長靴州

26伊太利国は気候よく 羅馬王城いやたかし

  海中孤立のコルシカ島 拿翁(なおう)のむかしもしのばるゝ

27ネーブル出でて地中海 西班牙なるバルセロナ

  国の首府(みやこ)のマドリッド 南端海峡ジブラルタル

28阿非利加へ立つ一葦水 西に隣れる葡萄牙 

貿易繁盛リスボン府 ビスケイ湾を船出して

29 今年万国博覧会 設けられたる巴里城

  都をかざるその美観 目をも奪はんばか

りなり

30 隣る日耳曼(じえるまん)連邦は 文明開化日に月に

  進みて今はたぐひなく 医術は国の大長技(後略)

──教育唱歌、明治三十三年発表、『地理教育 世界漫遊唱歌』

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

青春歌謡 せいしゅんかよう

 青春時代を謳歌した歌謡。〈学校唱歌〉と並んで唱歌分野の双璧をなす。

【例歌】

YOU TUBE

青春日記         佐藤惣之助詞

♪初恋の
 涙にしぼむ 花びらを
 水に流して 泣きくらす
 哀れ十九の 春の夢
♪今日もまた
 瞳に燃ゆる 夕映えに
 思い乱れて 紫の
 ペンのインクも にじみがち
♪泣き濡れて
 送る手紙の 恥ずかしさ
 待てば淋しや しみじみと
 街の舗道の 雨の音
♪明日(あした)から
 二度と泣くまい 恋すまい
 いくら泣いても 笑(わろ)うても
 胸の傷手(いたで)は 治りゃせぬ

──青春歌謡、昭和十二年発表

YOU TUBE

あゝ青春の花の色 *松島アキラ

青い背広で *藤山一郎

上を向いて歩こう *坂本 九

乙女の青空 *高峰三枝子

肩を並べて *藤山一郎 ミス・コロムビア

歓喜の丘 *藤山一郎

希望の首途 *松平 晃

さよなら(かりゆし)

サンタモニカの風 *桜田淳子

青春時代 *森田 公一とトップギャラン

青春旅情 *あのねのね

ちぎれ雲 *高木たかし

月のキャンプ *ミス・コロムビア

夏にご用心 *桜田淳子

はたちの詩集 *白根一夫

  *村下孝蔵 

ひなげしの花 *アグネス・チャン

陽はまた昇る *高橋 優

ふれあい *中村雅俊

僕の青春 *藤山一郎

山のロザリア *スリー・グレイセス

夕の鐘 *松原操

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

シンガーソング singer's song

〈自作自演歌〉とも。

 その詞の書き手を「シンガーソング・ライター」という。

【例歌】

YOU TUBE

酋長の娘          石田一松詞♪わたしのラバさん 酋長の娘 

 色は黒いが 南洋じゃ美人

♪赤道直下 マーシャル群島 

 ヤシの木陰で テクテク踊る

♪踊れ踊れ どぶろくのんで 

 明日は嬉しい 首の祭り

♪踊れ踊れ 踊らぬものに 

 誰がお嫁に 行くものか

♪昨日浜で見た 酋長の娘 

 今日はバナナの 木陰で眠る

YOU TUBE

青い魚 *金延幸子

あなた *小坂明子

 *かぐや姫

お嫁においで *加山雄三

飾りじゃないのよ涙は *井上陽水

キャンディ *原田真二

恋路川 *西方裕之

氷の世界 *井上陽水

この広い野原いっぱい *森山良子

運命(さだめ) *五輪真弓

サボテンの花  *財津和夫

春夏秋冬 *泉谷しげる

シンガーソングライターの唄 *清水翔太

人生を語らず *吉田拓郎

地上の星 *中島みゆき 

始まりに *片平里菜

ミヨちゃん *平尾昌晃

夢想花 *円 広

路標ない旅 *永井龍雲

わかれ *因幡 晃

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

自然賛歌

 大自然の景観などを素材とした唱歌。

【例歌】

YOU TUBE

山は呼ぶ野は呼ぶ海は呼ぶ  大映合唱団

♪いざや起()て 鍛えよ
 高鳴るこの腕
 おそれじ寒暑(かんしょ)
 行()くべし凛々(りり)しく
 山は呼ぶ 野は呼ぶ 海は呼ぶ

♪空に見よ 萌えたつ
 梢(こずえ)のかがやき
 伸びゆく勢(いきお)
 我等も競(きそ)えり
 山は呼ぶ 野は呼ぶ 海は呼ぶ
♪常に持て 光を
 張りきれ我が胸
 力よ湧()け湧け
 あふれよよろこび
 山は呼ぶ 野は呼ぶ 海は呼ぶ
♪いざや起て 鍛えよ
 鋼鉄(はがね)と我が身を
 強かれ朝日に
 ま向かえ人みな
 山は呼ぶ 野は呼ぶ 海は呼ぶ

[メモ] 昭和十四年、国民歌謡に指定

YOU TUBE

あこがれのタンゴ *藤山一郎

高原の月 *霧島  昇・二葉あき子

緑の朝の唄 *楠木繁夫

ミュージカル「ふたりのロッテ」

 |  リブログ(0)

テーマ:

シーズンソング *便宜上の和製語

 四季おりおりの歌。大半は児童歌である。

【例歌】

YOU TUBE

北風小僧の寒太郎      井出隆夫詞

         ふろっぐえこうず合唱

北風小僧(きたかぜこぞう)の寒太郎(かん

 たろう)
 今年も町までやってきた

 ヒューン ヒューン
 ヒュルルンルンルンルン
 冬でござんす
 ヒュルルルルルルン
♪北風小僧の寒太郎
 口笛(くちぶえ)吹き吹き一人旅(ひとりた

 び)
 ヒューン ヒューン

 ヒュルルンルンルンルン
 寒(さむ)うござんす
 ヒュルルルルルルン
♪北風小僧の寒太郎
 電信柱(でんしんばしら)も泣いている
 ヒューン ヒューン
 ヒュルルンルンルンルン
 雪(ゆき)でござんす
 ヒュルルルルルルン

YOU TUBE

あわてんぼうのサンタクロース

一月一日

 

お正月

五月の歌

さくら

小さい秋見つけた

夏は来ぬ

春の小川 

虫のこえ

樅の木

雪の降る町を

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

国民歌謡 こくみんかよう

日中日露戦争・太平洋戦争下で、政府や大政翼賛会が定めた大衆向け歌謡に対する呼称。

国策に基づき、検閲という監視の目を意識させるための手段でもあった。

例歌には「国民歌謡」制定対象のほか、実質的にそれに含まれるものも掲げた。

【例歌】

海国男子 かいこくだんし        大和田建樹詞

一 さかまく波を蹴破りて

怒れる浪を突き切りて

車輪を万里に進むべし

新に世界も開くべし

わが開国のますらおよ

事業はおおしいざ行けや

 二 波も颶風(ぐふう)も黒潮も

なるれば友よ良き友ぞ

男子生れて海国の

民となるこそ愉快なれ

行けや開けや人のあと

まだ見ぬ国のはてまでも

 三 星は照らして空にあり

()(しん)はしめして船にあり

氷の海の波とても

破るに何か難からん

わが海国のますらおよ

名誉は遠しいざ進め

──唱歌、明治三十四年発表、『新選国民唱歌』改訂版

YOU TUBE 

  となりぐみ          岡本一平詞           

とんとん とんからりと 隣組

格子を開ければ 顔なじみ

回して頂戴 回覧板

知らせられたり 知らせたり(ハイ)

とんとん とんからりと 隣組

格子を開ければ 顔なじみ

回して頂戴 回覧板

知らせられたり 知らせたり(ハイ)

とんとん とんからりと 隣組

あれこれ面倒 味噌醤油

ご飯の炊き方 垣根越し

教えられたり 教えたり

──唱歌、昭和十五年発表『小学館CDブック・昭和の歌』

 [メモ] 「隣組」は、銃後における臨戦思想統一とスパイ活動の相互監視を目的に創設された。この唄、硬派揃いの国民歌謡の

なかでは最高傑作といえよう。

YOU TUBE

愛国の花 *渡辺はま子

朝だ元気で *男声合唱

朝日は昇りぬ *文谷千代子

歩くうた *日本ビクター合唱団

乙女の春 *江藤美津代

お山の杉の子 *昭和19年「小国民歌」第

 一席入選作品

くろがねの力 *伊藤久男ほか

心のふるさと *関 種子

早春の物語 *関 種子・加古三枝子

太平洋行進曲 *軍歌の国民歌謡

日本よい国 *美ち奴

兵隊さんよありがとう *小林智子 ひばり

 児童合唱団

牧場の朝 *NHK東京放送児童合唱団

めんこい子馬 *二葉あき子 高橋祐子

椰子の実 *嶋崎藤村が愛知県の伊良湖岬で 

 作った

 |  リブログ(0)

テーマ:

校歌 こうか

各学校で建学理念を盛り込んだ歌謡。

小学校から大学・専門学校まで含めると全国津々浦々に校歌があるが、その数はおびただしい数に達しよう。ここでは有名大学のカレッジ・ヴァージョンを紹介するにとどめる。

【例歌】

YOU TUBE

早稲田大学校歌  わせだだいがくこうか    相馬御風詞

     一

♪都の西北 早稲田の(もり)

(そび)ゆる(いらか)は われらが母校

われらが日頃の 抱負を知るや

進取の精神 学の独立

現世を忘れぬ 久遠(くおん)の理想

輝くわれらが 行手を見よや 

早稲田 早稲田 早稲田 早稲田

早稲田 早稲田 早稲田

   二

♪古今東西の 文化の(うしお) 

一つに渦巻く 大島国の

大なる使命を 担いて立てる

われらが行手は 窮まり知らず

やがて久遠の 理想のかげは

あまねく天下に 輝き敷かん

早稲田 早稲田 早稲田 早稲田

早稲田 早稲田 早稲田

  三

♪あれ見よかしこの 常磐(ときわ)の杜は

心の故郷(ふるさと) われらが母校

あつまり散じて 人はかわれど

仰ぐは同じき 理想の光

いざ声そろえて 空もとどろに

われらが母校の 名をば(たた)えん

早稲田 早稲田 早稲田 早稲田

早稲田 早稲田 早稲田

──校歌、明治四十一年発表、『校歌集』

作詞家 相馬御風

YOU TUBE

関西学院校歌

関西大学学歌

慶応義塾歌

大東文化大学校歌

中央大学校歌

同志社大学歌

白雲なびく *明治大学校歌

法政大学校歌

明治大学校歌

立教大学校歌

陸軍士官学校校歌 *合唱

流通経済大学校歌

 |  リブログ(0)

テーマ:

軍艦唱歌 ぐんかんしょうか

往時、日本海軍の軍艦を主題とした唱歌。

勇壮な海戦描写が目立つ。 

【例歌】

軍艦数へ歌・ダンゼン節 ぐんかかぞえうた/だんぜんぶし

黄海海戦参加某風流大尉詞

♪一つひらめく御旗(みはた)をあげて、旗艦松島ダンゼン乗り(いだ)す、日本(につぽん)海軍ますます万歳。

二つふしぎにやどりし鷹の、名さへ高千穂ダンゼンたから船、日本(につぽん)海軍ますます万歳。

三つ見事にきりぬけかへる、比叡赤城はダンゼン世にほこる、日本(につぽん)海軍ますます万歳。

四つ吉野はまつさきかけかけ、てきをなやますダンゼン速射砲、日本(につぽん)海軍ますます万歳。

五ついさまし秋津州(あきつしう)浪速、くんで敵をばダンゼン攻めやぶる、日本(につぽん)海軍ますます万歳。

六つむくれる敵艦めがけ、うちだす橋立(はしだて)ダンゼン厳島(いつくしま)日本(につぽん)海軍ますます万歳。

七つ名に負ふ扶桑はいつも、うしろ固めてダンゼン敵をまつ、日本(につぽん)海軍ますます万歳。

八つ山なす波をばついて、乗り出す千代田はダンゼン二番艦、日本(につぽん)海軍ますます万歳。

九つこめたる水雷うたれ、あたらぬ北京はダンゼン猶進む、日本(につぽん)海軍ますます万歳。

十でところも黄海沖に、あげし誉れはダンゼン国の花、日本(につぽん)海軍ますます万歳。

──軍歌、明治二十七年頃流行、『明治流行歌史』

YOU TUBE

軍歌「軍艦行進曲」 村田美代子唄〔新興児童レコード〕 

広島節 ひろしまぶし  

いつてんしかいをしろしめす、きみとくにとにつくさんと、あらたにつくりし、ふじかんは、とんすう一まん二せんとん、じつにとうようだいいちの、せんとじんびのめいよかん、うらじほすとつくさむくとも、しんがぽうるはあつくとも、ばんこくあいても、オヤコラサノサ、なんのそのサ

あまたどうぶつあるなかで、にほんのいぬのいふことにや、ぶどうのめだまのいぬどもが、ないちざつきよとしやれこんで、たねをゆどしてやどされて、おうきなつらでかけまはる、ちん〳〵わん〳〵ごまかして、にほんのくにをくいたがる、おもいばゆくすい、オヤ、コラサノサ、あんじられサ

──流行唄、明治三十一年頃流行、『広島節』

 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。