佐渡島で

テーマ:


漂着

浜辺に捨てられた?漂着した?テレビ。


テレビというメディアの行く末みたいな・・・


あまりに画的に完成されていて撮影スタッフ一同呆然。


ぜんぜん関係ないシーンのロケだったのに思わず撮影。


メーカーは韓国のサムソンでした。


佐渡だし、韓国製だし、きっと日本海を渡って漂着したに違いない!

と現場では盛り上がりましたが、こんな重いものが流れ着くわけないか

AD

新番組

テーマ:

「暗闇で逢いましょう」という番組をはじめます。

ヤクザ映画やカンフー映画を観たあと 自分がちょっと強くなっているような感覚。

映画館を出ると肩を揺らして歩いちゃったり。 恋愛モノなら恋したくなることもあるでしょう。

人生を左右する映画だってあるかもしれません。

そんな映画のチカラをフィーチャーした新番組をはじめます。

毎週金曜深夜ほぼ25時放送。

山梨の方はぜひ・・・。

AD

う~ん

テーマ:

栃木のリンチ殺人事件の裁判で宇都宮地裁は栃木県警の捜査の怠慢が原因だったと認め、加害者や県に損害賠償を命じる判決があった。

昨日はどのニュース番組もトップ級で扱っていた。

報道ステーションは判決の朝、法廷に向かう被害者の父親の様子から判決後の墓参りまでを映した。


判決は当然。


違和感を持ったのはテレビ報道の方で、どうして被告側が1カットも入っていないのだろうということ。

被害者の父が裁判の報告をしたのであろうお墓参りまでを紹介するんだったら、その分被告側のツラが見たい。県警の当事者や主犯格の親連中だって裁判に出席していると思われるが、1カットもなし。県警の裁判を受けてのコメントは県警の建物外景にスーパー処理。


自分は社会部記者を担当したことがないので、マスコミの人間ではあるが視聴者感覚にちょっとだけ近いと思うんだけど、どうなんだろう。

バランス悪くない?


「捜査の怠慢から生じた事件で画期的な判例を息子は作った。 息子の死は犬死にではない」と被害者の父親。でも聞いているこっちが無念でしょうがない。


刑事裁判では主犯格の無期懲役が確定している。

甘い。


裁判の経過などは

http://park17.wakwak.com/~tochigi-rinchi/

AD

いかん

テーマ:

気が付いたら年度が変わっていた。


きのうは八ヶ岳のふもとで撮影。

山本さんばかりが住む集落での伝統行事を取材。


台本に出演してもらった山本さんの名前を聞きながら

外見をメモする。

山本○○さんはめがね。○△さんはハゲ・・・。


その台本を現場に落としてきてしまった。

誰もその台本を拾わないことを願う。

食品サンプル

テーマ:

土筆


土筆と書いてつくし。

この時期は基本的にまだ生えていない。

でも撮らなければならない。

大阪難波、道具屋筋でゲット。

これは食品サンプル。


食品サンプルの土筆を地面に立たせて撮り

日本海を静岡三保で撮った俳句の番組がもうすぐオンエア。

山梨に住んでいる方はぜひ。


http://www.ybs.ne.jp/rokusuke575/