熊野

テーマ:

熊野2

世界遺産絡みの取材で熊野へ。

中上健次とも親交があったというロケコーディネーター、三石さんの案内で熊野古道を歩く。

古道は苔むした石段が延々と続き、まさに熊野の神話が似合いそうな雰囲気。

でも巡礼の道として大勢の熊野詣の人々が往来し、また地元の生活道路でもあった頃の古道は苔むすヒマなどなかったはずですと三石さん。

三石さんに中上健次のファンですと伝えたら少し遠回りして健次が住んでいたムラや「火まつり」の舞台となったムラに連れて行ってくれた。

海と山と小さくて美しい砂浜があるだけの漁村。「あそこの青い屋根の家が猟銃乱射事件があった現場です」と淡々と説明してくれた。あまりにも映画的な実景に呆然。

都市化というか開発利権が生んだ悲劇。

「火まつり」を撮ったのは柳町監督。

その柳町監督が絶賛した「国道20号線」も地方都市の悲劇。

「国道20号線」を撮った富田克也監督は甲州出身。

そして甲州・甲斐駒ケ岳のふもと、白州に紀州出身の中上健次は度々訪れていた。

縄文的というか土俗的というか甲州と紀州は似ているんですよと三石さん。

三石さんの案内で名産デコポンを購入。

なにからなにまでほんとにありがとうございました。


熊野3

AD

タベルナ危険

テーマ:

南アルプスを望むとある農場にて。

基本的に人んちの畑の野菜を採って食べないだろうけど、こんな看板出されたら決して食べない。

なんつったって「強度に残留汚染」ですから。「非常に危険」ですから。

なるべくならそんな農薬を使っていない作物をお願いしたいものです・・・。


農薬

AD

卒業シーズン

テーマ:

そろそろ入学シーズンだが、

今年は卒業式がらみで

レミオロメンの「3月9日」の楽譜が

売れに売れたらしい。

合唱に使うとかで。


楽譜はよく売れて1万から1万5千部。

「3月9日」は3万部くらい売れたらしい。


それにしてもレミオロメン。

田舎っぽさがいい。

事務所の力も大きいんだろうけど、

甲州発としたらTHE BOOM以来のメジャーか。


3/9

京都から富士山は見えないが、

構内でその姿を楽しめる。

中央改札から新幹線ホームに向かうコンコース。

でもなぜ京都駅に富士山?

外国人観光客の皆さんへのサービスか?


東京、富士山、京都を巡るザ・ニッポンツアー。

アメリカ人老夫婦なんかが、天候に恵まれず

「ついに富士山は見れなかったねえ…」

なんて言いながら帰りの新幹線ホームへ向かう途中に

この富士山を見つけ、記念写真なんかを撮るため用か。


京都で富士山!一粒で二度美味しい!

と外国人がわれ先に記念写真を撮る…

という姿は見かけなかった。


京都の富士