有りがたうさん

テーマ:

清水宏という昭和の大監督がいてつい最近DVDボックスが出た。『有りがたうさん』『簪』『按摩と女』に特典ディスク付き。

上原謙がすれ違う人々にひたすら「ありがとー」と声をかけ続ける奇特なバスの運転手を演じる面白い映画があると鉄割アルバトロスケットの打ち上げで出会った石井さんというCMディレクターに教えてもらった。そしたらDVDが出たのでアマゾンで買って観てみると、これがおもろい。

道を開けてくれる人たちにとにかく「ありがとー」「ありがとー」と言い続ける上原謙とわけありげな乗客。実際に上原謙にバスを運転させての全編ロケ。伊豆下田から三島までの乗り合いバスの車窓には昭和11年の景色が見事に映っていて、生活苦で売られていく少女とか道路工事に従事する朝鮮の若い女性とか、時代がしっかり映っている。

ヌーベルバーグ以前のヌーベルバーグといわれているそうで、ヨーロッパでヌーベルバーグが騒がれる30年も前にセットじゃなくてロケにこだわったり、台本より即興を重視したりとか、実際にそうらしいけど、でもそんな技法うんぬんより、わけありげな乗客役の女優がたばこをすう姿の美しさとか上原謙のかっこよさとか今観ても古く感じさせないパワーがある。あのときあの場所でしか映せないものがしっかり映っているんだと思う。

清水宏という監督は静岡の生まれで、松竹で小津安二郎の親友だったそうだが一般にはあまり知られていない。小津安二郎と年が一緒なので生誕記念モノ特集では小津にかなわない。でも最近『按摩と女』がスマップ主演で『徳市の恋』としてリメイクされるというので、あろうことかスマスマで清水宏の特集をやっていた。カタチはどうあれ再評価されてほしい。

AD

コメント(1)