カルテ

テーマ:

咳がとまらないので近所に開院した内科クリニックへ。

1時間ほど待って診察室へ。


医師登場。

問診しながらおもむろにパソコンの画面に入力していく。


最近のお医者さんって紙のカルテじゃないの?


今までよく行っていたお医者さんは80に届きそうなベテラン先生で

そんなおじいちゃんなのにドイツ語風の文字を紙のカルテに流暢に書いていた。

「おっ、さすが」と思ったわけで。


最近は電子カルテっていうのがあるんですね。


便利なんでしょうけどねえ、でもどうも馴染めなかったなあ。

AD

白州にて

テーマ:

「ダンス白州」というアートフェスティバルで

「山谷」という映画を見た。


テレビ屋からすると

どうやったらそこまでカメラが・・・というところまでカメラが入り込んでいるし、

ドヤ街の臭いがすごく伝わってきた。


スクリーンの端っこの方に移っている労働者のうつろな目、

筑豊鉱山跡の廃墟なんかは今の日本の象徴みたいに見えた。


完成までに監督が二人殺されたという作品。

中野の「plan B」で定期上映あり。


ダンス白州 http://www.artcamp.org/

planB http://www.i10x.com/planb/


山谷

AD

ナニ様?

テーマ:

「映画になにが語れるのか?」

上からものを見たようなこの言い方。


少なくとも映画が好きで、

映画評論をしていると思うんだけど

この表現はちょっとねえ。どうなんかなあ。


権威があるとされる雑誌だけに

そういう言い方になってしまうのかしら。


ようやく、ようやく更新。


キネじゅん

AD