{C0DBE4FD-5216-4287-818A-31AE39226111}


山形鶴岡の桜の樹。

いろんな事を知っていました。

年月は、命に知性を与え、
知性は年月に彩りを与え、

全ての“感情”に
愛おしい温もりを授ける。

7月2日雅講座、
胸の奥に眠る、喜怒哀楽の記憶を開くひととき。

皆さんで、一緒に扉を開けるときを、

楽しみにしております。

淑徳大学の公開講座で、無料ではないですが、お申し込みが必要になります。
お申し込みの方は、
大学のホームページからお願い致します。

なおOne-willの学生は無料です。

【日本の日本の雅を奏でる 
~特別公演~ 】

講  師  高谷秀司・小川紗綾佳
期  間   平成28年 7月2日 
回  数   1回  
曜  日   土曜日 
時  間   15時30分~17時00分 
公開講座番号 A-175 
定  員   45名 
受講料    2.500円 
会  場   淑徳大学池袋サテライト・キャンパス 

【ポイント】 
いにしえの人々の息吹が、今も感じられる日本の古代文学。
そこには 
現代人の忘れている感性溢れる世界が展開されています。そんな 
心の世界を音楽を通じて表現します。「和」とは何でしょう。 
便利になる一方、大切なことまで忘れられて行きそうになる 
寂しい世の中、古きよき時代の質素な生活、食文化が見直されつつあります。 
音楽も一度原点に戻り、和の曲や楽器により、故郷への憧れ、懐かしさ、 
わびさびや日本独特の感性、色、質感を大吟醸の音を通じて思いを馳せる。 
それが、日本人の美意識を見直し、現代人への「癒し」、生きる力「文化」に 
つながることになるのではないでしょうか。

【淑徳大学公開講座 http://ext.shukutoku.ac.jp 】
TEL03-5979-7061
FAX03-3988-7470 
東京都豊島区南池袋1-26-9第2MYTビル7F「淑徳大学エクステンションセンター」 

AD