東京・江戸川区にある印刷会社です。
エコ印刷・UD印刷に対応しています!

音譜小ロットの印刷物からWEBまで幅広く対応音譜

お気軽にご相談・お問い合せください。

ダウン小川印刷(㈱)ホームページダウン

小川印刷株式会社 オフィシャルブログ

お得なキャンペーンも行っております!

ぜひホームページもご覧下さい!!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-12 20:19:26

少し早目のお知らせです。

テーマ:ブログ

ゴールデンウィークも終わり、皆さんリフレッシュできましたか?この1週間でなまった?体を元に戻して、ギアを入れていきたいですね。

 

話は飛びますが弊社小川印刷は、知っている方は少ないかもしれませんが、商店街から少し入ったところに、事務所と工場が併設されています。

 

只今、弊社も加盟しています商店街(江戸川区松江大通り商店街(振))恒例のイベントの準備中で、商店街の皆様と印刷物の打ち合わせ中です。(でき次第、商店街に色々と貼り出されます。)

 

6月になれば、商店街の中元セールや松江落語会が開催されます。

 

毎回、たくさんの方に中元セールでは足をお運び頂き、落語会では大いに笑っていただき、大変うれしく思っています。

 

夏に向けてのイベントなどをお考えの企業さんや団体さんも、我々はぜひ力になりたいと思っております。

 

皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-28 12:49:52

ゴールデンウィークですね!!

テーマ:ブログ

あっというまに4月も終わりです。
明日、29日からはゴールデンウィークが始まりますね
ラブラブ
最大で9連休ですね音譜
お天気が良いといいですね~グッド!

 

 

夏にむけて、オリジナル丸うちわをつくってみませんか!?
紙だけでできているエコなうちわです。
たとえば…
お店のメニュー表として
ビックリマーク
各種イベントにビックリマーク
スポーツ観戦等の応援グッズにビックリマーク
そして丸うちわには、こんなメリットがありますビックリマークビックリマーク
・紙だけでできているので環境に優しい
・オリジナルなので自由なレイアウト作成が可能
・完全データ支給で印刷のみでも可
ビックリマーク
お問い合わせお待ちしております。


音譜弊社のお休みは音譜
4月29日・30日・5月3日・4日・5日・6日・7日の7日間となります。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-14 06:59:24

新年度がスタートしました!!

テーマ:ブログ

桜も咲き終わり、暖かくなり、これから春本番となりますね。気分も高揚してきます。

新年度がスタートしましたが、本年度も当社は地域密着でお客様のお役に立てるよう頑張っていきます。名刺・封筒・伝票・会社案内などの印刷物の作成、ノベルティーなど販促物の作成、ホームページの作成、オフィス家具、OA機器・複合機の導入、通販№1のアスクル代理店もやっており、お客様をトータルサポートできます。何かお困りごとがありましたらお気軽ににご相談下さい。ご連絡お待ちしております。

(※アスクルの最新カタログは2017春・夏号です)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-31 14:59:09

新年度が始まります

テーマ:ブログ

櫻も開花しすっかり春めいてまいりましたが皆様お変わりないでしょうか

弊社もおかげさまで充実した日々を送らせていただきありがとうございます

明日41日より弊社は新しい期に入ります

今期も皆様にご満足いただけるようより充実したサービスを提供してまいり

ますので皆様本年度も小川印刷をよろしくお願いいたします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-03 21:27:01

かたちについて③

テーマ:ブログ

 いただいた原稿から表を作成したA氏のその表に求められること、原稿の執筆者・クライアントをはじめ、でき上がった表を見る誰もがその表に求めること、それは、《見やすくてわかりやすいこと》、これに尽きるように思われます。
 《見やすいこと》と《わかりやすいこと》、これは、前回のおわりでお話したことがら(「起動因」と「目的因」の2つの因は、「形相」にまとめられること)を当てはめれば、「形相」である表が《見やすいこと》で「起動因」として見る者に働きかけ、表自らの内容を《わかりやすく》見る者に伝えるという「目的因」としての役目を果たす、といえるでしょう。

 

 ここで、「形相」という言葉にすこし深入りしてみましょう。
 読みは「けいそう」です。"必死の形相"の「ぎょうそう」ではありません。ギリシャ語では「エイドス」、「イデア」とも言ます。「イデア」のおおもとの意味は、平たく言えば、"理想のひな型"といったものでしょう。ですから、「形相」という言葉には、それを突き詰めていけばイデアのお零れに与ることができる、というニュアンスがあるようです。

 

 さて、イデアのお零れに与ることができるとまでは思っていないまでも、《見やすくてわかりやすい》表の究極の形相を見極めたいとA氏は願っています。そこで彼は、表を《見やすく》するため表示形式の統一にとりかかります。その先には、初回から話に取り上げているあの状況─統一された表示形式が別の統一された表示形式の可能性を隠してしまうという"罠"─が待ち受けているかもしれません。表示形式を統一していく作業は、可能態である質料を形相という現実態に限定していくように、より洗練された形相へと形相の限定を積み重ねていくことにほかなりません。その限定していく過程は、表の《見やすい》かたちの別の可能性をひとつひとつ消していく過程でもあるのです。A氏は、《見やすい》かたちがほかにあることには気づかないまま先へと進んでしまうかもしれません。

 

 後になって「こっちこそが求めていた《見やすい》かたちだった」と悔しがらないためにA氏が心がけること、それを要約すれば「可能性は見逃すのではなく見捨てていくもの」となるでしょう。表作成の過程では、表示形式の可能性は、あくまでも消していくもの。消えていくのに任せてはなりません。意識の俎上で可能性の取捨選択の努力を積み重ねていけば、原稿の執筆者・クライアントをはじめ、見る者すべてを満足させる《落としどころ》を超えるかたちを見つけることができるようになっていくでしょう。表作成の醍醐味はそこにあるのです。

 

 しかし、ここで注意しなければいけません。A氏の領域、かたちに関わる彼の力量が発揮できる領域、表作成の醍醐味を得る領域には極めて厳しい限界があるのです。
 「中身に問題がなければそれで十分。あとはお任せ。」と一任されたA氏が、表示形式の統一ということで、「質料因」と「形相因」の間の実線を他と同じく破線することはできないのであって、同様に破線を実線にすることも、「起動因(作用因・動力因)」と「目的因」の文字を、「質料因」や「形相因」と同じ大きさにすることもいけないことなのです。(次表をご参照ください。3つの表については前回までの話でご確認ください。)


 

 

 ここまでA氏を通して話を進めてきました。最後にA氏からDTPに携わる者にとって肝に銘じておくべきことを自戒しながらしっかりと引き受けて、かたちについての話を締めくくりたいと思います。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。