暮らしは変えられる~「子育て優先」という選択~

株式会社小川の家 代表取締役 小川勇人のブログ

大切なものは何かを問い、
優先順位をつけ
期限を区切って
実践する。

★まずは家づくり診断サービス(無料)をご活用下さい。
申込み方法:Emailまたはお電話にて
email:info@ogawanoie.jp
電話:095-879-7888(平日9時~17時)
件名に「診断希望」とご記入の上、住所、お名前、電話番号を明記下さい。

<メディア紹介>
★日経ビジネス2015/2/4
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150203/277081/
★テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」~カイシャの鑑~2015/3/30

★その他、小川の家づくりに関するご質問・ご相談は
メールまたはお電話にてお気軽にお寄せ下さい。

祝完成! Tさま(長崎市)
祝完成! Sさま(佐賀県有田町)

祝着工! Fさま(鹿児島県出水市)
祝着工! Tさま(福岡県津屋崎町)
祝上棟! Kさま(長崎市千代の幸)
まもなくプラン誕生! Mさま(長崎市)
建築中! Mさま(大阪府箕面市)

テーマ:

先日開催の相談会、おかげさまで、好評でした。

 

今回気づいたことの一つに、

「まずは自分だけで相談に来たい」

という母親(声)が多いということ。

 

しかも、できれば、平日の昼間に。

 

主人に相談したり、説明する前に、

まずは自分が聞いておきたいというお声。

 

ということで

相談ウィークを設定することにしました。

 

「家を建てたいけれど、、、相談会」

8月29日(月)〜9月3日(土)

※8月31日を除く

時間:9時〜17時

申込み:できれば事前のご予約、または当日のお電話にて。

※遠方の方は、お電話での相談も対応いたします。

 

ただし、先約が入っている場合や

事務所に不在の場合もありますので、

ご希望の日時に対応できないこともあります。

その点、予めご了承ください。

 

もちろん、

ご夫婦一緒でも^^

お子様連れ大歓迎です^^

事務所にて、授乳もおむつ交換もできますので。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週末、打ち合わせやご相談で、

何組かのご家族とお会いしました。

 

子育て優先住宅なので、

いつも子育て家族と接しているわけですが、

ちょうど「おむつ交換」のタイミングが

重なったこともあり

「子どもが子どもでいる時間」を再認識しました。

 

子どもが子どもである時間は

どれぐらいあるのでしょうか?

 

赤ちゃんが「おっぱい」「ミルク」を

必要とする時間(時期)は

どれぐらいでしょうか?

 

「おむつのお世話になるのは何歳ぐらいまで」でしょうか?

 

おむつを替えていると、

これがいつまで続くのだろうか?

何枚使うのだろうか?と考えますが、

実は、人生においては、1年とか、2年とか、

わずかな時間です。

 

「こどもが生まれたから、家のこと、

 マイホーム購入を考えるようになったのに、

 マイホームのことを考え始めたら、

 子どものことは忘れてしまっていた。

 部屋さえあればよい、ぐらいにしか考えていなかった」

 

「もともと子どものことを思って家を建てようとしていたことに、

 小川の家さんのおかげで、気づかされました・笑

 それが私たちが小川の家さんに、決めた理由です」

 

子どもが生まれたから、

子どもが大きくなってきたから、

二人目を授かったから、

「子どもの存在がきっかけ」となって、「家」を考える人は多い。

それはつまり、住居とは子育て環境だからです。

 

治安の悪いところに足を運ばないように、

環境の悪いところで、愛する我が子を育てたいとは思わない。

 

公文であれ、習字であれ、ピアノ、水泳、空手、

なんでもいいんですけど、習い事をさせるのは、

我が子に、しっかり育って欲しいと思うから。

 

子ども、家、であるならば、

子どもにとって、子育てにとって、
家族の幸せな人生にとって、

どういう家がよいのか?

 

よい、を判断するためには、

なにをもってよいとするか、

判断基準をつくる必要がある。

 

「よい」の判断基準。

それが大切なことは何か?

という問いへの答えだと思います。

 

よい家とは、

大切なものが大切にされている家。

 

大切なものとはその人の価値観、生き方。

 

子どもをのびのび健康に育てたいと考え、

それを大切にしている=実践している人は

それが叶う家を建てる。

それが叶う土地を選ぶ。

 

子どものことを考えて家を建てるなら、

子どもが小さいうち、早いうち、がよい。

 

おむつの時期が終わる、

あっという間に過ぎ去ってしまうように、

子育ても、子どもが子どもである時間もあっという間に

過去になるから。

 

私たち夫婦には3人の子どもがいます。

小5、小4、小2。

 

打ち合わせに際し、おむつ交換の姿を見ると、

ホント、あっという間に時間も人生も終わってしまうことを痛感します。

 

アマゾンでは、ポチって翌日には商品が届くようになりました。

(一部の地域では当日)

 

家と家づくり、子育て環境はそうはいきません。

 

ひとつの判断を1週間先送りすると、

次の果実を得るのが2週間先になる。

 

比較検討中の方はぜひ

子ども時間も考慮して判断、行動されてください。

 

数ヶ月、数年先に、転校や入学の関係で、

バタバタやって判断を迫られ、適切な判断ができず、
高いコストを支払う羽目に陥らないためにも。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お盆休みを終え、8/17から本格始動です。

8月11日
Tさま(福岡県津屋崎町)が着工前の打合せで来社して下さいました^^


8月12日
Kさま(千代の幸)の上棟式でした^^


なぜ「家を建てたいと思う」のでしょうか?

なぜ「家を建てる」のでしょうか?

なぜ「小川の家」だったのでしょうか?

「家を建てたい」と思って、情報収集し、
モデルハウスや展示場、建売住宅や中古住宅の案内会に足を運ぶ
子育て世帯はたくさんいらっしゃいます。

でも、実際には家を建てたいと思っているすべての家族が
家を建てるわけではありません。
マイホームを購入するわけではありません。

私たちが目にするのは
実際に建てた人、購入した人だけです。
比較対象としているなかに
「家を建てたいと思っていたけれど、
 家を建てなかった、家を建てることができなかった」
子育て世帯は含まれていません。

家を建てる人の動機は、主にふたつに分かれると思います。
①どれだけモノが欲しいか(マイホーム願望、こだわり、体裁)
②どれだけ困っているか(望む暮らしへの切望、真剣に考えると切実な悩みや苦しみを何とかしたい)

住宅ローン融資は、定収があれば
誰でも利用可能な現在。

家が建つか、建たないかの原因は、
収入の差にはない。

つまり、家を建てたいと思っていても、建てない人、建たない人は
①それほど物欲がない
②それほど困っていない
のだと思います。

困っているから家を建てるという子育て世帯でも、
生活に困窮しているから家を建てるわけではありません。

真剣に、自分と家族と子どもの日常や人生を考えたときに、
望む暮らしが今の住居のままでは叶わないことに気づくから、
やらねば、と一念発起するわけです。

先送りすればするほど、お先が真っ暗になっていくのが想像できる。
だから、決断できる。

建てることで、
大切なものを手に入れたい。
大切なものを失いたくない。

家を建てる決断をすることは、
それほど難しいことではありません。

難しいのは、
自分たちの経済力の範囲内で
できるものを提示されたときに、
その現実を受入れることだと思います。

賃貸だと案外、自分の実力と現実を受入れ易い。
例えば、
家賃6万円→こんなもんかあ。まあこれだけあれば十分か。
こういう立地と部屋数のマンションに住みたいなあ→家賃12万円かあ。さすがに無理だよね。

ところが、マイホームとなると、
だれもが新車の高級車を求める。当然のように。
大切なものは何なのかを問い、それに基づく前に、
目の前に次々と現れる選択肢に翻弄される。
なかには勘違いする人もいる。

客観的な現実を受入れることができる夫婦は
大切なものに気づき、
家を建てる決断ができると
そこから先はスムースです。
別に悲しいことでも苦しいことでもないから。

一番ストレスで、悲しくて、イヤなことは、
今の住居のままで過ごす人生だから。
そして、大切なものを失ってしまうことがイヤだから。

小川の家は家族が心身健康に暮らせる住まいを提供する会社です。
家賃6万円が、住宅ローン返済7万円になったとしても
日常の暮らしの質は、まったくちがうものになる。
大切なものがある、大切なモノを大切にする暮らしがある。

あなたはなぜ家を建てたいのでしょうか?
家を建てることで、手に入れたいものは何でしょうか?

基本的には、
今の住居では手に入らないもの、困っているものだと思うんです。

カビ、結露、窮屈、生活音、陰気、暑い、寒い、
子どもを自由に遊ばせられない、
洗濯物が乾かない、干すスペースがない
落ち着かない、熟睡できない、
隣人からのクレームに怯える
日光が入らない
それらに伴う、不安、イライラ。
そういう暮らしのストレスを解消する、
日常を快適にしたいから家を建てたいのではないかと思います。
今の住居では
自分が大切にしたいものが失われている気がするから、
出たい、家を建てたいと思うのではないでしょうか。

家を建てない、このまま家が建たないと、
あなたとあなたの家族のこれからの人生は
どうなるのでしょうか?

なぜ家を建てたいのか?

立派な家を建てて、自慢したいから、
という方もいらっしゃるかと思いますが、
家族が幸せな人生を過ごしたいから、
ということが真のニーズではないかと思います。

まずは家づくり診断をご活用下さい。
info@ogawanoie.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
家を建てるかどうかを決めるのは誰か?

家を建てると決めるのは誰か?
家を建てないと決めるのは誰か?

住宅会社や物件次第で、
家を建てるかどうか決める、
という方がいらっしゃいます。

「どれにするか」は
住宅会社や物件次第だと思います。

ただ、その前提となる
家を建てるかどうか、
マイホームを購入するかどうか、
つまり、買うかどうか、
という問題に決着がついていないと
「どれにするか」という最終決定はできません。
比較検討はしても、現実は変わらない。動かない。
抱える問題は何一つ解決しないし、望むものも何一つ手に入らない。

小川の家は住宅会社ですので、
「家を建てたい」という方が
相談にいらっしゃいます。

私が確認するのは主に3点
・経済的に家を建てる能力があるのか
・あなた(相談者自身)が家を建てることを決めているのか?
・夫婦間で家を建てることについて意思統一(合意)できているのか?
です。

上記の3点は
「(依頼するのが)小川の家かどうか」
という問題ではありません。
その方の生き方の問題です。
どう生きたいのか、をまず理解することから始めます。

もちろん、有難いことに
小川の家に住みたいから、家を建てる、
というご家族もたくさんいらっしゃるわけですが、
多くの方が、
「家を建てたいなあ」と思い、考えているからこそ、
小川の家という住宅会社に目がとまるわけです。

家を建てたいなあという思いが生じるのは、
今の住居のままで人生終わったらイヤだなあという
切実な現実からだと思います。

もしそういう状態にも拘らず、
家を建てないという選択をした場合には、
マイホームで望む暮らしすべてを
断念するという人生を選択することになる。

私としては、住宅ローン云々よりも
ストレスフルな日常がこれからも数十年間
毎日続く人生、家庭生活をイメージした方がぞっとする。

小川の家は住宅会社ではありますが、
家づくりはすべて依頼ベースです。
弊社からセールスすることはありません。
つまり「家を建てませんか?」と個別にセールスすることはない。

家を建てることを決めるきっかけは人それぞれあります。
子どもが生まれたこと、住宅会社と出会ったこと、
体調不良に陥ったこと、転勤や転職などなど。

とはいえ、
建てることを決めるのは本人であり、パートナーです。
住宅会社や、ましてや子どもや勤務先が決めるわけではありません。

家を建てたいけれど、、、というあなたへの助言。
「家を建てないとしたら、これからどういう人生になるか」を
しっかり具体的にイメージしてみて下さい。
それで納得するかどうか、後悔しないかどうか、なによりハッピーかどうか。

どちらを選ぶにしても決めるのは自分。
妻だから、決めるのは夫、ではありません。
妻として、母親として、自身の人生にとってどうか、
という基準で、自分で決め、意思表示すること。
あなたが自身で結婚を決めたように、
それをパートナーに伝えること。

現状を打破するには自らの行動しかないのです。

家づくり診断の申込み:info@ogawanoie.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
<家づくり個別相談会開催のご案内>
日時:8月20日(土) 13:30〜16:30
場所:小川の家事務所(長崎市三和町218−47)

よくあるご相談内容を以下に
・家を建てたいがどうすればよいか
・家を建てること自体を決めかねている
・将来的に家を建てたいが何を準備すればよいか
・親族の所有地に家を建てるにはどういう点に気をつければよいか
・お金の不安を解決するにはどうすればよいか
・わが家の収入でも家を建てることは可能なのか
・必要な自己資金の額はいくらぐらいなのか
・わが家の適正な予算を知りたい
など

申込み方法:Email:info@ogawanoie.jp
お電話:095-879-7888(平日9時〜17時)
にて、お名前、住所、電話番号と、希望の時間帯を明記の上、申込み下さい。

①13:30〜
②14:15〜
③15:00〜
④15:45〜
⑤16:30〜

費用:無料
申込みの締切:8月17日(水)正午

今の住まいのままではイヤだなあ、
何とかしたいなあと思われている方は
ぜひこの機会を活用して頂ければ幸いです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。