暮らしは変えられる~「子育て優先」という選択~

株式会社小川の家 代表取締役 小川勇人のブログ

大切なものは何かを問い、
優先順位をつけ、実践する。

【無料サービスのご案内】
①家づくり診断サービス
(これから家を建てたいなあ、いつか家を建てたいなあという方)

②新!土地診断サービス(土地探しを始めている方)
※現地の写真、物件のURLを送信頂ければ、第三者、住宅建築の視点でチェック。
取引に際して支障がないかどうか(住宅ローン融資、許認可、トラブル要因など)
助言させて頂きます。

③新!自己資金相談サービス(自己資金不足を懸念されている方)
※金融機関によっては自己資金ローン商品もあります。
ご事情を伺い、助言させて頂きます。

申込み方法は、Emailまたはお電話にて
email:info@ogawanoie.jp
電話:095-879-7888
件名に、ご希望のサービス名をご記入の上、住所、名前、電話番号を明記下さい。

<メディア紹介>
日経ビジネスで紹介して頂きました!2015/2/4
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150203/277081/

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」~カイシャの鑑~で紹介して頂きました!2015/3/30

テーマ:
6月21日(火)
祝日建物工事請負契約@Fさま(鹿児島県)


私が工事契約のときに説明すること、
それは極めて重要なこと3点

ひとつに、建物の重要な部分に関する設計施工上の第三者機関による検査体制。

ふたつに、上記を行っていたにも拘らず、建物の重要な部分において、
万一、重大な不具合(瑕疵)が生じた場合の保証、保険制度(10年保証)。

最後に、
工事契約からお引渡しまでの間に、
ご主人に万一のことがあった場合についての
お金の問題
権利関係の問題
心構え(どうすればよいか、その方針)


工事契約というめでたい席だからこそ、
最悪の事態についても説明する。
それが私が考える説明責任を果たす、ということだと。

「工事中に、ご主人が亡くなった場合、どうするか」

これについて、奥さまご主人双方に、
意思確認をしておくことは、極めて重要だと思います。

小川の家では、
自社で直接施工できない地域に関しては、
地元の工務店さんにパートナーとなって頂き、
お客様の工事をお願いしております。

工事契約の席において、
私がご主人がなくなった場合のことを説明すると、
すべての工務店さんが驚かれます。
でもその社長さんたちがおっしゃるのは
「確かに小川さんがおっしゃる通り、一番重要なことですよね。
 なかなか説明できることではないのですが」と。

殆どの方が生命保険に加入し、
毎月保険料を支払っている。
それは
「人は必ず死ぬ。しかし、いつ死ぬかわからないから」です。
あわせて
「自分(夫)が急逝した場合に、経済的に困窮しないため」です。

しっかりとした持ち家があって、
生命保険に加入していれば、
家族が路頭に迷うことは回避できる。
※家賃の支払いがもったいないという経済的な面もあるのですが、
 路頭に迷う(迷わせる)かどうかという問題とは次元が違うと思います。

工事契約の席で、
約束することのもう一つは
「私が死んでも、小川の家は必ずこのご注文頂いた建物をきちんとつくり、
 完成させ、お引渡し致します」ということ。
(当たり前といえば、当たり前です・笑)

私も必ず死ぬ。
いつ死ぬかわからない。

家を建てること、
家を考えるということは
人生をどうするか考えるということであり、
それに向かって行動するかどうか、決めること。

工事契約を終えると、
皆さん、ホッとした表情をされます。
当然だと思います。
私もホッとします^^


彼女もホッとしたのではないでしょうか。
これでちょっと騒いだぐらいで叱られずに済むぜよ!と^^
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【土地探しや自己資金問題について、お悩みの方へ】
新たな無料サービスのご案内です。

①家づくり診断サービス(既)
対象:これから家を建てたいなあ、いつか家を建てたいなあという方
わが家が望む暮らしを叶えてくれるマイホームを実現するためには、
わが家はどのような課題を、どういう順番で解決していく必要があるのか。その方法や手順について助言させて頂きます。

②土地診断サービス(新)
対象:ご自身で土地探しを始めている方
※現地の写真、物件のURLを送信頂ければ、
第三者である弊社が住宅建築の視点で、取引に際して支障がないかどうか(住宅ローン融資、許認可、トラブル要因など)についてチェックさせて頂きます。
土地代金以外に発生する許認可手続きや工事とそのコストは?などについて、助言させて頂きます。

③自己資金診断サービス(新)
対象:家を建てたいけれど、わが家の貯蓄で大丈夫なのか?自己資金は少ないけれど、家を建てる方法はないのか?自己資金不足を懸念されている方)
※金融機関によっては自己資金不足を補うローン商品もあります。
ご事情を伺い、助言させて頂きます。

申込み方法は、Emailまたはお電話にて
email:info@ogawanoie.jp
電話:095-879-7888
件名に、ご希望のサービス名をご記入の上、住所、名前、電話番号を明記下さい。

これまでの家づくり診断サービスだけでは
対応できなかった部分のうち、
家を建てる上で重要な部分である
・土地を購入する
(自分で探した土地は本当に安心、安全なのかどうか。第三者の視点が欲しい)
・自己資金の問題
(家を建てたいけれど、自己資金はいくらぐらいあれば可能なのか。貯金は少ないが、できるだけ早く家を建てたいので、わが家にあった方法がないかどうか知りたい)
の2点について、これまでの実践知を踏まえ、
無料サービスとしてご用意させて頂きました。
何とかしたいなあ、と思われている方は、
ぜひお気軽に、上記サービスをご活用下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ついに、テントとシュラフを買ってしまいました^^
といっても、まずは実験で、2人用のテントとシュラフを一つ。
よさそうなので、
追加して家族5人分揃えるつもりです。

私も妻もキャンプはまったくしない派だったのですが、
子どもたちも大きくなってきて、
山の登りだけじゃなく、
テント泊も加えてみようかなあと。

あわせて、
災害時の装備として。

東日本大震災や
熊本地震をみると
やはり、自分たちのサバイバル能力と装備が
家族を守る上で、大切だなあと痛感しています。

装備と体力(20kmぐらい歩ければなんとかなる)
現金、クレジットカードがあれば、
数日は何とかなります。

シュラフですが、毎晩、
子どもたちが順番に使用しています(暑いのに、、、)

子どもが子どもでいる時間は
極めて短いことを痛感します。

とくに、
最近、ご相談頂くお客様のお子さまは、
生後数カ月~幼稚園児が多く、
「あー、うちの子も、こんな時期があったなあ、それもほんの数年前」

そう考えると、
いや、実際に、
育児、子育てに奮闘する、奮闘させてもらえる時間というのは
極めて短く、かけがえのないものなんだなあと。

だからこそ、
子どもが小さいときに、
できるだけ早く、
よい住環境を与えてあげたい、
というお客様の思い、生き方に
改めて共感した次第です。

家を建てても建てなくても
生活環境がよくても悪くても
子どもは大きく成長していきます。

子どもと一緒に遊んでも、遊ばなくても
過ごしても、過ごさなくても
子どもは大きくなっていきます。

ただ、親子なんで、
親なんで、夫婦で、家族なんで、
家庭を大切にしたいなあと。
家族との日常を大切にしたいなあと。
そのためには、やはり快適な住環境が必要だよなあと。

キャンプが快適になるかどうか、
安全に、安心して眠ることができるかどうか、
それはテントやシュラフそれに付随する装備の質にかかっている。

家族ですごくキャンプしている
小川の家OBのOさん(奈良県)を目標(参考)に、
子どもたちといろいろ実験したいと思います^^
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月18日(土)
週末朝RUNで、久しぶりにロング走(目標50㎞)へ

AM6:00に自宅を出発する予定でしたが、
モタモタして、AM6:30

予想以上に、暑くて、
心も体も折れて、
いつもより時間もかかりすぎ、
36km地点でギブアップ!

バスもないので、
妻に迎えに来てもらいました。

大会への参加予定がないので、
大きな目標がありません。
踏ん張る気持ちも出てこない(苦笑)

目標って大事ですね。

ちなみに、
道行く人から、車中から
「この人、こんな暑い天気で、こんなところで、何やってるんだろう」
というたくさんの視線を感じました。

この季節、
雨降っているぐらいが
ちょうどいいのかなあと思います。

久しぶりに、体重が減るほどのトレーニングとなりました。

帰宅してから
式見カマボコとビールが最高でした。

暑さ対策をして、
またトライします。



先日のコース。
本当は女神大橋まで戻ってくるつもりだったのですが(苦笑)

※アジサイがきれいでした^



※トンネルから出たくない


※倒れる前に、迎えに来てもらえてホッと一安心
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

好きな場所
落ち着く場所
元気がでる場所
疲れが取れる場所
運気が上がりそうな場所
熟睡できる場所
もあれば、

他方、
疲れる場所
落ち着かない場所
元気がでない場所
熟睡できない場所
イライラする場所
居たくない場所
疲れが取れない場所
もある。

そこにいるだけで
眉間にしわがよる場所
もあれば
自然と笑顔になる場所
穏やかな気分になれる場所
もある

基本的には、
自分の主観の問題ですが、
いわゆるパワースポットといわれる場所は、
多くの人にとって
元気が出る、心地よい場所なのだと思います。

自宅が
まずは自分にとって
パワースポットなのかどうか。
愛する家族にとって
パワースポットなのかどうか。

何かがよい、たとえば、
家賃がやすいとか、
駅や職場、実家に近いとか、
新築だとか、何がしかの魅力を感じて、
今の自宅を自ら選択して暮らしているわけですが、
実際に暮らしてみて、
生きるパワーがでる場所なのかどうか、
という視点はすごく大事だと思います。

たとえば、同じ集合住宅で暮らしていても、
家賃が安いから元気が出る、という居住者もいれば、
住宅ローンを組んででも、出たい、という人もいる。

主観の問題ですが、
自分の人生は、
自分の主観/価値観での判断の連続ですから、
自分の生活拠点である自宅が
自分にとってパワースポットではない、
と感じたら、やはりその住居からでたほうが
自分の人生はハッピーになると思います。
そして何より、
転居する際の、本質的で最も重要な理由になるのではないかと思います。

離婚は人間関係が原因ですが、
住居はただただそのモノ(住居とその環境)が
あなたにとって、悪い(望む暮らしに適していない)だけですから、
とっとと出ましょうね、と。

持ち家となると、簡単にはいきませんが、
賃貸だからこそ、出やすいのではないかと思います。

自宅は自分にとって
パワースポットですか?

ちがうなあ、と感じる方は
ぜひ家づくり診断を申込み下さい^^
info@ogawanoie.jp
tel:095-879-7888


彼女にとって、自宅はまさにパワースポットなんだと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。