暮らしは変えられる~「子育て優先」という選択~

株式会社小川の家 代表取締役 小川勇人のブログ

「大切なものは何かを問い
 優先順位をつけ
 実践する」

時間は無限。命は有限。
幸福な人生をシンプルに追求する。

家づくり診断・ご相談の申込みは
お電話又はメールにて
TEL:095-879-7888
Email:info@ogawanoie.jp

テーマ:

マイホーム購入を考えるきっかけの一つが

「家賃がもったいないから」

 

例えば、家賃6万円でも年間72万円

5年住むと、350万円超。

 

自分が支払ったお金は

どこに行ったのかというと、

「住居の借り賃」なのですが、

家主の資産になったわけです。

家主の借金返済の原資になったわけです。

 

住む所は生涯必要ですから、

平均寿命80年として

25歳から賃貸生活を始めると

55年間、家賃6万円の居住空間に

計4000万円支払うことになります。

 

それでは「家賃がタダ」なら、どうなるのでしょうか?

 

モノには値段があり、

値段は品質に比例します。

需要と供給の関係で決まります。

 

住居に関して言えば、

タダはタダなりの質です。

もちろん、資産家の家庭で、

高額な住居をタダで使わせてもらえるケースは別ですが、

そういう家庭は殆どない。

 

「家賃はタダでも出る」

という夫婦はたくさんいらっしゃいます。

 

これは家賃がもったいないではなく

人生がもったいないからではないかと思います。

金銭的な損得勘定ではない。

 

これは分かりやすいところでいうと

ファッションがあります。

ぼろ布着てる夫婦は殆どいないです。

女性は化粧します。

アクセサリーを身につけます。

バックも靴も一つじゃありません。

 

誰かのお古の破れた運動シューズに、

穴のあいた年代物のジャージ姿って

コントの衣装ではあっても、

そんな女性は殆ど見かけません。

 

つまり、身につけるものは安けりゃいいってもんじゃない、わけです。

結婚式にはウエディングドレスを着るわけですね、きれいな。

それと同じで、

結婚生活、家庭生活において、陰気で窮屈で暑くて寒くて臭くて、

そんな住居での生活を望んで結婚したわけじゃないし、

そんな人生望んでいないと思うんですよね。

だから、家賃がタダでも出る、わけです。

幸福な人生を過ごしたいから。

 

食べ物だって同じです。

おいしいもの、安全なものを選んで食べるわけです。

安いに越したことはない、とはいえ、

タダでも食べないものってありますよね。

 

赤ちゃんや幼少期のときには、

子どもに食べさせるもの、着せるものを非常に気を使います。

そんなときに、タダだから、という理由で、

なんでも食べさせるかというと、そんなことはしないと思います。

 

食べ物の安全性には気を使うわりに、

住居の安全性、室内空気の安全性については

意識が低いというのが現実問題としてあります。

 

でもそれは本人の自覚が乏しいとかそういう問題ではなく、

そもそも室内空気の安全性に関する広告が、

それ以外と比べて圧倒的に少ないからです。

だから、殆どの人が情報として知る機会がない。

ただそれだけです。

しっくいや珪藻土、無垢材のメーカーが

大々的にCMを打てれば変わるかもしれませんが、

そんな資本力ないですから(苦笑)

 

いずれにしても

家賃がタダだから、

家賃が安いから(得している)と思っている方は、

気づかぬうちに、かけがえのないものを毎日失っている可能性もあります。

少なくとも毎日心身健康的に、熟睡できて、快適に暮らせていないのであれば、

それがまさに失っている価値であり、

それは今の住居が原因なわけです。

 

来年のクリスマスもお正月も

また今と同じ住居で過ごしたいのか?

 

タダほど怖いものはない、といいますので、

今の家賃と住居は我が家の人生、日常を幸福にしてくれているのか?

と考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12/1(木)

福岡県津屋崎町で建築中だったTさま宅の建物完了確認へ

 

Tさんご夫婦の意思の強さ、愛情、信頼、行動力が実現させたわけです。

その原動力になっているのが

「この子のために、自分たち夫婦が、いまできることをやる」

という一貫した姿勢と判断。

 

振り返ると、

はじめて彼女を連れて弊社の事務所へそうだんにいらっしゃったのは、去年の夏。

 

「ちっちゃかった」あの子が

たった1年ちょっとで

もうこんなに大きくなるんだ!

と当たり前のことにすごく驚きました。

 

「子どもの成長はあっという間」と口では皆さん言いますけれど、

そのかけがえのない秒速で過ぎ去っていく時間を

どの程度大切にしているのか?というと

案外、優先順位は低い。

 

子どもと過ごせる、かけがえのない短い毎日を

どんな環境で過ごすのか、暮らすのか。

 

真剣に考えたときに、

小川の家と出会い、

子どものために、子育てのために、家を建てる、

という選択になったのではないかと改めて思いました。

 

毎日呼吸するわけです。

黄砂やPMやら、大気汚染からの健康被害が避けられない環境にいる中で、

自宅の室内も同じような化学物質の空間で

呼吸し続けるというのはやっぱり良いものではないと思います。

 

Tさん宅に入った瞬間の

おどろくほどの木の香りと深呼吸してしまう空気。

 

毎日そういう空気と明るさと肌触りの中で暮らす人生というのは

家族の心身を健康なものにしてくれるのではないかと確信しています。

 

Tさんおめでとうございます^^

ホント、よく頑張りました!

尊敬します。

小川の家を選んで下さって心から感謝とお礼申し上げます。

 

私たち小川の家は、

子どもをのびのび健康に育てたい、

家族仲良く健康的に快適に暮らしたい、

そういう素朴で純粋なニーズに対応できる住宅会社であり続けることを追求します。

 

経済力がある(自己資金がある、年収も高い、親の援助金もある、収入も安定している)

いわゆる「買える人だけ」を対象とするような家づくりはしません。

 

子育て優先の家づくりは

子どもが小さいときに買えなきゃ意味がない^^

 

つまり、若い子育て世帯でも実現できるように

これからも全力を尽くしていきます。

 

※家づくりのご相談はメール又はお電話にて

info@ogawanoie.jp

095-879-7888

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

11/30(水)

娘・奈南の誕生日

8歳になりました^^

 

義父母からのプレゼント(本人指定^^)

 

娘と記念に一枚。

 

せっかくなので、少し昔の写真を探してみると、

ほんの数年前はこんな感じだったんです。

月日が経つのが早いというより、

子どもは毎日グングン成長しているんだなあと。

 

父親である私から彼女への誕生日プレゼントは

「娘がしたいことにパパもつきあう」券

まあ、早い話、二人でデートしましょうと。

 

わが家は子どもが3人いますので、

ひとりひとりの意見が通ることは殆どありません(苦笑)

 

家族の遊びも、基本、僕の遊びにつきあわせている(苦笑)

 

で、上記の提案。

「いらん」って言われるのを覚悟してたんですけど、

本人なりに結構考えてくれて、

意外とアッサリ

「スケートしてみたい」と。

 

いいねえ。

 

スケートリンクを調べてみると、

福岡市内にある。

 

ということで、12月18日(日)に

彼女への誕生日プレゼントで

スケート行くことにしました^^

家族みんなで^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

・マイホームを所有すること

・家を建てること

は誰にとっても大きな決断ではありますが、

だからといって、特別な能力、財力が

必要かというとそんなことはありません。

 

周囲を見ればわかるように

自分の家を持っていて

自分の家で暮らしている人はたくさんいる

 

持ち家を選択する理由はいろいろあるでしょうけれど、

一番大きな理由は、自分の家=安心感ではないかと思います。

 

・生活拠点を奪われる心配がない

・安心して暮らせる

・自分の自由にできる

それが持ち家の最大の価値のひとつです。

 

借家である限り、

大家さんの「出て行って下さい」には

従わなければならない

(家賃を払い続けても、家主の事情で、退去を命じられることはよくある)

 

それがいつ、どんなタイミングで

わが身に降りかかって来るかは

誰にもわからないわけです

 

細かい話をすれば、

壁に絵を飾るために、

穴を開けて良いかどうかも気にしなくてはいけない。

 

つまり、

いろいろ気にせずに暮らしたい

安心して暮らしたい

安心して子育てしたい

だから、

自分たちの家を買う、

家を建てる、わけです。

 

家づくりを決断した

お客様のホッとした表情、

完成したときのなんともいえない充足感というのは

「これで安心して暮らせる」ことを

手に入れることができたからだと思います。

 

不安が尽きない、といえばそうなのかもしれませんが、

その不安の原因が、

自分で解決できる物事であれば、

解決するにはどうすれば良いか?を問い、

解決策を考えて実行すれば良いですし、

自分ではどうにもできない物事であれば、

そもそもそれを不安視したところで

どうにもならないわけですから、そんなことは気にせずに、

自分がやるべきこと、自分でできることに注力すれば良いと思います。

 

私自身、あんまり不安はないです。

不安に思うことは、解決することにしていますから。

 

不安です、不安です、という人に限って、

やるべきことをやらない。

やることやってる人は

おそらくあんまり不安ってないんじゃないかなあと。

 

「不安じゃないですか?」と聞かれても

「だって、自分にはどうにもできないことを

 気にしても仕方がないじゃないですか」

と応じるのではないかと。

(たとえば、住宅ローンの金利が急上昇したら)

 

そもそも真剣に不安なことだったら、

本気で解決しようとするわけです。

 

育児の不安

暮らしの不安

子育ての不安

家計の不安

子供の健康不安

自身の体調への不安

 

住環境が原因の不安解消であれば

お役に立てます。

 

来年には解決してしまいましょう!

 

ご相談はこちらから

info@ogawanoie.jp

095-879-7888

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月18日

現在建築中のMさまが

第三子を無事に出産されました!

 

Mさまから素敵なご家族の写メをおくって頂き、

ちょうど疲れていたところだったので、

ウルッと来ちゃいました^^

 

三月の初回面談から

家づくりを進めていく中で

どんどん、ぐんぐん大きく成長していくお腹の赤ちゃんが

しっかり上棟式をお腹の中で見届けて

この世に誕生してくれました^^

 

時間は無限にありますが、

命は有限であること

子どもが子どもでいる時間はすごく短いこと

成長していく、巣立っていくとはこういうことなんだということを

すごく実感しました^^

 

で、

なんと、

家づくりのご相談を頂いていたSさまからも

「11月18日に第二子を無事に出産しました!」

というメールが届きました^^

 

家づくり診断を通じて、

出産予定日が近いということは伺っていましたが、

いやあー、すごいっすね、こんな偶然があるなんて。

 

そういえば、

お二家族とも同じ町内。

もしかしたら、同じ産婦人科だったりして。

 

いつも思うのですが、

「この子のために!」

というパワーは

赤ちゃんや子どもが

親の背中を押してくれているんだと思います。

 

育てるんだけど、

子どもから

育てられる

支えられる

踏ん張れる。

 

いろいろありますけど、

子どものことを中心に考えると

子どもの立場で考えると

幼少期の子どもにとって一番大切なものはなにか?

親しか与えることができないものは何か?

と自問自答すると、

子どものために家を建てる、

子どもをのびのび健康に育てるために住居をを変える、

小川の家が提供する

子育て優先の家を選択するというのは、

極めて自然な判断ではないかと思います。

 

いずれにしても

二人の赤ちゃんとの

初顔合わせが楽しみです!

 

家づくりのご相談は

info@ogawanoie.jp,095-879-7888

までお気軽にお寄せ下さい。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。