「また膝が痛いそうなので診て下さい!」


と、Tちゃんのお母様からの電話。

2週間前
施術した左膝の痛みが再発したのか?

そんな少しナーバスな状態で
Tちゃんのご来店を待っていると

今回は反対の右膝を引きずっていました。


そして前回とは
少し様子が違います。

早速検査してみると

患部をちょこんと触れただけで
ピリッとくるような痛みが出ており

間質液が溜まってるのか
皮膚がぶよぶよしています。

どうやら外傷性(打撲等)の膝痛のようです。

演技に夢中だったのか
本人は身に覚えがないそうですが(笑)

今回の痛みは
言ってしまえばケガなので 

僕ら手技療法の範囲外です。

かばっていた事で
こわばっていた筋肉を緩めて

施術を終わりました。


今回のように
外傷性の痛みで来られる方も稀にいます。

そうなると
当然患部は触れませんが

周囲の緊張部位を緩める事で
ケガの回復がかなり早くなります。

肉離れやねんざをしてしまい

湿布やアイシングをしても
いまいち症状が回復しない時は

整体で周囲の緊張を緩めるのも手です。

また、いつまでも
湿布やアイシングを行なうと

ケガの治癒が遅れる事があります。

少しピリピリするかもしれませんが 
早めに患部の周りを温めてあげて下さいね!

{A2C8D55B-D64A-48DD-96D2-5232F11FC980}

{521ECCC5-E312-48EC-B63A-42BEE2F52BE1}




無料アプリの登録で当店へ簡単予約!
iPhoneの方はコチラから
Androidの方はコチラから
AD

わずか500gの刺激。

テーマ:
こんにちは、おがた整体室です。


興味がない内容かもしれませんが

今日は個人的に興奮している事を話します(笑)


昨日から

ある方法で筋肉をゆるめているのですが

その効果が予想以上でびっくりしています!


小さな筋肉なら10秒以内
大きい筋肉でも1分以内

で筋肉がゆるみます。

それもゆるゆるに(゚o゚;;


今まで様々なテクニックを学びましたが

このスピードは圧倒的ですね。


ぶっちゃけ

一瞬で変化を出すっていうのは

そんなに難しい事じゃないんですよ。

手がこれだけ挙がるようになった!
腰がこれだけ伸びるようになった!

とかって。


でもね、実は

大体が数十分、数時間もすれば

元通りなんてモノばかりなんです。


筋肉はある程度であれば

一瞬で硬くも柔らかくも出来ますから。


でも、この方法は

それらとは違う次元で

さらに500gというソフトな刺激で

筋肉をゆるめきってしまいます。


そうすると

肩や腰の痛みは消失します。


500gというと

{9E47C622-810E-44B0-855D-F29AEC91C3C7}

このペットボトル一本分の圧が

{4386CE4C-DAED-4EF7-BD62-C3E817AD8090}

このように

指からかかっている状態だと思って下さい。


ちなみに

一般的には数十kgはかかっていますので

その10/1以下の強さになります。


それだけ弱い刺激ですから

筋肉をより硬くしたり傷付けるリスクも

限りなくゼロに近くなります。


つまりは

肩こりや腰痛が再発しない可能性が

受ければ受けるほど高くなるのです。


これ、最高だと思いませんか?


デメリットとしては

「やられてる感がない」

って事に尽きるでしょうね(笑)


なんせ

指でちょんと触れられてるだけですから。

そこを求めている方は

既存の治療法、施術法をオススメします。


施術後、又は翌日の変化を実感して下さい。


…化粧品のCMみたいですが(笑)



当店は対処療法ではなく

これからも「根本療法」を突き詰めます。


共感される方は

ぜひいらしてみて下さい(^-^)





無料アプリの登録で当店へ簡単予約!
iPhoneの方はコチラから
Androidの方はコチラから
AD
なぜ、当店が肩こりや腰痛の方に対して

肩や腰を強く押したり揉んだりしないのか?

分かりやすく説明したいと思います(^-^)



まず、最初に知ってもらいたいのは

コリや痛み、痺れの原因は

「筋肉の過緊張」です。



一般的に言われている

関節、骨、神経、軟骨等は

コリや痛み、痺れの原因ではありません。



整形外科、整骨院、治療院等では

関節、骨、神経、軟骨が原因だと言われた!

とおっしゃる方もいるでしょうが

これは完全に間違いです。



何故なら、慢性痛において

痛みは「筋肉」にしか感じないからです。

これは解剖や生理学的に説明が出来ます。



じゃあ、原因が筋肉にあるのなら

そこを押したり揉んだりすればいいのか?

というと

問題はそう簡単ではありません。



人間には「防御反射」という

身体を守る為の機能が備わっています。



例えば

罰ゲームでしっぺやデコピンをされる時

無意識的に筋肉に力が入りますよね?

あれが防御反射です。



これは筋肉を強く押したり揉んだり

又はストレッチで伸ばし過ぎたりする時も

身体を守ろうと働いてしまいます。



つまり

筋肉に力を入れて硬くしてしまうのです。



これが習慣的になると

身体は強い刺激により硬くする事で対抗して

どんどん筋肉が硬くなっていきます。



筋肉が硬くなるという事は

コリや痛み、痺れが出やすくなるという事です。



スーパーのブロック肉のように

あなたが死んだお肉の塊なら

強く叩いたり揉んだりすればするほど

筋肉は柔らかくなるのですが

あなたは生きたお肉の塊ですから

そうはならないわけなんですね。



こういうメカニズムを知って

強もみ、強刺激患者にならないように

気を付けて下さいね。



強すぎる刺激は

身体の機能を低下させ、鈍らせます。

{06DEE61B-DE10-4A37-87FC-AEC7EEC9EC86}





無料アプリの登録で当店へ簡単予約!
iPhoneの方はコチラから
Androidの方はコチラから
AD
当店には

僕の想いやアドバイスを受け止めて

月に1〜2回、通って下さる方が多くいらっしゃいます。

その一方で

身体が悪い状態であるにもかかわらず

1度きりで来なくなる方もいらっしゃいます。


もちろん

僕の施術の中身であったり、金銭的な問題もあるでしょう。

しかし

こういう方は

「1発で治る魔法のような整体」

を求めている傾向があります。



あらゆる治療院や整体店を巡っては

ここでも良くならなかった
あそこでも良くならなかった

と、言われる方が多いのです。


確かに

僕ら施術する側の未熟さもあるでしょう。

しかし

その肩こりや腰痛が良くならない最大の理由は他にもあるのです。

それはズバリ

「生命力の低下」です。


どんなに素晴らしい治療を受けても

あなたが生命力を下げるような習慣、思考を変えなければ

肩こりや腰痛は良くなっていかないですし


どんなに素晴らしい治療を受けても

あなたが一度きりで通うのを止めてしまえば

肩こりや腰痛は良くなっていかないのです。



これは何もリピートさせない為ではなく(笑)

身体の「恒常性」という働きから証明されている事です。

簡単にいうと

身体は前の状態に戻ろうとする

というメカニズムの事です。



肩こりや腰痛は「悪」ではなく

身体の状態を知らせる大事なサインです。

そのサインを無視したり、抑え込んだりせず

しっかり向き合って欲しいと思います。

身体は良くなるように出来ているのだから(^-^)




無料アプリの登録で当店へ簡単予約!
iPhoneの方はコチラから
Androidの方はコチラから
こんにちは、おがた整体室です。

本日は当店の特徴でもある

「頭蓋骨の調整」の動画をお届けします。

動画はコチラ


頭蓋骨の調整と聞くと

テレビなんかでやる

ぐいぐい押したり揉んだりするのを

思い浮かべる方も多いと思いますが

当店はこんなソフトに調整しています(^-^)

動画はコチラ


撮影中、スマホの緊急速報が流れるという

まさかのハプニングに見舞われましたが(笑)

より臨床に近い形で撮りました。

頭や顔のゆがみ等でお悩みの方

参考にされて下さい!


無料アプリの登録で当店へ簡単予約!
iPhoneの方はコチラから
Androidの方はコチラから

うんこ座り出来る?

テーマ:
うんこ座り(ヤンキー座り)って出来ますか?

{F090D9E2-2BE2-4D2E-886E-B8EA2ACA6DE0}

これね、出来ない人(特に女性)多いんです。

これが上手く出来ないと

・アキレス腱が伸びない
・内臓や骨盤低筋群の働きが低下
・慢性的な足のむくみ、冷え

といった症状が出てくるので

婦人科系、消化器系に問題が出たり

膝や股関節痛、腰痛になったりします。



じゃあ、何が問題でそうなるのか?というと

もっとも多いのが靴、特に【ヒール靴】です。

ヒール靴というのは

常に軽くつま先立ち(底屈)をした状態ですので

それに合った足の使い方に身体が慣れてしまい

うんこ座りがやりにくくなります。

少し専門的にお話しすると

{26FCF550-CE49-4CB1-9D86-CB05281F6FE8}

この赤い距骨(きょこつ)という骨が 

中に入り込みにくくなるんですね。

そうすると

アキレス腱やふくらはぎが上手く伸びません。

当然、固まると

冷えやむくみ、痛みも出てきます。


ふくらはぎや足裏をマッサージするのも良いですが

根本的には靴を見直す事が必要不可欠です(^-^)


無料アプリの登録で当店へ簡単予約!
iPhoneの方はコチラから
Androidの方はコチラから
「右肩の痛みと腰痛で眠れなかったんです…。」

そう悲痛な叫びを訴えて来店したのは

まだ20代後半の青年社長。

かなりツラそうな表情を浮かべていました。 


お話しを聞くと

長時間の運転やデスクワークはしていないとの事です。

じゃあ、何が原因だろう?と

身体を触診させてもらうと…

おなか(特に右)の異常なハリを感じました。

何やら数日前に

接待でかなりアルコールを摂取したそうです。

恐らく、それが大きな原因の1つだと確信。

肝臓、腎臓、腸を中心におなかの調整をさせてもらうと

かなり楽になりました!!

と喜んでくれました(^-^)


彼の場合、メンタル面においても

内臓へ負担をかけているように感じました。

生真面目な性格なので

スタッフ教育や経営面での不安等が蓄積し

身体が参ってしまったのでしょう。


特に経営者の方は

自分を追い込み過ぎたり、責め過ぎる傾向にあります。

また、立場的に孤独になりやすいので

気兼ねなく話せる友人、又は経営者仲間を作る事は非常に大事です。

この子も無理せず、時には意識的に休んで

仕事してもらえればと思います。



無料アプリの登録で当店へ簡単予約!
iPhoneの方はコチラから
Androidの方はコチラから
こんにちは、おがた整体室です。

先日いらした新規の方の症例です(^-^)

その方は1〜2年程前から腰痛に悩まされ

病院で薬をもらって毎日服用したり
整体やカイロプラクティックに通ったり
筋力不足と体重増加を指摘されジム通いしたり

色々試してみるけど、イマイチ効果を感じないという方でした。

お身体を検査してみると

内臓、その中でも「腸」の問題を見つけ、その方に訪ねてみると

ちょうど腰痛を感じるようになった頃から勤務時間が遅くなり

夕飯を夜中にドカ食いするような生活サイクルになったとの事でした。

早速、腸を中心にした内臓と骨盤の調整を行うと

かなり症状が軽減しました!!



この方のように

腰痛の原因が内臓にある方は多くいらっしゃいます。

その場合

まず優先すべきは食生活の改善と、内臓の調整になります。

ジムに行って減量するのも良いですが

問題は脂肪や体重ではなく、「内臓疲労」だという事を理解して下さい。

内臓の機能が上がれば

体質が変わり、腰痛が起きにくくなります。

その結果として痩せやすくもなるのです。

参考にしてみて下さい(^O^)


無料アプリの登録で当店へ簡単予約!
iPhoneの方はコチラから
Androidの方はコチラから

女性の皆様、朗報です。

テーマ:
会員様向けに発信している動画に

新たな講師が仲間入りします!!

松岡先生、下田先生、そして僕と

今まで男盛りの三人で配信してきましたが(笑)

今回は初の女性講師です!


動画の内容としましては

女性なら誰もが気になる「美容」や

赤ちゃんや子育てに関する豆知識を中心に

配信して頂く予定です。


詳細はまた後日、お伝えしますので

会員の皆様は楽しみにお待ち下さい(^-^)

{0665564B-2031-4E48-A1ED-29EBBFD53587}

注)これは動画ではありません!




無料アプリの登録で当店へ簡単予約!
iPhoneの方はコチラから
Androidの方はコチラから
こんにちは、おがた整体室です。

会員の皆さん、お待たせしました…。

専門講師による動画講座の第二弾が

この度、遂に解禁となりました!!


今回の講師は知る人ぞ知る

今話題の肩こり腰痛のセルフケア法

「さとう式リンパケア」

その上級インストラクターである下田先生が

特別に動画を撮って下さいました。

下田先生のインタビュー動画➡︎コチラです。


このさとう式リンパケアが

普通のセルフケアと何が違うのか?というと

その圧倒的な微弱刺激、タッチの軽さ

にあります。


既存の肩こりや腰痛のセルフケアといえば…

ストレッチで伸ばしたり
棒やボールで押し付けたり
湿布や飲み薬を飲んだり

といったものだと思いますが

このさとう式リンパケアは

どの方法とも全く違います。

これらのどのセルフケアよりも

弱い刺激で、しかも短時間で行います。 


つまりは

どのセルフケアよりも

安全、安心、そして気軽に行えるのです。


既存のセルフケアは

やり方や頻度によっては

逆に身体を悪くしたり、痛める事もあります。


しかし、このさとう式リンパケアは

こういった問題はまず起きません。

それは解剖や生理学に基づいた

身体の理論が確立されているからです。


今回はそのセルフケアの1つを

会員の方のみに配信致します。

楽しみにお待ち下さい(^-^)

下田先生のインタビュー動画➡︎コチラです。



会員登録がお済みでない方は

こちらのアドレスに

・お名前
・生年月日
・ご住所

を明記して、メールを送信して下さい。

ogata.seitaishitsu@gmail.com