高級賃貸が大好きなオガシンのブログ

不動産仲介屋に勤務する32歳のブログです。
仕事やプライベートについて書いていきます。
どうぞ宜しくお願いします。


テーマ:

・海の中の風景に魅了される人たち 

水面から射し込む柔らかく美しい光、透き通った海に花ひらくサンゴ礁の楽園、興味津々で近づいてきてときには一緒に遊んでくれる野生のイルカたち、時間の蓄積に思いを馳せながら海底探検のワクワク感を演出してくれる沈没船等々、ダイビングで楽しめるイベントは沢山あります。

そのような海の中の美しい風景ですが、「テレビでなら見たことがある」という人は多いかもしれません。 

 

けれどもテレビの画面越しに見るのと、実際に海の中に潜って、眺めて、体感してみるのとでは大きな違いがあります。何よりも目の前に広がる壮大な海中の風景、感動的な景色、これらに魅了され「ダイビングに行ったら人生観が変わってしまった」という人もいるほどです。

 

 「ダイビングって海にぶくぶく潜るんでしょ? ちょっと怖いかも」という初心者の方もいらっしゃるでしょう。大丈夫です。はじめは誰もが初心者だったのです。最初の一歩にはほんの少しの勇気が必要かもしれません。けれどもその僅かな勇気だけで世界が大きく広がるとなれば、ダイビングに挑戦する価値は十二分にあります。 

 

・ダイビングで広がる世界 

水中での行動は、宇宙での無重力空間でのそれに近いものがあります。この独特の浮遊感にハマってしまって、サイパンのダイビングに何度も行ってしまう人がいるほどです。

 海の中の景色は陸上とはずいぶんと異なり、さながら別世界です。日常の喧騒から遠く離れて海の中を思うがままに漂ってみたり、流れにまかせて先の方へ行ってみると息を呑むほどの美しい光景が目の前に広がっていたりと、常に新鮮で感動的な世界がそこには満ちているのです。

 また別の意味でも「世界」が広がります。ダイビングの趣味には年齢や性別、国籍を問いません。極端なタフネスさを強いられることもなく、生涯を通じて楽しめるマリンスポーツです。

ですのでそこで出会う人は少年少女からおじいちゃんおばあちゃんの年齢の人まで様々です。職業が違っていても同好の士ということですぐに仲良くなって和気あいあいとなることも。何より普段の生活ではまず会うこともないだろうと思われる人々にどんどん出会えてあっという間に仲良くなれるというのは、あなたの人生に非常にプラスになります。

 

 

 ・サイパンのダイビングでの楽しみ方 

 

なんといってもサイパンの海の魅力は、”マリアナブルー”と例えられる美しさと透明度の高さです。人気スポットとなっているグロットは、波の浸食によって形成された水中洞窟や、海流の関係で魚たちが好んで集まるドロップオフ(急斜面)といったダイナミックな地形が織りなし、何度も行ってみたくなります。一面に真っ白い砂地が広がるオブジャンビーチもお勧めです。サイパン北側の洞窟では天井の穴から太陽光が神々しく射し込む「スポットライト」も堪能できます。

またサイパンから約8kmのところにあるテニアン島も人気が高く、こちらではウミガメを見ることができます。 

水温は夏場は30〜32℃前後、最も温度が下がる1月から2月にかけても27℃前後とダイバーの身体に優しい自然環境です。ベストシーズンは5〜7月あたりですが、年間を通じて楽しむことができます。

ただ季節や時期によっては風が強いこともありますので、船上での寒さが気になる方はラッシュガードやウインドブレーカーを用意すればまず問題ないでしょう。 サイパンは本格的なダイビングスポットでありながら、ビーチダイブもできます。ビーチから徐々に海中に入っていく方法で、初心者の人でも安心なのがポイントです。またビギナー向けのコースや講習も充実していることも魅力のひとつでしょう。 

 

ダイビングは、海の中の風景や魚たちと気軽に楽しむことも醍醐味ですが、人の心の深いところをグッと揺さぶることもあります。「興味はあるけれど」と尻込みしている方は、ほんの少しの勇気を持ってダイビングにドボンとダイブしてみましょう。

 

PR 高級賃貸なら賃貸百貨

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんにちは。
今日は海の日。絶好の海日和ですね!!

せめてプールにでも行きたいのですが、
今日も私は仕事です。

さて、表題の件ですが、
私のクライアントより住宅購入(住宅の新築)の相談を受けました。
消費税がもうすぐ上がるから今急いで買うべきなのかと言うものでした。

私は賃貸屋なもんで、あまり詳しい知識は持ち合わせていないのですが、
せっかく相談迄してくれたのだからとちょっと調べてみました。


消費税は
H26年4月よる現行の5%→8%へ、
その後
H27年10月からは8%→10%へ段階的に引き上げられる見通しですね。

但し、一部の取引には経過措置が設けられており、
例えば住宅の新築についてはH25年10月1日以降に請負契約を締結し、
H26年4月1日移行に引き渡すものについては新税率が適用されるとあります。

つまり、H25年9月30日以前に請負契約を締結しておけば、
引渡がH26年4月1日以降でも旧税率が適用されるわけです。

これだけ聞くと今買うしかないと思ってしまいますね。


一方で、住宅ローン減税の視点から見てみます。

まずH25年3月末までに入居した場合、現行の制度が適用されます。
この場合は控除対象借入限度額は2,000万円で毎年の控除率が1%、最大控除期間は10年です。
すると10年間の最大控除額しては
2,000万円×1%×10年=200万円になります。

しかしH26年4月~H29年12月迄に入居した場合については
控除対象借入限度額は4,000万円で毎年の控除率が1%、最大控除期間は10年になります。
すると、
4,000万円×1%×10年=400万円
つまり400万円が最大控除額になります。

このように住宅ローン控除の視点から見ると
H26年4月以降(消費税率8%適用)に入居する場合、
最大で200万円の恩恵が受けられることになります。

消費税については土地にはかかりませんので、
例えば建物が2,500円だった場合、税率の差額は
2500万円×(8%-5%)=75万円となります。


仮に住宅ローンを4,000万円以上組んだ状況で
所得の高い方であれば、ローン控除の恩恵をMAXまで受けられるため、
このローン控除を選択した方が有利と言うことになります。

逆にローンが少ない方であれば
消費税の増税分に見合う控除が受けられませんので、
増税前に購入する方が有利と言えます。


住宅の購入は一生で一番高いといわれる買い物ですので、
ご自身のライフプランにあわせて
じっくり検討していただくのがベストなようですね。

クライアントにも説明してみます( ̄▽+ ̄*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご無沙汰しています。
最近、営業と契約、それから広告業務を
すべてワンストップでやっています。

広告業務をやっていて気がついたのですが、
自分がおすすめしたい物件の反響があった時に、
「おお!やはりわかってくれましたか!」と
お客さんと共感を得ることができます。

なんか物件情報を入力していると、
その物件に愛着が出るんですよね。

既に調べている物件なので、
反響があってからの話も弾みやすいですし。
いい感じで契約までお話が進みます。

そういう流れにはまってしまえば、
自分だけで仕事ができてしまうのではないか、
と考えてみましたが、まだ問題があります。

インターネットから多くの反響を獲得するためには、
スーモやホームズ等のポータルサイトでは限界があると思っています。
どうしても他社と広告する物件がかぶってしまいますし、
費用対効果も決して良いとは言えません。
(仲介業ってそんなに儲かる業種ではないんですよね。)

そうすると残るは自社ホームページですが、ここで
SEOやPPC等の対策も必要になってきます。
この作業が慣れていない私には非常に重いと感じています。

外注という考えもありますが、
ここに多額の費用を払ってしまうのでは
SEOの費用対効果での強みを活かせないことになるし、
万が一、結果が出ないようなことがあるのであれば
ポータルサイトを活用した方が安定しているかもしれないと言えますね。

とはいっても、突き抜けた会社にするためにはSEO対策は必須だと思います。
旅行でもいってゆっくり考えたいと思います。

話は飛びますが、学生時代の友人(独身)と
7月に旅行に行ってきます。


中国なんかがいいなあと思っています。
景色がいいところで癒されたいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。