Paeonia lactiflora

テーマ:

koumori of ogasawara
シャクヤク(芍薬)


牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し、芍薬は花の宰相、「花相」と呼ばれる。ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草である。そのため、冬には地上部 が枯れてしまい休眠する。ボタンの台木として使用されるが、シャクヤク自体の花も美しく、中国の宋代には育種が始まった。江戸時代には「茶花」として鑑賞 され、品種改良も行われた古典園芸植物でもある。また熊本藩では武士の素養として園芸を重要視し、奨励された。特に六種類の植物が盛んに栽培、育種され、 これを「肥後六花」と総称するが、キク、朝顔、椿等 と共にシャクヤクもそこに加わっている。この熊本で育種された系統を「肥後芍薬」と呼ぶ。これを含め日本のシャクヤクは一重咲きが中心で、特に雄蕊が大き く発達して盛り上がり花の中央部を飾るものが多く、全般にすっきりした花容である。この花型を「金蕊咲き」と呼び、海外では「ジャパニーズ・タイプ」と呼 んでいる。花の形は「一重咲き」「八重咲き」「翁咲き」などがある。株分けで増やすことが一般的。






















折居健二



AD

Fern Palm

テーマ:

koumori of ogasawara


薬用として
日本の局方には収載されていないが、中国では漢方薬として、葉、種子、茎、花、 根が薬用になると考えられている。葉には止血、解毒、止痛の効果があるとされ、胃薬や血止めの薬にされる。種子は男性機能増進や腰痛、打ち身などに使われ る場合があるが、前述の通り有毒である以上、素人判断での使用は危険である。根や花は血行を良くするとされ、喀血や打ち身などに効くとされる。根には、腎 臓機能を高める効果もあるとされる






















折居健二
AD