Fishing Spirits

~たかが釣りされど釣り~


テーマ:
私の今一番会いたい魚。

それは、「サクラマス」。
しかも上流域のだ。


多くのルアーと言う弾丸を掻い潜り上ってきた魚。

一筋縄では行かないことは分かっている。


しかし、通ってしまう。

魚の影は見えた。
しかし、私の心は一方通行で終わってしまった。

そして、垣間見る鱸の季節。
二回あった魚信は、どちらも鱸。



終わり行くサクラの季節と始まり出す鱸の季節。

寂しいような嬉しいような。

待ち人から返事の無いまま、8時間待った。



期待していたポイントを全て打った。
私は癒されたかった。


ふと、気になった所から出たブラウン。

シイラのようなジャンプと、ヤマメのような走り。

ブラウンこんなに引いたか?

と思うほど。



尺近いブラウンを釣り、満足し川を後にする。

上流は良い渓相のためか、魚はスレ気味だった。

たまには外人さんも乙なものです。


さあ、来週は最後のサクラマス。
何とか自分だけの女神に会いたい!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
GWを完全に高知遠征に費やした訳だが、せっかく行ったのだから、ご当地のグルメも楽しみたいと、色々な物を食べ歩いた。




先ずはボリューミーなチキン南蛮弁当!

皆さんご存知。
食いしん坊如月のチキン南蛮弁当だ。

土佐の紅茶、リープルを合わせ、高知セットの完成!

南蛮の酸味が効いた味付けに騙される。
食べた後の胃もたれがたまらない(笑)





四国はうどん文化。

かなりのうどん屋がある。
特に香川県。

コンビニ並みにうどん屋(笑)


そして美味い!


隠れた名店は、本当に店なのかと思うような見た目だが、中に入ると凄い人。


人気の高さを物語る。




そして、仮眠を取った施設の前にあった、つけ麺屋。




つけ麺は、最高なのだが、餃子が薄皮でパリッパリ!

ビールに良く合う!
ここは餃子だけ食べても良いくらい。






ここも誰もが知る、ひろめ市場!

鰹の塩タタキは絶品!!
塩がこんなに合うとは‼



クジラも有名。





カツに、燻製とどれも美味しく頂いた。




リープルと、アイスクリン。


リープルは、娘がガブガブ飲んでました。

アイスクリンは、秋田のババヘラアイスと同じような味。

懐かしい味でした。

高知は、食べ物も酒も美味い!

皆さんもいった際は是非様々な食べ物を食べて太って帰ってきてもらいたいと思う!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高知から戻り、久しぶりに秋田へと車を走らせた。

狙いはやはり「サクラマス」。




しかし、朝に入った場所で会えず…



森の中をさ迷う事丸一日。

日が高くなる頃には、田んぼの作業が盛んになり急激に白濁り。

残念ながら、本命とは会うこと無かった。



しかし、竿を振ることが出来る。

これだけで幸せなのだ。

釣りに行かせてくれる家族。
本当に感謝している。


この濁りが翌朝取れることは無いだろうと、釣友に連絡を取る。

すると、仕事や家庭で色々と悩みを抱えているようだった。

「連れていくから、渓流いきましょ!」
そう言って誘い、何キロも離れた彼の自宅へと向かった。

仲間が悩んでいるなら、力になりたい。
力になれないのなら、少しでも忘れさせる時間をあげたい。


この一心だった。



1時間近く車を走らせたのだが、ナント山の麓!!

最初から目的地を間違えていたようだ。




それも当たり前だ。
ナビで適当に川の始まり辺りの道を示したら、着いてしまったのだ。

思わず二人とも笑ってしまった。


ここから更に1時間走る。
もう、何処へ行って良いのやら分からない。

4時に集合して、釣りを始めたのは7時半。
遠回り。

でも、これがいつもの私達。



早速滝へ立ち向かう。

しかし、反応が薄い。


やっと手にしたヤマメに笑みを浮かべる。


私の魚はイワナ。

しかし、反応が殆んど無い。


仕方なく、さ迷う事1時。
もう、残り少ない時間をこの川と決めた。

登り始めて数分。
衝撃が走った。


日頃の鬱憤を張らしてくれる良型のイワナ。


35センチ。
素晴らしい!

丸々太った体は、夏に近付いていた。
嬉しそうな表情に、こちらまで嬉しくなる。

楽しそうに釣りをする釣友。



新緑に癒されつつ川を上る。

とあるポイントで、釣友がルアーを投げ入れた。

しかし、反応が薄い。

今度はと私が誘うと、大きな影が。

「狙って良いですか?」
との問いに、
「良いよ。俺は釣ったし。」

との回答。
どうやら満たされたようだ。

完全にスイッチを入れさせ、興奮状態で口にルアーを入れた。


「うぉ~雄だ!」

そう言って喜んでくれた。


そして、写真を撮ってくれる。

なんと良い仲間なのだろう。

お互いの釣果を心から喜び合える仲間はそんなに居ない。

「今日、誘って良かった。」

心からそう思えた。


「釣れて良かったス~  ブハ~」
と一服。


彼にとっても至福の時だったようた。

二人にとって魚は日常を生きるための活力源。
大切な存在なのだ。

そして、仲間はそれを助長する存在。
それに行くことを家族は許してくれる。
ありがたい。


私は幸せだ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。