Fishing Spirits

~たかが釣りされど釣り~


テーマ:
様々なロッドが世に出回っているが、誰のインプレッションでどうだとか、誰が奨めたとか、結局はそう言ったもので決める人が多いと思う。

そして、少し前まで私もそうだった。

素材がどうだとか、製法がどうだとか、私もそれに惑わされ、勘違いをしつつ、様々なロッドと出会ってきた。




釣りの面白さはそれぞれあるが、釣り味を求める者、獲ることを優先する者、時間を楽しむ者、スリル(場所、タックル破断、等)を楽しむ者、場所を楽しむ者、仲間…など、挙げたらキリがない。


選択肢がかなりある趣味の一つでもあるこの釣りで、自分がどうやって楽しみたいか。

そこだけである。

 
しかし、そこには道具が深く関わってくることになる。

その道具選びは、正にトライ&エラーの連続となるのだ。




今年、不運にも私の愛用の磯ロッドを折ってしまった。

そこで、このロッドで不満な部分を補うべく、新しいロッドを購入することにした。


私の不満は、普通の方なら諦めるであろう部分。


現に少し前までは、私もこれがベストだと思っていた。


だが、私はそこまで来てしまった。



ここまで購入を躊躇したロッドもないだろう。




購入し、魚を掛け、躊躇した時間が無駄だった事に気付く。


だか、これは一種の嬉しさなどによる高揚感なのかもしれない。
そう思いつつ、釣行を重ねた。



冷静に噛み締めながらキャストし、魚を掛ける。



良いロッドなんてもんじゃない。


振れば流石に重く、固すぎるロッドでピーキー。
全く一般向きではない。
確実に人気ロッドのように売れていないだろう。
人を選ぶこのロッドは、お世辞にも良いロッドとは言えないのである。


でも、私には心を開いてくれた。


風が上がれば上がるほど、キャスト精度は増し、飛距離が安定性する。




そして、極限の波では命を守れる。


でも、勘違いしないでほしい。
それは、正に「諸刃の剣」。

一歩間違えれば使い物にならない。







そんな彼は、私の最近の出会いでは好感触だった。




私は誰が何と言ったかではなく、頭でどう釣りたいか。それを考えそれからタックルを選ぶ。


そうすると、自然と自分にも嘘は付けなくなるし、他人にも責任を持って言える言葉に繋がるとおもっているから。



あの人の言葉に騙された。

思ったより…

と思いつつつまらなく釣りをするよりは、

こういう釣りも有るのか…

こう言った場面で発揮するのか!


等と前向きに捉えることもできると思う。






必ずしも強い釣りに硬い竿だと言う事ではないこと。

繊細な釣りだから柔らかい竿だと言うことではない事は知っておいた方が良いと思うし、他人の良いは、自分の良いでもないこと。

更に、高価=良いでもないことを。



それを知った上で、さあ、初売りで何のロッドを選びますか?となる(笑)





因みに私は折れたロッドを来シーズンには直します(汗)


だって、相棒だから。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「なんだ~鯛かよ~!」





所変われば、価値観変わるである。

本人は別に悪気があって言っている訳ではない。


夏のオフショアで、沢山の鯛に出会っているから、此処へ来ての鯛に驚き、放った言葉。

その証拠に口元は笑っている(笑)


久々の磯で、サラシファイトは初めてだった(?)このお方。


竿をひん曲げて、「シノビー!!」
と必死に叫ぶ姿はとても滑稽だった(笑)




さて、その氏が釣った鯛だが、船に比べて走りが凄かったと語った。

水深の浅いシャローな磯だからだろう。

下へ下へと走るオフショアの同サイズの鯛に比べ、強烈だったようだ。








鯛と言えばこの彼。

昨年、真鯛を釣り上げ、磯の魅力にハマっていた彼だ。




今年も見事に鯛を2枚掛けるも、フックがぐにゃぐにゃになって返ってきたのと、根ズレによるラインブレイクで、手中に納められなかった。



そして、私。


私は一発だけ。

強烈な重さだったが、寄せる事が出来た為、寄せたところ思いっきり横に走られ、スリットでラインブレイク。



結果的に釣り上げたのは、一番上の方だけ。


ドラグが緩いファイトで仕留めたようだが、これが私にヒントをくれた。

来年は仕留められそうだ。


鯛は口が硬い。

更に、引きは猛牛のよう。



もはや、こいつらは「赤鬼」と呼ぶかとにした。

来年は赤鬼退治だ!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
磯のシーズン季に入ると、ひたすら毎週歩くようになる。

歩けば釣れると信じて、ひたすら歩く。



釣れなければ釣れないほど、歩く時間が長くなる。


そうなると、次の日が大変な筋肉痛に見舞われる。

私はふと、この筋肉痛はいつ消え、そして、何回目の釣行で筋肉痛にならなくなるのかが、知りたくなった。




さて、私の釣りは1日大体3~4ラウンド。


ラウンド制で呼ぶのは、なんかトレーニングっぽくてカッコイイと勝手に思っているから。


最近のアプリや、地図サイトで、歩行距離が詳しく出てくる。

調べてみると、1ラウンド平均、片道2キロは歩いていた。

1ラウンド→往復4キロ

1日3ラウンドとすると、なんと12キロも歩いている事となる!


しかも、アップダウン、クライミング、釣れればウェイト(捕獲魚)を背負ってと、この上ない負荷を体にかけている。





通りで筋肉痛になるわけだ。
と言うか、ならない訳がない。


それを毎週繰り返す事を考えると、シーズン中は、筋肉痛が治らないのでは?と思ってきた。


毎週のようにいつもの磯へ通い、時には遠征もして歩く。

遠征先での歩きは、1ラウンドがひたすら長い。

片道なんと8キロほど。
往復16キロにもなる。

もはや、トレーニングの合宿。

が、しかしこれで以外と体が鍛えられた。
なんと何時もの磯での筋肉痛が軽くなったのである。



おお?

予想に反して、シーズン終盤は筋肉痛にならないのか?




すると、残り3釣行となったところで、筋肉痛にならなくなった。


筋肉痛は、どうやら3釣行するとならなくなるようだ。

そして、筋肉痛が治る日数は4日。


さて、来年は筋肉痛が長引くようになるのか?
そして、筋肉痛になる釣行回数が多くなるのか?
更に、筋肉痛の痛みは増すのか?!

そう思うと、この釣りが途切れることが怖い(笑)


今は少しでもこの力を来年に繋げられるように、もがいてみようと思う(汗)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。