Fishing Spirits

~たかが釣りされど釣り~


テーマ:
釣りを終えて、ビール片手にソーセージを頬張る。


やっぱり焼きですよ!

と言う氏に、ボイル&ソテーでの調理法を伝授。
すると、「これは!」とうなっていた。
当たり前だ。これは、隊長直々に教えてくださった最高のソーセージの食べ方。
不味い訳がない(笑)

翌日のポイントに頭を悩ませつつ、就寝となった。


翌朝。
3時に漁券を買い釣り場へ。

アングラーはそれほど多くなかった。

すると、開始間もなく先端のアングラーが掛けた。
そして、その隣も。

時合い突入か?と丁寧に探る。
すると、手前のブレイクをナメるようにゆっくり巻いたスプーンに「ゴソゴソ」と手応え。

ブレイクに当たっているのかと思ったが、いや違う。

軽いフォールを入れたとたん、「ゴン!」

待望のバイト!

しかし…引かない。

利いてみるも引かない。
ゴミ?と思いつつ巻いてくると、明らかに魚!

すると、手前で大暴れ。
丁寧にいなし、ネットイン。


ついに来た!

念願のレイクトラウト。
ファイトの途中、ゴミなんて言ってごめんなさい。



本当に手に出来たのか?
本当に夢のような時間が流れた。



見た目はやはり、イワナ。
しかし、これがメーターになるのだから驚きだ。


数十年前まで幻とまで言われた魚。
レイクトラウト。

今では狙い方が明かになり、多くのアングラーが夢を叶えにやって来る。

私もその夢を叶えられた。
幸福者だ。



ポイントを移動し、コーヒータイム。



最高のロケーション。

心にもゆとりが産まれ、コーヒーの味が何倍にも美味しく感じた。

その後、反応がなく、今回のチャレンジは終了となった。



二匹のレイクトラウトに恵まれた、幸福者な私。





最後は、レイクオカジンで「カツ重」「朝定食」を二人で食べた。





オカジンに飾ってある105センチ。

いつかはこれに迫る魚を見たい。


それ以外にも沢山の剥製が飾ってあり、見るだけでワクワクする。

今度はいつ行こうかと、もうすでに考えてしまっている。

丸2日、ご一緒下さったジェンキンス氏に感謝!

最高のコーヒーと魚でした。



もう行きたい(笑)

おしまい









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
金曜日。

この日を待っていた。


片道5時間。


高知に続く遠征の出発日。
終業ベルの鳴る前からソワソワ。
仕事が手につかないとはこの事だ。


準備を済ませ、車を高速道路に乗せた。

さて、どんな旅になるのやら。


到着時刻は、深夜12時。




そう。
私は幻の魚と言われた、レイクトラウトを狙う。

今回、ご一緒していただく方は、ツララではお馴染み。



ショータジェンキンス氏。

漁券を買い、ポイントへと車を止めた。

氏曰く、一級のポイントだそうだ。

多くのアングラーが私達の周りに集まった。
やはり一級。




明るくなり始めたとたん、あちこちでライズが。

そして、スプーンにショートバイト。

ミノーではチェイスと、心の中では貰ったと思っていた。

しかし。

ジェンキンス氏、私共にノーヒット。


そこで、気持ちを切り替えましょうと、コーヒーを入れ始める。


豆からひいたコーヒーは、薫りが違う。


気持ちを新たに移動。



緑の中を突き進む。

地面は柔らかく気持ちいい。

久々にこんな柔らかい大地を歩いた。
たどり着いたポイントは、手前から急激に深い。

日中に狙うならばここだろう。

そしてなんと、初レイクトラウトを手にすることが出来た。

が、写真を撮る前にリリース。

サイズ…20センチ(推定)


手には出来たが、レイクJr.。

パパ、ママに会いたい。



この日、会うことは出来なかった。


夕日に夢中のジェンキンス氏。

「明日は釣れますよ~」

全く確信は無いのだが、お互いを励ますように、言い合いながら夜を過ごすのだった。

つづく。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年のサクラマスに掛ける想いは、ここ数年に無いほど、情熱を持っていた。

ここ二年釣果なし。

三年目の今年は何としてもと言う気持ちもある。

しかし、一番のきっかけは昨年の解禁日の変更。

時間の経過と共に変わる川の状況が全く読めず、たまたま居合わせた魚が反応しただけで、気持ち的にも完全敗北たったからだ。


今年は川を上から下まで、自らの足で歩いた。

増水期、森の中を何キロも歩き、この目でポイントを見て回る。


渇水期は、川を嘗めるように川を歩いた。


水量、水温、水質、水深、そして、季節に合わせた釣果と、人の状況。

全てのポイントで、状況に合わせた釣りを展開出来るように頭に叩き込んで行った。

今までのサクラマス釣りとは全く違う展開。
これをしたかった。

そして、手にできた。


最高の魚。




しかも、二本。
有り難い事だ。

しかし、この後が厳しかった。

同じエリアで、掛けたがストラクチャーに巻かれラインブレイク。

そこから、代掻きによる水質悪化。

釣果集中により人が増えた為の、ポイント減少。

辛い時期だった。

魚の多いエリアに触れる事すらせず、ひたすら自分だけの魚を追った。

余りにも辛く、一人では耐えきれなくなり、渓へと逃げてしまう日もあった。


しかし今思えば、厳しい状況と言うのは、自分の頭の中で浮かんでいるマイナスな面であって、その時よい状況の場所が有った事は、今全てを見た私なら分かる。

自分の弱さ。

それだけが今となっては、悔しさとなって滲み出る。



更なる渇水となった状況をもう、とやかく言う時間は私には残されていなかった。

そんな中、思った場所、タイミングで、人知れずヒットへと持ち込んだ。



しかし、恥ずかしながらネットを忘れ、ランディングまでは至らず、フックオフ。


自分の哀れさに腹が立った。
泣きたい気持ちも。

完全に頭の中は真っ白に。



写真の岩についていた。
これは、最近知った事実。

そして、ここには3本のサクラマスが泳いでいる。
見えサクラを三度チェイスさせるも、フックに軽く当たり散っていった。

サクラマスの行動を少し垣間見る事が出来た。


そして、日暮れ前。

誰もいないメジャーポイントで、日中のイメージのままルアーを通すと、チェイス。

そして、控えめなバイト。

そして、反転。


「ヒュー!」となり、出ていくラインライン。

ローリングがぎこちない。

「掛りが悪い」

そう思った矢先のセカンドラン。

テンションが抜ける…


空を見上げた。
怪しい雲からは、私の代わりに泣いてくれた空が。


タイムアップ。

翌日はよく晴れた空に「お疲れ様」と言われた気がした。



この空を見たら、来年に向けて私の頭が切り替わりワクワクしている自分がいた。

次は鱸。

新たなシーズンの幕開けだ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。