Fishing Spirits

~たかが釣りされど釣り~

NEW !
テーマ:
先日、またもや2兎追って見たのだが、見事に撃沈。

藪こぎ。

そして、ニゴイ。

渓流もぬるい水に浸かっただけである。

一番美味かったのは、マイカーでのビール。
キンキンに冷えてやがった(笑)

さてそんな中、最近、様々なSNSによる動画の話になった。

確かに増えている。

しかし、私は興味のある方以外の物はあまり見ていない。


ある日、ふとYouTube等の動画サイトを見てみると、驚いた。

場所や、風向き等、ハッキリ分かってしまうものばかり。

沢山の先人達が開拓し、私達アングラ-が釣りができている。また、沢山のアングラ-の方々が楽しんでいるポイントに違いない。

そして、動画を撮っている本人も。



釣りは、普通のファッションの投稿等とは違い、その場所が有るから、成り立っている。

そこが釣れているとなると、人が集まることは必然。

自分の楽しんでいたポイントが消えることになる。
その事を彼らは知っているのだろうが。


動画を投稿することは、悪いことだとは思わない。
自慢をしたかったりしたいのだろう。
そんな時期も私には少なからずあったから。

その後の事を分かっているのだろうか?
自分の首、他人の首を締めて窮屈になることを分かっているのだろうか?

もう一度投稿する前に考えてほしい。


こんなこと言う俺ってオクレテルネ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ある日、悩んでいた。

鮎、鱸。

どちらを狙うか。


悩んだ挙げ句、どちらも狙うことにした。

朝、鱸。
日中、鮎。

これで、限られた時間を楽しむ。


朝。
まだ、暗いうちにポイントへ向かう。
もう3時になると、うっすら明るくなる。

一日の始まりを感じる頃。
暴力的なバイト。

もはや、釣れたルアーへの驚きは無い。
安定のサーチベイトとして、尚且つ、食わせの餌として当然の働きをしてくれたジョインテッドクロー178。


3尺に少し欠ける魚。

コンディションは良いとは言えない。
そそくさと、リリース。

この時期の魚は、水から出してはいけない。


さて、明るくなった頃、夏の日差しが出てきた。

凄いバイト。
シェードの中に潜んでいた彼に、最高のアプローチ。

夏の色をしていた。

コンディションはやはり良くはない。
だが、雨があると鱈腹餌をとれるだろう。

もう2本も獲れた。

満足。


さて、鮎。

集中豪雨の影響で、苔が流され、川が白く、活性も悪い。

午前で帰る客も多く心配。
だが、これが良かった。

残り垢をピンポイントで広くランガン。


結果的に2時間で、20匹程。

バラシも多いところが、まどまだな腕前。

河川選びに時間を費やした為、釣りの時間が取れなかったが、勉強になった今回。

鮎の行動、活性の上がり方、パターンにはめていく感じがやっと掴めてきた。



帰ると、家族が喜ぶのも鮎釣りの魅力。


今回、2兎追うものは2兎得てしまった結果にビールが進むのであった。(笑)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日解禁した鮎釣り。

当然、私も鮎と出会いに川へ向かった。

鮎釣りと言うのは、タックルバランスで成り立っている釣りである。

0.05号の複合メタルを駆使して、23センチを2匹(囮と掛かり鮎)引き抜く。

これには、仕掛けのシステム、完成度、竿の調子等、全てのバランスが完璧でなければ、楽しめない釣りである。


では、鱸釣りは?


最近、凄く疑問を感じている。

メーカー毎に、様々なタックルが世に出ている。


特にロッド。

昔からロッドありきで、優位性を語られることが多い。

ただ、本当にそれは優位なのか?と思うことが有る。

鱸は、基本巻きの釣りである。
そのなかで、ストラクチャーから抜く釣りや、ボトムを感じながら釣る釣り等、様々な特殊的釣りもある。


しかし、動画等を見ていると、使うルアーやフックとロッドが合っていないような場面を見る。

フックが小さいからと、堅いロッドに、ズルズルのドラグでゆっくりやりとり。


ショートバイトが多い。と言っているが、張りの有るロッドだったり。

ストラクチャーに擦られて切られると言っているが、、やたら細いライン。


言ったらキリがない。

多分これは、何をメーカーが売るかを優先しているからだと、私は感じている。

最近流行りの曲がる竿。
これも万能ではない。

高感度の高弾性ロッド。
これも万能ではない。

これらのロッド達を駆使する一般アングラ-は何を目安に買うか。
殆どは、宣伝や動画などでの売り文句である。


もう一度、自分のルアー、ライン、ポイント、狙う魚。
様々な条件を頭に浮かべて、尚且つ、現物確認をしてロッド選びをして欲しい物だと思う。

魚よりも優位に立ち、人よりも釣るためには、タックルバランスが鱸釣りでも重要だから。

そこを考え、今年のボーナスをロッドに使っていただきたいと思う。


今買おうとしているロッド。
それ、本当に自分のやりたい釣りにベストな選択ですか?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。