セカンドビギナーのランニング日記(Road to SAROMAN BLUE)

サロマンブルー。それはサロマ湖100kmウルトラマラソン(100kmの部)を10回完走した勇者に与えられる称号です。いつの日か胸にブルーのゼッケンをつけてサロマ路を走ることを夢見ています。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:
 室蘭の住まいが決まったとき、真っ先にしたことはネットの地図で家の周辺の様子を調べることです。すると家からほんの数分のところにそば屋があるではありませんか。これはありがたいことです。そのそば屋が「小がね汐見店」でした。

小がね汐見店

 美味しいそばを食べれるかな、と思って、さらにネットでこの店の情報を調べると、書かれているのはカツ丼の話題ばかり。しかもこのカツ丼、他の地域にはない特徴があったのです。これはもう、カツ丼を食べないわけに行かないじゃないですか。

 ということで行って注文しました、カツ丼を。それで運ばれてきたのがこれです。

カツ丼

 ひと目で特徴がわかるでしょ。そうなんです、カツ丼と言いながら、カツは丼に乗っておらず別盛なのです。どうやら室蘭でカツ丼というとこのスタイルが一般的だとか。たしかに他の店でもカツ重と言いながらメニューには別盛の写真が載っていました。

 食べてみると、美味しかったですよ。つゆだくの丼を食べたい人はご飯に乗せればよし、ご飯の味もしっかり味わいたければこのまま「カツとじ定食」風に食べるもよしです。私はせっかくの別盛ですから、カツとじ定食風に食べました。

 2度目に行ったときは夕食を食べに行ったのですが、私の後から入ってきたお客さん(6名ほど)はみなカツ丼でした。この店、たしかそば屋だったはずだけど……。

 市内に小がねはたくさんありますが、店によって出し方も違うようです(別盛は共通)。聞くところでは輪西店の評判がいいようで、今度行ってみたいと思います。行ったらまたレポートしますね。

 あ、そばも食べてみなきゃ(笑)。


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 室蘭ラーメンといえば真っ先に思いつくのが「カレーラーメン」です。室蘭から離れたところにいると、そのようなイメージでした。

 でも私、実は「カレーラーメン」に関してはあまり食べたいと思わないのです。むしろ半ラーメンと半カレーの組み合わせのほうが食べたく思えてしまいます。

 でも室蘭に来てみると、全部が全部カレーラーメンの店ではないようで、安心しました(笑)。もっともカレーラーメンの有名店は、お客さんの多くがカレーラーメンを注文するという店もあるようです。

 そんな室蘭において、室蘭ラーメンなかよしという店があります。胆振エリアに7店あるということですが、同じ「なかよし」でも各店のこだわりがあって各店独自の違いがあるということです。

 私の職場の一番近くにあるのは入江店です。ホームページで入江店のページを見ると、このように書いてあります。

『なかよし入江店のラーメンは温かい家庭の味です。創作や、こってりラーメンが多くなった今、この味を探してご来店くださるお客様も少なくありません。』

 いいじゃありませんか。最近はニューウェーブのラーメンが話題になっていることが多いようですが、私は昔ながらの『ザ・ラーメン』が好きです。そんな私の気を惹く言葉です。

 さらにこんなことも書いてありました。

『現在、室蘭はカレーラーメンを町興しのシンボルとし、それが全国的にも注目されていますが、入江店ではスタンスを変えず、昔ながらの味でお客様をお迎えしております。』

 ますますいいじゃありませんか。町興しとしてのカレーラーメンも結構です。でも私はそれよりも地元の人に昔から愛されているラーメンを食べてみたいのです。

 ということで、とある昼休み、行ってきました。

なかよし

 店内はカウンターのみ10席程度で、ほぼ埋まっていました。やはり人気があるようです。私が注文したのは醤油ラーメンとライス(小)です。初めて行く店では、メニュー表の先頭に書かれているものを注文します。事前の情報でも、ここは醤油が売りということのようでした。

 出てきたラーメンがこちらです。

醤油

 噂どおりの真っ黒なスープです。でも黒いスープのラーメンといえば、釧路勤務をしていた頃に「かど屋」のラーメンで経験済みです。それと比べたら、こちらの方が淡い黒さです。

 食べてみると、見た目の印象とは違って、ちょっとしょっぱいけどくどさはなくあっさりした味です。それでいて複雑なうまさが絡み合い、麺とよくマッチしています。チャーシューも美味しいし、このラーメンで650円は迷わずリピート決定です。

 ホームページを見ると、裏メニューとして「ミックス」というのがありました。なんでも雑誌で紹介されてから大人気のメニューということで、塩と醤油のミックスだそうです。でも「裏メニュー」と言いながら、表のメニューにもしっかりと書かれていました(笑)。

 ということで、2回目はミックスを食べました。

ミックス

 これも美味しいけど……醤油と比べて単調なしょっぱさに感じました。醤油の方が熟成した旨みを感じたので、次回は醤油チャーシューを食べてみようと思います。


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 さて、室蘭グルメを語る上で避けて通れないのが(本当か?)「炎の毒まんじゅう」です。この強烈なネーミングのお菓子は、地球岬にある売店「シナダ」さんで売っています。

炎の毒まんじゅう

 以前、地球岬に立ち寄ったときも存在は知っていたのですが、怖くて手を出せませんでした。しかし室蘭市民になった今、これを食べて皆さんに伝えなければという使命に燃えて(大げさな!)買ってみました。

 中は何の変哲もない小さなまんじゅうが6個入っています。これ、食べてみると普通に美味しいです。5個は(笑)。1個は唐辛子が入っていて辛いという、まんじゅうを食べながらロシアンルーレットを楽しめるというお菓子です。

 遊び心たっぷりのお菓子ですから、2人、3人、6人といった人数で1箱買うと楽しめるでしょう。

 その当たりのまんじゅうですが、「辛くて火を噴く」というほどではありませんからご安心を。食べてみて「あ、本当に辛いわ」といった程度だと思います……もちろん、個人差はあると思いますが。

 地球岬にお越しの際はぜひお試しください。プレハブの売店の中では、話好きのご主人が迎えてくれますよ。


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。