セカンドビギナーのランニング日記(Road to SAROMAN BLUE)

サロマンブルー。それはサロマ湖100kmウルトラマラソン(100kmの部)を10回完走した勇者に与えられる称号です。いつの日か胸にブルーのゼッケンをつけてサロマ路を走ることを夢見ています。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:
 第10回プラタナス大賞に入選した『未来』。先日のアスリートの風の中で朗読作品として紹介していただきました。

 これを聴いて驚きました。自分の作品とは思えないくらい、素晴らしい朗読作品に仕上がっていたのです。

 FMアップルのN社長に相談したところ、この音源について公開しても構わないということでしたので、興味のある方にはぜひ聴いていただきたいと思います。

 時間にして4分程度の短編です。こちらからダウンロードできますので、ぜひお聴きください。

http://firestorage.jp/download/0227408af4de95a44a2d3f8df23bab11910e1ed6
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「作品」 の記事

テーマ:
 その頃は、心の中にいつも鉛色の雲が垂れ込めていた。

 うつ病と診断された2年前から何もする気が起きなかったのに、どうしてこんなことを言いだしたのだろう。

 「今度のびえいヘルシーマラソン、親子ペアに出るぞ」

 レース当日、号砲とともに飛び出す小学5年の息子。ついて行くには全力で走らなければならなかった。でも3km地点から歩いてしまい、息子の背中はみるみるうちに遠ざかってしまった。ワンエイツ(5.274km)という距離がとてつもなく長く感じた。

 やっとの思いで競技場に入ると、4コーナーのあたりにぽつんとたたずむ息子の姿が見えた。

 「ゴメンゴメン、遅れちまった」

 と軽く言いながら駆け寄る僕。無言のまま刺すような視線を向けていた息子は、僕の手をつかむと全力で走り出した。僕は転ばないようについていくのが精一杯だった。

 親子ペアは2人一緒にゴールしなければならない。全力で走った彼だが、そのままゴールするわけにいかなかった。後続のランナーに次々と抜かれている間、彼はどんな思いでいたのだろう。自分の努力を台無しにした情けない父親に対する怒りの気持ちが、強く握ったその手から伝わってきた。

 やっとゴールをして苦しく息を吐いている僕の口からは思いがけない宣言が飛び出した。

 「来年は絶対お前についていくからな」

 息子の怒りが、このままダメ親父ではいられないという意地に火をつけたようだ。

 それから僕はランナーになった。徐々に走れる距離は長くなった。スピードも増してきた。近郊の大会にも参加するようになり、記録も伸びていった。

 1年が経過して、びえいヘルシーマラソンの日がやってきた。

 号砲とともに息子が飛び出し、僕は後ろについていく。それは昨年と同じだった。でも昨年の彼よりもスピードは速かった。彼についていくには今年も全力疾走が必要だった。

 今年も彼についていくのは3kmまでが限界だった。少しずつ彼から遅れ始めた。

 彼もその気配を察したのだろう。不安そうな表情で後ろを振り向いた。

 「俺にかまうな。絶対についていくから、全力で走れ!」

 昨年のように簡単に諦めるわけにはいかない。父としての存在意義がここにかかっているのだ。必死で彼の背中を追った。

 諦めれば足が止まってしまうことは間違いない。それだけは絶対にいやだ。徐々に小さくなる彼の背中を追いかけながら、意地だけが足を動かしていた。

 競技場に入るとき、彼は100mほど前を走っていた。4コーナー地点に到着して振り返る彼に、僕は大きく手を振った。まだしっかり走っていることを精一杯アピールしたのだ。

 左手を伸ばすと彼は右手でしっかりとつかみ全力疾走をする。僕も彼に合わせてラストスパートをする。手をつないで並んだままゴールラインを越えた。

 「ごめん、今年もついて行けなかった」

 苦しい呼吸の中で彼に謝った。

 「いいよ。お父さん、頑張ったよ。すごかったよ」

 彼の笑顔を見て、心の中に青空が広がった。(おわり)

(第9回プラタナス大賞 入選作品)


 いつも読んでいただきありがとうございます。
 ↓応援クリック↓ をよろしくお願いします。


マラソン・ジョギングランキングへ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 最後の開催となった第10回プラタナス大賞の各賞・入選・一次通過作品がフィットあさひかわのサイトに掲載されていました。

 2年連続の入選となった私の作品『未来』も載っています。よろしかったら、ぜひご一読ください。

http://fit-asa.com/kiji/?p=4932

 これに伴って第9回入選作品として掲載されていた『青空』が読めなくなりました。今夜のブログにでも載せようと思いますので、まだお読みでない方はご一読いただければ嬉しく思います。

 以前掲載した『うつ病ランナー サロマを走る』とかこうした作品の数々を退職後にでも自費出版できれば、という夢も持っていますが、なんでも無料で電子出版をできるようなサイトもあると聞きました。ちょっとそんな方法も考えてみたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。