セカンドビギナーのランニング日記(Road to SAROMAN BLUE)

サロマンブルー。それはサロマ湖100kmウルトラマラソン(100kmの部)を10回完走した勇者に与えられる称号です。いつの日か胸にブルーのゼッケンをつけてサロマ路を走ることを夢見ています。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:
 退院という言葉のイメージは、「全快」、そこまでいかなくとも、おおむね治癒したというものだった。しかし自分の現状を見ると、とてもそうは思えない。寝返りをうっただけで内臓がゴボゴボっと動いているような不快感を感じ、数分間歩いただけで創も痛み出す。体を起こしたときに圧迫感を感じる胸部。日常生活はおおむね支障なく行えるというが、本当なのだろうか?それでも2日前よりは間違いなく調子もいい。退院日を2日だけでも延ばしてもらって助かった。

 考えてみれば、現在は投薬があるわけでも何かの治療があるわけでもない。回診でも「変わりありませんか?」「はい」で終わってしまう。病院にいる意味がないことも確かだ。

 昨夜は眠れなかった~。ファイターズ快勝の興奮のせいか、はたまた退院前夜の興奮のせいか、23時くらいまで寝つかれなかった。そして目が覚めたのは2時。まあ、夜中に何度か目が覚めるのはいつものこと。と思っていたら、なんとそれから眠れない!結局、そのまま朝を迎えてしまった。

 起床時刻の6時を過ぎると早速荷造り開始。あっという間に荷物をまとめ終えてしまう。朝回ってきた看護師のSさんが創に貼ってある絆創膏を確認してくれたが、汚れもまったくなく問題なし。

 朝食を終えるとあとは暇。両親が迎えに来る9時30分まですることがない。朝の回診を終えてからの退院になるかと思っていたが、今日は土曜日なので処置のある人しか回診しないかもしれないとのこと。だから準備が整ったら退院してもいいと、昨夜の担当看護師のIさんが言っていた。あとは迎えを待つだけだ。

 9時30分、迎えがやってきた。すぐに荷物を持って帰ることとする。ナースステーションに寄ってご挨拶。ちょうどG先生、K先生がいて、お礼を言うことができた。あとは1階で病院代を支払って外に出る。

 久しぶりのシャバの空気は美味かった!携帯電話を使うために玄関から外には何度か出ているのだが、退院ということで外に出ると、空気の味も全然違う(ような気がする)。

 父の運転する車で美瑛に向かったのだが、車での移動はまだまだ体に応える。後部座席に座ったこともあり、シートベルトを締めなかったのは助かったのだが、加速、特に交差点のような急カーブを曲がりながらの加速は腹に応える。その都度臓器が体の片側半分に集中しようとしているかのように感じる。加えて、道路は細かい起伏が多い。この細かい振動も意外と応える。

 自宅で待っていたのはOgakunのみ。SUNちゃんは仕事だし、HOSSYは昨日から吹奏楽部の合宿。Ogakunとともにテレビを見ながら、ぐーたらとした時を過ごす。

 北海道日本ハムファイターズ、投手陣の中心として活躍してもらわなきゃならないミラバルが打たれすぎ。しかも中継ぎ陣も・・・。一挙6点を挙げて逆転し、燃えさせてくれたがそこまで。9対11の敗戦だ。なんだか心臓に悪い試合展開だ。

 歩くのもゆっくりとしか歩けないし、体に振動を加えないように注意をしている。ただ確かに家の中にいる分には、特に支障なく過ごせそうだ。まあ、体が疲れたら横になりゃいいわけだし、当面はぐーたら亭主になっていることにする。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 病院の朝は早い。この病院の起床時刻は6時。そのため洗面所には、「PM9:00~AM6:00の間、洗面はご遠慮ください」と書かれたプレートが貼り付けてある。手術前にいた4階西病棟では、5時45分頃に洗面をしていた人が、「6時まで我慢してください」と看護師さんからやさしく注意されていた。しかしここ3階東病棟ではお構いなし。そのため早い人は5時過ぎから洗面を開始している人もいるし、5時30分を過ぎると洗面所からにぎやかな話し声も聞こえてくる。私の病室の向かいは女子洗面所。いい目覚まし代わりになっているが、調子が悪くて少しでも寝ていたいときには辛いことだろう。

 術後4日目の朝を迎えたが、昨日と比べて劇的に良くなっているという感じはしない。相変わらずへその創を中心に痛い。特に排便時。何故あれほど痛むのだろう?ただ、ベッドに寝たり起きたりするのは徐々に楽になってきている。ゲップなどをするときに感じる痛みもちょっと薄れた。やはり良くなっている・・・のだろう。

 歩く姿勢も良くなってきたように思う。前かがみでなくなってきた。しかししばらく歩いていると、やはりへその創が痛くなる。まだ長距離を歩くのは難しい。

 明日退院ということで、次の通院の予約をするよう指示される。指定された日は4月12日。術後ちょうど2週間だ。回診前に1階の予約受付へ行き、手続きを済ませる。時間は12時からしか空いていなかったが、診察を受けてから地下の食堂で昼食というのもいいかもしれない。

 いろいろと退院準備を進めていく。職場に提出する診断書の作成をお願いする。この後、4月18日まで自宅療養をし、4月19日より出勤。その頃には痛みも完全に消えているのだろうか?

 ICUで痛み止めを2回使ったが、外科病棟に戻ってからは使っていない。だから痛み止めはなくても大丈夫・・・と思ったが、やはり自宅に帰るとなるとちょっと不安がある。やはり出してもらうことにした。

 精算書もやってきた。20日までの分は精算済みなのでそれ以降の分。う~ん・・・医療費って高いんだね~。道外遠征に行くお金を出して、なんてことは当分の間言えそうにない。道内遠征も宿泊を伴うレースは減らさなければならないかも・・・。

 夕方、SUNちゃんがやってきた。明日は仕事のため来れないので、これが最後のお見舞い。外科病棟最後の日の記念写真を撮ってもらった。本当は、手術直後のICUのベッド上の姿も残しておきたかったのだが、あのときはそんなことを考える余裕もなかった。残念。

$Road to SAROMAN BLUE-退院前日


 食後の楽しみはファイターズの北海道開幕戦。病院のテレビでBSを見れて良かった。

 ということで、やった!完勝!!!松坂を打ち崩し・・・というより、序盤は幸運な得点が重なったような気がするが、心配だった投手陣も、先発金村、中継ぎの清水、横山、期間限定守護神の伊藤と、完璧!いいなぁ・・・ファンクラブ会員としてあの場にいたかったなぁ・・・。ま、いいや。明日は気持ちよく退院できそうだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 新年度初日。同時にエイプリルフールでもある。「嘘っ!」と朝から思ったのは外の景色。昨日までは春の気配だったのに、今日は一転してすっかり冬景色だ。こりゃ2004年度も波乱の1年かな?

 昨日の北海道日本ハムファイターズ対オリックスブルーウェーブ。1回表に4点を取られ、頼みのガンちゃんも沈没か・・・と思っていたら、8対7と逆転で今季初勝利!最終回、2点のリードを守りきれずにまたまた逆転サヨナラ負けかというピンチもあったようだが、勝ったことが大きな収穫。これで明日からのドーム開幕に弾みがつきそうだ。ドームでの観戦、マジで考えなければ。でも、コンサの試合も見に行きたいんだよなぁ・・・。

 昨夜は消灯時間を過ぎても、テレビでサッカーW杯予選の日本対シンガポールを見ていたが、実にシマリのない試合だった。ともかく圧倒的に攻めているが、シュートがことごとく枠にいかない日本。たまにカウンターで手薄な守備陣に攻撃をかけ、シュートはきっちりと枠に飛ばすシンガポール。勝てそうな気が全然せず、後半1対1と追いつかれた時点でふて寝した。結果は2対1でどうにか勝ったようだが、特に柳沢と俊輔は外した方がいい。あれなら他の誰を出してもそっちの方が上。海外のクラブで出場機会のない選手がいきなり代表戦で働けると本気で思っているのだろうか?こういう試合ばかり見せられると、ジーコ監督の責任問題が出てくるのもうなずける。オリンピックが終わったら、山本監督がA代表の監督になった方がいいんじゃないの?

 と、いきなり昨日のスポーツの話題から入ったが、今日の病状はすこぶる良い。昨夜の時点では、とても術後3日目での退院は無理だよ・・・と思っていたが、今朝の状態ならば、退院できそうにも思えてしまう。体を起こすのもだいぶ楽になったし、歩くのも昨日までよりはだいぶスムーズ。相も変わらず胸を中心に移動性の痛みがあるが、これも少しずつ良くなって・・・くれるといいな。

 腹帯を取ったことによるお腹の不安定さにもようやく慣れてきた。看護師さんの話では、取ると痛みも増すし、頼りない感じになるのだけれど、長い間使っていると腰の筋力が落ちるので、ガーゼを取ったら腹帯も外すようにしているそうだ。
 
 お腹周辺の手術をして、術後最も苦しむのは排泄の問題。まずはガス、そして便。特に前回の痔の時は大変だった。それに比べて今回は、食べたものが通る所はいじっていないので大丈夫だろうと思っていた。しかしそれは大きな誤り。なにしろ腹に力を入れると痛いのだ。

 創は4ヶ所。おへそ、そしてこれを中心に上、右、そしてその中間と扇状に並ぶ。貼ってある絆創膏は約3センチの幅なので、意外と小さい創だということがわかる。中でもこのおへその創が最も痛い。みんなこの創が痛いって言いますね、と、看護師のKさんが言っていた。

 昨日までは、幸い順調にお通じがある。手術の翌日は2回、昨日は1回、いずれも下痢状だったため、お腹に力を入れる必要がなかった。しかし通常の便になったときにどうなるかが不安だった。今日はちゃんと通常の便。さほどお腹に力を入れなくても出てくれたが、それでもおへその創はかなり痛む。

 朝から調子は良かったのだが、11時頃体のだるさを感じる。もしやと思って熱を測ると37度。横になることにした。どうしても長時間起きていると熱が出るのか、それとも(そうは思いたくないが)風邪か?今朝から何度か咳とくしゃみが出そうになっている。今はまだ咳とくしゃみはご法度だ。

 16時、術後初のシャワー。「水を通さない絆創膏」と言われているが、さすがに怖い。その上から直接スポンジで洗うことはできなかったが、シャワーの水が流れていくのは気にしないことにする。シャワーの後、創が痛むような気がするのは錯覚か?

 夕食後、やっぱりへその創が痛い。暇だからもっと歩いたりしたいのだけど、無理しちゃいけないのは故障明けのトレーニングと同じ。起きているだけでも微熱が出たりする、ヤワな体なんだから。この状態で退院してもまだ当分はつらそうだ。そりゃそうだよな。まだ術後3日目だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。